大船渡支部 一覧


7月19日(木)建設業協会大船渡支部会館において、復興工事の現状と今後の課題に関する意見交換会が開催されました。

出席者は、大船渡市から産業建設常任委員6名と事務局職員1名の7名、大船渡支部より役員9名・事務局1名の10名の参加でした。

今野 産業建設常任委員長 挨拶

00DSC01134
紀室支部長 挨拶

00DSC01135


7月17日(火)、大船渡土木センター・岩手県建設業協会大船渡支部主催による合同安全パトロールが実施されました。

大船渡土木センター 乙部所長挨拶00DSC01124
大船渡支部 紀室支部長挨拶

00DSC01125大船渡労働基準監督署 鈴木地方産業安全専門官挨拶
00DSC01126
大船渡港山岸地区港湾災害復旧(護岸工)工事 (株)佐賀組
00DSC0112700DSC01128大船渡広田陸前高田線久保~泊地区道路改良その5工事  (株)菊池組
00DSC0112900DSC01131


7月2日(月)大船渡市のリアスホールにおいて、第37回建設業労働災害防止気仙地区大会(建設業労働災害防止協会岩手県支部大船渡分会、岩手県建設業協会大船渡支部主催)が開催されました。

今年度も全国安全週間にあわせて開かれ、東日本大震災の復興工事など、労働現場の事故抑止へ関係者が決意を新たにしました。

00DSC01066安全祈願祭

00DSC01090

00DSC01088
紀室 大船渡分会長・支部長 挨拶

00DSC01101

大会宣言 青年部 佐藤 信孝

00DSC01104
安全の誓い 青年部 古川 建00DSC01108講話 大船渡労働基準監督署 署長 熊谷 久 様

00DSC01113講話 大船渡警察署  交通課長 西村 精一 様

00DSC01116

6月21日(木)・22日(金)の二回に分けて、建退共岩手県支部による説明会が行われました。事務担当者を対象に、昨年に引き続き2回目の開催となりました。

内容 (1)共済証紙購入の考え方、共済証紙・手帳受払簿作成について

(2)退職金請求書の作成について

 

1日目 19社参加00DSC0106200DSC01061

2日目 12社参加00DSC0106300DSC01064


6月11日(月)宮古・釜石・大船渡・遠野支部合同の交通誘導員安全講習会
が釜石・大槌地域産業育成センターで行われました。

00DSC01058
講師 国土交通省東北地方整備局
企画部 技術管理課 盛田 貴仁様

00DSC01060

4支部とも、欠席無、受講予定者全員出席でした。

6月6日(水)シーパル大船渡において、全国安全週間準備研修会が行われました。

(スローガン)

新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理

惜しまぬ努力で築くゼロ災

(公財)岩手県労働基準協会大船渡支部 安全衛生部会長 橋爪 博志 氏

00DSC01056

 

大船渡労働基準監督署 署長 熊谷 久 氏

00DSC01057

さる5月25日(水)大船渡支部青年部の平成30年度通常総会が行われました。

亘理青年部会長挨拶

00DSC00987
議事


00DSC00993

 

新役員

00DSC00996


6月4日(月)大船渡支部2階会議室において、岩手県建設業協会女性マネジングスタッフ協議会大船渡支部の平成30年度通常総会が開催されました。

及川女性マネジングスタッフ協議会支部長挨拶

00DSC01048

紀室大船渡支部長 来賓挨拶

00DSC0105000DSC01052

5月16日(水)平成30年度大船渡支部通常総会が、大船渡プラザホテルにおいて開催されました。

第1号議案から第3号議案まで全会一致で承認され、つづく第4号議案、任期満了に伴う役員の選任に関しては、紀室裕哉支部長含め9名の理事が再任され、新理事として(株)ヤマカ 菅野光浩代表取締役が選任されました。

紀室支部長挨拶

00DSC00967


00DSC00969


5月11日(金)、沿岸広域振興局土木部大船渡土木センターと(一社)岩手県建設業協会大船渡支部との意見交換会が行われました。土木センターから所長はじめ6名支部からは役員10名と事務長が参加しました。


