奥州支部 一覧

平成28年1月14日、奥州支部の新年交賀会が奥州市水沢区のプラザイン水沢にて開催されました。

DSC00920

会員をはじめ、県南広域振興局、奥州市、金ヶ崎町、県議会議員など約60名が出席。

挨拶で佐々木支部長は、オール岩手を合言葉に一日も早い復興への協力を呼びかけたほか、災害訓練の重要性及び担い手三法にも触れた上で、行政向けた発注者責務、公共事業費予算の確保を捉した。

 
DSC00923 

続いて、15年に各種表彰を受けた会員を紹介、記念品が贈られた。

(左から工藤建設㈱、高惣建設㈱、栗原建設㈱、進栄建設㈱、EC南部コーポレーション㈱)
DSC00932 

祝辞では、堀江県南広域振興局長(代理:平野副局長)が「復興支援の観点から国道397号、国道107号の整備を進める」とし、業界への協力を求めた。

DSC00934

続いて小沢奥州市長は、「合併特例債などの恩典が終わり投資的経費を半減させざる負えない状況であるが、業界を下支えできる財政運営をしていきたい」との考えを示した。

DSC00942

その後、県南広域振興局細川土木部長の音頭により乾杯。

DSC00955

出席者は、新年を祝い懇親を行った。

年末年始の無事故達成に向け、12月17日(木) 県南広域振興局管内の工事安全パトロールが実施されました。

パトロールには、花巻・一関の両労働基準監督署、振興局土木部、農政部農村整備室、奥州支部の役員ら30名が参加。

事前打合せでは、土木部道路河川環境の三浦課長に続き、佐々木支部長は、「各現場でもう一度再点検し、事故の根絶へ努力してほしい」と挨拶。

パトロール手順等を確認した後、2班に分かれ、県発注の4現場を巡回しました。

DSC00903

各現場では、現場代理人から当日の作業内容などの説明を受けながら、参加者は安全掲示物や現場状況を入念にチェック。

(写真は、一般国道397号小谷橋(仮称)下部工(P1・P2)工事 (株)小田島組様)
DSC00906

DSC00905 

DSC00910

パトロール後に行われた報告では、各現場の良好点や改善すべき点を洗い出し。

最後に、労働基準監督署の安全衛生課長から『危険予知活動のより具体性を期待する』との講評を頂いた。

県南広域振興局管内の除雪出動式は11月13日、奥州市水沢区の聖天車庫で実施。

土木部職員をはじめ、除雪担当する企業の関係者など約40名が出席。

出動式に先立った除雪安全祈願祭では、除雪業務安全協議会の進栄建設(株)佐々木会長に引き続き、土木部 細川部長、除雪担当業者を代表し及常建設(株)及川社長が玉ぐしを奉てんし 無事故での作業を祈願。

RIMG0764

RIMG0765

RIMG0767

RIMG0761

出動式では、細川部長から佐々木会長に鍵のレプリカを贈呈。

除雪担当者を代表し、及常建設(株)及川常務が『事故例から学ぶ安全作業の10ヶ条』を読み上げた後、

各オペレータは除雪機械に乗り込み、機械を出動させた。

RIMG0774

RIMG0781

RIMG0790

10月18日 奥州市水沢産業まつりの会場で、本年度第2回目となる建設業ふれあい事業を実施。

バッホウ2台と高所作業所1台を準備し、建設機械の乗車体験、風船配布などを通じ

建設業を広くアピール。

BH

好天に恵まれ、青年部のブースは、多くの来場者で賑わった。

高所作業車は、実行委員会で実施する餅まき・プレス向けのジャンボ鉄鍋撮影にも協力。予定時間を延長し、一人でも多くの乗車体験ができるように対応。

高所作業車

全ての撤去作業を終え、お決まりの記念撮影。

先週の奥州交流会に引き続いての事業となり 早々に家路に向う青年部会員でした。

RIMG0665

10月9日、岩手県建設業協会青年部連絡協議会の平成27年度交流会が、プラザイン水沢を会場に開催されました。

奥州での交流会は、平成16年以来 実に11年ぶりの実施。

式典に先立ち行われた記念事業では、県南広域振興局 寺本副局長様に首席ILC推進監としてのお立場で『ILC(国際リニアコライダー)~計画とその効果~』と題し、講演を頂き、建設業との関わりについても特段のご説明を頂きました。 
PA090064

次に行われた式典は、主催者を代表し 連絡協議会鈴木会長の挨拶で開式。

小沢奥州市長、高橋金ヶ崎町長、蓮見県土整備部長の皆様方に御祝辞を頂戴しました。式典では各支部の事業内容をスライドショーで振り返り、今後も建設業のイメージアップ推進に関する活動を積極的に発信していくことを誓い合いました。

