2008年11月の記事一覧

         第1回 - 「建太郎 就職内定する ^ο^」 -

IMG_0460_1.JPG

 晩秋のある日、就職が内定した建太郎、
  伯母さんに報告!

建太郎伯母さん、ちわっす、ご無沙汰してい
     ます。
退 子
あらっ、建ちゃんひさしぶりね。元気
     だった?

     就職決まったんですって?
建太郎そうなんすよ。建設会社に内定しました。
退 子
あらぁ、よかったわねぇ。おめでとう!
      入社したらいろいろ忙しくなるわね。
      「建退共」もよろしくね!

建太郎あぁ、そういえば伯母さん、建設業団体の仕事でしたよね。
     この間ラジオで「建退共」ってちょっと違う退職金制度って言ってたけど?


退 子そうなのよ、建設業界独自の業界ぐるみの退職金制度なのよ。
    ちょっと違う制度というのはね、現場で働いている人が一つの会
    社を辞めたときじゃなく、建設業界の中で働くことを辞めたときに
    退職金を支払うから。
    つまり、個々の会社単位で支払うのじゃないから、現場で働いて
    いる人は北海道から沖縄まで日本全国どこでも、建設業界で働い
    た日数が全部通算されて退職金になるということなの。


建太郎ナルホドー、普通、会社を辞めた時にはその会社から一度退職金
     をもらう ことになるけど、「建退共制度」は、業界で働いている限り
     は会社を移って も継続す
るんだね。


退 子:そう、例えばね、岩手建設で5年働いて盛岡建設に移って5年働
    くと、建退共では通算して10年分の退職金が受け取れるけど、
    退職金計算の特長でね、長く掛ければ掛けるほど利息部分が大き
    くなるわけ。5年ごとに2回受け取る場合の合計金額に比べて、
    12万円あまりも違うのよ。
    建設業界全体で大きく運用して、その人が生涯のうち建設業で働
    いた期間を通算して支払う仕組み。

建太郎これって国の制度なの?


退 子ええ、「中小企業退職金共済法」っていう法律で作られているか
   ら、「安全」「確実」「手続き簡単」の三拍子揃っている制度な
   のよ。
   でもね、同じ建設業でも加入していない会社で働くと、掛金を納
   めていない空期間ができるから、建設会社はもれなくこの制度に
   加入してもらうことが何より大切なことなのよ。
   建設会社にとってもこの制度に加入していると、公共工事の受注
   に有利になるし、何と言っても、現場で働く人は退職金まで考え
   てくれる会社だと働き甲斐があるでしょう?


建太郎タシカニ~、実感。IMG_0463.JPG


退 子ところで建ちゃん、芋の子汁でも
     食べてく?
IMG_0459.JPG

建太郎:ゴチになりま~す♪     

 

建退共岩手県支部 HP

 6月から「花林舎動物記」という楽しい動物のお話を読み切りで掲載しています。この「花林舎動物記」とは、滝沢村にある(株)野田坂緑研究所発行(所長 野田坂伸也氏)の会員限定情報誌「花林舎ガーデニング便り」の中で最も人気がある連載記事です。今月は第6回「妄想的汚水浄化生態園(2)」です。

第6回妄想的汚水浄化生態園(2)

清澄な水になるまでの長旅

≪第4ゾーン≫
 第4ゾーンは大きな池で、この汚水浄化生態園の中心です。いろいろな条件の場所を造ってあり、様々な動物が棲息できるようにしてあります。前号に書きましたが再掲載します。
a―昆虫など…ボーフラ、ユスリカ幼虫、ヤゴ(トンボの幼虫)、ホタルの幼虫、イトミミズ、ミジンコ
b―貝類…タニシ、カワニナ、モノアライガイ、カラスガイ、ジャンボタニシ
c―両棲類…オタマジャクシ(カエル、サンショウウオ)
d―エビ類…ヌマエビ
e―魚類…メダカ、グッピー、カダヤシ、金魚、フナ、ドジョウ
 この他たくさんの動物が棲息できると思いますが、よくわかりませんので省略します。
汚水浄化生態圏

