宮古支部 一覧

復興工事の本格化に伴い、国道106号線の交通量が例年になく増加し、更に、例年に無い大雪に再三襲われ、路面の損傷が激しく、所々に穴ぼこが発生。全面委託受託業者が連日路面パッチングを実施しているが、対応が追い付かない状況に、土木センターが悲鳴をあげ、当支部にボランティアを要請。10社38名が参加。

一般国道106号線道路補修作業00268.JPG 一般国道106号線道路補修作業00269.JPG
一般国道106号線道路補修作業0271.JPG 一般国道106号線道路補修作業00273.JPG
一般国道106号線道路補修作業00274.JPG 一般国道106号線道路補修作業00275.JPG


第2回宮古土木センター工事安全パトロールDSC00255.JPG 第2回宮古土木センター工事安全パトロールDSC00259.JPG
第2回宮古土木センター工事安全パトロールDSC00263.JPG 第2回宮古土木センター工事安全パトロールDSC00266.JPG
第26回建設業経営者研修会1.JPG 第26回建設業経営者研修会2.JPG
平成26年新年交賀会1.JPG 平成26年新年交賀会2.JPG
平成26年新年交賀会3.JPG 平成26年新年交賀会4.JPG

 

本工事は、東日本大震災からの復旧のため、閉伊川に津波対策水門を新設する工事の第1期工事である。従前は河川堤防により津波対策をしていたが、今回は、水門による津波防護に変え、防護高さも見直し、被災前より高い高さで復旧するものである。

安全祈願祭1.JPG 安全祈願祭.JPG
安全祈願祭3.JPG 安全祈願祭4.JPG
安全祈願祭5.JPG 安全祈願祭6.JPG

25年度献血協力活動

献血協力活動1.JPG 献血協力活動2.JPG
献血協力活動3.JPG 献血協力活動4.JPG
宮古土木センター管内工事現場安全パトロール1.JPG 宮古土木センター管内工事現場安全パトロール2.JPG
宮古土木センター管内工事現場安全パトロール3.JPG 宮古土木センター管内工事現場安全パトロール4.JPG
宮古土木センター管内工事現場安全パトロール5.JPG 宮古土木センター管内工事現場安全パトロール5.JPG
宮古土木センター管内工事現場安全パトロール7.JPG 宮古土木センター管内工事現場安全パトロール8.JPG
第27回建設業労働災害防止安全衛生宮古・下閉伊大会1 第27回建設業労働災害防止安全衛生宮古・下閉伊大会2
第27回建設業労働災害防止安全衛生宮古・下閉伊大会3 第27回建設業労働災害防止安全衛生宮古・下閉伊大会4
第27回建設業労働災害防止安全衛生宮古・下閉伊大会5 第27回建設業労働災害防止安全衛生宮古・下閉伊大会6
第27回建設業労働災害防止安全衛生宮古・下閉伊大会7 第27回建設業労働災害防止安全衛生宮古・下閉伊大会8

例年猛暑の中行われる、本イベントも今年は雨降る中、道路クリーン作戦のみ行われた。パレードは雷の影響を考慮し、出発式のみ開催。

平成25年「道の日in宮古」1 平成25年「道の日in宮古」2
平成25年「道の日in宮古」3 平成25年「道の日in宮古」4
平成25年「道の日in宮古」5 平成25年「道の日in宮古」6


宮古市宮町、南町の各町内会と、宮古土木センター、建設業協会宮古支部で国道106号線の植樹桝に花の苗を植える、「25年度国道106号道路の景観を良くする活動」を行った。

25年度国道106号道路の景観を良くする活動 25年度国道106号道路の景観を良くする活動2
25年度国道106号道路の景観を良くする活動3 25年度国道106号道路の景観を良くする活動4

ビフォー →

25年度国道106号道路の景観を良くする活動5

アフター

25年度国道106号道路の景観を良くする活動6



 

 

