千厩支部 一覧

山吹棚田



日本の棚田百選に選ばれている「山吹棚田」(一関市大東町)を紹介します。

「日本の棚田百選」の中で最北端の棚田となります。山吹地区は中世の大原千葉氏の居城である「山吹城」があった地域です。

山吹棚田

山吹棚田
山吹棚田
「日本の棚田百選」は1999年農林水産省によって認定されました。日本全国の117市町村、134地区の棚田が選ばれたようです。



これから田植えが始まるようです。
山吹棚田

奥には室根山が見えます。
山吹棚田

オタマジャクシが泳いでいました。
山吹棚田



秋には棚田が黄金色となり、それもまた美しい風景だと思います。

舘山公園 桜
一関市は4月15日に桜の開花を宣言、GW前半に桜の見ごろとなりました。今日、千厩町内の舘山公園に行ってみると、桜の花が散り始めていました。葉桜になりつつあります。

舘山公園 桜
館山公園は一関市の除染計画で、春先に除染工事が実施されました。お花見シーズンに間に合い、すっかり公園内がきれいに整備されました。


舘山公園 桜
花びらが風で集まっていました。

舘山公園 桜

きれいにバークで舗装された公園内にきれいな花びらが落ちていました。

senDSC01162(36)

一関市は福島第一原発事故発生後の風向きや雨の影響で一部放射線量の高い地域が残っています。

市では国から「汚染状況重点調査地域」の指定を受け、市民の安心・安全を守るために除染実施計画を策定しています。

今年度は住宅や事業所、市道の除染を計画しており、事前に必要な箇所を把握するための空間放射線量調査「放射線量低減対策事前調査」を実施することになり、このほど調査が開始されました。

事前調査により、放射線量および除染対象となる箇所を把握・検討し、除染作業計画に反映されます。



senDSC01162(37)
市道の調査は線量を測る専用の自転車とバイクを使って行われています。


senDSC01162(33)
住宅は玄関先や庭などを専用の測定器で計測しています。


調査員は腕章と身分証明書を携行しています。




(補足)
一関市は岩手県の内陸部に位置しています。沿岸部の放射線量はかなり低いことが確認されています。震災によるガレキも他県の一般ごみと変わらない放射線量です。広域処理対象のガレキは国の基準以下です。

「せんまや気仙沼街道まつり2013」において第20回気仙沼クラシックカー&バイクミーティングなどのイベントが開催されます。今年は「働くクルマ展」として千厩支部青年部会が参加、高所作業車の試乗体験などを行います。

第20回気仙沼クラシックカー&バイクミーティング
「せんまや気仙沼街道まつり」は気仙沼市と千厩が昔からつながり強かったことから、応援復興をかねて昨年から開催されています。

震災前まで気仙沼市で開催されていた「気仙沼クラシックカーミーティング」を引き継ぎ、今回も同時開催されます。

日時 2013年5月19日(日)10:00~15:00
場所 一関市千厩町四日町、東栄町

せんまや気仙沼街道まつり2013せんまや気仙沼街道まつり 地図 駐車場 (臨時駐車場からはシャトルバスを運行)


「昭和だよ!全員集合」をキャッチフレーズに昭和にちなんだ催しが行われます。
せんまや気仙沼街道まつり2013「気仙沼クラシックカー&バイクミーティング」

・第20回気仙沼クラシックカーミーティング
・レトロバス試乗会
・ガレージセール

・気仙沼復興応援市(ご当地グルメなど)
・せんまや屋台村(ご当地グルメなど)
・昭和駄菓子店

・千厩まちなか音楽祭(CONNY&佐藤秀光、SCK、何ン田研二ほか)
・千厩まちなか昭和展(昭和の鉄道写真展、蓄音機、昭和の働くクルマ写真展)

・働くクルマ展
  千厩支部青年部会が高所作業車の試乗体験などを行います。

「放射線量低減対策事前調査」に係る説明会
一関市は東京電力福島第1原発事故の影響で国から「汚染状況重点調査地域」の指定を受けています。今年度は住宅や事業所の除染を計画しており、事前に必要な戸数を把握するための空間放射線量調査「放射線量低減対策事前調査」を実施することになり、早ければ今月中に着手する予定です。

sen04DSC01070

「放射線量低減対策事前調査」が本格化するのを前に、東地区の調査を実施する調査員を対象に説明会が開催されました。

調査地域や調査方法、測定機器の扱いについて説明がなされました。

千厩の桜も開花

昨日、一関市が桜の開花を宣言しました。一関市の開花は昨年より7日早く、平年並みだそうです。

一関市千厩支所に行ってみると、桜並木のあちらこちらで花を咲かせていました。千厩支所の桜は夜にライトアップが行われ、多くの住民が訪れる場所です。今年も楽しみです。 

千厩支所の桜
千厩支所の桜
千厩支所の桜


だいぶ気温が上がって来ましたので、近日中に満開の桜が楽しめると思います。

啓蟄の風景。

今日は二十四節気の「啓蟄」、春の足音が聞こえてくる時期になりました。千厩町内にある館山公園の様子を見てきました。

マンサク

マンサクの花春を先取りするマンサクの花が既に咲いていました。マンサクは「まんずさく」(まず咲く)という東北訛りが語源とも言われています。


館山公園館山公園内の雪がだいぶ融けて地面が見える部分増えていました。「啓蟄」は冬籠りの虫たちが地面から出てくるころとされていますが、まだ虫の姿はありませんでした。


