いわけんブログ

ホームいわけんブログ
  • 令和3年度 第1回クリーンキャンペーン

    2021年10月18日 09:50大船渡支部

    DSCF1203DSCF1189DSCF1179DSCF1177DSCF1173 

     10月14日(木)岩手県建設業女性協議会大船渡支部(支部長 岡田里美 会員18名)による第1回クリーンキャンペーンが実施されました。

     9時から午前中の間、陸前高田市の市道長砂東和野線(高田高等学校入り口付近~陸前高田市総合交流センター付近)の樹木桝の草取り清掃活動をおこないました。

     市による整備が行き届きにくい箇所であり、女性協議会らしい丁寧な手作業によりきれいに清掃されました。

  • 建設現場安全パトロール実施

    2021年10月13日 15:49一関支部

     12日合同安全パトロールを実施。
    支部管内の土木工事と建築工事2現場をパトロール、会員企業の安全水準の向上に努めた。
    一関労働基準監督署、県一関土木センター、一関農林振興センター、一関農村整備センター、一関市、平泉町と当支部役員、安全指導者の18名が参加。
    パトロール終了後、検討会を実施。

    ichiR31012 (2)


    ichiR31012 (1)


    ichiR31012 (5)

  • 「建設業ふれあい事業」in室根西小学校

    2021年10月 5日 16:45千厩支部

    DSC02618sen2110
    千厩支部青年部会は10月5日、一関市立室根西小学校(1,2年生26名)にて「建設業ふれあい事業」を開催しました。

    実施内容
     バックホウ運転体験
     高所作業車試乗体験
     大型ダンプ荷台体験
     各種重機・車両などの展示
     重機ひとふでんず挑戦とイラスト作成(終了後に実施)


    DSC02588sen2110


    DSC02606sen2110

    掘削や旋回などに挑戦です。



    DSC02600sen2110


    DSC02602sen2110

    会員が所有している福岡ソフトバンクホークス・東北楽天ゴールデンイーグルス(球団承認コラボ建機)の小型バックホウも展示して、子供たちに人気でした。



    DSC02603sen2110


    DSC02625sen2110
    グレーダーや大型ダンプの大きさを体感してもらいました。


    DSC02594sen2110

    高所作業車の試乗は10mの高さから学校の屋根や周辺の景色を眺めます。子供達は興奮して地上にいる友達に手を振っていました。

    新型コロナウィルス感染症対策として、関係者の検温やマスクの着用、重機のレバーなどをアルコール消毒、ビニール手袋の着用などを行いました。

    今回参加できなかった学年を含めて全校にマンガ「我らイワケン株式会社」を寄贈しました。参加した児童には文房具や各種記念品を贈呈しました。
    今年もたくさんの笑顔と歓声が校庭にあふれました。

  • 家畜伝染病に関する研修会と防護服等の着脱訓練

    2021年10月 1日 15:36二戸支部

    R0010074

    9月29日 県北家畜保健衛生所より、家畜伝染病(鳥インフルエンザ)についてと発生時の対応について説明をいただきました。

    後半は、防護服着脱方法の映像を見た後で、二人一組となり着脱訓練を行ないました。

    R0010079R0010081

    R0010083

    R0010084R0010086R0010088R0010089

    R0010087

  • 建設業女性協議会遠野支部福祉用品寄贈

    2021年9月21日 12:05遠野支部

    建設業女性協議会遠野支部福祉用品寄贈
    9月21日岩手県建設業女性協議会遠野支部では、「遠野市社会福祉協議会」に会員手作りの福祉作業用ふきん780枚を寄贈しました。

    これまでに寄贈した作業用ふきんの枚数は寄贈して8年目の今年で5千5百余枚にもなり、福祉施設現場での使い勝手が良いとのことで、これからも制作、寄贈を継続していただきたいとの要望をいただきました。

  • 令和3年度静岡県中部地域道路啓開検討会における講演

    2021年9月13日 09:57岩手県建設業協会

    IMG_0445この程、「令和3年度静岡県中部地域道路啓開検討会」が開催され、指示・伝達ワーキングの中で当協会が講演を行いました。静岡県島田土木事務所と本協会を結んでリモート形式にて配信しました。

