オール岩手で復興

建設産業団体連合会の最近のブログ記事

岩手県および岩手県建設産業団体連合会では、平成26年6月20日(金)に「平成25年度 建設産業構造改善推進岩手大会」を開催しました。
優秀建設施工者岩手県知事表彰式では9名、優良県営建設工事担当技術者会長顕彰式では24名が受賞されました。
本大会は「人を大切にする建設産業」を目指して行政、業界団体が一体となって建設産業の構造改善を一層推進しようとして平成5年度から実施しております。

DSC02146
優秀建設施工者岩手県知事表彰
DSC02173
優良県営建設工事担当技術者顕彰式

建産連 建設業簿記会計講習会の御案内

建設業簿記会計の普及と会計処理能力の向上を図るとともに、建設業経理士検定試験受験者の合格率を高めることを目的に、本連合会と東日本建設業保証(株)岩手支店が共催で開催している講習会が次のとおり行われますので、奮ってご参加ください。

1.開催日時

2級 22年11月 1日(月)から 2日(火) 10時から16時30分
1級財務分析 22年11月11日(木)から12日(金) 10時から16時30分


2.開催場所
建設研修センター2階 第1研修室

3.受講申込期限
平成22年10月22日(金)までですが、各級とも定員に達し次第締め切ります。
受講希望者が15名以下の場合は、大変申し訳ございませんが中止とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。その場合は申込者にはお知らせ致します。

詳細は   開催案内・申込み書はこちら をクリックして下さい。
        

問合せ先 (社)岩手県建設産業団体連合会
        TEL 019-625-2816

 1月20日、岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会(浅間芳子会長)は、テーブルマナー研修と県立美術館見学を行いました。

   1月には珍しい雨模様のお天気でしたが、研修会及び見学には建設業協会各支部の女性マネジングスタッフ協議会会員の方々総勢54名が参加しました。
 盛岡グランドホテルに集合して、午前11時30分からマナー研修を開始しました。
 フランス料理のディナーをイメージして、椅子の座り方やハンドバックの置き場所、ナプキンの置き方の説明があり、次にグラス、ナイフ、フォークなどの使い方について説明を受けました。
 その後、オードブル、スープ、メインディッシュ、デザートなどが順番に出され、それぞれの食べ方のマナーを教えていただき、約1時間40分ほどの研修となりました。
 最後に「テーブルマナーにはイギリス式やフランス式などがあり、様々な決めごとがあるものの、本当のマナーはマナーにこだわりすぎないこと、人の間違いを指摘したり、注意しないことが大切で、美味しく楽しく食事をいただくことが、マナーの真の目的です。」とおっしゃった講師の言葉が印象的でした。

 午後には、場所を県立美術館に移動して「千葉 勝展」(岩手県奥州市出身)の企画展を見学しました。
 イタリアのシエナの町周辺のトスカーナの景色から想いを得た色彩の木々や町、丘の風景などが単純化された絵画や陶板画など約100点の作品を鑑賞しました。 

      今回の研修と見学会は、参加者が初心に返って学習することが出来、また、日常生活から少し離れた経験を通じて疲れを癒し、明日への活力アップとなる充実した一日でした.。 
      「千葉 勝展」については、こちらをご覧ください。

DSC01709.JPG DSC01712.JPG

小岩井 一本桜

いわけんブログ」で以前紹介した小岩井・一本桜をご覧になった大阪府堺市のT様が素敵な写真を送ってくださいました。

091110-1.JPG

ご自身がお作りになったタテ29cm、ヨコ41cmのパッチワークの作品を写したものです。

春、花をつけた桜も見事ですが、真冬の透き通った空気の中に佇む姿も格別です。

3年前に岩手を旅した折には、八幡平から紅葉の岩手山をカメラにおさめ、こちらはその後大きな大きな作品となっているそうです。

また、「ぜひ本物の一本桜を見てみたい・・・」とおっしゃっていました。

T様、お待ちしております。

岩手には、まだまだ沢山見ていただきたい景色があります。
時には、こちらのブログへお立ち寄りください。

            これからも素敵な作品を作り続けてください。

全国中小企業団体中央会では、平成21年度中小企業庁委託事業として「下請代金法トップセミナー」を開催いたします。

厳しい経済情勢が続く中、依然として「下請代金支払遅延等防止法(下請代金法)」の違反事案が見受けられ、平成20年度には、違反事業者8,329社に対して書面警告が発出され、1,004社(2,472件)に対して改善指導が行われました。そのうち、不当減額や支払遅延等をした270社に対しては、過去最高額となる約12.5億円の返還等の措置がとられました。
そこで、経営者層の皆様に、下請適正取引の根幹である「下請代金法」の内容等を今一度ご理解のうえ、企業内の周知徹底・意識醸成をはじめとして、コンプライアンスを意識した経営の舵取りを行っていただくため、「下請代金法トップセミナー」を下記により開催いたします。
この機会に是非ご受講ください。

                                               記

1 日 時
    平成21年11月9日(月) 14:30~16:30
2 場 所
    盛岡市盛岡駅西通り2-9-1 マリオス
3 内 容
    下請代金法の概要・法令解釈
    下請代金法の運用状況
    その他下請適正取引に関する情報
    質疑応答
4 定 員
    100名
5 受講料
    無料(テキスト代含む)