千厩町内館山公園から眺める千厩町内です。上から見ると、ほとんど雪がありませんでした。



少しずつ春に近づいているようです。

「せんまやひなまつり」が2月10日から開催されます。
sen130205-4
期 間 平成25年2月10日(日)~3月3日(日)
時 間 10:00~16:00
会 場 千厩酒のくら交流施設(主会場)、千厩商店街
入場料 高校生以上 100円(酒のくら交流施設のみ)


国登録有形文化財の「千厩酒のくら交流施設」を主会場として、千厩商店街の店舗などで雛人形が飾られます。

「千厩酒のくら交流施設」には明治から昭和期ひな壇飾りに加えつるし雛等も多数展示されます。

「千厩酒のくら交流施設」は明治から大正期にかけて建造された25棟の建造物が立ち並びます。ケヤキを使った土蔵造りの母屋や西洋館など大正浪漫が漂う空間です。
BS日テレ「知られざる百年遺産 わが町の建築物語」で紹介(111回2013.1.22放送)されました。

sen130205-1

また、期間中は商店街ではひな飾りを展示している約50店の参加店を巡るスタンプラリーが実施されます。
期間中はつるし雛作り体験コーナー、子供お茶会、子供フェスタなどの各種イベントが開催されます。
期間中イベント
せんまやひなまつり地図

一関市大東町大原地区で「天下の奇祭」と称される『大東大原水かけ祭り』が開催されます。

期日 平成25年2月11日(月) 建国記念日
場所 岩手県一関市大東町大原 商店街

開催概要 
水かけまつり
コース・交通規制
sen130131 (1)

このまつりは、江戸大火があった1657年(明暦3年)に火防祈願と火防宣伝のまつりとして始まったものと伝えられています。現在では厄落としと安全祈願が主流ですが、1年間の無病息災や大願成就等を祈願する参加者も増えています。
厳寒の中を裸男たちが町の中を駆け抜け、沿道の人々が水を浴びせかけます。全コース500mの区間を5区間に区切り、男衆が冷水を浴びながら疾走します。


大東大原水かけ祭りリンク集
一関市役所HP 大東大原水かけ祭り
一関市役所HP 大東大原水かけ祭り写真集
一関市役所HP 大東大原水かけ祭り(2012年広報)

sen130131 (2)

≪大原水かけ祭り 主な日程≫ 
9:00 仮装手踊り
11:00 大しめ縄奉納行進 
11:50 八幡神社において厄払い、火防祈願 
12:40 まとい振り及び太鼓山車、御輿演技・行進 
14:35 水かけ前の祈祷 
15:00 水かけ開始(清め水)


特設ステージ 
10:25 岩井崎明戸虎舞保存会(気仙沼)、太鼓ステージ演技

ストリート演舞
11:30  水戸辺鹿子踊保存会(三陸町)ほか

sen130125 (2)



1月24日、千厩支部管内において現場安全パトロールを実施しました。本格的な冬をむかえ、現場の安全対策のチェックを行いました。
指導協力機関として一関労働基準監督署、一関土木センター、一関農村整備センターから参加いただきました。当支部からは当番会員3社、担当役員、建災防安全指導者が参加しました。
今回の現場は一関市大東町の土木工事2現場です。

sen130125 (1)

反省会では好事例として以下の点などがあげれらました。

・緊急時連絡票の他に、発注者、社内、下請業者、資材関係などの詳細な連絡票を作成していた。
・油漏れ対策として、中和剤やオイルマットを設置し、すぐに使える状態にしていた。
・滑り止め防止用に塩化カルシウムをすぐに使えるように設置していた。
・一週間の作業工程を地元の人に見えるように表示していた。
・過積載のチェックを行っていた。
・これまでの工程でダンプが多く通ったはずだが周辺道路がきれいだった。
・広い現場だが、機械や人の配置を明示した詳細な配置図を掲示しており分かりやすかった。
・架空線の下に単管でゲートを作り、両端にはトラロープを垂らしていた。オペレーターは下ばかりを気にする傾向があるので把握しやすい。