    刈屋建設株式会社の上野裕矢常務取締役が「東日本大震災時の道路啓開」と題して最前線での道路啓開の状況を説明しました。

    IMG_0439

    また、当協会事務局からは「岩手県建設業協会の情報伝達訓練の取り組み」と題して、東日本大震災での経験や反省をもとに毎年続けている情報伝達訓練の取り組みを紹介しました。


    「令和3年度静岡県中部地域道路啓開検討会 指示・伝達ワーキング」
    趣旨
    ”災害時を想定した付与情報(被害情報)をもとに、道路管理者、関係機関、協定業者との間で行う道路パトロール(指示、報告)、道路啓開(指示、報告)、通行規制等の一連の流れについてグループワークを実施する。グループワークでは、指示・伝達等における課題等について整理するとともに、実働訓練等で検証したい内容についても整理する。”

    参加者
    (市・町)焼津市、牧之原市、吉田町
    (建設業団体)島田建設業協会、焼津市建設工業会、 吉田町災害復旧支援会、牧之原市建友会
    (国)静岡国道事務所
    (県)危機管理部危機対策課、島田土木事務所、中部地域局
    (関係機関)警察、消防、電力、電気通信

  • 「防災の日」(令和3年9月1日)にあたって

    2021年9月 1日 10:42岩手県建設業協会

    会長 向井田岳
     今日まで我が国では地震、津波、台風など多くの災害が発生し、国民の尊い命と財産が奪われてきました。
     本年、東日本大震災から10年の節目を迎えましたが、当協会は発災直後の緊急対応に始まり、復旧復興工事も「オール岩手」で取り組んで参りました。また、初動態勢の確認として、東日本大震災の発災日である3月11日前後には情報伝達訓練を毎年実施するなど、震災の教訓を風化させないよう努めています。
     震災以外にも、平成28年には台風第10号によって被災するなど、毎年のように本県各地で豪雨災害などによる被害が発生しています。災害は場所を選ばず、予期も難しいことから、平時からの備えが重要であると考えます。
     地域の生活や産業を支える社会基盤の整備と維持管理を担う基幹産業として、災害に当たっては「地域の守り手」という重要な役割を建設業は担っておりますので、今後におきましても協会内及び関係機関との連携を強化しながら速やかな対応に努めて参ります。


    令和3年9月1日
    一般社団法人岩手県建設業協会
    会長 向井田 岳 



    「防災の日」 令和3年9月1日
    「防災週間」 令和3年8月30日~9月5日

  • けんせつ女子=千田工業㈱(北上市)土木部 宮田琳華さん「たくさん覚えられる楽しさ」=

    2021年8月31日 13:21岩手県建設業協会

    日刊岩手建設工業新聞に連載されている『スマイル☆建設女子部~女性記者ほしこが行く~』の記事を不定期に転載いたします。同紙の女性記者が、建設業に従事する女性を取材する企画で、読者から好評を得ている連載記事です。

    近年、「ドボジョ(土木女子)」や「けんせつ小町」という愛称ができるほど、建設業で働く女性の活躍が益々期待されています。「女性が輝き、活躍できる業界」であることを多くの方に知って頂きたいとの思いから、日刊岩手建設工業新聞の全面的な協力をいただき、掲載するものです。


    令和3年8月5日新聞掲載
    千田工業㈱(北上市)土木部 宮田琳華さん「たくさん覚えられる楽しさ」


    ―現在、入社2年目だと伺いました。建設業を選んだきっかけを教えてください。
    「兄が通っていたことや部活で水球があることから、黒沢尻工業高校に進学しました。高校にはいろいろな学科がありましたが、体を動かすのが好きで、外で作業する方が面白そう、と思い土木科を選択し、土木の道に進みました」


