2009年5月の記事一覧

建災防岩手県支部では、標記講習会を盛岡地区、千厩地区で開催します。たくさんの受講お待ちしております。


盛岡地区
1.開催日時 平成21年6月11日(木)9時から
2.開催場所 盛岡市松尾町17の9
         建設研修センター2階第1研修室
3.問合せ先 (社)岩手県建設業協会盛岡支部(建災防盛岡分会)
         TEL 019ー651ー2710  FAX 019ー651ー5837
         開催案内 こちら(pdf)  まで

千厩地区
1.開催日時 平成21年7月28日(火)9時から
2.開催場所 一関市千厩町千厩字駒場360の4
         両磐地域職業訓練センター
3.問合せ先 (社)岩手県建設業協会千厩支部(建災防千厩分会)
         TEL  0191ー53ー2747  FAX 0191ー52ー2370
                   開催案内は こちら(pdf) まで

また、多数問い合わせのありました「足場の組み立て等作業主任者能力向上教育」を今年新たに千厩地区で開催します。
開催案内等は こちら  から。

建災防岩手県支部 ホームページ

今日は旧暦で5月5日です。
端午(たんご)」は五節句の一つで、現在では新暦の5月5日に行われるのが一般的です。「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも言われ、「尚武」に通じることから男の子の成長を祝う行事が行われます。
労働安全規則(足場等関係)が改正されました ~平成21年6月1日から施行~ 

労働安全規則(足場等関係)の改正に伴い『足場の組立て等作業主任者能力向上教育』を【千厩会場】で開催致します。
 
日 程:平成21年6月24日(水)9:00~17:00
場 所:両磐地域職業訓練センター(一関市千厩町千厩字上駒場)
対象者:足場の組立て等作業主任者技能講習修了者
 
詳細・申込はこちら(PDF)をクリック

花林舎動物記
 平成20年6月から「花林舎動物記」という楽しい動物のお話を読み切りで掲載しています。この「花林舎動物記」とは、滝沢村にある(株)野田坂緑研究所発行(所長 野田坂伸也氏)の会員限定情報誌「花林舎ガーデニング便り」の中で最も人気がある連載記事です。今月は第12回「山羊を飼う①」です。

第12回山羊を飼う①

 これは今から20年も前、私が小岩井駅前の小さな貸家に住んでいた頃の話です。

遠路山羊をもらいに行く
 1985年の冬が終わる頃、1通の手紙が届きました。差出人は私が小岩井に来る前に勤めていた職場で世話になった人で「あなたは、いつか山羊を飼ってみたいと言っていたが、私は今年停年退職するので、記念にあなたに山羊をひとつがい贈呈することにした。知り合いの牧場が茨城県にあるので引き取りに行ってもらいたい。その山羊は動物実験用に改良された小型の山羊である」という内容でした。
 私はそんな話をしたということも忘れてしまっていたのですが、飼ってみたい気持ちはありましたし、私の話を覚えていてわざわざ手配をして下さったご厚意に応えるためにもありがたく頂戴することにしました。
 その頃私はまだ会社に勤めていましたので、先方と打ち合わせた結果、5月のゴールデンウィーク後の日曜日に行くことにしました。先方の住所を頼りに地図を調べて見ると、福島県の須賀川で高速道を降りて一般道を3時間ほど行かなければなりません。それまで車では仙台までしか行ったことのない私にとっては、一挙に3倍近い距離を行って帰って来なければならないわけです。
 車を運転するとすぐ眠くなってしまう私が、1日で往復できる距離とは思えません。これは大変なことになった、と内心青くなりましたが、この頃は長女が小学校高学年、次女が2年生くらいで、もっとも父親の威厳を示さなければならない時期ですから、そんな素振りを見せるわけにはいきません。
 さて当日は朝8時に出発しました。普通の人ならもっと早く5時とか6時には出かけるでしょうが、朝寝坊の私はたまに早く起きるとたちまち体調を崩してしまい、2時間も走ると居眠り運転をする可能性がありますので、いつも通り遅く起きて出発しました。当時はトラックは無く、乗用車しか持っていませんでしたので、後部座席を取り外して古い毛布を敷き、そこに仔山羊を乗せることにしました。

