千厩支部 一覧

10月26日(水)に一関市立磐清水小学校で開催いたしました建設業ふれあい事業の図画・作文展を一関市千厩町の千厩ショッピングモール「エスピア」で開催中です。児童が描いた建設機械体験乗車等の図画及び作文、写真等を展示しています。児童の個性あふれる作品を見ることが出来ます。

 期間 10月19日(土)から10月27日(日)
 場所 千厩ショッピングモール エスピア
     一関市千厩町千厩字東小田90番地 TEL 0191-53-3050

図画・作文展

図画

 平成23年度建設業ふれあい事業
   一関市立磐清水小学校 全児童(44名)
   平成23年10月26日(水)
   (1)生徒の体験乗車(建設機械とのふれあい)
     バックホウの乗車体験・運転実技、高所作業車の乗車体験
   (2)建設作業見学
     敷砂利作業の見学を兼ねて学校環境整備
   (3)測量体験、建設機械見学   
   (4)職業体験
     感想文、写生により、職業体験の経験を実感してもらう
   (5)その他奉仕活動

1年生の優秀賞作品
1年生優秀賞


2年生の優秀賞作品
2年生優秀賞


3年生の優秀賞作品
3年生優秀賞


学年ごとに優秀賞受賞者に表彰状を授与します。

現場安全パトロール

11月17日、千厩支部の現場安全パトロールを実施しました。一関労働基準監督署の専門官、会員企業の事業主など9名で3現場を巡回しました。今回の対象現場は、一関市千厩町の土木工事2現場、同川崎町の建築工事1現場です。本格的な冬季をむかえる中、労働災害防止対策の徹底を訴えました。

現場安全パトロール

好事例として、架空線に配慮した誘導員の配置を行っている等があげられました。また、転落防止対策の徹底について意見が出されました。

 千厩支部では、安全パトロールに建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS:コスモス)の柱であるリスクアセスメントを取り入れています。今回は「水路床掘工」及び「マンホール掘削、土留工」についてリスクアセスメントを実施いたしました。

現場安全パトロール
まったくの余談ですが、写真右側のお店は「ずんだ餅(大福)」が美味しい熊谷菓子店(千厩町千厩)です。千厩にお越しの際にはお土産にどうぞ。

刑法思想の先駆者である芦東山(1696-1776)の資料を展示している「芦東山記念館」(一関市大東町)で秋季特別展「仙台藩ゆかりの学者」が開催されています。
芦東山記念館


「秋季特別展 仙台藩ゆかりの学者」
・平成23年9月27日から12月4日まで

(記念講演会)
 日時 11月13日(日)13:30から15:30
 場所 芦東山記念館ホール
 講師 仙台市博物館学芸員 水野沙織氏
 題目 「仙台藩ゆかりの学者」
秋季特別展 仙台藩ゆかりの学者


芦東山(あしとうざん)は元禄9年(1696)に現在の一関市大東町渋民に生まれました。幼少から学問に励み、仙台藩儒学者として第5代伊達吉村に仕えます。藩政に関する考えを上言し、講堂座列に関する願書を出した結果、評定所よって処罰されました。元文3年(1738)から宝暦11年(1761)までの23年間も現在の宮城県加美町や栗原市で幽閉生活を送ります。幽閉生活の間に執筆したのが「無刑録」で、我が国の刑法思想の根本原理となりました。


芦東山顕彰碑について

原本無刑録


芦東山に関連した史跡や周辺の案内図です。
周辺には、芦東山の生家や墓地、終焉の地などゆかりの地が点在しています。
芦東山記念館周辺案内図





大きな地図で見る

バックホウ試乗

10月26日、当支部青年部会は一関市立磐清水小学校(千厩町)にて「建設業ふれあい事業」を開催しました。全校児童44名が参加して、建設機械の体験乗車や測量体験、工事作業(砂利舗装)見学などを実施しました。

