千厩支部 一覧

メンタルヘルス対策の基礎知識
『建設業労働災害防止安全衛生千厩大会』を一関市千厩町の両磐地域職業訓練センターで開催しました。
当支部の安全大会では、現場代理人や現場技術者の方を中心に参加頂き、実践的な講習会を開催しております。約50名が参加しました。


支部長挨拶(代読 小山副支部長)

開催日時 平成29年8月23日(水)13時30分
開催場所 両磐地域職業訓練センター

メンタルヘルス対策の基礎知識

(内容)
「メンタルヘルス対策の基礎知識」
 岩手産業保健総合支援センター産業保健相談員 山田惠子 様

「なぜ転倒するのか―その原因と予防対策―」他
 DVDビデオによる学習(50分)

「平成29年度労働災害防止活動計画について」
 労働災害防止活動計画に基づく現場での安全管理の注意点


本年度も労働災害の撲滅に向けて、PDCAサイクルを活用した労働災害防止活動に取り組んで参ります。

道路ふれあい月間「道の日」イベント道路ふれあい月間中の8月21日、「道の日」イベントとして道路清掃や道路のPR活動等を実施しました。当初、8月8日に実施予定でしたが台風の接近により延期していたものです。


道路ふれあい月間「道の日」イベント
県南広域振興局土木部千厩土木センター、一関市、岩手県建設業協会千厩支部青年部会、建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部から約60名が参加しました。


道路ふれあい月間「道の日」イベント


道路ふれあい月間「道の日」イベント

一関市川崎町「道の駅かわさき」、室根町「旬菜館」、東山町「ひがしやま季節館」の3会場に別れ、沿道のゴミ拾い、記念品(道路ふれあい月間のPR広告を印刷したウェットティッシュ)やPR用うちわの配布を行いました。今年度は、建設業協会で作成したマンガ冊子「我らイワケン株式会社」やキャラクターシールの配布も行いました。

国土交通省は毎年8月を「道路ふれあい月間」と定め、道路とふれあい、道路の役割や重要性を改めて認識していただき、道路を常に広く、美しく、安全に利用していただくため、道路の愛護活動や道路の正しい利用の啓発等の各種活動を特に推進することとしています。

また、同省が8月10日は「道の日」と制定しています。

「道の日」制定の目的
”道路は国民生活に欠くことのできない基本的な社会資本ですが、あまりに身近な存在のため、その重要性が見過ごされがちです。そこで、道路の意義・重要性について、国民の皆さまに関心をもっていただくため、8月10日を「道の日」と制定しました。”

道路ふれあい月間「道の日」イベント

道路ふれあい月間「道の日」イベント

3会場で拾ったゴミは合わせて約30kgになりました。

sen08DSC_78738月2日、「災害時における応急対策業務に関する協定」に基づく災害情報伝達訓練を千厩土木センター、一関市、協会千厩支部の合同で開催しました。台風による豪雨災害を想定、会員企業がパトロールを実施して報告する情報伝達の訓練です。

訓練の目的は、「災害時における建設業協会千厩支部の自主パトロール体制・報告方法を確認するとともに、千厩土木センター、一関市の対応方針決定に必要な情報収集内容等に不備が無かったかを検証する。また、非常用機器や通信機材の取扱いを習熟するとともに、複数の情報伝達方法を試みる」としております。


sen08DSC00156


sen08DSC_7866

位置情報把握の精度を上げるため、住宅地図とメッシュマップの記号を記載する「災害情報連絡票」を平成27年より使用しております。すべての会員企業で地図の記号が記載されており、迅速な位置情報把握が出来ました。


sen08dsc05836830

一部の会員は、クラウドサービスのEvernote(エバーノート)による情報共有(状況、写真、位置情報など)を試験的に実施しました。今回は、位置情報付き写真を添付したメールからEvernote(エバーノート)に送付する方法も試行しました。


sen08DSC_7882
同時に衛星携帯電話の通話訓練、スカイプによる動画での状況報告などの訓練も行いました。

反省会では、「災害情報連絡票」の記載内容が分かりやすくなっている点やEvernoteの利点と課題(位置情報の不備など)、スカイプの有効性などが出されました。また、今後の課題として夜間の対応や待機方法などについての意見がありました。