    ―入社当初はどのような現場に携わったのでしょうか?
    「入社したばかりの頃は上司についていろいろな現場に行き、夏ごろからパイプラインの入れ替えを行う工事の現場に携わりました。現場で上司や先輩の姿を見たりしながら、現場におけるさまざまなことを勉強しました」

    kensetsujoshi012108
    ―工業高校で土木を学んでいたとはいえ、実際の現場では大変なこともたくさんあったと思います。
    「現場ではその時の現場の状況を見て行動しなければならないのですが、最初は何も分からないのでどう行動していいのかも分かりませんでした。高校にある測量機械と現場で使う機械が違うため機械の使い方から覚えたり、高校では扱ったことのない道具や見たことはあっても現場と高校時代では違う名前で呼ばれているものもあったりと、実際に現場に携わる上で覚えなければならないものがたくさんありました。上司に教わるなどしながら、現場で必要なことを覚えていきました」

    kensetsujoshi022108

    ―現在は、どのような現場に携わっているのでしょうか?
    「現場代理人として、舗装工事の現場を担当しています。今は現場の調査を進めている段階ですが、上司のサポートを受けながら業務に当たっています」

    ―仕事をする上で、どのようなことを心掛けていますか?
    「今担当している現場は、トラックも通り交通量が多いところです。周囲の安全確認をきちんと行い、事故に遭わない・起こさないよう気を付けています」
    「計算やデータ入力をする際は、間違いがないかしっかりと確認するようにしています。提出する書類など、誰かに見せるものは、よりきれいに書くように心掛けています」

    ―仕事をする中で感じるやりがいなどを教えてください。
    「毎回現場の状況もやることも違うからこそ、どんどん知識や技術などを覚えることができます。土木の現場に携わる仕事は、覚えることが多くて楽しいです」

    ―これまでの現場での思い出などを聞かせてください。
    「パイプラインの入れ替えを行う現場では最後まで携わり、完成した時は達成感がありました。現場は特に雪が多い地区で、毎日のように雪かきをしなければならなかった時は大変でしたが、作業員さんとコミュニケーションを取りながら作業に当たっていたため、あまり辛いとは思いませんでした。入社する前は作業員さんに怖いイメージもありましたが、現場に入ってみると皆さん優しく、いろいろと教えてくれました」

    ―今後の目標などを聞かせてください。
    「もっと現場を覚えて、事前準備や現場の作業を自分でできるようになりたいです。担当する現場現場で、多くのことを吸収していきたいと思っています。資格では、将来は1級の土木施工管理技士にも挑戦したいです」



    ~ほしこの一言~
    「覚えることが多く楽しい」と宮田さん。今後は、橋りょうなどの現場にも携わってみたいとのこと。取材を通し、積極的に知識や技術を身に付けようという姿勢や前向きな人柄を感じました。宮田さん、ありがとうございました!

  • 県立一関工業高校へ学習活動に機器を支援

    2021年8月27日 14:39一関支部

     当支部では、県立一関工業高等学校土木科へタブレット端末を寄贈。
    26日支部長と両副支部長3名が、一関工業高校を訪問し佐々木校長と土木科の紺野先生へ寄贈品を手渡しました。
      「地域と協働した関工スペシャリストの育成」として、市民との協働・交流を深め地域に技術と知識を生かす活動として、土木科では一関市厳美町地区と連携し岩手・宮城内陸地震の被災地をドローンで撮影する際、スマートフォンを使用していた。

    そのスマホを使用していたとのことから、学習活動の役に立てていただければとの思いからタブレット2台セットを贈りました。

    ichi工業贈R308 (9)
                                  授業の幅を広げてぜひ活用していきたい。ichi工業贈R308 (10)
  • 【全国建設業協会】社会貢献活動推進月間功労者表彰伝達式の開催

    2021年8月20日 08:54岩手県建設業協会

     岩手県建設業協会は、令和3年8月19日、建設会館会議室(盛岡市)において、全国建設業協会 社会貢献活動推進月間功労者表彰伝達式を開催しました。

     本来であれば、去る7月13日に経団連会館(東京)で開催された表彰式に出席する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で欠席となり、今回の伝達式となりました。

