盛岡支部 一覧

盛岡支部青年部では、5月28日に葛巻町立葛巻小学校において、建設業ふれあい事業を行いました。

天気も良く、子供たちのはじけるような笑顔にふれて、参加会員一同も一層の充実感を感じていました。

 

P5280351

事業概要

参加児童:葛巻町立葛巻小学校全児童115名

バックホウの試乗体験

コンバインドローラーの試乗体験

高所作業車の試乗体験

砂場の修繕

駐車場の修繕と舗装

P5280300 P5280257
説明にも熱が入ります。
このレバーは何かな?
P5280270 P5280289
気をつけて上ってね。 最高地上高12m。思わず子供たちの歓声が!
P5280249 P5280357
コンバインドローラーの操作感覚は車と違って独特です。
硬くなった砂場を掘り起こしています。

5月24日(日)北上川上流総合水防演習(北上川上流流域15市町、県、国交省)が約2000人の参加で本県では7年ぶりに行われました。

H27水防訓練0001

訓練では、レスキュー隊による救助訓練も!

H27水防訓練0002

防災ヘリコプター「みちのく号」も出動しました。

H27水防訓練0003

自動操縦(無人)のバックホーによる堰き止め訓練

H27水防訓練0004

学校のプールなら、10分程度で排水する能力があるそうです。

H27水防訓練0005

当支部からは、土のう積の訓練が盛岡工業高校の生徒と共に行われました。

H27水防訓練20001

巨大地震の体験

H27水防訓練0008

豪雨の体験

H27水防訓練0007

各種の特殊車両

H27水防訓練0009

平成27年度通常総会

平成27年5月15日(金) 平成27年度通常総会が建設研修センターで62名の会員が参加して開催されました。

H27支部総会0001

開会の挨拶で猿舘支部長は、「昨年度改正された担い手3法が確実に実行されるためには、我々工事関係者も若者が将来を見通せる魅力ある社会にしていかなければならない。今年度も引き続き合同就職説明会等を計画している。」などとで述べました。

H27支部総会0006

H27支部総会0002

佐々木博県議会議員、浅沼康揮盛岡広域振興局長の祝辞がありました。

H27支部総会0004

続いて優良会員、優良従業員21名に対して支部長から表彰状と記念品が贈呈されました。

H27支部総会0003

平成26年度の事業報告及び決算、平成27年度の事業計画及び予算について事務局の提案のとおり決定されました。

H27支部総会0005

8時半には大勢の人が集まっていました。集合時間前 一斉に同じ方向に向かっています。

ゴミ拾い
蛍光緑のベスト。協会会員が目立ちます。緑のベスト 対岸の赤い作業着が映えます。

赤い作業着
開会のあいさつがいつ始まったのか?ゴミ拾いのスタートです。開会あいさつ?7 上の橋付近は、もう終わった様子。

上の橋付近

南大橋付近はごみがとても少なく、初めて参加した私は驚きました。

岸辺の桜も満開で、気持ちのいい散歩コース(!?)でした。

会員の皆様、お疲れ様でした。

盛岡支部からの桜情報

残念なお天気でしたが、「盛岡の桜」をいくつか撮ってきました。

①盛岡八幡宮H27.4.17
協会近くの盛岡八幡宮
④石割桜H27.4.17
盛岡を代表する「石割桜」
⑥盛岡城跡公園H27.4.17
盛岡城跡公園の桜は「もう少し・・・」のようです。
⑤龍谷寺モリオカシダレザクラH27.4.17
龍谷寺「モリオカシダレザクラ」
③青年の灯H27.4.17もりおか歴史文化館庭園内の[青年の灯」今日、発見しました。  

桜 最後の一輪の開花を待って 散りはじめるのだとか。

松尾町かいわい散歩

春の陽気に誘われて松尾町かいわいをお散歩してみませんか!

松尾町かいわい0004

盛岡八幡宮の近くには松尾大明神があります。

松尾町かいわい0007

その隣には、岩手日報で内館牧子の連載小説「終わった人」の主人公が子供のころ遊んだ十六羅漢 160年余前に大飢饉で餓死した人を供養するために12年かけて作ったものだそうです。

