いわけんブログ

  • 一関支部 一覧
  • アジサイ観光道路整備

    2022年6月22日 15:43一関支部

    ichiあじさいR0406 (9)
      一関支部では21日、一関市舞川地区の一般県道相川平泉線の県道沿い約4㌔区間内に、’04年に植栽したアジサイの周辺の草刈りを実施した。
    同地区の「みちのくあじさい園」の開園にあたり、道行く人々に見ていただきたく、今年は若干花咲きが遅いようにみられますが、これから色づきはじめ見ごろを迎える。

    ichiあじさいR0406 (19)

    ichiあじさいR0406 (15)








    ichiあじさいR0406 (30)

  • 災害情報伝達訓練

    2022年6月16日 17:21一関支部

     「災害時における応急対策等の活動に関する協定」に基づき、ASP災害情報共有システムを活用しての訓練を行った。
    14日は2008年岩手・宮城内陸地震の発生日から14年となる。
    県南広域振興局一関土木センター北村所長と職員、一関市と平泉町職員、支部会員が参加。
    内陸南部震源とするマグニチュード7.2、震度6強を想定。位置情報を共有できるスマートフォンから各社災害パトロール担当区域から被災状況写真とコメントを送信、パソコンで確認し指示を出すという流れを確認。
      また、会員12社に無線機搭載車を設置しており、無線機の通信訓練も確認した。

    ichiR0406 (2)

  • 吸川放水路トンネル清掃、草刈り活動

    2022年6月13日 17:50一関支部

     10日、県南広域振興局一関土木センターと当支部は、一関市の一級河川吸川の放水路放流口付近を約35名参加し清掃した。

    市立南小学校の児童が社会科学習の一環で見学を予定していることから、安全に学べるようにと。

    ichiR406吸川 (27)

    ichiR406吸川 (29)
    ichiR406吸川 (22)

    放水路敷地内やその周辺を草刈り
    ichiR406吸川 (16)

    ichiR406吸川 (39)

    吸川放水路と隣接する新山川放水路合わせて1.6㌔の延長、高さ8.4㍍
    幅は吸川放水路11.8㍍、新山川放水路8.4㍍の規模
    ichiR406吸川 (38)ichiR406吸川 (19)

  • 一関工業高校「地域産業」講座の講師として

    2022年6月 2日 14:39一関支部

     県立一関工業高等学校では、管内企業の講話をいただき、地域企業の理解を深めるとともに進路選択の一助にとの目的で、各科2年生を対象とした「地域産業」講座を1日に実施した。
      ㈱佐々組 小野寺土木部係長と土木部の皆川さんが講師として母校を訪れ、土木科2年生に建設業の魅力を伝えた。

    小野寺土木部係長は会社の概要やICT施工について話され、皆川さんは社会人3年目での「入社時の心境や不安だったこと・入社3年目で今感じていること・携わった現場等」を話し、生徒たちからの質問に丁寧に答えていた。

    ichiR4「地域産業」講座 (6)

    ichiR4「地域産業」講座 (7)

  • 景観保持に水路整備活動

    2022年4月19日 10:46一関支部

     4月16日に一関市厳美町の骨寺荘園内遺跡の保全活動に春の土水路の泥上げや整地に取り組みました。
    佐藤一関市長と市職員、一関市水道工事業協同組合、当支部と地元本寺地区地域づくり推進協議会の総勢180名が参加。

    本寺地区地域づくり推進協議会と協定を結び、この活動も15年目となりました。

    R0404春水路整備 (13)

    R0404春水路整備 (4)
    R0404春水路整備 (24)
    R0404春水路整備 (25)
    厳美渓の桜
    R0404春水路整備 (26)

    R0404春水路整備 (27)

  • 第2回建設現場安全パトロール実施

    2022年1月24日 13:17一関支部

     1月21日 第2回建設現場合同安全パトロールを実施しました。
    工事2現場を安全対策の状況などを点検。パトロールには一関労働基準監督署、県一関土木センター、一関農林振興センター、一関農村整備センター、一関市、平泉町職員と支部役員、安全指導者の約20名参加。

    ichi合パトR0401 (1)
    ichi合パトR0401 (2)
    ichi合パトR0401 (5)
    ichi合パトR0401 (8)

  • 一関市へ要望書を提出

    2021年12月 3日 15:28一関支部

     2日に一関支部と千厩支部は一関市に建設産業振興対策に関する要望を行いました。
    当日は、須田支部長(一関)、小山支部長(千厩)と宇部副支部長、矢萩副支部長(一関)らが一関市を訪問し、佐藤市長、鴫原建設部長、鈴木総務部長らが応対していただきました。
    要望項目として、1.公共事業関係予算の確保について、2.公共工事発注の平準化及び適正な工期の設定について、3.会員企業による優先発注について、4.除雪業務委託について、5.入札・契約制度について等

    ichi要望R0312 (1)

    ichi要望R0312 (2)

