第13回土木合同セミナー

12月7日(水)「エスポワールいわて」で当支部など6団体の主催で第13回土木合同セミナーが開催されました。

主催者代表挨拶 細川健次 盛岡広域振興局土木部長 H28.12.7土木合同セミナー0011

県土整備部から「台風10号による被災概要について」発表があった後に各現場の対応状況と今後に向けて

①「国道106号(区界~新川)における災害応急対応」岩井建設(株) 現場代理人 工藤史拓氏H28.12.7土木合同セミナー0013

H28.12.7土木合同セミナー0015

②「国道455号二升石地区における災害応急対応」(株)遠忠 代表取締役 遠藤忠臣氏H28.12.7土木合同セミナー0014

H28.12.7土木合同セミナー0016

セミナーは260人が聴講しました。H28.12.7土木合同セミナー0018

セミナーの様子はNHKの取材も!ニュースにでたかな?H28.12.7土木合同セミナー0017

セミナー終了後には各団体の交流会が行われました。H28.12.7土木合同セミナー20011

12月5日(月)岩手労働局・岩手県・建災防岩手県支部合同の安全パトロールが実施されました。

岩手県立療育センター及び岩手県立盛岡となん支援学校(仮称)新築工事が52億9,000万円で鹿島建設(株)・(株)熊谷組・菱和建設(株)特定企業共同体によって行われています。

H28.12.5安全パト0017

工事は、他に空調設備12億6,600万円、電気設備が11億900万円、衛星設備が7億4,500万円、昇降機設備が1億1,144.4万円で進められており約100人による作業が行われていました。

H28.12.5安全パト0011H28.12.5安全パト0012

H28.12.5安全パト0015

現場には女性の技術者や技能者が多くみられました。

H28.12.5安全パト0014H28.12.5安全パト0013

最後に岩手労働局長、県土整備部長、木下建災防岩手県支部長から労働者に対して冬期間における労働災害防止についての挨拶がありました。H28.12.5安全パト0016

栄えある表彰を受けられた大船渡支部の方々

建設雇用改善優良事業所表彰 岩手県知事表彰 株式会社佐武建設

00DSC00629

建設業雇用改善優良事業所表彰 一般社団法人岩手県建設業協会長表彰 株式会社小松組00DSC00631

建設業退職金共済制度普及協力事業所 勤労者退職金共済機構理事長表彰 豊島建設株式会社

00DSC00633

労働安全衛生優良事業所 建設業労働災害防止協会岩手県岩手県支部長表彰 優良賞

株式会社中澤組

00DSC00635


おめでとうございます

毎年、10月に実施している自主安全パトロールですが本年は、台風10号の影響により
11月の開催となりました。
DSCF5385

 

◎ イラストと鏡の付いた表示板で服装及び安全帯チェックをするようにしている。

DSCF5393

◎工事区域と民地をトラロープ等で明確に区分けしている。

DSCF5404

◎全員が安全決意宣言を記入して休憩室に掲示し、作業者の意識高揚を図っている。

DSCF5410

それぞれのパトロール現場で、皆さんの参考にしていただけるような良い事例が沢山ありました。

197

198

206

11月22日(火)青年部と盛岡広域振興局との合同研修会がサンセール盛岡で開催されました。

H28.11.22青年部研修会0012

 

H28.11.22青年部研修会0013

最初に盛岡広域振興局土木部道路河川室長の岩渕和弘様から「建設業の人材確保・育成対策」と題して県内建設業の現状と課題、国・県の取り組み、これからできること等について話題提供があり、青年部の若手経営者を中心に各社の取り組みや現状等について議論されました。

H28.11.22青年部研修会0011会員から提案された個別事項について、現場代理人や県の担当者も一緒になって確認しました。

H28.11.22青年部研修会-20011

盛岡市長に要望

11月22日(火)盛岡市長に対して「平成29年度公共事業関係予算の確保」等8項目の要望を行いました。

今年度は新たに、地域経済の活性化や住民の安全・安心な生活の確保等のため、より一層の公共事業が必要であるとともに、建設業者が災害復旧活動や多くの社会貢献活動に参加していること等の広報活動をお願いしました。

