北上支部 一覧

北上支部青年部会(木戸口幸弘部会長)は7月20日(金)、西和賀町の湯田小学校で建設業ふれあい事業を開催しました。参加した5.6年生32人が重機・高所作業車試乗、測量機を使ったソフトボール投げのほか、ドローン操作と撮影も体験しました。

開会式には、八重樫博之支部長、本木正直北上土木センター所長も出席し、木戸口部会長からは児童代表に「我らイワケン株式会社」の冊子とノートが贈られました。

20180720_132134

20180720_143835コピー

いよいよ体験試乗です。緊張するーっ!

20180720_140244

20180720_134241

ドローンで記念撮影です。

DJI_0313

DJI_0319-2

30度を超える炎天下でしたが、児童たちは重機やドローンの操作を楽しみながら建設業への関心を深めていました。

岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会北上支部では7月25日(水)北上市長を表敬訪問し、7月20日に経団連会館(東京都千代田区)で開催された全国建設業協会社会貢献活動推進月間中央行事において受賞した建設業社会貢献活動推進月間功労者表彰の報告を行いました。

今回の受賞は、「いわて北上マラソン」の給水ボランティアスタッフとして地域イベントに継続して協力し、地域活性化に貢献していることが評価されたもので、報告会には髙橋達子支部長(高橋建設㈱)、佐藤知子副支部長(㈱佐藤組)、八重樫博之協会北上支部長が出席し、これまでの活動内容などを説明しました。

DSC01142

髙橋市長からは、毎年ボランティアスタッフとして協力していただき有難いとの感謝の言葉があり、髙橋支部長からはランナーの皆さんに気持ちよく走ってもらえるよう、また、北上市のイメージアップのために工夫を重ねて今後も活動を継続していきたいとの意気込みが語られました。

DSC01145

7月20日(金)北上支部会員等31社50人が参加し、市道の清掃活動を実施しました。本年の実施路線は、北上市の中核工業団地となっている北上工業団地内の飯豊秋葉線、川原町南田線の2路線で、猛暑の中延べ3kmの草刈りを行いました。

DSC01115

DSC01123

DSC01138炎天下の作業となりましたが、交通量の多い路線のため交通誘導を行いながら慎重に行いました。

DSC01135

工業団地内では東芝メモリ岩手新工場の建設に向けて大規模な工事が盛んに行われていました。

DSC01126

5月11日(金)、平成30年度北上支部・北上地区建設協議会の定時総会がブランニュー北上において開催され、事業報告、事業計画などが承認されたほか、任期満了に伴う役員改選が行われ、八重樫博之支部長以下10人の役員が選任されました。

また、優良従業員表彰式も行われ、支部表彰13名、地区建設協議会表彰5名の方々に表彰状と記念品が授与されました。

P1030695

受賞者代表挨拶 ㈱小原建設 飯塚吉勝氏

P1030708

表彰式・懇親会には北上市長、西和賀町長、国会議員、県議会議員、関係団体など大勢の来賓の方々にご出席していただき、盛会裏に行われました。

祝辞 髙橋敏彦北上市長

P1030710

祝辞 細井洋行西和賀町長

P1030712

祝辞 平野達男参議院議員

P1030715

祝辞 藤原崇衆議院議員P1030719

祝辞 髙橋孝眞県議会議員

P1030717

4月17日(火)、北上支部では北上展勝地桜並木から下流1.5kmの北上川河川敷の清掃活動を行いました。この活動は、岩手河川国道事務所水沢出張所が実施する「北上川流域一斉清掃活動」に呼応して毎年行っています。日本さくら名所100選として大勢の観光客が訪れる展勝地をきれいにしてお迎えしようと、会員等40社71名が参加してペットボトルなどのゴミを収集しました。

DSC_2922[1]

DSC_2919[1]

P1030687

P1030691

ゴミの量は年々減ってきていて、今年は特に少なかったようです。

P1030683

展勝地の桜並木はまだ咲き初めでしたが、週末の21日、22日頃には見ごろを迎えそうです。

P1030688

展勝地公園内の「みちのく民俗村」も春本番間近です。

P1030678

天候にも恵まれ、北上川と和賀川の合流点から北上市街地を望む景色がとてもきれいでした。

北上支部主催の技術・法令研修会が2月16日(金)ホテルシティプラザ北上において開催され、会員、北上市職員、女性MS協議会など75人が参加しました。この研修会は会員の技術向上と労働災害防止、法令遵守の徹底を図るため毎年開催しているものです。

