花巻支部 一覧

10月31日、花巻市文化会館において、平成30年度労働災害防止安全衛生研修会を開催しました。

労働災害を未然に防ぎ、職場の安全や衛生を向上させることを目標に毎年開催しておりますが、今年度は、全体での研修に加え、3つの分科会(労務管理、現場管理、オペレーター)での研修も行いました。

DSC02445

分科会には、実際に担当する社員が参加し、講師より講演を頂き、その後、質疑・意見交換を行い、テーマについて学びました。各分科会には、花巻労働基準監督署の職員の方々にもご参加頂き、ご指導頂きました。3つの分科会を合わせて100人を超える参加となりました。

(分科会名)労務管理

(テーマ)だれもが働きやすい職場環境づくりに向けて

(講師)東日本建設業保証(株) 派遣講師 黒図茂雄 様

DSC02454

(分科会名)現場管理

(テーマ)最近の現場指導と災害発生時の対応

(講師)安全管理士 伊川 廣司 様

DSC02464

(分科会名)オペレーター

(テーマ)バックホーの労働災害事例と安全対策

(講師)労働安全衛生教育講師 吉田 多加司 様

DSC02462

分科会開催後に全体研修を行い、花巻労働基準監督署 川上署長様より講評を頂きました。

DSC02484

参加した各事業所の社員が、それぞれ担当する分野をテーマに沿って学ぶ事で、身近に感じ考える機会となる研修でした。

高校教員等との意見交換

10月16日(火)、岩手県県南広域振興局の主催により高校教員との意見交換会が開催され、花巻支部から役員等4名が参加しました。

新規高等学校卒業者の地元定着を促進するため、就職の進路指導を担当する管内の高校教員や公共職業安定所、県広域振興局の就業支援員の方々を対象に28名が参加し、実施されたものです。

当日は、建設業以外の職種の企業見学も行い、最後に花巻支部との意見交換会を行いました。

菅原花巻支部長の挨拶DSC02432

佐々木信行花巻支部監事による建設業の概要説明DSC02423

支部会員の企業から入社2~3年目の若手社員2名に、建設業を選んだポイント、現在の担当業務や社内の様子、仕事のやりがいや大変さなどについて、説明しました。

成和建設(株) 鎌田 廉 さん

DSC02425

(株)佐々木工務店 及川 拓 さん

DSC02429

意見交換では、人材育成や社員教育などについて、幅広く意見や質問を取り交わしました。

DSC02436

10月5日(金)に県立花巻農業高等学校環境科学科2年生38名を対象に、測量実習や建設機械の試乗体験を行いました。

この事業は、毎年、花巻支部青年部会が事業企画から準備・実施までの全てを担当して行っているものです。

開始式DSC02375

午前中は、学校施設の愛農農場で測量実習を行いました。

DSC02379

DSC02382

午後は、校舎に隣接する学校の敷地内で建設機械の試乗体験等を行いました。

ホイルローダー

DSC02386

バックホウ

DSC02388

コンバインドローラ

DSC02392

高所作業車

DSC02395

測量機器の説明・使用

DSC02403

閉会式での長澤青年部会長からの講評

DSC02414

より実際の仕事内容に近いものを体験。建設業への就職を目指す生徒もあり、進路選択に向けて貴重な体験となりました。

「空の日」に合わせて、9月20日(木)に花巻空港周辺県道の清掃活動を行いました。

9月23日(日)は「いわて花巻空港スカイフェスタ」が開催される予定であり、イベントをきれいな道路で迎えて頂くため、空港周辺の県道3路線を4つの班に分かれて、ゴミを収集しました。

DSC02333

33事業所から70名が参加しての清掃。開始式では、花巻土木センターの菅原所長様にご挨拶を頂きました。

DSC02337

すぐそばに滑走路。離着陸する飛行機を見ながらの作業です。

DSC02344

流通業務団地もあり、大型車の通行も多いため、車両に気を付け作業を行いました。

DSC02354

収集したゴミは、不燃物と可燃物に分別して処理場へ運びました。

8月23日(木)花巻市の湯本小学校において、当建設業協会花巻支部青年部会により「建設業ふれあい事業」が開催されました。

5・6年生76人が参加して、建設機械の搭乗体験などを行いました。猛暑日となる暑さの中、熱中症対策を万全に施しながら実施しました。

班毎に分かれて、7つの項目で体験をしました。

DSC02295

4tダンプとの綱引き

DSC02264

高所作業車

DSC02268

コンバインドローラ

DSC02270

測量体験

DSC02274

バックホウ

DSC02277

除雪機械

DSC02282

ドローンによるVR体験

DSC02283

DJI_0015[1]