H28.11.22要望0011

H28.11.22要望0013

盛岡広域振興局長に要望

11月22日(火)盛岡広域振興局長に対して「公共事業予算の確保」や建設業振興に関する8項目の要望を行いました。

H28.11.22要望0012

振興局側からは、先ごろの台風10号災害への盛岡支部の対応に感謝の言葉があったほか、公共事業予算の確保や早期発注等について回答がありました。

H28.11.22要望0014

sen11DSC0106811月16日、千厩土木センター、一関農村整備センター、千厩支部青年部会は合同で土木技術研修会を開催しました。今回は、宮城県大郷町のコマツIoTセンタ東北にて、実地研修会となりました。

sen11DSC01052
研修内容

1)スマートコンストラクション概要説明
2)ICT施工建設機械のデモ
3)ドローンを用いた地形測量のデモ
4)ICT建機実機試乗



1)スマートコンストラクション概要説明
sen11DSC01057国土交通省のi-Constructionに対応するため、コマツが開発したスマートコンストラクションについて解説。ドローンによる航空測量、3Dデータ作成、情報化施工、日々の進捗管理など、クラウド上で一元管理できるシステムです。


2)ICT施工建設機械のデモ
sen11DSC01062
sen11DSC01068
sen11DSC01076実機にて、ICT建機の性能を確認。自動で排土板を制御するMCブルドーザー、バケットの刃先位置を制御するMCバックホウの2台の動きを確認しました。上部のモニターには、オペレーターの様子、運転席のモニター(設計データと自機の位置など)、現場内の様子などを確認することができます。


3)ドローンを用いた地形測量のデモ(強風のため室内のみで説明)
sen11DSC01077
sen11DSC01082強風のため、室内での説明のみとなりました。ドローンによる測量の方法、ドローンの各部の解説など。


4)ICT建機実機試乗

sen11DSC01083
sen11DSC01087マシンコントロールのブルドーザーやバックホウに試乗して、ICTを活用した操作方法を体験しました。


今年度、急激な動きを見せるICT施工ですが、まだまだ一般化には課題が多いのが事実です。今回、実機に触れてICT施工について学ぶことが出来ました。どの部分の技術が広く活用できるのか、今後、検証の機会が設けられればと思います。

sen11DSC07988一般社団法人岩手県建設業協会は11月17日、担い手の確保と育成に関する現状と課題をテーマに『建設業の経営環境に関するシンポジウム』を開催しました。行政、建設業関係者など、95名が参加しました。


改正品確法などのいわゆる「担い手三法」が全面施行されたことを受け、広報委員会IT部会が企画して昨年度より開催しております。

基調講演には、一般財団法人建設業振興基金 理事長 内田俊一様をお迎えしました。事例発表では、北海道の株式会社砂子組 常務取締役 近藤里史様にご講演いただきました。最後にお二人を交えパネルディスカッションを行いました。国土交通省のi-Construction元年の今年は、ICTの話題等を中心に広い議論がなされました。

岩手県、東日本建設業保証㈱岩手支店、㈱日刊岩手建設工業新聞社よりご後援をいただきました。

sen11DSC07897来賓挨拶 岩手県県土整備部長 及川隆様(代理 建設技術振興課技術企画指導課長 大久保義人様)


第1部 基調講演
sen11DSC07905「担い手確保―待ったなしに問われる覚悟―」

一般財団法人建設業振興基金 理事長 内田 俊一 氏


第2部 事例発表
sen11DSC07923「ICT活用による担い手確保・育成への取組み」
  株式会社砂子組(北海道) 常務取締役 近藤 里史 氏
   =i-Construction全国第1号工事施工企業に学ぶ=


 