開会式では千厩土木センター所長、一関市千厩支所長(代理:建設課長)からご挨拶を頂きました。

バックホウでの体験乗車では、はじめに土砂の掘削や旋回の練習を行ってから、釣りゲームに挑戦しました。児童は真剣な表情で取り組んでいました。
高所作業車では、下からは見えない室根山を眺め、校庭の友達に楽しそうに手を振っている児童も多く見られました。
測量機械では距離を測る体験や遠くの絵を見たりしながら、驚いた様子でした。敷砂利の作業もスコップを持って体験してもらいました。

続きを読む

9月15日、千厩支部の現場安全パトロールを実施しました。

安全パトロール

指導協力機関からは、一関労働基準監督署、千厩土木センター、一関農村整備センター、一関市室根支所の方々に参加いただきました。今回の対象現場は、一関市室根町の土木工事3現場です。発注が本格化する中、労働災害防止対策の徹底を訴えました。

安全パトロール

安全パトロール

好事例として、KYで健康状態を確認していることや作業現場近くにパラソルや飲み物を置いて熱中症対策を実施していること等があげられました。また、大雨による土砂の流出対策について意見が出されました。

 千厩支部では、安全パトロールに建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS:コスモス)の柱であるリスクアセスメントを取り入れています。今回は「側溝工」及び「掘削積込み運搬作業」についてリスクアセスメントを実施いたしました。

9月13日、千厩支部青年部会は今年度の地域貢献活動の一環として国道284号線『復興道路』クリーン作戦を実施しました。33名が参加し、管内の国道284号線(一関市川崎町~千厩町~室根町)全線約25kmを16区間に分け、ゴミ拾いを行いました。
ゴミ拾い

国道284号線は東日本大震災で被災した気仙沼市などに向かう復興支援の車が多く利用している路線です。復興支援に来られる方々に気持ち良く通行して貰えるよう、道路の清掃活動を行いました。

空き缶やタバコの吸殻、弁当容器が多く捨てられていましたが、中には車の部品なども落ちていました。拾ったゴミの量は50kgになりました。

打合せ ごみ拾い
ゴミ拾い ゴミ拾い
ゴミ拾い 分別作業
集めたゴミ 集合写真



一関市千厩町第13区自治会のふれあい花壇、今年のテーマは「がんばろう東北」です。

東日本大震災の被災地へ今年清田小学校に入学した4名の児童が花のじゅうたんに乗って応援に行こうとしている情景を表現しているそうです。
ふれあい花壇

これまで多くの賞を受賞した花壇で、2003年には全国花いっぱいコンクール内閣総理大臣賞、2007年には地域づくり総務大臣賞を受賞しています。花壇は気仙沼市へ通じる国道284号線沿いにあることから、被災地へ向かう人の癒しの場になると思います。

こちらには「ガンバレ」の文字が見えます。
ふれあい花壇

sen110830 (3).JPG

ふれあい花壇


隣接した場所には、今年の7月に利用開始された「花の駅せんまや」があります。現在はトイレと駐車場だけですが、産直施設などが建設される予定です。
花の駅せんまや



10月9日(日)には花壇周辺を会場として「清田花フェスタ2011」が開催されます。

東日本大震災から5カ月となった11日、陸前高田市内のガレキ撤去状況を確認してきました。

千厩支部では陸前高田市のガレキ撤去作業の応援要請を受け、4月25日より陸前高田市内のガレキ撤去作業を行っております。12日で応援要請に係る当支部の派遣は終了となります。
陸前高田市中心部

市内中心部のガレキがかなり片付きました。ガレキの仮集積場は高く積み上がり、少しずつ分別作業が行われているようでした。
ショッピングセンター「リプル」があった場所です。
集積場

道の駅の近くです。
ガレキ仮置き場

気仙町の気仙中学校です。津波の爪跡が生々しい校舎。校庭はガレキ置き場になっています。
気仙中学校


ガレキが無くなり、全てが流されたことを実感します。街があったことが信じられない風景です。
陸前高田市中心部

中央奥に見えるのが旧市役所です。
今後、建物の基礎についても撤去が始まるものと思われます。
陸前高田市中心部

右奥に見えるのが高田小学校。先日、ゆずのライブが行われた場所です。校庭では子供たちが野球の練習をしていました。何かに打ち込んで、子供たちの精神的ストレスが少しでも取り除かれて欲しいと思います。
陸前高田市中心部