DSC00995

DSC00974

北上市道路環境課堀内寛之主任による「飯豊北線の整備について」の講演

DSC00980

平成28年度北上市優良工事「北上市立南小学校長寿命化改良工事(建築)第1期工事の事例発表をする㈱小原建設の藤原正知現場代理人

DSC00993

安全指導者からは平成29年度北上市営工事安全パトロールの指導事項、対応結果の報告等があり、安全管理の徹底を呼びかけました。

DSC01007

法令研修の部では岩手県社会保険労務士会雇用管理アドバイザーの髙田勉社会保険労務士から、業界の課題となっている担い手確保に向けた働き方改革、若者が活き活きと働ける職場づくりの取り組みなどについてご講演いただきました。

2月3日(土)北上支部では北上市役所、北上地区消防組合の職員互助会と合同で北上市内全域の独居老人宅等128世帯の除雪ボランティア活動を実施しました。今回で19回目の活動となりましたが、支部会員46社、約150人が参加し、雪の降る中82世帯の除雪・排雪に汗を流しました。

P1030607

P1030595

この冬は積雪量が多く、特に主に支部会員が担当した和賀町地区は人力だけでは間に合わないため、除雪機や重機も出動しての活動となりました。

P1030589

P1030605

屈強の消防職員も大量の雪に悪戦苦闘、大粒の汗を流して頑張りました。

P1030598

12月5日、北上支部とにしわが建設会は連名で西和賀町長に建設産業振興に関する要望書を提出しました。また、要望活動後には細井洋行町長にも出席していただき町との意見交換会も開催しました。

DSC00932

DSC00934 (3)

要望項目 1 公共事業関係予算の確保について

     2 国県等への社会資本整備促進の要望強化について

     3 公共事業の早期発注と平準化について

     4 地元会員企業への優先発注について

     5 適正な予定価格の設定、設計変更について

     6 働き方改革に向けた発注者の協力について

DSC00938

要望活動後、ほっとゆだ駅前の「悠々館」において、米澤光男西和賀町社会福祉協議会長に高齢者世帯等の除雪活動(スノーバスターズ)に対する助成金10万円を寄付しました。この支援活動は平成9年度から行っており今回で21回目となります。

DSC00943 (2)

意見交換会では支部役員、西和賀地区の会員が出席し、細井洋行町長からは三期目を迎えての西和賀町のまちづくりの方針について詳細に講話していただきました。

DSC00944 (2)

翌日の6日には、廃業した温泉旅館を活用したまちなか交流施設リノベーション工事現場の見学会を行いました。外壁がポリカーボネートで明るく開放的なセミナーハウス、簡易宿泊所に生まれ変わり、来年度から供用されるとのことでした。

