sen01DSC01106

千厩支部は1月17日、一関市大東町及び東山町内で土木工事現場の3カ所の現場安全パトロールを実施しました。

sen01DSC01122
一関労働基準監督署、千厩土木センター、一関農村整備センター、一関市の方々にご同行いただきました。最近の雪で足場が悪くなり、作業員や重機の転倒に注意を払うよう促しました。

sen01DSC01154
反省会では好事例として以下の点などがあげれらました。
・安全掲示板が充実していた。
・通路に滑り止めマットを敷いており良かった。
・融雪剤で通路の融解処理を実施していた。


現場場内での資材運搬方法に関する注意点などについて意見が出されました。
最後に「土工(床掘を想定)」、「型枠工」についてリスクアセスメントを行いました。

平成29年1月13日(金)新春講演会と新年交賀会を盛岡グランドホテルで開催しました。

新春講演会では、盛岡広域振興局の細川健次土木部長から『盛岡広域振興局土木部の取組み』と題して講演がありました。

H29.1.13新年交賀会0011

盛岡支部の会員も多数駆けつけた台風10号の被災状況や復旧への取組み状況等が発表されました。

H29.1.13新年交賀会0012

また、これから管内で施工される大型工事の内容など夢のある事業が多く発表され、会員約100名が熱心に聴講しました。

H29.1.13新年交賀会0013

その後、新年交賀会が会員・来賓総勢140名で行われました。

H29.1.13新年交賀会0014

新年交賀会の席上で盛岡広域振興局長から当支部に「災害対策功労者」として感謝状が贈呈されました。

H29.1.13新年交賀会0015

H29.1.13新年交賀会0016

DSC00837

DSC00846

DSC00849

1月12日(木)、花巻支部恒例の「新春大いに語る会」がホテルグランシェール花巻で行われ、会員や来賓、47名が参加しました。

照井支部長代行の挨拶に始まり、出席の来賓から、新しい年の始まりにあたり展望や抱負をスピーチ頂きました。

乾杯に引き続き、会員相互の親睦を深め、新年のスタートとしました。DSC01397

照井支部長代行

DSC01394

上田花巻市長

DSC01400

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。
「各種情報」内の「東日本建設保証(株)岩手支店 提供資料」に東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている公共工事動向(岩手県内12月版)を掲載しました。

im13100405


↓PDFファイル↓
公共工事動向(岩手県内)12月版→ こちら(PDF)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力を

岩手県建設業協会では、岩手県と共催で下記のとおりフォーラムを開催いたします。
詳細は案内チラシをご覧ください。
ぜひご参加いただきますようご案内いたします。

【いわて建設業みらいフォーラム】
 日程:1月24日(火) 13:00~15:30
 会場:岩手県民会館
 内容:建設に係る取り組み発表(宮城建設、キャタピラージャパン、盛岡工業高校、花巻農業高校)
    パネルディスカッション
    松本哲也トーク&ミニコンサート
 案内チラシ「コチラ」

【建設業新分野・新事業発表フォーラム】
 日程:2月 1日(水) 13:10~16:00
 会場:エスポワールいわて
 内容:岩手県知事表彰式
    基調講演 北山建設 「解体工事からはじまった空き家マッチング事業」
    プレゼンテーション(栄組、工藤建設、神山工業、山元)
 案内チラシ「コチラ」

年末の慌ただしい時期ではございましたが、一関支部長と千厩支部長はじめ各理事が、一関市役所を訪れ一関市に対し建設産業振興に関する要望を提出いたしました。

ishi161227(1)

要望項目
1、平成29年度の公共事業関係予算の確保について
2、会員企業の評価による優先入札参加について
3、公共工事の適正な工期及び工事施工等の平準化について
4、適切な予定価格の設定と低入札価格調査基準価格について

ishi161227(2)
同日、一関支部では平泉町役場を訪れ、平泉町に対し要望を提出いたしました。

ishi161227(3)

12月27日(火)鳥インフルエンザ防疫対策会議が盛岡地区合同庁舎で開催され、遠藤盛岡支部長以下9人の支部役員と中央家畜保健衛生所、盛岡広域振興局土木部長等の職員で対策会議が開催されました。

DSC09943

昨日、県自然保護課の発表では県内では4例目(管内でも3例目)の野鳥から高病原性鳥インフルエンザウィルスが検出されており、発生した時に備えての会議でした。

DSC09946

時系列の対応状況や埋却方法等について意見交換されたほか、今年の新潟県での事例のスライドも映し出されました。

DSC09948

DSC09951

 

もし、発生した場合は、当支部に第1報が入ってから24時間以内の殺処分、72時間以内の埋却終了など24時間体制、3交代での対応になります。

管内には数万羽~100万羽の養鶏場が約60箇所あることから、発生しないことを祈るばかりです。

奥州支部青年部は、12月8日 奥州市水沢区の水沢サンパレスホテルで県南広域振興局土木部と意見交換会を開催。ASP情報共有システムやICTなどについて研修を受け、知識を深めると共に、今後の土木行政に関して意見を交わした。

PC080004

PC080005

ASP情報共有システムについては、ビーイング盛岡営業所の水上さんらが説明。

国交省では全発注物件で導入されており、「岩手県でも16年4月以降の共通仕様書に利用を想定した記載がある」と紹介。

PC080007

続いて、コマツ岩手の小原さんらは、ICTの活用について説明。

同社のセミオートマシンコントロールや同社で開発したデータを一元管理できるクラウドを活用する事で、機械土工の作業効率が格段に向上すると強調。

PC080008

中村土木部長は、今後の土木行政に関して「震災や台風10号関連の工事の目途がつく2020年頃が一つのターニングポイントで、その後の新規事業は少なくなるだろうと」との見解を示した上で、「維持補修に関する工事は、無くなることはない」と指摘。

建設業における人材確保に向けては「どれだけ意義のある仕事かをアピールしていくことが重要」と持論を述べ、建設業のPRなどへ、行政としても策を講じていきたいとの考えも示した。

PC080013

研修会終了後は、講師の方々を交えての懇親会。

会員の中には、忘年会シーズン真っ盛りで連日対応の方々も...

