花巻支部 一覧

11月16日(水)に労働災害防止を目的として合同安全パトロールを実施しました。

花巻労働基準監督署、県南広域振興局、花巻市からもご参加頂き、3つの班に分かれ、16か所の工事現場について行いました。IMG_3167

IMG_3170

DSC01318

DSC01353

現場事務所での説明や現場の確認事項を、点検表にチェックしながら行いました。

DSC01369

DSC01374

パトロール終了後には、班ごとの検討会と全体発表を行い、労働災害防止に向けた取り組みに役立てました。

10月26日、花巻市のなはんプラザを会場として、平成28年度労働災害防止安全衛生研修会を開催しました。

労働災害を未然に防ぎ、職場の安全や衛生を向上させることを目的に毎年開催しているもので、今年度は80名を越す受講者が参加しました。DSC01311

岩手労働局、花巻労働基準監督署、花巻市建設部から講師を派遣頂き、労働災害の防止対策などについて講義を受けました。

DSC01313

花巻支部会員事業所から社内での取り組み事例の発表もあり、労働災害防止に向けた意識を高めるため、有意義な研修となりました。

DSC01305

9月30日(金)、県立花巻農業高等学校環境科学科2年生44名を対象に、測量実習や建設機械の試乗体験を行いました。

この事業は花巻支部の青年部会が、事業の企画から実施までの全てを運営しました。

DSC02062

DSC02055

測量実習からの開始です。

DSC02068

DSC02071

午後は、建設機械の試乗と操作体験です。

DSC02093

高所作業車も試乗しました。

DSC02091

バックホウでは、実際に土を掘削して、現場の作業を体験しました。

DSC02079

最新の測量機械の説明も行いました。

建設業への就職を目指す生徒もあり、将来の進路に向けて、貴重な体験実習となりました。

9月26日(月)、当協会花巻支部により、いわて国体が開催される花巻の会場の清掃活動を実施しました。

5つの会場を4班に分け、37事業所から90名を越す参加により、ごみ拾いと草刈りの作業を行いました。

それぞれの会場が離れているため、会場ごとに開始式を行った後、清掃活動を実施しました。

DSC01274

花巻市総合体育館での開始式。

DSC01275

多目的広場を含めた総合体育館の周辺のごみ拾いを行いました。

DSC01286

集めたごみを分別。

CIMG2166

市クレー射撃場での清掃活動。

CIMG2160

サッカー会場となるスポーツキャンプむらでの清掃活動。

IMG_2777

IMG_2776

ソフトボール会場となる石鳥谷ふれあい運動公園では、会場周辺の他、会場へのアクセス道路も清掃活動を実施。

RIMG5176

RIMG5170

ボート競技の会場となる田瀬湖ボート場では、クラブハウス周辺の他、競技期間中に使用する駐車場の草刈りを実施しました。

国体開催直前での清掃活動。きれいになった会場で、全国からの選手をはじめとする来場者をお迎えできるようになりました。

9月21日(水)花巻市横志田の笹間第二小学校において、当建設業協会花巻支部青年部会により、「建設業ふれあい体験事業 in 笹間第二小学校」が開催されました。DSC01252

全校児童は22名。みんな元気で、上級生は下級生をやさしく見守る、アットホームな温かい雰囲気の学校です。

開会式の後、4つの班に分かれて、建設機械の試乗体験を行いました。

DSC01208

これからの楽しい体験学習にわくわくしながら、開会式でのあいさつを聞いています。

バックホウ、ホイルローダー、コンバインドローラー、高所作業車の4つの建設機械を試乗しました。

DSC01218

DSC01225

DSC01239

DSC01226

4tトラックとの綱引きも行いました。

DSC01242

閉会式で、児童の代表が「建設業という仕事に、とても魅力を感じ、興味を持てた。」と感想を述べました。将来、建設業を志す児童が多くいてくれると、嬉しい限りです。

DSC01206

併せて、奉仕活動として、校庭周りの樹木の剪定作業も行いました。

青年部では、今月末に高校生を対象した技術体験実習を、花巻農業高校でも行う予定で、建設業に対する若い世代の理解を深める事業へ積極的に取り組んでいます。

9月1日、国体開催が近くなる中、視線誘導標への国体のマスコットシール貼り付け及び道路清掃活動を実施しました。

会員事業所から約90名が参加し、県道3路線を4つの班に分かれて、道路沿いの視線誘導標に約1400枚の国体マスコットシールを貼り付け、併せて沿道のごみ拾いを行いました。

