大船渡支部 一覧


6月11日(月)宮古・釜石・大船渡・遠野支部合同の交通誘導員安全講習会
が釜石・大槌地域産業育成センターで行われました。

00DSC01058
講師 国土交通省東北地方整備局
企画部 技術管理課 盛田 貴仁様

00DSC01060

4支部とも、欠席無、受講予定者全員出席でした。

6月6日(水)シーパル大船渡において、全国安全週間準備研修会が行われました。

(スローガン)

新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理

惜しまぬ努力で築くゼロ災

(公財)岩手県労働基準協会大船渡支部 安全衛生部会長 橋爪 博志 氏

00DSC01056

 

大船渡労働基準監督署 署長 熊谷 久 氏

00DSC01057

さる5月25日(水)大船渡支部青年部の平成30年度通常総会が行われました。

亘理青年部会長挨拶

00DSC00987
議事


00DSC00993

 

新役員

00DSC00996


6月4日(月)大船渡支部2階会議室において、岩手県建設業協会女性マネジングスタッフ協議会大船渡支部の平成30年度通常総会が開催されました。

及川女性マネジングスタッフ協議会支部長挨拶

00DSC01048

紀室大船渡支部長 来賓挨拶

00DSC0105000DSC01052

5月16日(水)平成30年度大船渡支部通常総会が、大船渡プラザホテルにおいて開催されました。

第1号議案から第3号議案まで全会一致で承認され、つづく第4号議案、任期満了に伴う役員の選任に関しては、紀室裕哉支部長含め9名の理事が再任され、新理事として(株)ヤマカ 菅野光浩代表取締役が選任されました。

紀室支部長挨拶

00DSC00967


00DSC00969


5月11日(金)、沿岸広域振興局土木部大船渡土木センターと(一社)岩手県建設業協会大船渡支部との意見交換会が行われました。土木センターから所長はじめ6名支部からは役員10名と事務長が参加しました。


乙部 智明所長あいさつ

00DSC00960

紀室支部長あいさつ

00DSC00961
土木センターから平成30年度県営工事の発注見通しや、鳥インフルエンザ対策についての情報提供後、意見交換がなされ、時間いっぱい活発なやりとりが展開されました。また、この会議で出された意見に対する経過・回答をいただくことと、例年年一回のこの意見交換会を年度内にもう一度開催する事を決定しました。

大船渡の桜

 

3月23日(金)、早咲きで知られる大船渡保育園の桜が開き始めました。

s3

3月13日(火)岩手県建設業協会「防災の日」における情報伝達訓練が実施されました。


00DSC00954

00DSC00957
参加役員による備品点検

がんばろう東北



3月9日、仙台・江陽グランドホテルで開催された、「がんばろう
東北 東日本大震災の教訓を生かそう 東北からのメッセージ」に紀室支部長、須賀副支部長、金野副支部長と事務局・笹崎が参加しました。

00DSC0094900DSC00950

                           「東北からのメッセージ」

日本列島で暮らす我々は、この東日本大震災以降も各地で多発している
集中豪雨・豪雪、地震活動期のため今後予想される巨大地震等脆弱な国土で生きていく宿命にあります。

現代に生きる私たちは、この震災を風化させることなく、後世に語り継がなければなりません。

いまこそ、強靭な国土づくり・防災・減災対策が不可欠です。地域の建設企業は、地域に精通した技術集団として心を一つにし、東北の復興のためにまい進します。

そして、世界が注目する中、社会資本整備の担い手として日本中の建設産業の総力を結集し、高度な建設技術を駆使して品質を確保、愛するふるさとのため一日も早い復興を成し遂げます。