市内中心部に残る建物は解体されます。
中心部


ガレキから見つかったという高田町「うごく七夕」の山車(土台部)です。例年、お祭りを行ってきた8月7日に、犠牲者を偲んで「七夕のつどい」が開かれたそうです。
高田町「うごく七夕」


小友地区に向かいました。

千厩支部会員は、1ヵ月程前から市内中心部を離れ、小友地区を中心に作業を行っています。先月に比べて、小友地区もきれいになっていました。皆さんの頑張りが目に見えて分かりました。
小友地区

1ヵ月前は一面にガレキがありましたが、すっかりきれいになっていました。
小友地区


広田地区の方に入ってみました。広田地区は震災直後に孤立した地域があると聞きました。

右に見えるのが広田中学校です。思っていたよりも撤去が進んでいました。
広田

大野湾。穏やかできれいな海です。
広田


市内に戻ります。

未だに警察の車両が多く、捜索を行っているようでした。
陸前高田市

陸前高田市



先日オープンしたスーパーです。市内中心部の店舗は被災しましたが、竹駒町の仮設店舗で営業再開しました。店内を除くと、千厩店と変らない品揃えでした。市民生活にとって大きな支えになると思います。
スーパー

同じ敷地には「かもめの玉子」で有名なさいとう製菓の店舗も営業していました。
さいとう製菓



ガレキの撤去は進んでいますが、仮置き場からの運び出しは先が見えない状況だと思います。今後、残った建物の解体や基礎部分の撤去が始まれば、更にガレキが増えることになります。
広大な被災地域を抱える陸前高田市の復興が一日も早く進むことを願っております。

8月10日は「道の日」です。

千厩土木センター、一関市各支所、(社)岩手県建設業協会千厩支部青年部会、岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部の共催により「道の日」イベントを開催いたしました。

「道の日」イベント

川崎町「道の駅かわさき」、室根町「旬菜舘」、東山町「ひがしやま季節館」の3会場に別れ、沿道のゴミ拾い、花の種(道路ふれあい月間のPR広告を印刷したもの)の配布を行いました。

道路の環境美化により、お盆の帰省客を気持ちよく迎えることが出来ます。また、当地域は沿岸部へ支援に向かう車両が多いことから、支援に向かう方々にも気持ちよく通行頂けると思います。

ゴミ拾い ゴミ拾い
ゴミ拾い 花の種配布
花の種配布 ゴミ分別
ごみ 東山会場



参加者

7月15日、千厩支部青年部会は今年度の地域貢献活動の一環として国道343号線『復興道路』クリーン作戦を実施しました。33名が参加し、管内の国道343号線(一関市大東町摺沢~東山町)約15kmに渡り、道路沿いのゴミ拾いを行いました。

国道343号線のゴミ拾い

国道343号線は東日本大震災で被災した陸前高田市や大船渡市などに向かう復興支援の車が多く利用している路線です。復興支援に来られる方々に気持ち良く通行して貰えるよう、炎天下の中、汗を流しながら活動を行いました。