DSC01182

開始式6

全体で開始式を行い、作業の内容や注意事項を確認し、4班に分かれて作業を実施しました。

 

DSC01183

DSC01184

県道の視線誘導標を1本ずつきれいにし、その上にマスコットシールを貼り付けていきました。

DSC01191

併せて、道路沿いのごみ拾いも行いました。

DSC01192

集めたごみは分別。気温がぐんぐん上昇する中、熱中症にも気を付けながらの活動でした。

花巻支部では国体開催に向けて、直前の9月下旬にも、競技が開催される花巻市内の会場の清掃活動を行う予定です。

8月24日(水)に、岩手県及び花巻市と公共建設工事に係る意見交換会を開催しました。DSC01125

岩手県からは県南広域振興局土木部花巻土木センターから、花巻市からは建設部、財務部の職員に出席頂き、所管事業の概要、課題、今後の方向性などについて説明を頂いた後、参加した花巻支部の会員と意見交換を行いました。

DSC01117

伊藤 花巻支部長挨拶

DSC01121

杣 花巻土木センター所長

会員事業所からは、建設工事の請負契約に係る最低制限価格についてなど、質問や要望が出され回答を頂きました。今後の事業を進めるうえで、有意義な内容となりました。

7月5日(火)、花巻市東和中学校において、県建設業協会花巻支部青年部により、ふれあい事業を実施しました。

1年生79人が参加して、建設業の仕事を実際に体験しました。P1040330

P1040304

重機に試乗し、操作を実際に体験。

P1040312

測量にも挑戦。

P1040325

高所作業車にも乗りました。

P1040382

建設業の仕事を体験し、そのやりがいや魅力を知ってもらい、将来、建設業に従事する若い世代が増えることを願い、青年部が毎年、小・中・高校を対象に取り組んでいる事業です。

当日は、県建設業女性マネジングスタッフ花巻支部の会員も、この事業をサポートしました。

本年度も、今回の東和中学校を皮切りに市内の小学校・高校でも実施する予定です。

7月1日(金)、花巻市文化会館において、平成28年度 土木施工管理技術講習会を開催しました。

毎年、(一社)岩手県建設業協会と岩手県土木施工管理技士会が共催で、県内の13支部で行いますが、本年度は、そのトップを切って花巻での開催となりました。

DSC01105

(株)都の鈴木惣市氏を講師に、花巻支部の事業所から40名が受講し、現場で対応する工学や自然災害からの防御、経済的基盤の整備に係る技術の解説を受けました。

DSC01103

6月9日(木)と10日(金)の2日間にわたり、職長・安全衛生責任者教育講習会を実施しました。

会場は、花巻市生涯学園都市会館(まなび学園)、花巻支部と北上支部から20名が受講し、職長・安全衛生責任者の役割をはじめ、リスクアセスメントの方法や安全施工サイクルなどについて学びました。