sen07DSC003437月13日、千厩支部青年部会は今年度の国道284号線「復興支援道路」クリーン作戦を実施しました。

33名が参加し、管内の国道284号線(一関市川崎町~千厩町~室根町)全線約25kmを16区間に分け、ゴミ拾いを行いました。草をかき分け、炎天下で汗をかきながらの作業となりました。

sen07DSC00350


sen07DSC00355


sen07DSC00338


国道284号線は東日本大震災で被災した陸前高田市や気仙沼市などに向かう復興支援の車が未だに多く利用しています。復興支援や復興工事に来られる方々に気持ち良く通行して貰えるよう、道路の清掃活動を行いました。

sen07DSC00357

sen07DSC00360

空き缶やタバコの吸殻、コンビニ袋が多く捨てられていました。スピーカーや鍋なども拾い、ゴミの量は50kgになりました。昨年は40kgでしたので、残念ながらゴミが増えていました。


sen07DSC00362

次回は8月8日に道の日イベント、9月5日に国道343号線クリーン作戦で道路清掃を予定しています。

sen1706230006月13日に一関市立大東小学校で開催した「建設業ふれあい事業」に参加した児童から心温まる嬉しいお手紙が届きました。一部ですが紹介します。

続きを読む

170623scan-6-2
一関市大東町の摺沢公民館(JR摺沢駅隣り)で「ひとふでんず」イラスト展(建設業ふれあい事業in大東小学校)を開催しています。

続きを読む

sen06DSC001766月13日、千厩支部青年部会は建設業ふれあい事業を開催しました。一関市立大東小学校の3年生と4年生98名の生徒が参加しました。

続きを読む

sen06DSC00254
例年、岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部では、環境美化活動として会員事業所に花の苗を配布しています。平成15年の協議会設立当初より継続している活動で、本日の定時総会にあわせて3株ずつ配布しました。


sen06DSC00255

建設業協会千厩支部会館にも3株の苗をいただきました。プランターが1つではさみしいので、日日草3株を追加購入して植栽しました。
(水やりが楽なのように水道の近くに設置)

少しは明るい雰囲気の会館となったでしょうか???

sen04DSC00337

昨年より6日遅く4月12日に一関市の開花宣言がありました。本日21日現在、千厩支所前の桜はほぼ満開となっています。

sen04DSC00342
旧千厩小学校があった場所で歴史がある桜並木です。夜にはライトアップが行われています。

sen04DSC00333


sen04DSC00015



4月15日からは一関市川崎町の千厩川堤防で「千厩川桜並木のライトアップ」が行われています。

sen03DSC09747

一関市千厩町の「千厩酒のくら交流施設」や商店街などで2月11日から3月3日まで「せんまやひなまつり」が開催されました。今年で10年目となり、連日多くの観光客でにぎわいました。今日の午後で終了です。

