2013年7月の記事一覧

8月2日(金)・3日(土)に三陸・大船渡まつりが開催されます。
スケジュールについては下記の通りとなっておりますので、興味のある方の来場を心よりお待ちしております!

2日(金)18:00 ~ 海上七夕湾内巡航
  19:30 ~ 海上七夕歌謡ショー

3日(土)12:30 ~ 余興
  16:00 ~ 開会式
17:00 ~ 市民道中踊り
18:00  ~ 夢あかり点火
19:30 ~ 花火大会(5000発)

また8月6日(火)・7日(水)に盛町七夕まつりも開催されますので、皆さん是非お越し下さい!

三陸・大船渡夏まつり

桃知講師

7月5日(金)に岩手県建設業協会各支部事務局と各支部のITサポートチームのブログ投稿研修会を開催いたしました。
講師に桃知情報化コンサルタントをお迎えし、ブログ投稿手順やブログによる広報活動の意義をご講義いただきました。
この研修会に参加したことでITサポートチームと支部事務局との連携がさらに深まり、ブログによる各支部の協会活動および地域情報の広報が盛んになるものと思われます。

25ブログ投稿研修会

遊YOU入畑2013の開催

ダム放水状況(水の出口まで行けます)

7月28日 土曜日に県南広域振興局主催の遊YOU入畑2013を開催しました。

午前10時よりイベントが予定通り始まりましたが、次第に天候不順(雷雨)

となり午後1時にイベント中止となりました。(災害警報発令となったため)

当日の青年部と県の担当者 看板とのぼり(計5エリアに設置)

イベント当日は、エレベーター・監査廊・バルブ室・駐車場係等のお手伝いを

しました。24日にはテントと机・イスなどをダムに搬入し、看板・ノボリ等を5エ

リアに設置しました。また、29日には撤収作業を行いました。

道路清掃

毎年恒例の建設業B級盛岡支部による国道106号線(距離20.5km)の
道路清掃を7月24日に行いました。
当日は、25社77名が参加し、9工区に分けて実施いたしました。

空き缶(特にノンアルコールビール缶が目立ちました。)や吸い殻等多くのゴミがありました。また、一緒にデリネーターの清掃も行いました。

支部会長 全員写真

支部会長あいさつ

参加者全員写真

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている建設業景況調査6月調査(平成25年度第1回、東日本大震災被災地版)を「各種情報」内の「東日本建設業保証(株)岩手支店提供資料」に掲載しました。

 

110721higashinihon.gif

 

↓PDFファイル↓

建設業景況調査(岩手県版)6月調査
調査結果(概要) → こちら(PDF)
データ表 → こちら(PDF)

 

建設業景況調査(東日本大震災被災地版)6月調査
調査結果(概要) → こちら(PDF)

県建設業協会北上支部C級会で組織する「こみや会」が7月23日アドプト協定を締結している北上市里分の新堰川で岩手中部土地改良区の職員と一緒に草刈やゴミ拾いの清掃活動を実施しました。

こみや会13アドプト13_0723a[2]

こみや会13アドプト13_0723b[2]

ふれあい事業

集合写真

7月23日 一戸町立鳥越小学校にて、二戸支部青年部が「建設業ふれあい事業」を開催しました。

児童25名、先生6名、青年部会員等34名が参加し行なわれました。

子供たちは、楽しみにしている「夏休み」を目前にした、"わくわく・どきどき"の一日を過ごしたことでしょう。

バックホウ乗車 乗車前
 

どきどき、わくわく
早くのりたいなあ!

先生も乗車 ローラー乗車

先生も体験乗車

 
高所作業車 高所作業車乗車

校長先生と一緒

わあ~ 上がるぞ!

かき氷 かき氷

乗車終了や待ち時間にかき氷を。

閉会式

 

閉会式では、かき氷を手に持ちながら、たくさんの子供たちから感想発表がありました。

ふれあい事業の感謝を込めての奉仕活動は、「アプローチの簡易舗装」
体験乗車と同時進行。校庭では子供たちが体験乗車を校舎玄関前では、簡易舗装の奉仕活動が行われ、子供たちは午前中で下校。大人たち(青年部)は午後3時頃まで活動をしました。

 