乙部 智明所長あいさつ

00DSC00960

紀室支部長あいさつ

00DSC00961
土木センターから平成30年度県営工事の発注見通しや、鳥インフルエンザ対策についての情報提供後、意見交換がなされ、時間いっぱい活発なやりとりが展開されました。また、この会議で出された意見に対する経過・回答をいただくことと、例年年一回のこの意見交換会を年度内にもう一度開催する事を決定しました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年7月 [9]
  2. 2018年6月 [15]
  3. 2018年5月 [11]
  4. 2018年4月 [13]
  5. 2018年3月 [10]
  6. 2018年2月 [17]
  7. 2018年1月 [10]
  8. 2017年12月 [12]
  9. 2017年11月 [17]
  10. 2017年10月 [20]
  11. 2017年9月 [8]
  12. 2017年8月 [28]
  13. 2017年7月 [20]
  14. 2017年6月 [14]
  15. 2017年5月 [14]
  16. 2017年4月 [18]
  17. 2017年3月 [20]
  18. 2017年2月 [18]
  19. 2017年1月 [16]
  20. 2016年12月 [19]
  21. 2016年11月 [22]
  22. 2016年10月 [16]
  23. 2016年9月 [33]
  24. 2016年8月 [23]
  25. 2016年7月 [23]
  26. 2016年6月 [17]
  27. 2016年5月 [20]
  28. 2016年4月 [25]
  29. 2016年3月 [21]
  30. 2016年2月 [16]
  31. 2016年1月 [13]
  32. 2015年12月 [20]
  33. 2015年11月 [21]
  34. 2015年10月 [27]
  35. 2015年9月 [10]
  36. 2015年8月 [22]
  37. 2015年7月 [20]
  38. 2015年6月 [15]
  39. 2015年5月 [17]
  40. 2015年4月 [16]
  41. 2015年3月 [17]
  42. 2015年2月 [15]
  43. 2015年1月 [14]
  44. 2014年12月 [19]
  45. 2014年11月 [27]
  46. 2014年10月 [24]
  47. 2014年9月 [18]
  48. 2014年8月 [39]
  49. 2014年7月 [21]
  50. 2014年6月 [18]
  51. 2014年5月 [16]
  52. 2014年4月 [21]
  53. 2014年3月 [22]
  54. 2014年2月 [15]
  55. 2014年1月 [20]
  56. 2013年12月 [21]
  57. 2013年11月 [23]
  58. 2013年10月 [20]
  59. 2013年9月 [12]
  60. 2013年8月 [18]
  61. 2013年7月 [33]
  62. 2013年6月 [20]
  63. 2013年5月 [30]
  64. 2013年4月 [16]
  65. 2013年3月 [10]
  66. 2013年2月 [8]
  67. 2013年1月 [13]
  68. 2012年12月 [15]
  69. 2012年11月 [16]
  70. 2012年10月 [13]
  71. 2012年9月 [12]
  72. 2012年8月 [17]
  73. 2012年7月 [11]
  74. 2012年6月 [10]
  75. 2012年5月 [12]
  76. 2012年4月 [11]
  77. 2012年3月 [6]
  78. 2012年2月 [10]
  79. 2012年1月 [12]
  80. 2011年12月 [11]
  81. 2011年11月 [16]
  82. 2011年10月 [15]
  83. 2011年9月 [10]
  84. 2011年8月 [19]
  85. 2011年7月 [22]
  86. 2011年6月 [15]
  87. 2011年5月 [13]
  88. 2011年4月 [14]
  89. 2011年3月 [20]
  90. 2011年2月 [15]
  91. 2011年1月 [14]
  92. 2010年12月 [10]
  93. 2010年11月 [9]
  94. 2010年10月 [20]
  95. 2010年9月 [18]
  96. 2010年8月 [20]
  97. 2010年7月 [12]
  98. 2010年6月 [16]
  99. 2010年5月 [15]
  100. 2010年4月 [14]
  101. 2010年3月 [8]
  102. 2010年2月 [13]
  103. 2010年1月 [21]
  104. 2009年12月 [16]
  105. 2009年11月 [23]
  106. 2009年10月 [38]
  107. 2009年9月 [33]
  108. 2009年8月 [26]
  109. 2009年7月 [27]
  110. 2009年6月 [24]
  111. 2009年5月 [13]
  112. 2009年4月 [17]
  113. 2009年3月 [15]
  114. 2009年2月 [23]
  115. 2009年1月 [31]
  116. 2008年12月 [37]
  117. 2008年11月 [30]
  118. 2008年10月 [55]
  119. 2008年9月 [40]
  120. 2008年8月 [49]
  121. 2008年7月 [48]
  122. 2008年6月 [35]
  123. 2008年5月 [17]
  124. 2008年4月 [11]
  125. 2008年3月 [6]
  126. 2008年2月 [9]
  127. 2008年1月 [13]
  128. 2007年12月 [12]
  129. 2007年11月 [14]
  130. 2007年10月 [20]
  131. 2007年9月 [14]
  132. 2007年8月 [20]
  133. 2007年7月 [13]
  134. 2007年6月 [15]
  135. 2007年5月 [10]
  136. 2007年4月 [6]
  137. 2007年3月 [14]
  138. 2007年2月 [16]
  139. 2007年1月 [5]
  140. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6