    R3zenken01

     令和3年度は4者(3団体、1会社)の受賞者への伝達をいたしました。

     表彰規程第3条関係 岩手県建設業協会盛岡支部が「建設業地元就職ガイドブックによるイメージアップ活動」として受賞されました。

    R3zenken02

    【表彰事例概要】

     岩手県内における建設企業の就業者は、高齢化が進行しており若者や女性の担い手確保が最重要の課題となっています。

     このような環境の中、盛岡支部では若者や女性の皆さんに建設業をもっと知ってもらい、地元の企業に就職してもらうことを目的に「建設業地元就職ガイドブック」を作成しました。 

     ガイドブックには、建設業の内容、建設業の魅力、地元就職のメリットそして管内企業の紹介などを盛込んで建設業のイメージアップに取り組んでいます。

     ガイドブックは、令和2年度で5年目を迎えパート5が完成し、毎年支部管内の中学校、高等学校、専門学校、短大、大学、市町、県及び国の機関に無料で配布し、生徒及び県民の皆さんに見ていただくことで、建設業のイメージアップに努めると共に、将来、管内企業に就職するための一助となることを期待し取り組んでいます。

     同じく第3条関係 岩手県建設業女性協議会盛岡支部が「女性技術者・管理職を中心にした工業高校生徒との意見交換会の実施」として受賞されました。

    R3zenken03

    【表彰事例概要】

     近年の多様化、男女参画社会が当然となっている趨勢において、建設業は他産業に比べて著しく女性就業者数が低い現状にあり、このままでは将来的に建設業の衰退を招くこととなります。

     女性協議会盛岡支部では、新規入職希望者を増やすため、数少ない第一線で活躍する女性技術者を講師とし、建設業を専門に学習する工業高校の生徒たちとの意見交換等を実施しています。

     当初は女子生徒に向けて「建設業」=「女性が少ない、荒っぽく怖い」というイメージを一新するために行っていましたが、このイメージは男子生徒にもあり、また男子生徒は女性上司というものを想定しないで入社する、ということも分かりました。そのため令和2年度より男子生徒の参加を工業高校側へ要請し、承諾していただき実現しました。

     職歴3年から15年の女性技術者・女性管理職を中心にブレーンストーミング形式で行い、穏やかながら活発な意見交換を行うことができ、若年層における建設業のイメージアップに寄与しています。

     同じく第3条関係 岩手県建設業女性協議会遠野支部が「高齢者福祉施設への介護物品の寄贈活動」として受賞されました。

    R3zenken04

    【表彰事例概要】

     女性協議会遠野支部では、社会福祉活動として遠野市社会福祉協議会が運営する高齢者福祉施設において、介護作業時に必要なタオル地の布きんの作成と寄贈を行ってきました。

     会員の家庭で使用したタオルを再利用したもので、平成27年からこれまでの6年間にわたって寄贈したタオル地ふきんの総枚数は4,720枚となっています。

     遠野市社会福祉協議会からは、介護されている多くの高齢者からも感謝されており、介護作業時には必要不可欠な物となっているとのことで、今後も寄贈を続けていただきたいとの要望を受け、遠野支部全会員でこの活動を継続していくこととしています。

     表彰規程第4条関係 株式会社都南建設が「手代森の重要文化財を後世へをテーマとした活動」として受賞されました。

    R3zenken05

    【表彰事例概要】

     都南建設では、国重要文化財の土偶が地元の遺跡手代森遺跡から発掘されたことに着目し、3年前に地域の活性化に向けて、大型遮光器土偶をあしらったはんてんを80着製作し、地元の民俗芸能の伝承に取り組む4団体に寄贈しました。

     また、2年前からはこのような国重要文化財の土偶が地元の遺跡から発掘されたことを小学生たちに伝え、地域の歴史に興味と親しみを持ってもらうことを目的に、Tシャツを製作し寄贈しています。

     このような活動を3年間続ける中で、地域の宝ともいえる国指定の重要文化財が広く知れ渡るきっかけになったことはもとより、地域に根差した建設業としてパートナーシップも構築され、学校関係者や保護者保護者からも歓迎・期待されています。

