いわけんブログ

ホームいわけんブログ
  • 一関市議会と懇談会の開催

    2019年10月18日 17:28一関支部


     16日一関市議会市民(各種団体)と議員の懇談会(活性化を図るため)として、一関市役所で建設常任委員と一関支部、千厩支部と入札制度や除雪体制などについて意見交換をいたしました。
     両支部は業界の置かれる状況を説明、H10年度をピークに工事量が削減、各事業所職員、機械等半分以上減、会員も減っている。除雪に関しては、地域は比較的雪が少ないが、人手不足により請負が難しい、オペレーターも育成できない状況。
    市議会側からは除雪についての提案も出された。
    両支部の意見について、市議会側も理解を示していただいたようです。

    ichiR11016 (1)


    ichiR11016 (4)

  • 気仙地区台風19号災害復旧作業

    2019年10月16日 13:57大船渡支部

    台風19号の大雨と暴風は各地で土砂崩れや冠水の発生を招き、これに伴う住宅の浸水被害もありました。

    倒木撤去作業 唐丹日頃市線
    倒木
    倒木処理
    倒木
    土砂撤去作業 大船渡綾里三陸線
    土砂流出状況1
    土砂流出状況2


    土砂撤去作業2
    土砂撤去作業後2

  • 久慈地方台風19号の影響です(その3)

    2019年10月15日 15:57久慈支部

    普代村10月15日現在の様子です

    R45 普代村中心地


    国道45号線普代村中心地


    小屋畑川1小屋畑川2

    久慈市長内町(小屋畑川)

  • 久慈地方台風19号の影響です(その2)

    2019年10月13日 15:49久慈支部

    台風一過で青空が広がりました。


    DSC00102

    夏井川堤防道路です

    DSC00107
    夏井川護岸

    1DSC_0526

    久慈市川崎町三陸鉄道ガード下

    DSC00092
    県道岩久線田高地区


  • 花巻農業高校で体験実習を実施

    2019年10月13日 11:03花巻支部

    10月11日(金)に県立花巻農業高等学校環境科学科2年生27名を対象に、測量実習や建設機械の搭乗体験を行いました。

    当日は、台風19号の列島接近による影響で天候が心配されましたが、雨も降らず、無事に実施することができました。

    この事業は、毎年、青年部会が事業企画から準備、実施までの全てを担当して行っています。

    開始式  小田島花巻副支部長 挨拶

    IMG_0267

    午前中は、学校施設の愛農農場で測量実習を行いました。

    IMG_0271

    IMG_0272

    午後は、校舎に隣接する学校の敷地内で、建設機械の搭乗体験等を行いました。

    コンバインドローラ

    IMG_0290

    ホイルローダ

    IMG_0293

    バックホー

    IMG_0296

    高所作業車

    IMG_0308

    測量機器の説明

    IMG_0306

    閉会式 長澤青年部会長 挨拶

    参加した生徒さん達には、「我らイワケン株式会社」も贈られました。

    IMG_0320

    より仕事内容に近いものを体験。建設業を目指す生徒もあり、進路選択に向けて貴重な体験となりました。

  • 久慈地方台風19号の影響です

    2019年10月13日 10:08久慈支部

    台風19号は最大級の警戒を求められておりましたが、13日未明から朝にかけて(深夜0時~3時まで)の3時間の雨量が観測史上最大の165mmを記録しました。
    普代村はさらに多く、236.5mmです
    事務所近くの道路も土砂崩れがあり、現在通行止めとなっております。