松尾町かいわい0001

近くの鉈屋町に昨年7月オープンした「もりおか町屋物語館」があります。館内では昭和30年代をイメージした庶民の暮らしを見ることができます。

松尾町かいわい0003

大慈寺には平民宰相と言われた第19代内閣総理大臣原敬の墓所があります。

松尾町かいわい0006

また、近くの円光寺には第二次世界大戦の終結に尽力した第37代内閣総理大臣米内光正の墓所もあります。

松尾町かいわい0005

八幡宮の参拝客も・・・

松尾町かいわい0008

2月19日(木)岩手県立盛岡工業高等学校で新規事業として「合同就職説明会」を実施しました。

土木科32名、建築・デザイン科37名 2年生全員が参加

「地元建設業界への就職の勧め」は全員で聞き、地元建設業界の社会貢献状況や活躍状況を学びました。

3人の卒業生からは、身近な話題で後輩に語りかけました。東野建設工業(株)の吉田圭佑さんはインターンシップも同社だったそうです。

H26就職説明会0003

(株)遠忠の高橋祐さんは地元八幡平市の会社に就職し、地域のインフラ整備に携わっています。

H26就職説明会0005

昭栄建設(株)の吉田拓郎さんは平成25年土木科卒業のOBです。

H26就職説明会0006

3人のOBからの助言を聞いた後、16社が参加した個別面談がありました。

H26就職説明会0001

H26就職説明会0002

これを機会に地元企業への就職を待っています。

安全研修会

1月22日(木)「安全研修会」が会員60名の参加で建設研修センターで開催されました。

盛岡労働基準監督署の若月安全衛生課長からは、「最近の災害事例と災害防止について」と題して説明がありました。

盛岡管内全体では平成26年の労災事故は減っているものの建設業では増加しており、更なる注意が必要です。

平成27年7月から施行予定の足場からの墜落防止対策を盛り込んだ安全衛生規則の一部を改正する省令案の説明もありました。

H27安全研修0001

続いて建設業労働災害防止協会の伊川安全管理士から「災害防止のために」と題して”災害防止のための7つの心得”を中心に説明がありました。H27安全研修0002

①基本を守ること

②現場は「危険がいっぱい」であることを忘れないこと

③「自分だけは大丈夫」と勘違いしないこと

④「ヒトは間違うものである」ことを自覚すること

⑤現場のコミュニケーションが大切

⑥事故防止は”管理”の問題(災害は”運”の問題)

⑦「命の大切さ」に思い至ること

皆さん熱心に聴講していました。H27安全研修0003

最後に東北電力㈱盛岡営業所の菅野安全主査から「建設現場の電気安全」について説明がありました。H27安全研修0004

平成27年はこの研修を機会に建設業においても労働災害ゼロを目指していきたいと思います。

1月9日(金)盛岡グランドホテルで平成27年新春講演会・新年交賀会が開催されました。

盛岡広域振興局の川村俊通土木部長から「盛岡広域振興局土木部の課題と取組み」と題して約90名の会員に対して講演がありました。

H27新年交賀会0003

昨年度の豪雨災害復旧工事の進捗状況や土木部の主要事業・来年度予算の状況等について詳しく説明されました。

H27新年交賀会0002

新年交賀会は、管内の県議会議員、盛岡市長、盛岡広域振興局長等の来賓40名を含む140名の参加で行われました。

【猿舘支部長 あいさつ】

H27新年交賀会0001

【杉原盛岡広域振興局長 祝辞】

H27新年交賀会0004

【大内(株)日刊岩手建設工業新聞社 代表取締役社長 乾杯】

H27新年交賀会0005

12月9日(火) エスポワールいわて で第11回土木合同セミナーが「安全・安心を求めて~復興と土砂災害を考える~」をテーマに当支部など6団体の共催による230名の参加で開催されました。土木合同セミナー0002

主催者代表あいさつ 川村俊通 盛岡広域振興局土木部長

土木合同セミナー0001

講演会では、最初に岩手大学農学部 井良沢道也教授から「地域と共に創り上げる土砂災害からの減災をめざして」と題して広島の土砂災害など近年の自然災害の多発の状況、ネパールにおける水辺域・斜面域の保全と再生の紹介などがありました。土木合同セミナー0003

続いて、独立行政法人都市再生機構岩手震災復興支援本部 森本剛 本部長から「東日本大震災 復興まちづくりにおけるURの取り組みについて」と題して岩手県内の取り組みを中心に講演がありました。土木合同セミナー0004