    同日、一関支部では正副支部長と会員の朝田社長(平泉町)の4名が平泉町へ訪問し要望、青木町長、菅原建設水道課長らが応対していただき、公共事業予算関係等3項目を要望しました。

    ichi要望R0312 (12)

  • 景観保全・施設整備活動

    2021年11月22日 15:10一関支部

     本寺地区地域づくり推進協議会と当支部・一関水道工事業協同組合と結んだ協定に基づき、重要文化的景観地区(骨寺村荘園遺跡内)の土水路の保全活動として泥上げ作業をしました。
    毎年春と秋年2回実施、地元農家や一関市職員など総勢約180名参加し、開会式には佐藤一関市長が挨拶。10班に分かれ作業。
    例年秋作業は天気がすぐれなかったが、今回は晴天!いい汗をかいた。

    ichiR0311秋水 (21)

                                    ichiR0311秋水 (8)ichiR0311秋水 (7)

    ichiR0311秋水 (19)

    ichiR0311秋水 (28)
  • 除雪業務長年の功績をたたえ

    2021年11月12日 17:10一関支部

     岩手県県南広域振興局土木部一関土木センターは、12日長年除雪業務に従事している事業所の職員に対して功績をたたえ表彰状と当支部から記念品が贈られました。
    一関土木センター小野寺所長は、県の除雪業務長年にわたり尽力され他の模範となり、技術者を対象に当センター独自の功績を表彰させて頂き、広く地域に知ってもらう目的、昨シーズンは記録的な大雪に見舞われましたが、地域の経済を支え地域の守り手として重要な業務。
                                              受賞者は宇部建設㈱2名、㈱舞石組2名
    ichiR031112 (3)

                   一関土木センター所長挨拶
    ichiR031112 (1)

                                              受賞者代表挨拶ichiR031112 (2)

  • 建設業ふれあい事業実施

    2021年10月29日 13:53一関支部

     10月28日晴れ、支部青年部は一関市立南小学校の6年生66名が体験学習を実施しました。
    建設機械の操作や測量機器での計測、CAD体験などに取り組み、子どもたちは初めての体験でとても楽しく、関心を深めました。

    コロナの影響下万全な対策をした上で実施。
    ichiふれあいR0310 (68)
    ichiふれあいR0310 (49) CAD体験                                                                                                   ドローン撮影
    ichiふれあいR0310 (25)    ichiふれあいR0310 (36)
    ichiふれあいR0310 (46)

    ichiふれあいR0310 (42)       ichiふれあいR0310 (19)

    ichiふれあいR0310 (62)
    ichiふれあいR0310 (10)











  • 建設現場安全パトロール実施

    2021年10月13日 15:49一関支部

     12日合同安全パトロールを実施。
    支部管内の土木工事と建築工事2現場をパトロール、会員企業の安全水準の向上に努めた。
    一関労働基準監督署、県一関土木センター、一関農林振興センター、一関農村整備センター、一関市、平泉町と当支部役員、安全指導者の18名が参加。
    パトロール終了後、検討会を実施。

    ichiR31012 (2)


    ichiR31012 (1)


    ichiR31012 (5)

  • 県立一関工業高校へ学習活動に機器を支援

    2021年8月27日 14:39一関支部

     当支部では、県立一関工業高等学校土木科へタブレット端末を寄贈。
    26日支部長と両副支部長3名が、一関工業高校を訪問し佐々木校長と土木科の紺野先生へ寄贈品を手渡しました。
      「地域と協働した関工スペシャリストの育成」として、市民との協働・交流を深め地域に技術と知識を生かす活動として、土木科では一関市厳美町地区と連携し岩手・宮城内陸地震の被災地をドローンで撮影する際、スマートフォンを使用していた。

    そのスマホを使用していたとのことから、学習活動の役に立てていただければとの思いからタブレット2台セットを贈りました。

    ichi工業贈R308 (9)
                                  授業の幅を広げてぜひ活用していきたい。ichi工業贈R308 (10)
  • 道路愛護「道の日」清掃活動

    2021年8月 6日 17:22一関支部

     「道路ふれあい月間」にあわせ、6日「黄金ロードふれあい作戦」道路清掃活動を開催いたしました。
    県南広域振興局一関土木センターと一関市建設部、平泉町建設水道課、当支部全会員の総勢53名が参加。
    猛暑の中、熱中症対策とコロナ感染予防対策をしながら、支部管内の路線総距離13.0㎞を3班に分かれて活動。

    ichi黄金 (2)

    ichi黄金 (1)
    ichi黄金 (22)

    ichi黄金 (24)
    ichi黄金 (25)ichi黄金 (12)


    ichi黄金 (9)