    DSC_0526

    DSC_0517

    DSC_0520DSC_0518
    久慈市旭町付近

    20572久慈市中ノ橋付近

    久慈支部の会員各社は早朝からパトロール・応急復旧作業を行っております

  • 安全衛生久慈大会を開催いたしました

    2019年10月 7日 14:02久慈支部

    スローガン『健康づくりは 人づくり みんなでつくる 健康職場』

    二戸労働基準監督署長様を始めご来賓の方々にご出席いただき、
    会員・会員の従業員141名出席の元、改めて安全衛生意識に対する理解を深めることができました。


    DSC00045

    大会長挨拶


    DSC00055  DSC00058

    ご来賓あいさつ

    DSC00064
    特別講演『薬に頼らない予防と養生法』
    岩手県薬剤師会 監事・㈱ファーマ・ラボ代表取締役
    細田稔男(ほそたとしお)先生

  • 建設業地域懇談会(北上地区)が開催

    2019年10月 3日 10:58北上支部

    10月1日(月)北上地区合同庁舎において建設業地域懇談会(北上地区)が開催されました。主催の岩手県側からは中平善伸技監兼県土整備部河川港湾担当技監や建設技術振興課、出納局の幹部職員のほか、県南広域振興局花巻総務センター、北上農村整備センター、北上土木センターの所長等が出席、建設業界からは八重樫博之北上支部長のほか、副支部長、青年部会長、女性マネジングスタッフ協議会支部長、電業協会北上支部長、空調衛生工事業協会北上支部長が出席し、建設業振興について懇談しました。会議では「いわて建設業振興中期プラン2019」の取組状況を中心に担い手確保、週休2日制、ICT活用などの現状や課題について意見交換したほか、県営建設工事入札参加資格・総合評価落札方式、震災特例の見直しに係る意見聴取について話し合われました。

    KIMG0959_20191001130152

    KIMG0962_20191001130107

  • 建設業ふれあい事業 in 宮野目中学校

    2019年10月 2日 16:52花巻支部

    9月30日(月)、花巻市立宮野目中学校において、花巻支部青年部会により「建設業ふれあい事業」が開催されました。

    IMG_0259

    事業に先立ち、地域貢献のひとつとして、砂利敷きによる校地の整備作業を実施しました。

    IMG_0224

    IMG_0226

    3年生66名が参加し、班ごとに分かれて4種類の建設機械の搭乗体験、測量機器体験、クイズ形式による歩測を行いました。

    女性マネジングのスタッフも参加し、歩測のコーナーをサポートしました。

    IMG_0239コンバインドローラ

    IMG_0240

    バックホウ

    IMG_0244

    測量機器体験

    IMG_0254

    ホイルローダ

    IMG_0248

    高所作業車

    IMG_0249

    閉会式では、参加した生徒の皆さんに「我らイワケン株式会社」を配布。

    建設業の仕事内容について、理解を深めてもらう機会となりました。

  • 「建設キャリアアップシステム通信 第18号」

    2019年10月 1日 18:43岩手県建設業協会


    ccustuusinimage1909
    「建設キャリアアップシステム」の運営主体である(一財)建設業振興基金より、取組や進捗状況等の情報提供として、「建設キャリアアップシステム通信 第18号」が届きました。

    下記リンクよりご覧いただけます。
    (PDFファイルが開きます)
    「建設キャリアアップシステム通信 第18号」

  • 婚活支援事業「花巻建設婚談会」を実施

    2019年10月 1日 16:59花巻支部

     9月29日(日)、花巻支部において、今年度初めての試みである婚活支援事業を実施しました。

     この事業は、会員事業所の独身男女の婚活を支援し、会員事業所における人材の定着と確保を図ることを目的としたものです。

     事業の運営は、こうした婚活支援事業に実績を持つ、NPO法人「おせっ会」に委託し、花巻支部では会員事業所に呼びかけ、12名の男性から参加申し込みを頂き、この日に向けて、各自のプロフィールを作成するなど準備を進めました。

     この日は近隣のホテルを会場に、「おせっ会」で募集した女性の方々と自己紹介、ゲーム、食事などを通じて交流し、マッチングを行いました。

     菅原花巻支部長からの挨拶で、和やかな雰囲気でスタート。

    IMG_0214

    IMG_0214  メンバーが協力してタワーを作るゲームを行ったり、食事を楽しみながらパーティー形式で交流を行いました。

    IMG_0217

    IMG_0219 

     今後は、マッチングしたカップルへのフォローアップなどを行っていきます。

     正式にカップルが成立することを願って終了しました。

  • 「建設業ふれあい事業」in一関市立興田小学校

    2019年9月24日 18:52千厩支部

    sen09DSC06504
    千厩支部青年部会は9月24日、一関市立興田小学校(全校生徒85名)を対象に「建設業ふれあい事業」を開催しました。

    実施内容
     バックホウ運転体験
     高所作業車試乗体験
     大型ダンプ荷台体験
     ボール投げと距離予想クイズ(測量器械で距離計測)
     重機ひとふでんず(一筆書き)挑戦とイラスト作成