式典

懇親会では、奥州市指定民族芸能である行山流角懸鹿踊(奥州市江刺区)の礼庭にて皆様をお出迎え。

奥州ならではの料理、アトラクションにより、親睦を深めて頂いた。

懇親会

懇親会の最後には、次年度開催地に決定した久慈支部へ、協議会旗・ペナントを伝達。晴山会長より、力強い決意表明を頂きました。

PA090176

その後、水沢市街地へ場所を移し 2次会場へ。 約120名もの青年部会員は、夜の奥州を堪能する事に…。

8月10日、「道の日」に合わせクリーンロード作戦を実施しました。

P8100012

「いわて道ボランティア活動支援事業」に基づく活動。青年部会員に、県南広域振興局土木部職員も加わり 約30名の参加。

3班に分かれ 管内の国道・県道のチェーン脱着所など計7カ所に於いて、草刈りやゴミ拾い、看板の修理等の環境整備を行いました。

P8100013 P8100014
P8100022 P8100024


国道397号古歌葉(種山)では、木にとまっていた”クワガタ”2匹を発見 (◎◎)!!

子供へのお土産とも考えましたが、きちんとリリースしてきました(^^)

7月16日~18日、奥州支部青年部の研修旅行を行いました。

今回は山口県宇部市の宇部興産 ”セメントの道ツアー”。

P7170195

  台風一過とまではいかないまでも、風雨も無事に収まり

ただ今から関門海峡を越え、一路山口県宇部市へ。

P7170199 P7170201
先ずは、UBE-i-Plazaにて、宇部興産の歴史を学習 セメントはもとより、さまざまな製品を手掛ける宇部興産に驚き
P7170209 P7170216
宇部興産専用道路内の特大トレーラー整備上にて 長さ約30m、最大積載裁量88tの特大トレーラー(タイヤはなんと34本)
P7170228 P7170238
宇部興産伊佐セメント工場内の石灰石プラントにて タイヤサイズから実際の重ダンプの大きさを創造して下さい

P7170235

石灰石採掘場は現在3鉱区で採掘が行われ 年間約800万トンを採取との事。

 

厚東川河口に架かる 全長1,020m高さ36mの宇部興産大橋を渡り

宇部市~美称市迄 全長約32kmの 日本一長い私道 宇部興産専用道路の移動

まさに「百聞は一見にしかず」 貴重な体験をさせて頂きました。

7月8日、奥州市立南都田中学校で建設業ふれあい事業を開催しました。

岩手国体のアピールを兼ねて作成したおそろいの奥州ピンクポロも鮮やかに…

senP1010037

南都田中学校でのふれあい事業は平成18年に開催して以来、9年ぶりの実施

重機・高所作業車の乗車体験、測量体験、CADソフト体験を行いました。

senP7080157 senP7080158
senP7080047 senP7080070
senP7080144 senP7080147
senP7080096 senP7080113

 

閉会式では生徒の皆さんへ記念品、測量体験での成績順に各グループに景品が贈呈されました。

senP7080166 senP7080163

 

後の将来 「建設業」が一つの職業選択肢になる事を期待しております。

県建設業協会奥州支部、奥州地区建設協議会(佐々木利幸支部長、会長)の15年度総会は、5月14日、水沢区のリサージュ四季の抄で開催されました。 

DSC00766 

DSC00767 DSC00769

総会には、会員約50名が出席。議事では、14年度の事業報告や決算、15年度の事業計画や収支予算などについて審議し、原案通り承認されました。

 

総会終了後は、御来賓の御出席を賜り 優良従業員表彰式を開催。 胆江地区の8社から推薦により「長年建設業に精励し、特に優秀な従業員の永年勤続で社業の発展に貢献」された13名の方々が受賞されました。

表彰者を代表し、EC南部コーポレーション(株)の小原道明さん(勤続25年)が 「ものづくりの素晴らしさや社会貢献できた時のたとえようのないうれしさがあり、今まで続けてこられた。今後もますます努力を重ねたい」と謝辞を述べられました。

DSC00794

 

表彰式終了後は、場所を移動し祝賀会を開催。 受賞者の長年の労をねぎらいながらつつ 楽しいひとときでありました。

5月7日、水沢サンパレスホテルを会場に平成27年度通常総会が開催されました。

DSC00720 

来賓に佐々木支部長(進栄建設)をお迎えし、青年部会員25名(委任状2名)の出席のもと 平成26年度の事業報告・収支決算報告並びに平成27年度の事業計画案・収支予算案を審議。本年度は、10月開催予定である青年部連絡協議会交流会の主管支部としての責務を再確認した上、全て満場一致で承認されました。

  

DSC00724 DSC00719

総会終了後は、見晴らしの良い会場に場所を移動しての懇親会。 松坂相談役(佐野建設)の乾杯に始まり、最後は青年部連絡協議会 高橋副会長(高惣建設)の一本締めで終了。

 

DSC00745 DSC00753

会員間の結束を深めるため、二次会場へ向かう青年部でありました(*^^*)