  • 一関工業高校「地域産業講座」に講師として

    2021年7月16日 14:31一関支部

     県立一関工業高校では、学んだ知識を様々な教育活動に取り入れ、生徒個々の学びを深めることを目的として教育活動を実践。

    その中で令和3年度「地域産業講座」を実施。管内企業の代表者や技術者が講話、講話を通して地域産業の理解を深めるとともに進路選択の一助としている。

    5月から10月の5回各科の2年生を対象に行っている。
     一関工高から当協会一関支部と千厩支部に依頼があり、14日の土木科の講座には㈱佐々木組土木部の小野寺係長が講師を務め、建設業・土木の魅力を説明しました。

    ichi'210714講座 (1)
    工業高校土木科を選んだ理由や土木という業種をどのように知りましたかなどを生徒に質問ichi'210714講座 (10)

  • あじさい観光道路整備活動

    2021年6月23日 17:09一関支部

     一関市舞川地区の一般県道相川平泉線の4㌔区間内に植栽したあじさい周辺の草刈りを、支部会員約85名が参加し実施した。
    同地区の「みちのくあじさい園」のオープンを間近に控えた時期に毎年行っている。

    ichi R030622(2) ichi R030622(3)

    ichi R030622(4)

  • 災害情報伝達訓練実施

    2021年6月15日 16:55一関支部

     岩手・宮城内陸地震から13年となる14日に災害情報伝達訓練を実施しました。

    毎年行っている訓練で、災害情報支援システム(ASP)を用いて各会員の担当区域の被害状況を迅速かつ的確な情報が届くよう訓練を重ねており、関係機関との情報共有を図っている。

    12社に設置している車載無線機との通信訓練も実施。

    ichi210614 (3)


    ichi210614 (2)
    ichi210614 (1)

  • 一級河川吸川放水路共同清掃活動

    2021年6月10日 16:06一関支部

      9日に県南広域振興局一関土木センターと当支部は、一関市の一級河川吸川放水路のトンネル清掃と周辺の草刈り作業をしました。
    一関市立南小学校による学習の一環で放水路施設見学会を予定していることから見学前に清掃を実施。

    一関土木センター所長と職員、当支部会員の約40名参加。

    ichiR0306吸川 (39)  ichiR0306吸川 (4)

    ichiR0306吸川 (24)
    ichiR0306吸川 (13)ichiR0306吸川 (20)
    ichiR0306吸川 (42)

  • 土水路の保全活動

    2021年4月20日 17:13一関支部

     一関市厳美町の骨寺村荘園遺跡内の水田の水路整備作業を行いました。

    国の重要文化的景観遺跡に指定されている遺跡、世界遺産拡張登録を目指している。
    17日は、開会式から雨が降り出し、降りしきる中の作業となりました。
    活動参加者は、勝部市長と市職員、地元農家、一関市水道工事業協同組合、当支部会員の総勢190名。

    ichi210417 (23)
    ichi210417 (6)
    ichi210417 (14)
    ichi210417 (26)
                                                                   
                                                                一関市博物館前
    ichi210417 (29)
  • 災害時の応急対策業務に関する協定

    2021年1月22日 16:13一関支部

     21日に一関市の須川土地改良区と当支部は「災害時における応急対策業務に関する協定」を締結、調印式を須川土地改良区で行われました。
    須川土地改良区理事長、東北農政局北上土地改良調査管理事務所長、県南広域振興局一関農村整備センター所長ほか関係者、当支部長と副支部長の計10名が出席。

      須川土地改良区は須川地区国営総合開拓パイロット事業の実施主体として認可発足、約50年前に丘陵地を開拓、田畑が散在する傾斜地に水力がなく北上川からの揚水。現在、水利施設の維持管理等を行っている。
    東日本大震災では甚大な被害があった。
     自然災害などで管理する施設が被害を受けた際に、円滑に遂行できるよう当支部に協力要請。

    ichiR3.1須川調印式  (11)業務協定内容
     ・須川土地改良区管内において災害が発生し、または発生の恐れがある場合

     ・震度5弱以上、大雨が発生した際
     ・被災状況の収集及び連絡
     ・障害物除去用等の人員の確保・重機・資機材等の調達
     ・応急仮復旧工事の実施等

    ichiR3.1須川調印式  (5)

    ichiR3.1須川調印式  (12)

  • 第2回建設現場合同安全パトロール実施

    2021年1月19日 17:12一関支部

     今年度第2回の合同安全パトロールを実施しました。

    合同パトロールでは、県・市町の発注機関にご指導賜り同行していただくところですが、コロナ禍において人数を絞っての実施。
     19日風雪のなか、現場2件を一関労働基準監督署の労働基準監督官と地方産業安全専門官、当支部役員、建災防安全指導者の12名参加。
    パトロール終了後、検討会を行いました。

    ichiR3.1第2合同パト (1)
    ichiR3.1第2合同パト (3)


    ichiR3.1第2合同パト (4)
    ichiR3.1第2合同パト (5)