DSC01092

グループワークなども行い、多岐にわたる内容を熱心に学びました。

DSC01097

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2019年6月 [8]
  2. 2019年5月 [16]
  3. 2019年4月 [9]
  4. 2019年3月 [9]
  5. 2019年2月 [13]
  6. 2019年1月 [16]
  7. 2018年12月 [15]
  8. 2018年11月 [26]
  9. 2018年10月 [18]
  10. 2018年9月 [7]
  11. 2018年8月 [19]
  12. 2018年7月 [25]
  13. 2018年6月 [15]
  14. 2018年5月 [11]
  15. 2018年4月 [13]
  16. 2018年3月 [10]
  17. 2018年2月 [17]
  18. 2018年1月 [10]
  19. 2017年12月 [12]
  20. 2017年11月 [17]
  21. 2017年10月 [20]
  22. 2017年9月 [8]
  23. 2017年8月 [28]
  24. 2017年7月 [20]
  25. 2017年6月 [14]
  26. 2017年5月 [14]
  27. 2017年4月 [18]
  28. 2017年3月 [20]
  29. 2017年2月 [18]
  30. 2017年1月 [16]
  31. 2016年12月 [19]
  32. 2016年11月 [22]
  33. 2016年10月 [16]
  34. 2016年9月 [33]
  35. 2016年8月 [23]
  36. 2016年7月 [23]
  37. 2016年6月 [17]
  38. 2016年5月 [20]
  39. 2016年4月 [25]
  40. 2016年3月 [21]
  41. 2016年2月 [16]
  42. 2016年1月 [13]
  43. 2015年12月 [20]
  44. 2015年11月 [21]
  45. 2015年10月 [27]
  46. 2015年9月 [10]
  47. 2015年8月 [22]
  48. 2015年7月 [20]
  49. 2015年6月 [15]
  50. 2015年5月 [17]
  51. 2015年4月 [16]
  52. 2015年3月 [17]
  53. 2015年2月 [15]
  54. 2015年1月 [14]
  55. 2014年12月 [19]
  56. 2014年11月 [27]
  57. 2014年10月 [24]
  58. 2014年9月 [18]
  59. 2014年8月 [39]
  60. 2014年7月 [21]
  61. 2014年6月 [18]
  62. 2014年5月 [16]
  63. 2014年4月 [21]
  64. 2014年3月 [22]
  65. 2014年2月 [15]
  66. 2014年1月 [20]
  67. 2013年12月 [21]
  68. 2013年11月 [23]
  69. 2013年10月 [20]
  70. 2013年9月 [12]
  71. 2013年8月 [18]
  72. 2013年7月 [33]
  73. 2013年6月 [20]
  74. 2013年5月 [30]
  75. 2013年4月 [16]
  76. 2013年3月 [10]
  77. 2013年2月 [8]
  78. 2013年1月 [13]
  79. 2012年12月 [15]
  80. 2012年11月 [16]
  81. 2012年10月 [13]
  82. 2012年9月 [12]
  83. 2012年8月 [17]
  84. 2012年7月 [11]
  85. 2012年6月 [10]
  86. 2012年5月 [12]
  87. 2012年4月 [11]
  88. 2012年3月 [6]
  89. 2012年2月 [10]
  90. 2012年1月 [12]
  91. 2011年12月 [11]
  92. 2011年11月 [16]
  93. 2011年10月 [15]
  94. 2011年9月 [10]
  95. 2011年8月 [19]
  96. 2011年7月 [22]
  97. 2011年6月 [15]
  98. 2011年5月 [13]
  99. 2011年4月 [14]
  100. 2011年3月 [20]
  101. 2011年2月 [15]
  102. 2011年1月 [14]
  103. 2010年12月 [10]
  104. 2010年11月 [9]
  105. 2010年10月 [20]
  106. 2010年9月 [18]
  107. 2010年8月 [20]
  108. 2010年7月 [12]
  109. 2010年6月 [16]
  110. 2010年5月 [15]
  111. 2010年4月 [14]
  112. 2010年3月 [8]
  113. 2010年2月 [13]
  114. 2010年1月 [21]
  115. 2009年12月 [16]
  116. 2009年11月 [23]
  117. 2009年10月 [38]
  118. 2009年9月 [33]
  119. 2009年8月 [26]
  120. 2009年7月 [27]
  121. 2009年6月 [24]
  122. 2009年5月 [13]
  123. 2009年4月 [17]
  124. 2009年3月 [15]
  125. 2009年2月 [23]
  126. 2009年1月 [31]
  127. 2008年12月 [37]
  128. 2008年11月 [30]
  129. 2008年10月 [55]
  130. 2008年9月 [40]
  131. 2008年8月 [49]
  132. 2008年7月 [48]
  133. 2008年6月 [35]
  134. 2008年5月 [17]
  135. 2008年4月 [11]
  136. 2008年3月 [6]
  137. 2008年2月 [9]
  138. 2008年1月 [13]
  139. 2007年12月 [12]
  140. 2007年11月 [14]
  141. 2007年10月 [20]
  142. 2007年9月 [14]
  143. 2007年8月 [20]
  144. 2007年7月 [13]
  145. 2007年6月 [15]
  146. 2007年5月 [10]
  147. 2007年4月 [6]
  148. 2007年3月 [14]
  149. 2007年2月 [16]
  150. 2007年1月 [5]
  151. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 7.1.1