事業実施に先立って敷地内の整地作業を行い、併せて地域貢献の一助としました。

P1040918_R

青年部会では、今後10月に花巻農業高等学校において、「建設業技術野外実習」を行う予定です。

8月20日(月)、岩手県及び花巻市と公共建設工事に係る意見交換会を実施しました。DSC02243

岩手県からは県南広域振興局土木部花巻土木センター及び農政部北上農村整備センター、花巻市からは建設部と財務部の職員にご出席頂き、所管事業の概要・課題・今後の方向性などについて説明を受け、その後、参加した花巻支部会員と意見交換を行いました。

DSC02245

8月10日の「道の日」の関連行事として道路の環境整備を目的に、花巻地区2カ所、大迫、石鳥谷、東和の市内5カ所をそれぞれの班に分かれて一斉清掃活動を行いました。

花巻地区の開始式DSC02225

花巻地区は、日居城野運動公園周辺と花巻広域公園周辺の市道を清掃

日居城野運動公園の総合体育館付近

DSC02231

花巻広域公園公園周辺

CIMG2707[1]

CIMG2716[1]

大迫地区

RIMG1292

RIMG1300

石鳥谷地区

IMG_4898

IMG_4901

東和地区DSCF8723

8月3日(金)、花巻支部において、建設業退職金共済事業に係る説明会を開催しました。

建退共岩手県支部の担当職員により、会員事業所の実務担当者等を対象として、建退共の制度、事業内容や事務手続きの実際について、説明頂きました。

参加者からは、「わかりやすい説明で為になった。」「日頃、疑問に思っていた事務が理解できた。」「特に、退職金請求手続きの仕方が勉強になった。」などの声が多く聞かれました。