第3部 パネルディスカッション
「担い手の確保と育成に関する現状と、課題の解決に向けて」

<パネリスト>
sen11DSC07992岩手県県土整備部建設技術振興課技術企画指導課長 大久保 義人 氏


sen11DSC07951一般財団法人 建設業振興基金 理事長 内田 俊一 氏

sen11DSC07959株式会社砂子組 常務取締役  近藤 里史 氏

sen11DSC07969一般社団法人岩手県建設業協会 副会長 三浦 貞一

sen11DSC07975岩手県建設業協会青年部連絡協議会 会長 佐々木 信行


sen11DSC07942<コーディネーター>
㈱日刊岩手建設工業新聞社 常務取締役 宮野 裕子 氏


岩手版ICTの方向性やICTの可能性などのi-Constructionの話題に始まり、労働条件の課題、学校の先生への広報など幅広く議論がなされました。大久保氏からは新3K(給料、休日、希望)について紹介がありました。
最後にコーディネーターの宮野氏より、三浦副会長の言葉として「感謝され、感動を与え、貢献できる」建設業としての新3Kが紹介され、閉会を迎えました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2016年12月 [3]
  2. 2016年11月 [22]
  3. 2016年10月 [16]
  4. 2016年9月 [33]
  5. 2016年8月 [23]
  6. 2016年7月 [23]
  7. 2016年6月 [17]
  8. 2016年5月 [20]
  9. 2016年4月 [25]
  10. 2016年3月 [21]
  11. 2016年2月 [17]
  12. 2016年1月 [13]
  13. 2015年12月 [20]
  14. 2015年11月 [21]
  15. 2015年10月 [27]
  16. 2015年9月 [10]
  17. 2015年8月 [22]
  18. 2015年7月 [20]
  19. 2015年6月 [15]
  20. 2015年5月 [17]
  21. 2015年4月 [16]
  22. 2015年3月 [17]
  23. 2015年2月 [15]
  24. 2015年1月 [14]
  25. 2014年12月 [19]
  26. 2014年11月 [27]
  27. 2014年10月 [24]
  28. 2014年9月 [18]
  29. 2014年8月 [39]
  30. 2014年7月 [21]
  31. 2014年6月 [18]
  32. 2014年5月 [16]
  33. 2014年4月 [21]
  34. 2014年3月 [22]
  35. 2014年2月 [15]
  36. 2014年1月 [20]
  37. 2013年12月 [21]
  38. 2013年11月 [23]
  39. 2013年10月 [20]
  40. 2013年9月 [12]
  41. 2013年8月 [18]
  42. 2013年7月 [33]
  43. 2013年6月 [20]
  44. 2013年5月 [30]
  45. 2013年4月 [16]
  46. 2013年3月 [10]
  47. 2013年2月 [8]
  48. 2013年1月 [13]
  49. 2012年12月 [15]
  50. 2012年11月 [16]
  51. 2012年10月 [13]
  52. 2012年9月 [12]
  53. 2012年8月 [17]
  54. 2012年7月 [11]
  55. 2012年6月 [10]
  56. 2012年5月 [12]
  57. 2012年4月 [11]
  58. 2012年3月 [6]
  59. 2012年2月 [10]
  60. 2012年1月 [12]
  61. 2011年12月 [11]
  62. 2011年11月 [16]
  63. 2011年10月 [15]
  64. 2011年9月 [10]
  65. 2011年8月 [19]
  66. 2011年7月 [22]
  67. 2011年6月 [15]
  68. 2011年5月 [13]
  69. 2011年4月 [14]
  70. 2011年3月 [20]
  71. 2011年2月 [15]
  72. 2011年1月 [14]
  73. 2010年12月 [10]
  74. 2010年11月 [9]
  75. 2010年10月 [20]
  76. 2010年9月 [18]
  77. 2010年8月 [20]
  78. 2010年7月 [12]
  79. 2010年6月 [16]
  80. 2010年5月 [15]
  81. 2010年4月 [14]
  82. 2010年3月 [8]
  83. 2010年2月 [13]
  84. 2010年1月 [21]
  85. 2009年12月 [16]
  86. 2009年11月 [23]
  87. 2009年10月 [38]
  88. 2009年9月 [33]
  89. 2009年8月 [26]
  90. 2009年7月 [27]
  91. 2009年6月 [24]
  92. 2009年5月 [13]
  93. 2009年4月 [17]
  94. 2009年3月 [15]
  95. 2009年2月 [23]
  96. 2009年1月 [31]
  97. 2008年12月 [37]
  98. 2008年11月 [30]
  99. 2008年10月 [55]
  100. 2008年9月 [40]
  101. 2008年8月 [49]
  102. 2008年7月 [48]
  103. 2008年6月 [35]
  104. 2008年5月 [17]
  105. 2008年4月 [11]
  106. 2008年3月 [6]
  107. 2008年2月 [9]
  108. 2008年1月 [13]
  109. 2007年12月 [12]
  110. 2007年11月 [14]
  111. 2007年10月 [20]
  112. 2007年9月 [14]
  113. 2007年8月 [20]
  114. 2007年7月 [13]
  115. 2007年6月 [15]
  116. 2007年5月 [10]
  117. 2007年4月 [6]
  118. 2007年3月 [14]
  119. 2007年2月 [16]
  120. 2007年1月 [5]
  121. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3