沿道の退避所には弁当容器や空き缶が多く捨てられていました。拾ったゴミの量は約60kgになりました。

部会長あいさつ ゴミ拾い
ゴミ拾い ゴミ拾い
ゴミの分別作業 拾ったゴミ

終了後にゴミの分別を行い、2tダンプの荷台がいっぱいになりました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年10月 [18]
  2. 2017年9月 [8]
  3. 2017年8月 [28]
  4. 2017年7月 [20]
  5. 2017年6月 [14]
  6. 2017年5月 [14]
  7. 2017年4月 [18]
  8. 2017年3月 [20]
  9. 2017年2月 [18]
  10. 2017年1月 [16]
  11. 2016年12月 [19]
  12. 2016年11月 [22]
  13. 2016年10月 [16]
  14. 2016年9月 [33]
  15. 2016年8月 [23]
  16. 2016年7月 [23]
  17. 2016年6月 [17]
  18. 2016年5月 [20]
  19. 2016年4月 [25]
  20. 2016年3月 [21]
  21. 2016年2月 [16]
  22. 2016年1月 [13]
  23. 2015年12月 [20]
  24. 2015年11月 [21]
  25. 2015年10月 [27]
  26. 2015年9月 [10]
  27. 2015年8月 [22]
  28. 2015年7月 [20]
  29. 2015年6月 [15]
  30. 2015年5月 [17]
  31. 2015年4月 [16]
  32. 2015年3月 [17]
  33. 2015年2月 [15]
  34. 2015年1月 [14]
  35. 2014年12月 [19]
  36. 2014年11月 [27]
  37. 2014年10月 [24]
  38. 2014年9月 [18]
  39. 2014年8月 [39]
  40. 2014年7月 [21]
  41. 2014年6月 [18]
  42. 2014年5月 [16]
  43. 2014年4月 [21]
  44. 2014年3月 [22]
  45. 2014年2月 [15]
  46. 2014年1月 [20]
  47. 2013年12月 [21]
  48. 2013年11月 [23]
  49. 2013年10月 [20]
  50. 2013年9月 [12]
  51. 2013年8月 [18]
  52. 2013年7月 [33]
  53. 2013年6月 [20]
  54. 2013年5月 [30]
  55. 2013年4月 [16]
  56. 2013年3月 [10]
  57. 2013年2月 [8]
  58. 2013年1月 [13]
  59. 2012年12月 [15]
  60. 2012年11月 [16]
  61. 2012年10月 [13]
  62. 2012年9月 [12]
  63. 2012年8月 [17]
  64. 2012年7月 [11]
  65. 2012年6月 [10]
  66. 2012年5月 [12]
  67. 2012年4月 [11]
  68. 2012年3月 [6]
  69. 2012年2月 [10]
  70. 2012年1月 [12]
  71. 2011年12月 [11]
  72. 2011年11月 [16]
  73. 2011年10月 [15]
  74. 2011年9月 [10]
  75. 2011年8月 [19]
  76. 2011年7月 [22]
  77. 2011年6月 [15]
  78. 2011年5月 [13]
  79. 2011年4月 [14]
  80. 2011年3月 [20]
  81. 2011年2月 [15]
  82. 2011年1月 [14]
  83. 2010年12月 [10]
  84. 2010年11月 [9]
  85. 2010年10月 [20]
  86. 2010年9月 [18]
  87. 2010年8月 [20]
  88. 2010年7月 [12]
  89. 2010年6月 [16]
  90. 2010年5月 [15]
  91. 2010年4月 [14]
  92. 2010年3月 [8]
  93. 2010年2月 [13]
  94. 2010年1月 [21]
  95. 2009年12月 [16]
  96. 2009年11月 [23]
  97. 2009年10月 [38]
  98. 2009年9月 [33]
  99. 2009年8月 [26]
  100. 2009年7月 [27]
  101. 2009年6月 [24]
  102. 2009年5月 [13]
  103. 2009年4月 [17]
  104. 2009年3月 [15]
  105. 2009年2月 [23]
  106. 2009年1月 [31]
  107. 2008年12月 [37]
  108. 2008年11月 [30]
  109. 2008年10月 [55]
  110. 2008年9月 [40]
  111. 2008年8月 [49]
  112. 2008年7月 [48]
  113. 2008年6月 [35]
  114. 2008年5月 [17]
  115. 2008年4月 [11]
  116. 2008年3月 [6]
  117. 2008年2月 [9]
  118. 2008年1月 [13]
  119. 2007年12月 [12]
  120. 2007年11月 [14]
  121. 2007年10月 [20]
  122. 2007年9月 [14]
  123. 2007年8月 [20]
  124. 2007年7月 [13]
  125. 2007年6月 [15]
  126. 2007年5月 [10]
  127. 2007年4月 [6]
  128. 2007年3月 [14]
  129. 2007年2月 [16]
  130. 2007年1月 [5]
  131. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5