P1000423 P1000425
舗装前
              作業前

作業後

舗装後

    第36回 ☆ 共済手帳あれこれーその4 ☆

建退共岩手県支部の窓口で…一人親方の場合

建次:いやぁ~、梅雨寒ですね。           IMG_2255.JPG

退子
:ホントですね。お疲れ様です。
    お電話では一人親方のことでご相談と
    伺い
ましたが…

建次:はい。
    当社では一人親方に仕事を頼むときは、
    本人の共済手帳を預かって、稼動分の
    共済証紙を貼ってきましたが、今回は
    ちょっと違うケースなので…

    実は、先月末に定年退職した大工の棟梁から相談されまして…
    本人は、建退共の退職金についてはまだ請求しないで、
    しばらく一人親方で働きたいということなんです。
    まだ体力も十分だし、技術もしっかりしていますから、
    手伝ってもらえるなら、当社では願ってもないことなんですけど。
    建退共については、どのように考えればよいのかと思いまして。

退子:そうですか。                IMG_2263.JPG
    一人親方は事業主という立場であり、
    自ら現場で働く労働者でもあるので、
    少し特別な掛け方になりますね。
    
建次:一人親方となると、月に十日ぐらい
    うちに来てもらうことになりますが、
    合間に民間の仕事を請けるようです。                                                 

退子:その方のように、建退共加入の
    社員が定年退職後も働く場合、
    二つの選択肢があります。

    まずはいったん退職金請求をして、その後新たに共済手帳を
    取得する方法。
    ただ、新しい手帳番号を取得すると、ご存知のとおり2年分の
    約500日の証紙を貼るまでは請求資格がありません。
(注)
    また3年未満では利息が付かないというデメリットがあります。
    
    もう一つは、その大工さんの希望して
    いるように、今の共済手帳をそのまま
    
継続する方法です。IMG_2262.JPG

建次:漠然と、ひとまず退職金請求という      
    ことを考えていましたが、それは
    本人には少し不利となりますね。

退子:そうですね。
    今後も継続する場合、御社で働く期間
    は証紙を貼付して
もらえますが、
    
一人親方として民間工事を請負う期間
    
は、どこか任意組合に所属して、自分
    で掛けなければ空期間となります。

建次
:なるほど。
    一人親方が今の手帳を継続するというのは、そういうことですか。
    確かに、納付期間が長いほうが利息部分が厚くなるし、
    退職金額もかなり違ってきますから、
    自分で負担してでも掛けるのが得策かな。

退子:ただ、一人親方が自分で負担する掛金は、必要経費には
    認められないんです。              
                           大慈寺の夏.JPG
建次:でも資料によると、予定運用率2.7%
    となっている利息は、確定給付です
    から、やはりもったいないですね。
    
退子:田中さん、よく研究されていますね。

建次:いえいえ、ホームページで試算した
    だけです。
    よくわかりました。
    もう少し検討して、できるだけ本人の
    
希望に沿うよう考えてみます。
    一応、最寄の任意組合を教えていただけますか?

    
 

 (注) 遺族請求の場合は約250日から請求できます。

 ※ 共済証紙は、一人親方が元請事業所から貼ってもらう期間と、
    自己負担で貼る期間が重複しないよう注意が必要です。

 ※ 一人親方のダンプ運転手は、建設業の業種に該当しない等の
    理由で加入できません。
    ただし、雇用関係のある建設事業主から、ダンプの運転手と
    して共済手帳の交付申請があった場合は、加入できます。
 

お問い合わせは ↓ 

 建退共岩手県支部へ  電話:019-622-4536  


7月19日(金)「道路ふれあい月間(8月)行事の一環である道路愛護活動」を岩泉土木センターとの共催で、43名が参加し雨の中実施しました。

今年度は一般国道340号岩泉町一ツ苗代地内にあります花壇の整備です。

 

DSC00540

伸びきった雑草を根から掘りおこし、

DSC00542

DSC00555

ベゴニア300本を植えました。

DSC00537

雨天決行のため、合羽姿です。

盛岡支部では、毎年行っている管内の道路、河川及び急傾斜地等の崩壊個所を調査し、7月22日(月)盛岡広域振興局土木部長及び岩手土木センター所長に報告しました。DSC00766