平成21年度第3回経営セミナー

 平成21年度第3回経営セミナーが、9月14日(月)盛岡市の建設研修センターで開催されました。

 ㈱建設経営サービスの滝口 兼悟氏が「小さくても利益の出せる建設企業を目指そう」をテーマに、建設投資縮小の時代をいかに乗り切るかについて講演し、約150名の方が参加しました。
 かつて経験したことのない厳しい経営環境の中で、建設企業が生き残っていくためには受注確保から利益獲得への発想の転換が必須であり,

フル ページ印刷-2.jpg

  • 経営維持に必要な利益はいくらか                                     
  • 経費(固定費・変動費)はどの程度発生するか
  • 損益分岐点の受注額はどれだけか

 などの点にポイントをおいて、客観的に自社の経営状況を把握し、適正な経営規模を見極めたうえで3年後にどのような 姿にすべきかを見据えた企業経営を図っていくことが重要であるとの大変興味深い講演でした。

建産連 建設業簿記会計講習会の御案内

建設業簿記会計の普及と会計処理能力の向上を図るとともに、建設業経理士検定試験受験者の合格率を高めることを目的に、本連合会と東日本建設業保証(株)岩手支店が共催で開催している講習会が次のとおり行われますので、奮ってご参加ください。

1.開催日時

2級 21年11月 5日(木)から 6日(金) 10時から16時30分
1級財務諸表 21年11月 9日(月)から10日(火) 10時から16時30分


2.開催場所
建設研修センター2階 第1研修室

3.受講申込期限
平成21年10月23日(金)までですが、各級とも定員に達し次第締め切ります。
受講希望者が15名以下の場合は、大変申し訳ございませんが中止とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。その場合は申込者にはお知らせ致します。

詳細は   開催案内はこちら をクリックして下さい。
        申込書はこちら

問合せ先 (社)岩手県建設産業団体連合会
        TEL 019-625-2816

去る平成21年3月8日に実施された標記検定試験の解答例を協会ホームページ、関連団体「岩手県建産連」に掲載しましたので参考として下さい。

なお、この解答例は試験実施者が想定した正答でないことがあるかもしれないことを御承知願います。

「岩手県建産連」ホームページ → こちら

全国建設産業団体連合会理事会・評議員会合同会議

社団法人全国建設産業団体連合会の理事会・評議員会合同会議が1月20日(火)、東京都・霞ヶ関の東海大交友会館で開かれた。
来賓として挨拶した脇雅史氏(参議院議員)は、21年度公共事業予算関係費は今年度より増える。しかし、実体経済が落ち込んでいるときは特別な対策が必要。実需要をつくりだすのが政府の仕事であり世界共通のもの。公共事業は予備費の扱いではなく、不況時には前倒しして実施していかなければならないもので、党内のプロジェクトチーム(景気・雇用創出ニューディール推進プロジェクトチーム)で積極的に発言していくつもり。建設関連団体とともに前向きに活動していくと述べた。
また、佐藤信秋氏 (参議院議員)は、公共事業の早期発注、利益の確保、建築士法・住宅瑕疵担保履行法が課題とし、20年度一次補正、二次補正、21年度当初予算合わせると、20年度当初予算の約2割増しの措置となり、上半期8割の早期発注を目指すと述べた。
協議に先立って行われた講演で谷脇暁氏(国交省建設業課長)は、「最近の建設業をめぐる諸問題について」をテーマに、20年度一次補正、二次補正、21年度当初予算における公共事業費の構成を解説するとともに、建設業が農業、林業などの産業と連携した活性化方策として、新たに取り組む「建設業と地域の元気回復事業」を紹介。また、地域の建設業界と工業高校等が連携した将来の人材育成の強化を図る「建設業人材・育成モデル構築支援事業に取り組んでいくことを示した。
政治評論家屋山太郎氏が「内外情勢の展望とこれからの課題」について特別講演した。
会議では、平成21年度の主要行事日程を協議し、全産連会長会議は9月24日に島根県松江市で開催する案と、今年度の事業についての中間報告を了承した。

20091月20日建産連評議員会等 003.jpg
理事会・評議員会
20091月20日建産連評議員会等 004.jpg
谷脇建設業課長
20091月20日建産連評議員会等 009.jpg

屋山太郎氏が
特別講演




 

資材対策委員会

建産連は、資材対策委員会(佐々木陸夫委員長)を1211日(木)に建設研修センター研修室で開催しました。委員会には、建産連の会員と建設業協会の労務・資材委員が出席して、資材関係団体などから最近の資材価格及び需給の動向、今後の見通しや問題点等について説明があり、また、需要者側の建設業協会委員から各地域の建設資材動向などの状況について説明があり、活発な意見交換が行われました。

資材対策委員会.jpg


1  2  3  4

岩手県建設業協会HPへ

月別 アーカイブ

にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ


日本電子認証

アールワイ保険サービス

第三者賠償責任補償制度

ビーイング

日刊岩手建設工業新聞

情報共有システム(basepage)



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち05)建設産業団体連合会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは04)建退共岩手県支部です。

次のカテゴリは06)土木施工管理技士会です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 6.0.2