DSC02198

DSC02202

7月6日(金)、花巻市の石鳥谷中学校において、当建設業協会花巻支部青年部会により「建設業ふれあい事業」が開催されました。

2年生134名が参加して、建設機械の搭乗体験などを行いました。参加人数が多いことから、午前と午後の二部に分けて実施しました。

DSC02193

班毎に分かれて、4種類の建設機械を体験しました。

DSC02175

バックホー

DSC02159

コンバインドローラー

DSC02181

高所作業車

DSC02165

測量体験

DSC02163

ホイルローダ

DSC02183

花巻支部女性マネジングスタッフも参加して、生徒のお世話をしました。

DSC02167

DSC02169

青年部は、昨年の30周年を記念しスタッフウェアを作り、今回から揃いのウェアでこの事業を行いました。

また、長年の「建設業ふれあい事業」の実績により、7月20日に東京都内で行われる、全建の平成30年度社会貢献活動推進月間功労者表彰を受賞することになりました。

これを励みとして、今後も建設業への人材育成・魅力の発信など、様々な事業に取り組んでいくよう、青年部一丸となって、頑張っています。

7月4日、岩手県建設業協会・岩手県土木施工管理技士会の主催により、土木施工管理技術講習会が、花巻市文化会館で開催されました。

花巻での開催を皮切りに、県内13支部の会場で8月7日まで順次開催されます。

花巻では、支部会員事業所から39名が出席しました。

DSC02135

施工管理の概要、施工計画、原価管理、工程管理、品質管理、安全衛生管理について講義が行われました。

DSC02139

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年11月 [2]
  2. 2018年10月 [18]
  3. 2018年9月 [7]
  4. 2018年8月 [19]
  5. 2018年7月 [25]
  6. 2018年6月 [15]
  7. 2018年5月 [11]
  8. 2018年4月 [13]
  9. 2018年3月 [10]
  10. 2018年2月 [17]
  11. 2018年1月 [10]
  12. 2017年12月 [12]
  13. 2017年11月 [17]
  14. 2017年10月 [20]
  15. 2017年9月 [8]
  16. 2017年8月 [28]
  17. 2017年7月 [20]
  18. 2017年6月 [14]
  19. 2017年5月 [14]
  20. 2017年4月 [18]
  21. 2017年3月 [20]
  22. 2017年2月 [18]
  23. 2017年1月 [16]
  24. 2016年12月 [19]
  25. 2016年11月 [22]
  26. 2016年10月 [16]
  27. 2016年9月 [33]
  28. 2016年8月 [23]
  29. 2016年7月 [23]
  30. 2016年6月 [17]
  31. 2016年5月 [20]
  32. 2016年4月 [25]
  33. 2016年3月 [21]
  34. 2016年2月 [16]
  35. 2016年1月 [13]
  36. 2015年12月 [20]
  37. 2015年11月 [21]
  38. 2015年10月 [27]
  39. 2015年9月 [10]
  40. 2015年8月 [22]
  41. 2015年7月 [20]
  42. 2015年6月 [15]
  43. 2015年5月 [17]
  44. 2015年4月 [16]
  45. 2015年3月 [17]
  46. 2015年2月 [15]
  47. 2015年1月 [14]
  48. 2014年12月 [19]
  49. 2014年11月 [27]
  50. 2014年10月 [24]
  51. 2014年9月 [18]
  52. 2014年8月 [39]
  53. 2014年7月 [21]
  54. 2014年6月 [18]
  55. 2014年5月 [16]
  56. 2014年4月 [21]
  57. 2014年3月 [22]
  58. 2014年2月 [15]
  59. 2014年1月 [20]
  60. 2013年12月 [21]
  61. 2013年11月 [23]
  62. 2013年10月 [20]
  63. 2013年9月 [12]
  64. 2013年8月 [18]
  65. 2013年7月 [33]
  66. 2013年6月 [20]
  67. 2013年5月 [30]
  68. 2013年4月 [16]
  69. 2013年3月 [10]
  70. 2013年2月 [8]
  71. 2013年1月 [13]
  72. 2012年12月 [15]
  73. 2012年11月 [16]
  74. 2012年10月 [13]
  75. 2012年9月 [12]
  76. 2012年8月 [17]
  77. 2012年7月 [11]
  78. 2012年6月 [10]
  79. 2012年5月 [12]
  80. 2012年4月 [11]
  81. 2012年3月 [6]
  82. 2012年2月 [10]
  83. 2012年1月 [12]
  84. 2011年12月 [11]
  85. 2011年11月 [16]
  86. 2011年10月 [15]
  87. 2011年9月 [10]
  88. 2011年8月 [19]
  89. 2011年7月 [22]
  90. 2011年6月 [15]
  91. 2011年5月 [13]
  92. 2011年4月 [14]
  93. 2011年3月 [20]
  94. 2011年2月 [15]
  95. 2011年1月 [14]
  96. 2010年12月 [10]
  97. 2010年11月 [9]
  98. 2010年10月 [20]
  99. 2010年9月 [18]
  100. 2010年8月 [20]
  101. 2010年7月 [12]
  102. 2010年6月 [16]
  103. 2010年5月 [15]
  104. 2010年4月 [14]
  105. 2010年3月 [8]
  106. 2010年2月 [13]
  107. 2010年1月 [21]
  108. 2009年12月 [16]
  109. 2009年11月 [23]
  110. 2009年10月 [38]
  111. 2009年9月 [33]
  112. 2009年8月 [26]
  113. 2009年7月 [27]
  114. 2009年6月 [24]
  115. 2009年5月 [13]
  116. 2009年4月 [17]
  117. 2009年3月 [15]
  118. 2009年2月 [23]
  119. 2009年1月 [31]
  120. 2008年12月 [37]
  121. 2008年11月 [30]
  122. 2008年10月 [55]
  123. 2008年9月 [40]
  124. 2008年8月 [49]
  125. 2008年7月 [48]
  126. 2008年6月 [35]
  127. 2008年5月 [17]
  128. 2008年4月 [11]
  129. 2008年3月 [6]
  130. 2008年2月 [9]
  131. 2008年1月 [13]
  132. 2007年12月 [12]
  133. 2007年11月 [14]
  134. 2007年10月 [20]
  135. 2007年9月 [14]
  136. 2007年8月 [20]
  137. 2007年7月 [13]
  138. 2007年6月 [15]
  139. 2007年5月 [10]
  140. 2007年4月 [6]
  141. 2007年3月 [14]
  142. 2007年2月 [16]
  143. 2007年1月 [5]
  144. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.7