土木部管内(盛岡市、雫石町、滝沢村、矢巾町、紫波町)は、道路9カ所、河川42カ所の崩壊が報告されました。

DSC00773

岩手土木センター管内(八幡平市、葛巻町、岩手町)は、道路2カ所、河川27カ所の崩壊が報告されました。DSC00774

会員企業への発注のほか公共工事の早期発注、通年施工の確保等についても要望しました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年8月 [16]
  2. 2017年7月 [20]
  3. 2017年6月 [14]
  4. 2017年5月 [14]
  5. 2017年4月 [18]
  6. 2017年3月 [20]
  7. 2017年2月 [18]
  8. 2017年1月 [16]
  9. 2016年12月 [19]
  10. 2016年11月 [22]
  11. 2016年10月 [16]
  12. 2016年9月 [33]
  13. 2016年8月 [23]
  14. 2016年7月 [23]
  15. 2016年6月 [17]
  16. 2016年5月 [20]
  17. 2016年4月 [25]
  18. 2016年3月 [21]
  19. 2016年2月 [16]
  20. 2016年1月 [13]
  21. 2015年12月 [20]
  22. 2015年11月 [21]
  23. 2015年10月 [27]
  24. 2015年9月 [10]
  25. 2015年8月 [22]
  26. 2015年7月 [20]
  27. 2015年6月 [15]
  28. 2015年5月 [17]
  29. 2015年4月 [16]
  30. 2015年3月 [17]
  31. 2015年2月 [15]
  32. 2015年1月 [14]
  33. 2014年12月 [19]
  34. 2014年11月 [27]
  35. 2014年10月 [24]
  36. 2014年9月 [18]
  37. 2014年8月 [39]
  38. 2014年7月 [21]
  39. 2014年6月 [18]
  40. 2014年5月 [16]
  41. 2014年4月 [21]
  42. 2014年3月 [22]
  43. 2014年2月 [15]
  44. 2014年1月 [20]
  45. 2013年12月 [21]
  46. 2013年11月 [23]
  47. 2013年10月 [20]
  48. 2013年9月 [12]
  49. 2013年8月 [18]
  50. 2013年7月 [33]
  51. 2013年6月 [20]
  52. 2013年5月 [30]
  53. 2013年4月 [16]
  54. 2013年3月 [10]
  55. 2013年2月 [8]
  56. 2013年1月 [13]
  57. 2012年12月 [15]
  58. 2012年11月 [16]
  59. 2012年10月 [13]
  60. 2012年9月 [12]
  61. 2012年8月 [17]
  62. 2012年7月 [11]
  63. 2012年6月 [10]
  64. 2012年5月 [12]
  65. 2012年4月 [11]
  66. 2012年3月 [6]
  67. 2012年2月 [10]
  68. 2012年1月 [12]
  69. 2011年12月 [11]
  70. 2011年11月 [16]
  71. 2011年10月 [15]
  72. 2011年9月 [10]
  73. 2011年8月 [19]
  74. 2011年7月 [22]
  75. 2011年6月 [15]
  76. 2011年5月 [13]
  77. 2011年4月 [14]
  78. 2011年3月 [20]
  79. 2011年2月 [15]
  80. 2011年1月 [14]
  81. 2010年12月 [10]
  82. 2010年11月 [9]
  83. 2010年10月 [20]
  84. 2010年9月 [18]
  85. 2010年8月 [20]
  86. 2010年7月 [12]
  87. 2010年6月 [16]
  88. 2010年5月 [15]
  89. 2010年4月 [14]
  90. 2010年3月 [8]
  91. 2010年2月 [13]
  92. 2010年1月 [21]
  93. 2009年12月 [16]
  94. 2009年11月 [23]
  95. 2009年10月 [38]
  96. 2009年9月 [33]
  97. 2009年8月 [26]
  98. 2009年7月 [27]
  99. 2009年6月 [24]
  100. 2009年5月 [13]
  101. 2009年4月 [17]
  102. 2009年3月 [15]
  103. 2009年2月 [23]
  104. 2009年1月 [31]
  105. 2008年12月 [37]
  106. 2008年11月 [30]
  107. 2008年10月 [55]
  108. 2008年9月 [40]
  109. 2008年8月 [49]
  110. 2008年7月 [48]
  111. 2008年6月 [35]
  112. 2008年5月 [17]
  113. 2008年4月 [11]
  114. 2008年3月 [6]
  115. 2008年2月 [9]
  116. 2008年1月 [13]
  117. 2007年12月 [12]
  118. 2007年11月 [14]
  119. 2007年10月 [20]
  120. 2007年9月 [14]
  121. 2007年8月 [20]
  122. 2007年7月 [13]
  123. 2007年6月 [15]
  124. 2007年5月 [10]
  125. 2007年4月 [6]
  126. 2007年3月 [14]
  127. 2007年2月 [16]
  128. 2007年1月 [5]
  129. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.2