PC080018

12月7日(金)奥州支部は県南広域振興局(土木部・林務部・農村整備室)並びに花巻労働監督署と共に約30名の体制で、工事安全パトロールを実施。

2班に分かれ4現場を総点検し、労働災害防止への安全管理の徹底を促した。

DSC01337

当日は雪の降る中での点検となり、寒さの本格化に加え、年末に差し掛かり慌ただしくなるなど事故の芽が増えることが懸念される中、無事故での年末年始を迎えるため入念に点検。


DSC01335

パトロール終了後には、班ごとに各現場の点検結果を報告し、良好点や改善点を洗い出した。

好評で、花巻労働監督署の藤元安全衛生課長は、「現場事務所、トイレともきれいな状況だった」等と評価した上で、「事務所と作業場所が離れており、どの程度安全管理が行き届いているか危惧することもある」と指摘。さらに、安全日報やKYKに関して「指摘事項だけでなく、どのような取り組みをした事で無災害につながったなども記録し、今後につながるようなものにしてほしい」と呼び掛けた。

PC070001

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年1月 [6]
  2. 2016年12月 [19]
  3. 2016年11月 [22]
  4. 2016年10月 [16]
  5. 2016年9月 [33]
  6. 2016年8月 [23]
  7. 2016年7月 [23]
  8. 2016年6月 [17]
  9. 2016年5月 [20]
  10. 2016年4月 [25]
  11. 2016年3月 [21]
  12. 2016年2月 [17]
  13. 2016年1月 [13]
  14. 2015年12月 [20]
  15. 2015年11月 [21]
  16. 2015年10月 [27]
  17. 2015年9月 [10]
  18. 2015年8月 [22]
  19. 2015年7月 [20]
  20. 2015年6月 [15]
  21. 2015年5月 [17]
  22. 2015年4月 [16]
  23. 2015年3月 [17]
  24. 2015年2月 [15]
  25. 2015年1月 [14]
  26. 2014年12月 [19]
  27. 2014年11月 [27]
  28. 2014年10月 [24]
  29. 2014年9月 [18]
  30. 2014年8月 [39]
  31. 2014年7月 [21]
  32. 2014年6月 [18]
  33. 2014年5月 [16]
  34. 2014年4月 [21]
  35. 2014年3月 [22]
  36. 2014年2月 [15]
  37. 2014年1月 [20]
  38. 2013年12月 [21]
  39. 2013年11月 [23]
  40. 2013年10月 [20]
  41. 2013年9月 [12]
  42. 2013年8月 [18]
  43. 2013年7月 [33]
  44. 2013年6月 [20]
  45. 2013年5月 [30]
  46. 2013年4月 [16]
  47. 2013年3月 [10]
  48. 2013年2月 [8]
  49. 2013年1月 [13]
  50. 2012年12月 [15]
  51. 2012年11月 [16]
  52. 2012年10月 [13]
  53. 2012年9月 [12]
  54. 2012年8月 [17]
  55. 2012年7月 [11]
  56. 2012年6月 [10]
  57. 2012年5月 [12]
  58. 2012年4月 [11]
  59. 2012年3月 [6]
  60. 2012年2月 [10]
  61. 2012年1月 [12]
  62. 2011年12月 [11]
  63. 2011年11月 [16]
  64. 2011年10月 [15]
  65. 2011年9月 [10]
  66. 2011年8月 [19]
  67. 2011年7月 [22]
  68. 2011年6月 [15]
  69. 2011年5月 [13]
  70. 2011年4月 [14]
  71. 2011年3月 [20]
  72. 2011年2月 [15]
  73. 2011年1月 [14]
  74. 2010年12月 [10]
  75. 2010年11月 [9]
  76. 2010年10月 [20]
  77. 2010年9月 [18]
  78. 2010年8月 [20]
  79. 2010年7月 [12]
  80. 2010年6月 [16]
  81. 2010年5月 [15]
  82. 2010年4月 [14]
  83. 2010年3月 [8]
  84. 2010年2月 [13]
  85. 2010年1月 [21]
  86. 2009年12月 [16]
  87. 2009年11月 [23]
  88. 2009年10月 [38]
  89. 2009年9月 [33]
  90. 2009年8月 [26]
  91. 2009年7月 [27]
  92. 2009年6月 [24]
  93. 2009年5月 [13]
  94. 2009年4月 [17]
  95. 2009年3月 [15]
  96. 2009年2月 [23]
  97. 2009年1月 [31]
  98. 2008年12月 [37]
  99. 2008年11月 [30]
  100. 2008年10月 [55]
  101. 2008年9月 [40]
  102. 2008年8月 [49]
  103. 2008年7月 [48]
  104. 2008年6月 [35]
  105. 2008年5月 [17]
  106. 2008年4月 [11]
  107. 2008年3月 [6]
  108. 2008年2月 [9]
  109. 2008年1月 [13]
  110. 2007年12月 [12]
  111. 2007年11月 [14]
  112. 2007年10月 [20]
  113. 2007年9月 [14]
  114. 2007年8月 [20]
  115. 2007年7月 [13]
  116. 2007年6月 [15]
  117. 2007年5月 [10]
  118. 2007年4月 [6]
  119. 2007年3月 [14]
  120. 2007年2月 [16]
  121. 2007年1月 [5]
  122. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3