続きを読む

救命講習を受講しました

岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会久慈支部主催による救命講習会を開催いたしました

2008.11 (1) blog.jpg

↑真ん中に横たわっているのは‥実習用ダミー人形です

続きを読む

一関市室根町の曹洞宗 松樹山 龍雲寺(りゅううんじ)には、樹齢1300年と言われる大杉があります。幹回りは9メートルを超え、直径も3メートル以上の非常に大きな杉です。その横には樹齢300年とも言われるイチョウの大木が並ぶように立っています。そのイチョウも幹回りが7メートルを超える大木です。

竜雲寺のスギ

大杉

竜雲寺の銀杏

銀杏

この2つの大木が伐採されることになりました。杉とイチョウは墓地の中に立っており、大きな枝が落ちて危険だということが伐採の理由です。

続きを読む

11月の天気が良い日に千厩町から望む室根山を撮影しました。角度によって形が変わります。

室根山 
2008年11月14日(12:10)千厩町磐清水字小峠
県道松川千厩線 枯木峠付近より


室根山
2008年11月25日(12:36)千厩町千厩字町浦
国道456号線 久伝橋付近より
雪化粧となりつつあります。

≪これまで掲載した室根山の写真≫
2007.10.29 千厩支部 室根神社特別大祭が開催されました。
2007.1.5 千厩支部 あけましておめでとうございます。

(社)内外情勢調査会岩手県南支部(浅井東兵衛支部長)は11月14日(金)、一関市ベリーノホテル一関で月例懇談会を開いた。
懇談会には、国土交通省東北地方整備局長岡田光彦氏を講師に迎え、岩手・宮城内陸地震からの復興への取り組みや、今後、東北に求められるインフラ整備の方向性について紹介した。
岡田局長は、岩手・宮城内陸地震について、地震発生後の対応に地元建設会社や国土交通省テックフォースの活動を紹介。国と県が連携して復旧工事を実施している状況や今後、想定される宮城県沖地震に向けてテックフォース制度の強化と対応策を示した。
東北に求められるインフラ整備では、日本経済や東北地方経済の現況を分析し、国内回帰の動向がみられる製造業に対応した企業立地の環境整備を提案。東北地域の国際競争力の向上に必要な条件整備と定住人口の維持に安全安心の重要性を強調し、○効率的な輸送体系の構築○自立発展のための産業基盤の整備○海外へのゲートウェイ○災害に強く、安心できる地域づくりが重要であると示唆した。

内外情勢調査会・一関.jpg

岡田光彦東北地方整備局長が講演。岩手・宮城内陸地震災害への対応と、東北地方のインフラ整備の方向性を語る。





東北建設業協会連合会(宮城政章会長)は、11月19日、財務省や国土交通省、自由民主党に対して要望活動を行いました。今回の要望は、10月に開催した東北建設業協会ブロック会議で決定した要望項目と、災害が頻発している東北地方の実情を緊急要望にまとめた公共事業予算要望を合わせて提出しました。

要望事項は、①「強く美しい東北」の実現に公共事業予算の重点配分 ②20年度下期の公共事業費を含む補正予算の早期発注 ③21年度公共事業予算と合わせ国民の安心・安全を確保する災害予防対策費の措置 ④「真に必要な道路」の財源確保と地方生活道路と高速交通体系の早期整備 ⑤品確法に基づく総合評価方式の地方自治体での完全実施 ⑥低入札価格調査基準価格の引き上げ ⑦会員企業の正しい評価と地元中小建設業者の受注量の確保・拡大の7項目を求めました。

緊急要望は、景気回復に伴う雇用促進を図る公共事業の拡大を要請。地方経済が疲弊している今こそ、地域経済への波及効果の大きい雇用促進を図る公共工事の拡大と、国民の安心・安全を確保する災害予防対策の事業予算配分を内容としたものです。