00DSC00944
3月6日夜、大船渡支部会館に、気仙地区内の小学6年生から預かった思い出の品をまとめたタイムカプセルを収めた。

この取り組みは東日本大震災後の平成24年からスタートし、今年で7回目となり、建設業ふれあい事業の一環で、昨年7月には社会貢献活動部門で全建表彰を受けている。

今年度参加した小学校は、大船渡市内10校、陸前高田市内6校、住田町内1校の合計17校396名で、7年間の累計では1675名となっている。

今回の分は、38年に各市町村で行われる成人式で開封される予定。24年に収めた初回分は、32年の開封を予定している。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年6月 [6]
  2. 2018年5月 [11]
  3. 2018年4月 [13]
  4. 2018年3月 [10]
  5. 2018年2月 [17]
  6. 2018年1月 [10]
  7. 2017年12月 [12]
  8. 2017年11月 [17]
  9. 2017年10月 [20]
  10. 2017年9月 [8]
  11. 2017年8月 [28]
  12. 2017年7月 [20]
  13. 2017年6月 [14]
  14. 2017年5月 [14]
  15. 2017年4月 [18]
  16. 2017年3月 [20]
  17. 2017年2月 [18]
  18. 2017年1月 [16]
  19. 2016年12月 [19]
  20. 2016年11月 [22]
  21. 2016年10月 [16]
  22. 2016年9月 [33]
  23. 2016年8月 [23]
  24. 2016年7月 [23]
  25. 2016年6月 [17]
  26. 2016年5月 [20]
  27. 2016年4月 [25]
  28. 2016年3月 [21]
  29. 2016年2月 [16]
  30. 2016年1月 [13]
  31. 2015年12月 [20]
  32. 2015年11月 [21]
  33. 2015年10月 [27]
  34. 2015年9月 [10]
  35. 2015年8月 [22]
  36. 2015年7月 [20]
  37. 2015年6月 [15]
  38. 2015年5月 [17]
  39. 2015年4月 [16]
  40. 2015年3月 [17]
  41. 2015年2月 [15]
  42. 2015年1月 [14]
  43. 2014年12月 [19]
  44. 2014年11月 [27]
  45. 2014年10月 [24]
  46. 2014年9月 [18]
  47. 2014年8月 [39]
  48. 2014年7月 [21]
  49. 2014年6月 [18]
  50. 2014年5月 [16]
  51. 2014年4月 [21]
  52. 2014年3月 [22]
  53. 2014年2月 [15]
  54. 2014年1月 [20]
  55. 2013年12月 [21]
  56. 2013年11月 [23]
  57. 2013年10月 [20]
  58. 2013年9月 [12]
  59. 2013年8月 [18]
  60. 2013年7月 [33]
  61. 2013年6月 [20]
  62. 2013年5月 [30]
  63. 2013年4月 [16]
  64. 2013年3月 [10]
  65. 2013年2月 [8]
  66. 2013年1月 [13]
  67. 2012年12月 [15]
  68. 2012年11月 [16]
  69. 2012年10月 [13]
  70. 2012年9月 [12]
  71. 2012年8月 [17]
  72. 2012年7月 [11]
  73. 2012年6月 [10]
  74. 2012年5月 [12]
  75. 2012年4月 [11]
  76. 2012年3月 [6]
  77. 2012年2月 [10]
  78. 2012年1月 [12]
  79. 2011年12月 [11]
  80. 2011年11月 [16]
  81. 2011年10月 [15]
  82. 2011年9月 [10]
  83. 2011年8月 [19]
  84. 2011年7月 [22]
  85. 2011年6月 [15]
  86. 2011年5月 [13]
  87. 2011年4月 [14]
  88. 2011年3月 [20]
  89. 2011年2月 [15]
  90. 2011年1月 [14]
  91. 2010年12月 [10]
  92. 2010年11月 [9]
  93. 2010年10月 [20]
  94. 2010年9月 [18]
  95. 2010年8月 [20]
  96. 2010年7月 [12]
  97. 2010年6月 [16]
  98. 2010年5月 [15]
  99. 2010年4月 [14]
  100. 2010年3月 [8]
  101. 2010年2月 [13]
  102. 2010年1月 [21]
  103. 2009年12月 [16]
  104. 2009年11月 [23]
  105. 2009年10月 [38]
  106. 2009年9月 [33]
  107. 2009年8月 [26]
  108. 2009年7月 [27]
  109. 2009年6月 [24]
  110. 2009年5月 [13]
  111. 2009年4月 [17]
  112. 2009年3月 [15]
  113. 2009年2月 [23]
  114. 2009年1月 [31]
  115. 2008年12月 [37]
  116. 2008年11月 [30]
  117. 2008年10月 [55]
  118. 2008年9月 [40]
  119. 2008年8月 [49]
  120. 2008年7月 [48]
  121. 2008年6月 [35]
  122. 2008年5月 [17]
  123. 2008年4月 [11]
  124. 2008年3月 [6]
  125. 2008年2月 [9]
  126. 2008年1月 [13]
  127. 2007年12月 [12]
  128. 2007年11月 [14]
  129. 2007年10月 [20]
  130. 2007年9月 [14]
  131. 2007年8月 [20]
  132. 2007年7月 [13]
  133. 2007年6月 [15]
  134. 2007年5月 [10]
  135. 2007年4月 [6]
  136. 2007年3月 [14]
  137. 2007年2月 [16]
  138. 2007年1月 [5]
  139. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6