DSC00950

DSC00945

北上市に要望書を提出

北上支部では11月9日(木)北上市に対し、建設産業振興策に関する要望書を提出しました。

DSC00927

DSC00930

要望会には八重樫支部長、小原、中神副支部長らが出席し、次の10項目を要望しました。

1 公共事業関係予算の確保について

2 国県への社会資本整備促進の要望強化について

3 公共事業の早期発注と平準化について

4 地元会員企業への優先発注について

5 適正な予定価格の設定について

6 低入札価格調査制度の見直しについて

7 除雪業務委託の拡充について

8 公契約条例制定に係る業界の意見反映について

9 設計変更等の適切な実施について

10 働き方改革に向けた発注者の協力について 

今後、西和賀町にも要望書を提出を予定しています。

北上支部では11月6日(月)、黒沢尻工業高校土木科3年生35人を対象に、簗川ダム(盛岡市)と梁川トンネル(北上市・奥州市)の建設工事現場見学会を行いました。

DSC00866

現在の堤高は21mで全高77.2mの27%の進捗。1年生の時に見学した状況から大きく工事が進んでいることを実感しました。

DSC00869

全員男子生徒でしたが、大きな工事現場でも女性が活躍していることに感心していました。

DSC00879

天端部から堤体全体を見下し、工事規模の壮大さを体感しました。

DSC00882

現場で働く同窓の先輩から土木工事現場で働く喜びや苦労などを直接聴くことができ、とても有意義な見学会でした。

DSC00874

午後からは梁川トンネルを見学

DSC00894

トンネル工事の施工方法や手順をわかり易く説明していただきました。

DSC00902

DSC00916

切羽部を間近に見ることができました。

DSC00914

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年9月 [3]
  2. 2018年8月 [19]
  3. 2018年7月 [25]
  4. 2018年6月 [15]
  5. 2018年5月 [11]
  6. 2018年4月 [13]
  7. 2018年3月 [10]
  8. 2018年2月 [17]
  9. 2018年1月 [10]
  10. 2017年12月 [12]
  11. 2017年11月 [17]
  12. 2017年10月 [20]
  13. 2017年9月 [8]
  14. 2017年8月 [28]
  15. 2017年7月 [20]
  16. 2017年6月 [14]
  17. 2017年5月 [14]
  18. 2017年4月 [18]
  19. 2017年3月 [20]
  20. 2017年2月 [18]
  21. 2017年1月 [16]
  22. 2016年12月 [19]
  23. 2016年11月 [22]
  24. 2016年10月 [16]
  25. 2016年9月 [33]
  26. 2016年8月 [23]
  27. 2016年7月 [23]
  28. 2016年6月 [17]
  29. 2016年5月 [20]
  30. 2016年4月 [25]
  31. 2016年3月 [21]
  32. 2016年2月 [16]
  33. 2016年1月 [13]
  34. 2015年12月 [20]
  35. 2015年11月 [21]
  36. 2015年10月 [27]
  37. 2015年9月 [10]
  38. 2015年8月 [22]
  39. 2015年7月 [20]
  40. 2015年6月 [15]
  41. 2015年5月 [17]
  42. 2015年4月 [16]
  43. 2015年3月 [17]
  44. 2015年2月 [15]
  45. 2015年1月 [14]
  46. 2014年12月 [19]
  47. 2014年11月 [27]
  48. 2014年10月 [24]
  49. 2014年9月 [18]
  50. 2014年8月 [39]
  51. 2014年7月 [21]
  52. 2014年6月 [18]
  53. 2014年5月 [16]
  54. 2014年4月 [21]
  55. 2014年3月 [22]
  56. 2014年2月 [15]
  57. 2014年1月 [20]
  58. 2013年12月 [21]
  59. 2013年11月 [23]
  60. 2013年10月 [20]
  61. 2013年9月 [12]
  62. 2013年8月 [18]
  63. 2013年7月 [33]
  64. 2013年6月 [20]
  65. 2013年5月 [30]
  66. 2013年4月 [16]
  67. 2013年3月 [10]
  68. 2013年2月 [8]
  69. 2013年1月 [13]
  70. 2012年12月 [15]
  71. 2012年11月 [16]
  72. 2012年10月 [13]
  73. 2012年9月 [12]
  74. 2012年8月 [17]
  75. 2012年7月 [11]
  76. 2012年6月 [10]
  77. 2012年5月 [12]
  78. 2012年4月 [11]
  79. 2012年3月 [6]
  80. 2012年2月 [10]
  81. 2012年1月 [12]
  82. 2011年12月 [11]
  83. 2011年11月 [16]
  84. 2011年10月 [15]
  85. 2011年9月 [10]
  86. 2011年8月 [19]
  87. 2011年7月 [22]
  88. 2011年6月 [15]
  89. 2011年5月 [13]
  90. 2011年4月 [14]
  91. 2011年3月 [20]
  92. 2011年2月 [15]
  93. 2011年1月 [14]
  94. 2010年12月 [10]
  95. 2010年11月 [9]
  96. 2010年10月 [20]
  97. 2010年9月 [18]
  98. 2010年8月 [20]
  99. 2010年7月 [12]
  100. 2010年6月 [16]
  101. 2010年5月 [15]
  102. 2010年4月 [14]
  103. 2010年3月 [8]
  104. 2010年2月 [13]
  105. 2010年1月 [21]
  106. 2009年12月 [16]
  107. 2009年11月 [23]
  108. 2009年10月 [38]
  109. 2009年9月 [33]
  110. 2009年8月 [26]
  111. 2009年7月 [27]
  112. 2009年6月 [24]
  113. 2009年5月 [13]
  114. 2009年4月 [17]
  115. 2009年3月 [15]
  116. 2009年2月 [23]
  117. 2009年1月 [31]
  118. 2008年12月 [37]
  119. 2008年11月 [30]
  120. 2008年10月 [55]
  121. 2008年9月 [40]
  122. 2008年8月 [49]
  123. 2008年7月 [48]
  124. 2008年6月 [35]
  125. 2008年5月 [17]
  126. 2008年4月 [11]
  127. 2008年3月 [6]
  128. 2008年2月 [9]
  129. 2008年1月 [13]
  130. 2007年12月 [12]
  131. 2007年11月 [14]
  132. 2007年10月 [20]
  133. 2007年9月 [14]
  134. 2007年8月 [20]
  135. 2007年7月 [13]
  136. 2007年6月 [15]
  137. 2007年5月 [10]
  138. 2007年4月 [6]
  139. 2007年3月 [14]
  140. 2007年2月 [16]
  141. 2007年1月 [5]
  142. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.7