改善事項として重機関係の安全対策などについて意見が出されました。


最後に「補強土壁工」、「暗渠工」についてリスクアセスメントを行いました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2019年8月 [10]
  2. 2019年7月 [18]
  3. 2019年6月 [9]
  4. 2019年5月 [16]
  5. 2019年4月 [9]
  6. 2019年3月 [9]
  7. 2019年2月 [13]
  8. 2019年1月 [16]
  9. 2018年12月 [15]
  10. 2018年11月 [26]
  11. 2018年10月 [18]
  12. 2018年9月 [7]
  13. 2018年8月 [19]
  14. 2018年7月 [25]
  15. 2018年6月 [15]
  16. 2018年5月 [11]
  17. 2018年4月 [13]
  18. 2018年3月 [10]
  19. 2018年2月 [17]
  20. 2018年1月 [10]
  21. 2017年12月 [12]
  22. 2017年11月 [17]
  23. 2017年10月 [20]
  24. 2017年9月 [8]
  25. 2017年8月 [28]
  26. 2017年7月 [20]
  27. 2017年6月 [14]
  28. 2017年5月 [14]
  29. 2017年4月 [18]
  30. 2017年3月 [20]
  31. 2017年2月 [18]
  32. 2017年1月 [16]
  33. 2016年12月 [19]
  34. 2016年11月 [22]
  35. 2016年10月 [16]
  36. 2016年9月 [33]
  37. 2016年8月 [23]
  38. 2016年7月 [23]
  39. 2016年6月 [17]
  40. 2016年5月 [20]
  41. 2016年4月 [25]
  42. 2016年3月 [21]
  43. 2016年2月 [16]
  44. 2016年1月 [13]
  45. 2015年12月 [20]
  46. 2015年11月 [21]
  47. 2015年10月 [27]
  48. 2015年9月 [10]
  49. 2015年8月 [22]
  50. 2015年7月 [20]
  51. 2015年6月 [15]
  52. 2015年5月 [17]
  53. 2015年4月 [16]
  54. 2015年3月 [17]
  55. 2015年2月 [15]
  56. 2015年1月 [14]
  57. 2014年12月 [19]
  58. 2014年11月 [27]
  59. 2014年10月 [24]
  60. 2014年9月 [18]
  61. 2014年8月 [39]
  62. 2014年7月 [21]
  63. 2014年6月 [18]
  64. 2014年5月 [16]
  65. 2014年4月 [21]
  66. 2014年3月 [22]
  67. 2014年2月 [15]
  68. 2014年1月 [20]
  69. 2013年12月 [21]
  70. 2013年11月 [23]
  71. 2013年10月 [20]
  72. 2013年9月 [12]
  73. 2013年8月 [18]
  74. 2013年7月 [33]
  75. 2013年6月 [20]
  76. 2013年5月 [30]
  77. 2013年4月 [16]
  78. 2013年3月 [10]
  79. 2013年2月 [8]
  80. 2013年1月 [13]
  81. 2012年12月 [15]
  82. 2012年11月 [16]
  83. 2012年10月 [13]
  84. 2012年9月 [12]
  85. 2012年8月 [17]
  86. 2012年7月 [11]
  87. 2012年6月 [10]
  88. 2012年5月 [12]
  89. 2012年4月 [11]
  90. 2012年3月 [6]
  91. 2012年2月 [10]
  92. 2012年1月 [12]
  93. 2011年12月 [11]
  94. 2011年11月 [16]
  95. 2011年10月 [15]
  96. 2011年9月 [10]
  97. 2011年8月 [19]
  98. 2011年7月 [22]
  99. 2011年6月 [15]
  100. 2011年5月 [14]
  101. 2011年4月 [14]
  102. 2011年3月 [20]
  103. 2011年2月 [15]
  104. 2011年1月 [14]
  105. 2010年12月 [10]
  106. 2010年11月 [9]
  107. 2010年10月 [20]
  108. 2010年9月 [18]
  109. 2010年8月 [20]
  110. 2010年7月 [12]
  111. 2010年6月 [16]
  112. 2010年5月 [15]
  113. 2010年4月 [14]
  114. 2010年3月 [8]
  115. 2010年2月 [13]
  116. 2010年1月 [21]
  117. 2009年12月 [16]
  118. 2009年11月 [23]
  119. 2009年10月 [38]
  120. 2009年9月 [33]
  121. 2009年8月 [26]
  122. 2009年7月 [27]
  123. 2009年6月 [24]
  124. 2009年5月 [13]
  125. 2009年4月 [17]
  126. 2009年3月 [15]
  127. 2009年2月 [23]
  128. 2009年1月 [31]
  129. 2008年12月 [37]
  130. 2008年11月 [30]
  131. 2008年10月 [55]
  132. 2008年9月 [40]
  133. 2008年8月 [49]
  134. 2008年7月 [48]
  135. 2008年6月 [35]
  136. 2008年5月 [17]
  137. 2008年4月 [11]
  138. 2008年3月 [6]
  139. 2008年2月 [9]
  140. 2008年1月 [13]
  141. 2007年12月 [12]
  142. 2007年11月 [14]
  143. 2007年10月 [20]
  144. 2007年9月 [14]
  145. 2007年8月 [20]
  146. 2007年7月 [13]
  147. 2007年6月 [15]
  148. 2007年5月 [10]
  149. 2007年4月 [6]
  150. 2007年3月 [14]
  151. 2007年2月 [16]
  152. 2007年1月 [5]
  153. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 7.1.1