     向井田会長から受賞者に対し「地域を支える建設業として、地域に根差した社会貢献活動や建設業のイメージアップ活動が全国建設業協会に評価された表彰です。誠におめでとうございます。今後もますます地域社会に必要とされる建設業として、引き続き共に精進していきましょう」とのお祝いのあいさつがありました。

  • 全国建設業協会 建設業社会貢献活動推進月間功労者表彰の伝達式が行われました。

    2021年8月19日 14:52盛岡支部

     全国建設業協会 建設業社会貢献活動推進月間中央行事の一環である功労者表彰の伝達式が、8月19日(木)に建設会館3階会議室で行われました。

     当該表彰は、平成18年度より毎年7月を「建設業社会貢献活動推進月間」と定め、各都道府県建設業協会並びに会員企業と連携し、地域建設業界の実践して

    いる幅広い社会貢献活動を、国民・社会に広くアピールするとともに、公共事業に対する正しい認識と理解を得るため活動をしているもので、この推進月間に合

    わせて、各都道府県建設業協会・支部等及び会員企業の優れた社会貢献活動事例について、功労者として顕彰しているものです。

     盛岡支部からは、次の2団体1企業が受賞しました。

     【建設業のイメージアップ・広報活動】

      ○ (一社)岩手県建設業協会盛岡支部・・・・・・〈建設業地元就職ガイドブック発刊〉

      ○ 岩手県建設業女性協議会盛岡支部・・・・・・・〈工業高校の生徒との意見交換〉

     【地域活性化への取り組み】

      ○ 株式会社都南建設・・・・・・・・・・・・・・〈手代森の重要文化財を後世へ〉

    ① 受賞者全体写真

    ①  全体写真

    ② (一社)岩手県建設業協会盛岡支部

    ②  盛岡支部

    ➂ 岩手県建設業女性協議会盛岡支部

    ➂  女性協議会盛岡支部

    ④ 株式会社都南建設

    ④  (株)都南建設

  • 災害調査結果を報告しました!

    2021年8月12日 10:48盛岡支部

     盛岡支部B・C連絡協議会で実施した災害調査の結果を、岩手土木センター冨岡所長に令和3年8月4日(水)に報告しました。

     