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年11月 [21]
  2. 2018年10月 [18]
  3. 2018年9月 [7]
  4. 2018年8月 [19]
  5. 2018年7月 [25]
  6. 2018年6月 [15]
  7. 2018年5月 [11]
  8. 2018年4月 [13]
  9. 2018年3月 [10]
  10. 2018年2月 [17]
  11. 2018年1月 [10]
  12. 2017年12月 [12]
  13. 2017年11月 [17]
  14. 2017年10月 [20]
  15. 2017年9月 [8]
  16. 2017年8月 [28]
  17. 2017年7月 [20]
  18. 2017年6月 [14]
  19. 2017年5月 [14]
  20. 2017年4月 [18]
  21. 2017年3月 [20]
  22. 2017年2月 [18]
  23. 2017年1月 [16]
  24. 2016年12月 [19]
  25. 2016年11月 [22]
  26. 2016年10月 [16]
  27. 2016年9月 [33]
  28. 2016年8月 [23]
  29. 2016年7月 [23]
  30. 2016年6月 [17]
  31. 2016年5月 [20]
  32. 2016年4月 [25]
  33. 2016年3月 [21]
  34. 2016年2月 [16]
  35. 2016年1月 [13]
  36. 2015年12月 [20]
  37. 2015年11月 [21]
  38. 2015年10月 [27]
  39. 2015年9月 [10]
  40. 2015年8月 [22]
  41. 2015年7月 [20]
  42. 2015年6月 [15]
  43. 2015年5月 [17]
  44. 2015年4月 [16]
  45. 2015年3月 [17]
  46. 2015年2月 [15]
  47. 2015年1月 [14]
  48. 2014年12月 [19]
  49. 2014年11月 [27]
  50. 2014年10月 [24]
  51. 2014年9月 [18]
  52. 2014年8月 [39]
  53. 2014年7月 [21]
  54. 2014年6月 [18]
  55. 2014年5月 [16]
  56. 2014年4月 [21]
  57. 2014年3月 [22]
  58. 2014年2月 [15]
  59. 2014年1月 [20]
  60. 2013年12月 [21]
  61. 2013年11月 [23]
  62. 2013年10月 [20]
  63. 2013年9月 [12]
  64. 2013年8月 [18]
  65. 2013年7月 [33]
  66. 2013年6月 [20]
  67. 2013年5月 [30]
  68. 2013年4月 [16]
  69. 2013年3月 [10]
  70. 2013年2月 [8]
  71. 2013年1月 [13]
  72. 2012年12月 [15]
  73. 2012年11月 [16]
  74. 2012年10月 [13]
  75. 2012年9月 [12]
  76. 2012年8月 [17]
  77. 2012年7月 [11]
  78. 2012年6月 [10]
  79. 2012年5月 [12]
  80. 2012年4月 [11]
  81. 2012年3月 [6]
  82. 2012年2月 [10]
  83. 2012年1月 [12]
  84. 2011年12月 [11]
  85. 2011年11月 [16]
  86. 2011年10月 [15]
  87. 2011年9月 [10]
  88. 2011年8月 [19]
  89. 2011年7月 [22]
  90. 2011年6月 [15]
  91. 2011年5月 [13]
  92. 2011年4月 [14]
  93. 2011年3月 [20]
  94. 2011年2月 [15]
  95. 2011年1月 [14]
  96. 2010年12月 [10]
  97. 2010年11月 [9]
  98. 2010年10月 [20]
  99. 2010年9月 [18]
  100. 2010年8月 [20]
  101. 2010年7月 [12]
  102. 2010年6月 [16]
  103. 2010年5月 [15]
  104. 2010年4月 [14]
  105. 2010年3月 [8]
  106. 2010年2月 [13]
  107. 2010年1月 [21]
  108. 2009年12月 [16]
  109. 2009年11月 [23]
  110. 2009年10月 [38]
  111. 2009年9月 [33]
  112. 2009年8月 [26]
  113. 2009年7月 [27]
  114. 2009年6月 [24]
  115. 2009年5月 [13]
  116. 2009年4月 [17]
  117. 2009年3月 [15]
  118. 2009年2月 [23]
  119. 2009年1月 [31]
  120. 2008年12月 [37]
  121. 2008年11月 [30]
  122. 2008年10月 [55]
  123. 2008年9月 [40]
  124. 2008年8月 [49]
  125. 2008年7月 [48]
  126. 2008年6月 [35]
  127. 2008年5月 [17]
  128. 2008年4月 [11]
  129. 2008年3月 [6]
  130. 2008年2月 [9]
  131. 2008年1月 [13]
  132. 2007年12月 [12]
  133. 2007年11月 [14]
  134. 2007年10月 [20]
  135. 2007年9月 [14]
  136. 2007年8月 [20]
  137. 2007年7月 [13]
  138. 2007年6月 [15]
  139. 2007年5月 [10]
  140. 2007年4月 [6]
  141. 2007年3月 [14]
  142. 2007年2月 [16]
  143. 2007年1月 [5]
  144. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.7