    奉仕活動
     シーソー修繕、立木剪定、雨樋清掃、砂山草剥ぎ


    sen09DSC06578
    sen09DSC06502掘削や旋回などに挑戦です。


    sen09DSC06545
    sen09DSC06542
    sen09DSC06566高所作業車の試乗は10mの高さから学校や周辺の景色を眺めます。



    sen09DSC06563



    sen09DSC06517
    sen09DSC06518重機ひとふでんず(一筆書き)では、一筆書きに挑戦した後に好きな色を塗ってイラストを作成してもらいました。後日、イラストが完成後に展示会を開催します。


    sen09DSC06525ボール投げと距離予想クイズ(測量器械で距離計測)では、自分が投げたボールの距離を予想するクイズに挑戦です。各学年上位1名には記念品を贈りました。


    sen09DSC06527
    sen09DSC06528

    sen09DSC06533
    sen09DSC06540大型ダンプ荷台体験では、大型ダンプの大きさを体感してもらいました。


    最後に文房具やマンガ「我らイワケン株式会社」などの記念品を全児童に贈呈しました。
    今年もたくさんの笑顔と歓声が校庭にあふれました。建設業に興味を持って頂けることを願います。

  • 第1回「現場安全パトロール」を実施

    2019年9月20日 19:00千厩支部

    sen09RIMG0248千厩支部は9月20日、一関市大東町及び千厩町において土木工事現場3カ所の現場安全パトロールを実施しました。
    一関労働基準監督署、千厩土木センター、一関農村整備センター、一関市の方々にご同行いただきました。


    sen09RIMG0176

    sen09RIMG0142
    sen09RIMG0141

    反省会では好事例として以下の点などがあげれらました。
    ・現場事務所周辺の資機材の整理整頓が徹底されていた。資材の明示も分かりやすかった。
    ・シーティングに重量が表示され、クレーンで吊る際の目安になる。
    ・男女別のトイレを設置していた。緊急ブザーが付いていた。トイレの前に囲いを設けていて女性でも使用しやすい工夫がされていた。
    ・ウオーターサーバーやエアコンがあり、熱中症対策に気を配っていた。
    ・AEDを設置し、更に周辺住民でも緊急時に使用できるよう現場入口に看板を設置していた。

    改善事項として、安全通路の明確化、路肩の転落防止対策などについて意見が出されました。最後に「コンクリート養生工」、「管布設工」についてリスクアセスメントを行いました。

  • いわて建設業みらいフォーラム事前案内

    2019年9月20日 17:20岩手県建設業協会

    h30-1miraiforum
    令和元年度におきましても、いわて建設業みらいフォーラムを開催いたします。
    フォーラムでは県民の安全で安心な暮らしに果たす建設業の役割や、その魅力を積極的に発信することで、建設業のイメージアップを図り、次世代を担う若者をはじめとして県民の建設業への理解や関心を高めることを目的としております。
    次のとおり日程での開催となります。詳細はあらためてご案内いたします。
    また、現在毎週金曜日エフエム岩手の番組「らじこう」において建設業を目指す高校生・短大生が出演しておりますのでぜひお聴きください。

    スペシャルサイトでさまざまな情報を公開しております。https://iwakenmf.com/

    r01miraiforum

  • 「空の日」関連空港周辺道路清掃活動を実施

    2019年9月20日 17:08花巻支部

     「空の日」(9月20日)に合わせて、9月19日(木)に花巻空港周辺県道の道路清掃活動を行いました。 

     今年は、ラクビーワールドカップが釜石鵜住居復興スタジアムで、9月25日(水)(フィジー対ウルグアイ)と10月13日(日)(ナミビア対カナダ)に試合が行われるため、多くの方々が花巻空港を利用することが見込まれる他、9月29日(日)にはいわて花巻空港「スカイフェスタ」が開催予定で、沢山の人達が空港を訪れます。

     こうした大きなイベントをきれいな道路で迎えて頂くため、空港周辺の県道3路線を4つの班に分かれて、ゴミを収集しました。

    IMG_0195 32事業所から70名が参加しての清掃。開始式では、花巻土木センターの柴田道路整備課長様にご挨拶を頂きました。IMG_0200

     近くに流通業務団地もあり、大型車の通行も多いため、車両に気を付けて作業を行いました。

    IMG_0197

    IMG_0212

      収集したゴミは、約80kg不燃物と可燃物に分別して処理場へ運びました。

  • 「放課後等デイサービス『リトル・ピース』」にて窓ガラス清掃を実施(女性MS)