     (1) 全体写真

    21-0804①

     (2) 報告状況

    21-0804②

  • 北の道クリーンキャンペーン

    2021年8月11日 16:25二戸支部

    IMG_1159

    8月3日 第29回目の道路清掃活動「北の道クリーンキャンペーン」を実施しました。

    二戸支部青年部が主催となり、青年部は二戸一戸線イコウショッピングセンター周辺の街路樹剪定や草刈りを行ないました。

    国交省二戸国道維持出張所・県北広域振興局二戸土木センター・各市町村の職員の方々は、各路線のごみ・空き缶拾いを炎天下の中実施しました。

    IMG_1143IMG_1149IMG_1142IMG_1141

  • 釜石支部と沿岸広域振興局管内自治体との意見交換会開催

    2021年8月11日 15:53釜石支部

      釜石支部と沿岸広域振興局管内自治体との意見交換会を開催致しました。

    支部からは役員・青年部代表・女性協議会代表が出席し、沿岸広域振興局・釜石市・大槌町

    の出席者との意見交換を行いました。

    日時:令和3年8月4日(水) 10:00~12:00

    場所:釜石地区合同庁舎

    P8040003

    P8040001

    P8040002

    P8040008

  • 道の日事業

    2021年8月11日 11:01岩泉支部

    当支部青年部では、8月10日道の日の事業として、国道455号道の駅いわいずみ付近のごみ拾いを実施しました。

    前日の大雨、午前中もかなり強く降っていた雨もあがり、数日前のような猛暑とならず、良い条件のなかでの活動でした。

    P8100021

    DSC_0722

  • 河川敷の草刈り作業を実施しました

    2021年8月10日 20:19久慈支部

    R0023514

    8月4日、久慈支部の社会貢献活動として例年実施している「河川敷の草刈り活動」を実施しました。

    総勢55名、刈払い機械40台で一斉に久慈川河川敷の草刈りを行いました。

    DSC00312

    当日の気温は32度を超える真夏日、朝の集合写真を撮る時点ですでに汗だくです。

    DSC00304DSC00321

    作業前              作業後

    R0023509

    休憩時間を一緒に過ごしてます

    R0023517

    お疲れ様でした。

  • 道路愛護「道の日」清掃活動

    2021年8月 6日 17:22一関支部

     「道路ふれあい月間」にあわせ、6日「黄金ロードふれあい作戦」道路清掃活動を開催いたしました。
    県南広域振興局一関土木センターと一関市建設部、平泉町建設水道課、当支部全会員の総勢53名が参加。
    猛暑の中、熱中症対策とコロナ感染予防対策をしながら、支部管内の路線総距離13.0㎞を3班に分かれて活動。

    ichi黄金 (2)

    ichi黄金 (1)
    ichi黄金 (22)

    ichi黄金 (24)
    ichi黄金 (25)ichi黄金 (12)


    ichi黄金 (9)

  • 「道の日」道路清掃活動を実施

    2021年8月 6日 14:00花巻支部

    「道の日」の関連行事として、道路の環境整備・美化を目的に8月5日(木)に清掃活動を行いました。花巻地区が2班、大迫、石鳥谷、東和が各1班ずつ、全部で5つの班に分かれて実施しました。

    当日、花巻土木センターでも道路清掃を実施。花巻地区の開始式は合同で行いました。

    朝の時点で気温は30度を越える天気の中、熱中症に留意すると共に、コロナウィルス感染防止に留意し、密を避けて作業を行いました。

    IMG_1111

    花巻地区の開始式 花巻土木センター所長 沖野様 挨拶

    IMG_1114

    花巻市建設部長 鈴木様 挨拶

    IMG_1118

    日居城野運動公園の総合体育館付近

    IMG_1129

    大迫地区

    IMG_1991

    石鳥谷地区

    IMG_6609

    東和地区

    P8050085

  • 「建設キャリアアップシステム通信」第31号

    2021年8月 6日 13:37岩手県建設業協会


    ccustuusinimage1909


    「建設キャリアアップシステム」の運営主体である(一財)建設業振興基金より、取組や進捗状況等の情報提供として、「建設キャリアアップシステム通信」の最新号が届きました。

    下記リンクよりご覧いただけます。
    (PDFファイルが開きます)
    「建設キャリアアップシステム通信」第31号

  • 道路ふれあい月間「道の日」イベントを開催

    2021年8月 6日 08:52千厩支部

    DSC02881sen2108
    道路ふれあい月間中の8月5日、「道の日」イベントとして道路清掃や道路のPR活動等を実施しました。県南広域振興局土木部千厩土木センター、一関市、岩手県建設業協会千厩支部青年部会、岩手県建設業女性協議会千厩支部から約70名が参加しました。一関市川崎町「道の駅かわさき」、室根町「道の駅むろね・市役所室根支所」、東山町「ひがしやま季節館」の3会場に別れ、沿道のゴミ拾いを行いました。
    当日は気温35度を超える猛暑日となり、参加者は汗をかきながら活動を行いました。

    DSC02871sen2108

    国土交通省は毎年8月を「道路ふれあい月間」と定め、道路とふれあい、道路の役割や重要性を改めて認識していただき、道路を常に広く、美しく、安全に利用していただくため、道路の愛護活動や道路の正しい利用の啓発等の各種活動を特に推進することとしています。同省が8月10日を「道の日」と制定しています。

    「道の日」制定の目的
    ”道路は国民生活に欠くことのできない基本的な社会資本ですが、あまりに身近な存在のため、その重要性が見過ごされがちです。そこで、道路の意義・重要性について、国民の皆さまに関心をもっていただくため、8月10日を「道の日」と制定しました。”


    DSC02885sen2108

    DSC02889sen2108

    3会場で拾ったゴミは合わせて約30kgになりました。