宮城会長は、東北地方の建設業の厳しい現状や、1次補正予算が配分されたが自治体負担分の財源がなく対応できないので自治体の財源確保に配慮を求めました。
要望に対して竹下亘財務副大臣は、2次補正では、景気対策と国民の安全と安心を重点にしたいと示唆し、県、市町村の地方財政が息をつけるような対応をしたいと述べました。

要望活動には、東北各県の建設業協会長が参加し、金子一義国土交通大臣や副大臣、幹部職員と面談。自由民主党では、細田幹事長や保利政務調査会長等役員等に要望を申し入れました。

連合会要望 002.jpg
東北の現状を説明する宮城会長(左)。「景気対策と国民の安全・安心確保に地方財政の支援は重要」と、竹下財務副大臣(右)

連合会要望 022.jpg

金子国土交通大臣(中央)に要望する東北建設業協会連合会役員と佐藤信秋参議院議員(右端)

連合会要望 018.jpg


東北の厳しい現状を訴える。「2次補正は公共事業で内需拡大を推進」と、細田自由民主党幹事長(中央)

平成20年度雇用改善推進月間の一環として、11月
20日(木)、盛岡のサンセール盛岡で「岩手県建設雇
用改善推進大会が開催されました。

当日は山嵜岩手労働局長、岩手県知事(代理、労政
能力開発開発課 小山総括課長)等の共催者が参加
し200名を超える盛大な式典となりました。

式典では先に受賞された、厚生労働大臣表彰(事業所)
大坂建設㈱のお披露目に続き、岩手県知事表彰や協
会長表彰等各関連団体の表彰が行われ計26事業所
2個人が表彰の栄に浴しました。

画像 233.jpg 主催者あいさつ
(社)岩手県建設業協会
橘副会長
画像 229.jpg 共催者あいさつ
岩手労働局
山嵜局長
画像 247.jpg 受賞された方々
画像 251.jpg 記念講演
㈱アスコット企画
佐藤 孝悦氏
『安全・安心社会と
     産学官連携』



平成20年11月20日(木)午後1時から、盛岡市のサンセール盛岡で開催された「平成20年度岩手県建設雇用改善推進大会」の席上で、建災防岩手県支部長表彰が行われ、次の方々(社)が受賞されましたので紹介します。

優良賞(事業所)

 紫波町        株式会社十文字組
 矢巾町        タカヨ建設株式会社
 花巻市石鳥谷町  有限会社菅重建設
 北上市        北海建設工業株式会社
 奥州市胆沢区    有限会社佐々木組
 奥州市前沢区    丸正興業株式会社
 平泉町         株式会社千葉工務店
 一関市大東町    株式会社岩舘建設
 遠野市         株式会社小友建設
 釜石市         佐野建設株式会社
 釜石市         有限会社栗澤組
 久慈市         有限会社木村建設
 二戸市         株式会社東野組

功績賞(個人)

 盛岡市   千葉 栄 (樋下建設株式会社)
 北上市   高橋 伸夫 (マルケイ建設株式会社)

 

08112013.DSC01408.JPG 受賞された皆様 誠におめでとうございます。

 

 

除雪機械出動式

 

IMG_0402.JPG

岩泉土木事務所管内の除雪機械出動式が本日(11月18日)行われました。

昨日までは穏やかな暖かい日が続きましたが、今夜あたりから本格的な冬が始まりそうです。
地域住民の安全な交通を確保する為、ここでも建設業者の方々が昼夜問わず除雪・融雪剤の散布をします。

IMG_0384.JPG IMG_0397.JPG
IMG_0400.JPG
左上  所長のご挨拶

右上  安全宣言 

左    鍵引渡し


 

 


 

