一般社団法人岩手県建設業協会の紹介及び建設業に係る情報、県内の地域情報等を掲載しております

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
Powered by Yahoo! JAPAN

一関支部のご紹介

一関支部最新情報は"こちら(ブログ)"

〒021-0882 岩手県一関市上大槻街5-6
電 話:0191-23-3286/FAX:0191-23-0019


大きな地図で見る

会員数:30社(平成29年4月28日現在)

(当地域のご紹介)
 一関支部は、旧一関市、花泉町、平泉町管内の建設業者の会員であります。
 平成17年9月一関市、花泉町、東磐井郡(藤沢町を除き)と合併、新一関市が誕生、人口125千人です。
 当地域は豊かな自然に恵まれた市のシンボル「なのはな」「ぶな」「うぐいす」が私たちの生活に深く関わっております。また、北東北の玄関いちのせきとして新幹線の発着駅でもあり、JR大船渡線の起点でもあります。
 観光において岩手、秋田、宮城の3県にまたがる栗駒山(須川)山麓があり登山道は整備され、標高1,126メートルに位置し古くから親しまれている「須川高原温泉」名湯があります。
 春から夏にかけて250種、2万5千株が咲く『みちのくあじさい園』や、『花と泉の公園』にあるぼたん、しゃくやく、花菖蒲など306種5千本が咲き誇り、また『ベゴニア館』では600平方メートルの敷地内に数百種類ものベゴニアが一年中咲き誇り心地よいひとときが過ごせます。
 平泉町にある有名な「中尊寺金色堂、毛越寺庭園」一関市の「本寺村荘園遺跡」など『平泉の文化遺産』として平成23年の世界文化遺産登録に向けてさまざまな取り組みを進めております。

(支部の活動)
 支部活動は、地域貢献活動として『あじさい園』を基点に西へ1キロほどの法面にあじさいを植栽、毎年その周辺を草刈、整備を行っております。

tm_iti061228-2_5.jpg

 「骨寺村荘園遺跡」の景観を保全するとともに、地域の優れた自然と文化を守り水田農業を継続する必要性から、本寺地区地域づくり推進協議会と当支部及び一関市水道工事業協同組合との間で、平成20年3月に協定を結び春と秋に土水路の整備を行うことになりました。
 毎年8月10日には「黄金ロードふれあい作戦」と題し、青年部が中心に県、市町職員協力のもと、女性マネジングスタッフ協議会、支部会員がそれぞれの地域の道路清掃活動を実施しております。
 また、同時に各会員会社周辺を各従業員が道路清掃活動を行っております。
 災害応急対策に備えて毎年訓練を行い、災害発生時にはパトロール、応急対策を迅速に実施しております。



あじさいの植栽 各社周辺清掃
iti061228-1.jpg iti061228-2.jpg

総合防災訓練
「水防工法訓練」
総合防災訓練
「道路応急復旧訓練」
iti070109.jpg iti070109-2.jpg