江戸時代の貴重なひな人形や手作りの「つるし雛」など、各所で飾られました。


sen03DSC09741
sen03DSC09745今年の干支、鳥をモチーフにした飾り。


sen03IMG_7419
sen03IMG_7420
sen03DSC09754貴重なひな人形なども多く飾られました。


sen03IMG_7418「千厩酒のくら交流施設」の大正建築も風情があります。


sen03DSC09753豪華な着物なども飾られました。

期間中、「蔵deマルシェ」やスタンプラリーなどのイベントも多く開催されました。今年は「千厩酒のくら交流施設」の入場者数が1万人を超えることが目標だったようです。おそらく目標を超えたものと思われます。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年7月 [8]
  2. 2018年6月 [15]
  3. 2018年5月 [11]
  4. 2018年4月 [13]
  5. 2018年3月 [10]
  6. 2018年2月 [17]
  7. 2018年1月 [10]
  8. 2017年12月 [12]
  9. 2017年11月 [17]
  10. 2017年10月 [20]
  11. 2017年9月 [8]
  12. 2017年8月 [28]
  13. 2017年7月 [20]
  14. 2017年6月 [14]
  15. 2017年5月 [14]
  16. 2017年4月 [18]
  17. 2017年3月 [20]
  18. 2017年2月 [18]
  19. 2017年1月 [16]
  20. 2016年12月 [19]
  21. 2016年11月 [22]
  22. 2016年10月 [16]
  23. 2016年9月 [33]
  24. 2016年8月 [23]
  25. 2016年7月 [23]
  26. 2016年6月 [17]
  27. 2016年5月 [20]
  28. 2016年4月 [25]
  29. 2016年3月 [21]
  30. 2016年2月 [16]
  31. 2016年1月 [13]
  32. 2015年12月 [20]
  33. 2015年11月 [21]
  34. 2015年10月 [27]
  35. 2015年9月 [10]
  36. 2015年8月 [22]
  37. 2015年7月 [20]
  38. 2015年6月 [15]
  39. 2015年5月 [17]
  40. 2015年4月 [16]
  41. 2015年3月 [17]
  42. 2015年2月 [15]
  43. 2015年1月 [14]
  44. 2014年12月 [19]
  45. 2014年11月 [27]
  46. 2014年10月 [24]
  47. 2014年9月 [18]
  48. 2014年8月 [39]
  49. 2014年7月 [21]
  50. 2014年6月 [18]
  51. 2014年5月 [16]
  52. 2014年4月 [21]
  53. 2014年3月 [22]
  54. 2014年2月 [15]
  55. 2014年1月 [20]
  56. 2013年12月 [21]
  57. 2013年11月 [23]
  58. 2013年10月 [20]
  59. 2013年9月 [12]
  60. 2013年8月 [18]
  61. 2013年7月 [33]
  62. 2013年6月 [20]
  63. 2013年5月 [30]
  64. 2013年4月 [16]
  65. 2013年3月 [10]
  66. 2013年2月 [8]
  67. 2013年1月 [13]
  68. 2012年12月 [15]
  69. 2012年11月 [16]
  70. 2012年10月 [13]
  71. 2012年9月 [12]
  72. 2012年8月 [17]
  73. 2012年7月 [11]
  74. 2012年6月 [10]
  75. 2012年5月 [12]
  76. 2012年4月 [11]
  77. 2012年3月 [6]
  78. 2012年2月 [10]
  79. 2012年1月 [12]
  80. 2011年12月 [11]
  81. 2011年11月 [16]
  82. 2011年10月 [15]
  83. 2011年9月 [10]
  84. 2011年8月 [19]
  85. 2011年7月 [22]
  86. 2011年6月 [15]
  87. 2011年5月 [13]
  88. 2011年4月 [14]
  89. 2011年3月 [20]
  90. 2011年2月 [15]
  91. 2011年1月 [14]
  92. 2010年12月 [10]
  93. 2010年11月 [9]
  94. 2010年10月 [20]
  95. 2010年9月 [18]
  96. 2010年8月 [20]
  97. 2010年7月 [12]
  98. 2010年6月 [16]
  99. 2010年5月 [15]
  100. 2010年4月 [14]
  101. 2010年3月 [8]
  102. 2010年2月 [13]
  103. 2010年1月 [21]
  104. 2009年12月 [16]
  105. 2009年11月 [23]
  106. 2009年10月 [38]
  107. 2009年9月 [33]
  108. 2009年8月 [26]
  109. 2009年7月 [27]
  110. 2009年6月 [24]
  111. 2009年5月 [13]
  112. 2009年4月 [17]
  113. 2009年3月 [15]
  114. 2009年2月 [23]
  115. 2009年1月 [31]
  116. 2008年12月 [37]
  117. 2008年11月 [30]
  118. 2008年10月 [55]
  119. 2008年9月 [40]
  120. 2008年8月 [49]
  121. 2008年7月 [48]
  122. 2008年6月 [35]
  123. 2008年5月 [17]
  124. 2008年4月 [11]
  125. 2008年3月 [6]
  126. 2008年2月 [9]
  127. 2008年1月 [13]
  128. 2007年12月 [12]
  129. 2007年11月 [14]
  130. 2007年10月 [20]
  131. 2007年9月 [14]
  132. 2007年8月 [20]
  133. 2007年7月 [13]
  134. 2007年6月 [15]
  135. 2007年5月 [10]
  136. 2007年4月 [6]
  137. 2007年3月 [14]
  138. 2007年2月 [16]
  139. 2007年1月 [5]
  140. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6