小屋の中で休んでいる山羊たち
小屋の中で休んでいる山羊たち。
実験用に改良された小型の山羊で、普通の山羊とは体系が違う。


続きを読む

 6月18日、19日に行われます標記講習会はご好評頂き、すでに定員の50名を超えましたので、100名まで定員を増やし開催します。また、それに伴い講習会場が変更となりましたので間違いのなようにしてください。
 講習会場は次のとおりです。

    〒020-0875 盛岡市清水町14-12
     盛岡商工会議所会館2階会議室
TEL019-624-5880  http://www.ccimorioka.or.jp/
        講習会場略図

ご不明な点がありましたら建設業労働災害防止協会岩手県支部 TEL019-623-4411 までお問い合わせください。
建災防ホームページ

今日は旧暦で4月27日です。
小満(しょうまん)」は二十四節気の一つです。草木の枝葉がぐんぐん茂っていきます。

経営管理をテーマとして、(株)日本コンサルタントグループ平林修二氏を講師として迎え、本年度第1回の経営革新講座「厳しい環境を生き抜く企業づくりの具体策」を開催いたします。

公共建設市場の縮小と民間市場の受注競争の激化・建築基準法改正に伴うキャッシュフローの悪化・資材価格の高騰などによる経営環境や市場環境の急速な悪化が、建設業界を取り巻く環境をさらに厳しいものとしています。
 
建設企業は、今、手を打たなければ、生き延びることはかないとも言われています。
 
本講座では「今建設企業が打つべき一手」を解説します。
 
下記要領にて開催いたしますので、この機会に是非ご参加くださいますようご案内いたします。
                 記
【日 時】平成21年 6月 8日(月)13:00~16:30

【場 所】建設研修センター2階研修室 

【内 容】1.「岩手県の建設業総合対策について」
        建設技術振興課・経営支援センター
     
.「厳しい環境を生き抜く企業づくりの具体策」
        
講師 日本コンサルタントグループ 平林修二 氏 

【主 催】岩手県・(社)岩手県建設業協会経営支援センター

【後 援】(社)岩手県建設産業団体連合会 

【対 象】岩手県内に事業所を持つ建設業許可業者(経営者、経営幹部)

【参加費】無 料(定員60名) 

【申込先】別紙申込書に必要事項を記載の上、FAXにてお送りください。

 

 案内・申込書 → こちら

 

5月23日(土)から6月7日(日)まで、一関市室根町の室根山で「室根山つつじまつり」が始まります。室根山には山全体にツツジが自生しており、その数は20万本と言われています。山頂は太平洋や奥羽山脈を一望でき、ヤマツツジやレンゲツツジの群落が一帯を赤一色に染め上げます。山頂からの眺めは絶景となります。

また、期間中には室根山スカイスポーツ大会や創作太鼓などのイベントも開催されます。

室根山スカイスポーツ大会
 6月6日(土)~6月7日(日) 午前9時~

創作太鼓演奏
 5月31日(日)※2回演奏 ※雨天中止
 ①午前10時30分~
 ②午後1時~

餅つき大会
 5月31日(日)・6月7日(日)正午~

室根山つつじまつり2009 チラシ(PDF)

室根山エリアの紹介

 平成21年度全国安全週間実施要領が示されました。

 今年度のスローガンは、

「定着させよう「安全文化」 つみ取ろう職場の危険」

となっております。

 「行事計画表」の作成例を参考にするなどして、各事業場の実情に即した実施計画を作成し、リスクアセスメントをはじめとする労働災害防止対策の徹底を図られますようお願いします。