夕方からは、産学官の土木関係者110名による意見交換会・懇親会が行われました。土木合同セミナー0005

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年5月 [6]
  2. 2018年4月 [13]
  3. 2018年3月 [10]
  4. 2018年2月 [17]
  5. 2018年1月 [10]
  6. 2017年12月 [12]
  7. 2017年11月 [17]
  8. 2017年10月 [20]
  9. 2017年9月 [8]
  10. 2017年8月 [28]
  11. 2017年7月 [20]
  12. 2017年6月 [14]
  13. 2017年5月 [14]
  14. 2017年4月 [18]
  15. 2017年3月 [20]
  16. 2017年2月 [18]
  17. 2017年1月 [16]
  18. 2016年12月 [19]
  19. 2016年11月 [22]
  20. 2016年10月 [16]
  21. 2016年9月 [33]
  22. 2016年8月 [23]
  23. 2016年7月 [23]
  24. 2016年6月 [17]
  25. 2016年5月 [20]
  26. 2016年4月 [25]
  27. 2016年3月 [21]
  28. 2016年2月 [16]
  29. 2016年1月 [13]
  30. 2015年12月 [20]
  31. 2015年11月 [21]
  32. 2015年10月 [27]
  33. 2015年9月 [10]
  34. 2015年8月 [22]
  35. 2015年7月 [20]
  36. 2015年6月 [15]
  37. 2015年5月 [17]
  38. 2015年4月 [16]
  39. 2015年3月 [17]
  40. 2015年2月 [15]
  41. 2015年1月 [14]
  42. 2014年12月 [19]
  43. 2014年11月 [27]
  44. 2014年10月 [24]
  45. 2014年9月 [18]
  46. 2014年8月 [39]
  47. 2014年7月 [21]
  48. 2014年6月 [18]
  49. 2014年5月 [16]
  50. 2014年4月 [21]
  51. 2014年3月 [22]
  52. 2014年2月 [15]
  53. 2014年1月 [20]
  54. 2013年12月 [21]
  55. 2013年11月 [23]
  56. 2013年10月 [20]
  57. 2013年9月 [12]
  58. 2013年8月 [18]
  59. 2013年7月 [33]
  60. 2013年6月 [20]
  61. 2013年5月 [30]
  62. 2013年4月 [16]
  63. 2013年3月 [10]
  64. 2013年2月 [8]
  65. 2013年1月 [13]
  66. 2012年12月 [15]
  67. 2012年11月 [16]
  68. 2012年10月 [13]
  69. 2012年9月 [12]
  70. 2012年8月 [17]
  71. 2012年7月 [11]
  72. 2012年6月 [10]
  73. 2012年5月 [12]
  74. 2012年4月 [11]
  75. 2012年3月 [6]
  76. 2012年2月 [10]
  77. 2012年1月 [12]
  78. 2011年12月 [11]
  79. 2011年11月 [16]
  80. 2011年10月 [15]
  81. 2011年9月 [10]
  82. 2011年8月 [19]
  83. 2011年7月 [22]
  84. 2011年6月 [15]
  85. 2011年5月 [13]
  86. 2011年4月 [14]
  87. 2011年3月 [20]
  88. 2011年2月 [15]
  89. 2011年1月 [14]
  90. 2010年12月 [10]
  91. 2010年11月 [9]
  92. 2010年10月 [20]
  93. 2010年9月 [18]
  94. 2010年8月 [20]
  95. 2010年7月 [12]
  96. 2010年6月 [16]
  97. 2010年5月 [15]
  98. 2010年4月 [14]
  99. 2010年3月 [8]
  100. 2010年2月 [13]
  101. 2010年1月 [21]
  102. 2009年12月 [16]
  103. 2009年11月 [23]
  104. 2009年10月 [38]
  105. 2009年9月 [33]
  106. 2009年8月 [26]
  107. 2009年7月 [27]
  108. 2009年6月 [24]
  109. 2009年5月 [13]
  110. 2009年4月 [17]
  111. 2009年3月 [15]
  112. 2009年2月 [23]
  113. 2009年1月 [31]
  114. 2008年12月 [37]
  115. 2008年11月 [30]
  116. 2008年10月 [55]
  117. 2008年9月 [40]
  118. 2008年8月 [49]
  119. 2008年7月 [48]
  120. 2008年6月 [35]
  121. 2008年5月 [17]
  122. 2008年4月 [11]
  123. 2008年3月 [6]
  124. 2008年2月 [9]
  125. 2008年1月 [13]
  126. 2007年12月 [12]
  127. 2007年11月 [14]
  128. 2007年10月 [20]
  129. 2007年9月 [14]
  130. 2007年8月 [20]
  131. 2007年7月 [13]
  132. 2007年6月 [15]
  133. 2007年5月 [10]
  134. 2007年4月 [6]
  135. 2007年3月 [14]
  136. 2007年2月 [16]
  137. 2007年1月 [5]
  138. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6