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 [17]
  2. 2017年10月 [20]
  3. 2017年9月 [8]
  4. 2017年8月 [28]
  5. 2017年7月 [20]
  6. 2017年6月 [14]
  7. 2017年5月 [14]
  8. 2017年4月 [18]
  9. 2017年3月 [20]
  10. 2017年2月 [18]
  11. 2017年1月 [16]
  12. 2016年12月 [19]
  13. 2016年11月 [22]
  14. 2016年10月 [16]
  15. 2016年9月 [33]
  16. 2016年8月 [23]
  17. 2016年7月 [23]
  18. 2016年6月 [17]
  19. 2016年5月 [20]
  20. 2016年4月 [25]
  21. 2016年3月 [21]
  22. 2016年2月 [16]
  23. 2016年1月 [13]
  24. 2015年12月 [20]
  25. 2015年11月 [21]
  26. 2015年10月 [27]
  27. 2015年9月 [10]
  28. 2015年8月 [22]
  29. 2015年7月 [20]
  30. 2015年6月 [15]
  31. 2015年5月 [17]
  32. 2015年4月 [16]
  33. 2015年3月 [17]
  34. 2015年2月 [15]
  35. 2015年1月 [14]
  36. 2014年12月 [19]
  37. 2014年11月 [27]
  38. 2014年10月 [24]
  39. 2014年9月 [18]
  40. 2014年8月 [39]
  41. 2014年7月 [21]
  42. 2014年6月 [18]
  43. 2014年5月 [16]
  44. 2014年4月 [21]
  45. 2014年3月 [22]
  46. 2014年2月 [15]
  47. 2014年1月 [20]
  48. 2013年12月 [21]
  49. 2013年11月 [23]
  50. 2013年10月 [20]
  51. 2013年9月 [12]
  52. 2013年8月 [18]
  53. 2013年7月 [33]
  54. 2013年6月 [20]
  55. 2013年5月 [30]
  56. 2013年4月 [16]
  57. 2013年3月 [10]
  58. 2013年2月 [8]
  59. 2013年1月 [13]
  60. 2012年12月 [15]
  61. 2012年11月 [16]
  62. 2012年10月 [13]
  63. 2012年9月 [12]
  64. 2012年8月 [17]
  65. 2012年7月 [11]
  66. 2012年6月 [10]
  67. 2012年5月 [12]
  68. 2012年4月 [11]
  69. 2012年3月 [6]
  70. 2012年2月 [10]
  71. 2012年1月 [12]
  72. 2011年12月 [11]
  73. 2011年11月 [16]
  74. 2011年10月 [15]
  75. 2011年9月 [10]
  76. 2011年8月 [19]
  77. 2011年7月 [22]
  78. 2011年6月 [15]
  79. 2011年5月 [13]
  80. 2011年4月 [14]
  81. 2011年3月 [20]
  82. 2011年2月 [15]
  83. 2011年1月 [14]
  84. 2010年12月 [10]
  85. 2010年11月 [9]
  86. 2010年10月 [20]
  87. 2010年9月 [18]
  88. 2010年8月 [20]
  89. 2010年7月 [12]
  90. 2010年6月 [16]
  91. 2010年5月 [15]
  92. 2010年4月 [14]
  93. 2010年3月 [8]
  94. 2010年2月 [13]
  95. 2010年1月 [21]
  96. 2009年12月 [16]
  97. 2009年11月 [23]
  98. 2009年10月 [38]
  99. 2009年9月 [33]
  100. 2009年8月 [26]
  101. 2009年7月 [27]
  102. 2009年6月 [24]
  103. 2009年5月 [13]
  104. 2009年4月 [17]
  105. 2009年3月 [15]
  106. 2009年2月 [23]
  107. 2009年1月 [31]
  108. 2008年12月 [37]
  109. 2008年11月 [30]
  110. 2008年10月 [55]
  111. 2008年9月 [40]
  112. 2008年8月 [49]
  113. 2008年7月 [48]
  114. 2008年6月 [35]
  115. 2008年5月 [17]
  116. 2008年4月 [11]
  117. 2008年3月 [6]
  118. 2008年2月 [9]
  119. 2008年1月 [13]
  120. 2007年12月 [12]
  121. 2007年11月 [14]
  122. 2007年10月 [20]
  123. 2007年9月 [14]
  124. 2007年8月 [20]
  125. 2007年7月 [13]
  126. 2007年6月 [15]
  127. 2007年5月 [10]
  128. 2007年4月 [6]
  129. 2007年3月 [14]
  130. 2007年2月 [16]
  131. 2007年1月 [5]
  132. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5