    2019年9月19日 14:45千厩支部

    sen09DSC02276岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部は、9月19日に本年度の地域貢献活動を行いました。"地域で求められ、女性ができるボランティア活動を行う"という方針のもとで地域貢献活動を実施しています。

    放課後等デイサービス『リトル・ピース』(運営:特定非営利活動法人響生)での窓ガラス清掃の奉仕活動は3年目となります。一関市千厩町奥玉にある施設を会員12名で訪問、主に子供たちが使うスペースの窓ガラスを清掃しました。

    放課後等デイサービスとは、障がいのある就学児童(小・中・高)が授業終了後や長期休暇中に通うことのできる施設です。

    放課後等デイサービス『リトル・ピース』HPより
    "学校通学中(幼稚園・大学を除く)の放課後や夏休み等の長期休暇中において、障害のある子どもたちに生活能力向上のための支援等を継続的に提供することにより、学校教育と相まって自立を促進するとともに放課後等の居場所づくりを行っています。"


    sen09DSC02269

    sen09DSC02282作業終了後、特定非営利活動法人響生の杉山理事長より、同施設の活動などを紹介いただきました。


    同法人では一関市からの委託を受けて「おやこ広場『てって』」の運営も行っており、小さな子供を持つ親子の交流の場として利用されています。

    おやこ広場『てって』HPより
    "おやこ広場「てって」は、おもに0~3才のお子さんとそのご家族であればどなたでもご利用になれます。
    一緒にあそんだりお話しができる交流の場として、NPO法人響生(ひびき)が一関市より委託を受けて運営しています。
    開室時間中であれば、いつ来られていつ帰られても自由です。どうぞお気軽にお越しください。"
    〒029-0803 一関市千厩町千厩字北方174(千厩保健センター2F)
    tel: 0191-48-5781
    HP:http://tette.hibiki-techo.net/



    sen09DSC02288
    sen09DSC02294
    sen09DSC02302

    作業の紹介後、響生が行っている音楽療法の体験やゲームなどで楽しいひと時を過ごさせていただきました。
    お茶やお菓子をいただき、ありがとうございました。

  • 「建設キャリアアップシステム通信 第17号」

    2019年9月13日 17:09岩手県建設業協会

    ccustuusinimage1909

    「建設キャリアアップシステム」の運営主体である(一財)建設業振興基金より、取組や進捗状況等の情報提供として、「建設キャリアアップシステム通信 第17号」が届きました。

    下記リンクよりご覧いただけます。
    (PDFファイルが開きます)
    「建設キャリアアップシステム通信 第17号」

  • 第2回「重機オペレーター技能競技大会」を開催(動画公開)

    2019年9月12日 17:20岩手県建設業協会

     

    SONY DSC
    7月10日、第2回「重機オペレーター技能競技大会」を開催いたしました。遅くなりましたが、動画を公開いたしましたので競技大会の様子とあわせてご紹介いたします。


    主催 一般社団法人岩手県建設業協会
    後援 岩手県、東日本建設業保証株式会社岩手支店、株式会社日刊岩手建設工業新聞社

    県内13支部から推薦された技能に優れた重機オペレーターが熟練の技を競いました。出場者は、平均年齢50歳(30代1名、40代6名、50代4名、60代2名)、平均経験年数が24年という卓越した技能の方々です。

    競技では「法面整形」と「積込み」を行い、2つの採点結果の合計点で順位を競いました。採点項目は施工スピード・正確性・安全・操作方法などです。競技では日本キャタピラー合同会社にご協力をいただきました。

    当日の動画です。

    (競技大会の趣旨)
    重機オペレーターの仕事は建設現場において欠かすことが出来ないものであり、自然災害等が発生した際には最前線で緊急の応急対応に従事します。重機オペレーターの技能は地域を守るためにも継承されなければならないものと言えます。
    本競技大会の主な目的は、技能の更なる向上と"やりがい"の創出により、ひいては将来的な技能継承につなげることにあります。また、競技内容は、現場で実際に行う作業を想定した内容となり、多くの方々に重機オペレーターの技能を知って頂くことで、建設業への理解促進と入職促進につなげることも目的の一つとしております。