被災情報収集等担当会員全体会議1.JPG 被災情報収集等担当会員全体会議2.JPG
被災情報収集等担当会員全体会議3.JPG 被災情報収集等担当会員全体会議4.JPG
例年の「被災情報収集活動状況及び災害時における応急対策業務に関する協定並びに実施細目等について」に加えて本年度は「高病原性鳥インフルエンザ等の防疫対策について」の研修も行った。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2019年5月 [3]
  2. 2019年4月 [9]
  3. 2019年3月 [9]
  4. 2019年2月 [13]
  5. 2019年1月 [16]
  6. 2018年12月 [15]
  7. 2018年11月 [26]
  8. 2018年10月 [18]
  9. 2018年9月 [7]
  10. 2018年8月 [19]
  11. 2018年7月 [25]
  12. 2018年6月 [15]
  13. 2018年5月 [11]
  14. 2018年4月 [13]
  15. 2018年3月 [10]
  16. 2018年2月 [17]
  17. 2018年1月 [10]
  18. 2017年12月 [12]
  19. 2017年11月 [17]
  20. 2017年10月 [20]
  21. 2017年9月 [8]
  22. 2017年8月 [28]
  23. 2017年7月 [20]
  24. 2017年6月 [14]
  25. 2017年5月 [14]
  26. 2017年4月 [18]
  27. 2017年3月 [20]
  28. 2017年2月 [18]
  29. 2017年1月 [16]
  30. 2016年12月 [19]
  31. 2016年11月 [22]
  32. 2016年10月 [16]
  33. 2016年9月 [33]
  34. 2016年8月 [23]
  35. 2016年7月 [23]
  36. 2016年6月 [17]
  37. 2016年5月 [20]
  38. 2016年4月 [25]
  39. 2016年3月 [21]
  40. 2016年2月 [16]
  41. 2016年1月 [13]
  42. 2015年12月 [20]
  43. 2015年11月 [21]
  44. 2015年10月 [27]
  45. 2015年9月 [10]
  46. 2015年8月 [22]
  47. 2015年7月 [20]
  48. 2015年6月 [15]
  49. 2015年5月 [17]
  50. 2015年4月 [16]
  51. 2015年3月 [17]
  52. 2015年2月 [15]
  53. 2015年1月 [14]
  54. 2014年12月 [19]
  55. 2014年11月 [27]
  56. 2014年10月 [24]
  57. 2014年9月 [18]
  58. 2014年8月 [39]
  59. 2014年7月 [21]
  60. 2014年6月 [18]
  61. 2014年5月 [16]
  62. 2014年4月 [21]
  63. 2014年3月 [22]
  64. 2014年2月 [15]
  65. 2014年1月 [20]
  66. 2013年12月 [21]
  67. 2013年11月 [23]
  68. 2013年10月 [20]
  69. 2013年9月 [12]
  70. 2013年8月 [18]
  71. 2013年7月 [33]
  72. 2013年6月 [20]
  73. 2013年5月 [30]
  74. 2013年4月 [16]
  75. 2013年3月 [10]
  76. 2013年2月 [8]
  77. 2013年1月 [13]
  78. 2012年12月 [15]
  79. 2012年11月 [16]
  80. 2012年10月 [13]
  81. 2012年9月 [12]
  82. 2012年8月 [17]
  83. 2012年7月 [11]
  84. 2012年6月 [10]
  85. 2012年5月 [12]
  86. 2012年4月 [11]
  87. 2012年3月 [6]
  88. 2012年2月 [10]
  89. 2012年1月 [12]
  90. 2011年12月 [11]
  91. 2011年11月 [16]
  92. 2011年10月 [15]
  93. 2011年9月 [10]
  94. 2011年8月 [19]
  95. 2011年7月 [22]
  96. 2011年6月 [15]
  97. 2011年5月 [13]
  98. 2011年4月 [14]
  99. 2011年3月 [20]
  100. 2011年2月 [15]
  101. 2011年1月 [14]
  102. 2010年12月 [10]
  103. 2010年11月 [9]
  104. 2010年10月 [20]
  105. 2010年9月 [18]
  106. 2010年8月 [20]
  107. 2010年7月 [12]
  108. 2010年6月 [16]
  109. 2010年5月 [15]
  110. 2010年4月 [14]
  111. 2010年3月 [8]
  112. 2010年2月 [13]
  113. 2010年1月 [21]
  114. 2009年12月 [16]
  115. 2009年11月 [23]
  116. 2009年10月 [38]
  117. 2009年9月 [33]
  118. 2009年8月 [26]
  119. 2009年7月 [27]
  120. 2009年6月 [24]
  121. 2009年5月 [13]
  122. 2009年4月 [17]
  123. 2009年3月 [15]
  124. 2009年2月 [23]
  125. 2009年1月 [31]
  126. 2008年12月 [37]
  127. 2008年11月 [30]
  128. 2008年10月 [55]
  129. 2008年9月 [40]
  130. 2008年8月 [49]
  131. 2008年7月 [48]
  132. 2008年6月 [35]
  133. 2008年5月 [17]
  134. 2008年4月 [11]
  135. 2008年3月 [6]
  136. 2008年2月 [9]
  137. 2008年1月 [13]
  138. 2007年12月 [12]
  139. 2007年11月 [14]
  140. 2007年10月 [20]
  141. 2007年9月 [14]
  142. 2007年8月 [20]
  143. 2007年7月 [13]
  144. 2007年6月 [15]
  145. 2007年5月 [10]
  146. 2007年4月 [6]
  147. 2007年3月 [14]
  148. 2007年2月 [16]
  149. 2007年1月 [5]
  150. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 7.1.1