平成21年度全国安全週間実施要領.pdf

 平成21年4月18日(土)、岩手県建設業協会北上支部の会員一同で北上川流域で一斉清掃を行いました。

 この行事には岩手河川国道事務所(山本聡所長)と北上川水系水質汚濁対策連絡協議会(国・県・16流域市町村・消防などで構成)が参加しています。

 北上支部(小原志朗支部長)では、北上市立花地区内の市民展勝地野球場付近に会員企業43社122人が集まりました。

小原支部長は、これまでの災害時の活動など日頃の活動の労をねぎらうとともに「活動を通して河川愛護の心も育んでほしい」とあいさつしました。

岩手河川国道水沢出張所の菊池直也技術係長は、同日の参加団体・人数などを報告するとともに、活動への協力に感謝を頂きました。

(注)日刊岩手建設工業新聞より一部抜粋しました。

PHOT0055.JPG

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年8月 [16]
  2. 2017年7月 [20]
  3. 2017年6月 [14]
  4. 2017年5月 [14]
  5. 2017年4月 [18]
  6. 2017年3月 [20]
  7. 2017年2月 [18]
  8. 2017年1月 [16]
  9. 2016年12月 [19]
  10. 2016年11月 [22]
  11. 2016年10月 [16]
  12. 2016年9月 [33]
  13. 2016年8月 [23]
  14. 2016年7月 [23]
  15. 2016年6月 [17]
  16. 2016年5月 [20]
  17. 2016年4月 [25]
  18. 2016年3月 [21]
  19. 2016年2月 [16]
  20. 2016年1月 [13]
  21. 2015年12月 [20]
  22. 2015年11月 [21]
  23. 2015年10月 [27]
  24. 2015年9月 [10]
  25. 2015年8月 [22]
  26. 2015年7月 [20]
  27. 2015年6月 [15]
  28. 2015年5月 [17]
  29. 2015年4月 [16]
  30. 2015年3月 [17]
  31. 2015年2月 [15]
  32. 2015年1月 [14]
  33. 2014年12月 [19]
  34. 2014年11月 [27]
  35. 2014年10月 [24]
  36. 2014年9月 [18]
  37. 2014年8月 [39]
  38. 2014年7月 [21]
  39. 2014年6月 [18]
  40. 2014年5月 [16]
  41. 2014年4月 [21]
  42. 2014年3月 [22]
  43. 2014年2月 [15]
  44. 2014年1月 [20]
  45. 2013年12月 [21]
  46. 2013年11月 [23]
  47. 2013年10月 [20]
  48. 2013年9月 [12]
  49. 2013年8月 [18]
  50. 2013年7月 [33]
  51. 2013年6月 [20]
  52. 2013年5月 [30]
  53. 2013年4月 [16]
  54. 2013年3月 [10]
  55. 2013年2月 [8]
  56. 2013年1月 [13]
  57. 2012年12月 [15]
  58. 2012年11月 [16]
  59. 2012年10月 [13]
  60. 2012年9月 [12]
  61. 2012年8月 [17]
  62. 2012年7月 [11]
  63. 2012年6月 [10]
  64. 2012年5月 [12]
  65. 2012年4月 [11]
  66. 2012年3月 [6]
  67. 2012年2月 [10]
  68. 2012年1月 [12]
  69. 2011年12月 [11]
  70. 2011年11月 [16]
  71. 2011年10月 [15]
  72. 2011年9月 [10]
  73. 2011年8月 [19]
  74. 2011年7月 [22]
  75. 2011年6月 [15]
  76. 2011年5月 [13]
  77. 2011年4月 [14]
  78. 2011年3月 [20]
  79. 2011年2月 [15]
  80. 2011年1月 [14]
  81. 2010年12月 [10]
  82. 2010年11月 [9]
  83. 2010年10月 [20]
  84. 2010年9月 [18]
  85. 2010年8月 [20]
  86. 2010年7月 [12]
  87. 2010年6月 [16]
  88. 2010年5月 [15]
  89. 2010年4月 [14]
  90. 2010年3月 [8]
  91. 2010年2月 [13]
  92. 2010年1月 [21]
  93. 2009年12月 [16]
  94. 2009年11月 [23]
  95. 2009年10月 [38]
  96. 2009年9月 [33]
  97. 2009年8月 [26]
  98. 2009年7月 [27]
  99. 2009年6月 [24]
  100. 2009年5月 [13]
  101. 2009年4月 [17]
  102. 2009年3月 [15]
  103. 2009年2月 [23]
  104. 2009年1月 [31]
  105. 2008年12月 [37]
  106. 2008年11月 [30]
  107. 2008年10月 [55]
  108. 2008年9月 [40]
  109. 2008年8月 [49]
  110. 2008年7月 [48]
  111. 2008年6月 [35]
  112. 2008年5月 [17]
  113. 2008年4月 [11]
  114. 2008年3月 [6]
  115. 2008年2月 [9]
  116. 2008年1月 [13]
  117. 2007年12月 [12]
  118. 2007年11月 [14]
  119. 2007年10月 [20]
  120. 2007年9月 [14]
  121. 2007年8月 [20]
  122. 2007年7月 [13]
  123. 2007年6月 [15]
  124. 2007年5月 [10]
  125. 2007年4月 [6]
  126. 2007年3月 [14]
  127. 2007年2月 [16]
  128. 2007年1月 [5]
  129. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.2