     

    sen08DSC05653挨拶 一般社団法人岩手県建設業協会 会長 木下 紘(代理:副会長 向井田岳)

    sen08DSC05657挨拶 岩手県 県土整備部 建設技術振興課 総括課長 大久保 義人 様


    sen08DSC05647県内13支部から推薦された重機オペレーター13名

    sen08DSC05645出場選手、選手同行者、後援先関係者、観覧者、報道関係者、協会関係者、運営側を含めて約90名が集まりました。


    sen08DSC05698
    sen08DSC05681会員企業のご協力により、ドローン2台で撮影を行いました。会場に設置したモニターで競技の様子を生中継してもらいました。

    ドローンの映像だけをまとめた動画です。


    sen08DSC05663
    sen08drone2019-09-04 09.27 (4)
    sen08DSC05666「積込み」では、10tダンプに7tの砂を積込み、スピードと重量の正確性、荷姿などを競いました。普段は積むことがない7tという重量指定でしたが、長年培われた経験から目分と感覚で積み込みます。


    sen08drone2019-09-04 09.27 (1)
    SONY DSC
    sen08drone2019-09-04 09.27 (7)「法面整形」では丁張り(設計に沿った目印となる板)に沿って法面を整形します。普段はあまり行われない緩い勾配、乾いた柔らかい砂という悪い条件でしたが、熟練の技で平らに仕上げていきます。



    sen08DSC05699

    入賞者(敬称略)
     第1位 釜石支部 ㈱山元 村木幸司
     第2位 二戸支部 ㈲甲斐建設 向駒木辰夫
     第3位 遠野支部 ㈱栄組 阿部修
     敢闘賞 一関支部 宇部建設㈱ 千田祐欣
     特別賞 奥州支部 栗原建設㈱ 奥田武
    後援企業賞(敬称略)
     東日本建設業保証㈱岩手支店 賞 宮古支部 刈屋建設㈱ 谷口純也
     ㈱日刊岩手建設工業新聞社 賞 北上支部 高橋建設㈱ 伊藤康洋


    競技大会ということで順位を付けておりますが、出場選手皆様の技能はいずれも素晴らしいものでした。順位は僅差での判定となりました。



    sen08DSC_2003

    技能のレベルの高さはもちろんですが、プロとして真摯に取り組む姿勢に今年も感銘を受けました。

    不手際等が多々あったと思いますが、無事に終えることが出来ました。出場選手の方々、ご協力いただきました皆様、当日の運営に奔走された日本キャタピラー合同会社の皆様に心より感謝申し上げます。
  • 復旧工事の現場見学会

    2019年9月12日 15:16大船渡支部

    9月11日(水)大船渡土木センター主催の県立一関工業高等学校による現場見学会が実施され、将来の建設業を担う土木科1年生29人が、大船渡市と陸前高田市の復興の最前線の状況を見学しました。

    紀室支部長 あいさつ (岩手県建設業協会大船渡支部2階会議室)

    DSC01532

    乙部大船渡土木センター所長による復旧・復興の状況説明(座学)

    DSC01533

    港湾海岸災害復旧工事現場

    DSC01535DSC01537

    DSC01536DSC01538

    DSC01532

  • 「下水道探検ツアー」イベントに参加しました!

    2019年9月 9日 11:16盛岡支部


     毎年、この時期に開催される下水道公社主催の「下水道探検ツアー」イベントに、9月7日(土)に

    参加し「重機体験コーナー」を開設して、バックホウの操作体験をしてもらいました。

     また、受付テント内には「ひとふでんず」を準備して、色を塗るなど順番待ちの方に楽しんでもらい

    ました。体験者には「我らイワケン株式会社」の冊子を配布しました。

    1 受付テント風景

    01  重機体験受付テント


    2 「ひとふでんず」コーナー

    02  テント内の「ひとふでんず」コーナー


    3 バックホウで「風船割り」を体験(バケットの先に針金を付けています。) 

    03  バックホウで風船割体験


    4 親子で体験

    04 親子で体験


    5 安全対策もバッチリ

    05 安全対策もばっちり