2012年4月の記事一覧

桜が咲き始めました。

sen120425 (1)


一関市は22日に平成24年の開花宣言を行いました。一関市役所千厩支所に行ってみると、だいぶ桜の花が咲き始めていました。

一部咲きといったところでしょうか。


千厩支所前の桜並木は町内でも名所となっています。夜にはライトアップも行われます。

勤労者退職金共済機構では

      財形持家転貸融資(マイホームローン)
              取り扱っています

 勤労者退職金共済機構では、平成23年10月1日から、(独)雇用・

能力開発機構の解散に伴う業務移管により、「財産形成持家転貸

融資事業」を開始しております。

 財形制度を導入している会社で財形貯蓄を行なっている勤労者

に対し、住宅資金(建設、購入、改良)を事業主や事業主団体等を

通じて融資する制度です。IMG_0097.JPG

 金利は5年間固定で、
1.28%(平成24年4月1日

現在)です。

お問い合わせは

http://www.zaikei.taisyokukin.go.jp/

独立行政法人 勤労者退職金共済機構 勤労者財産形成事業本部
住 所

〒170-8055 東京都豊島区東池袋1-24-1 ニッセイ池袋ビル20F

電 話 03-6731-2935

※この事業は、平成24年4月2日から新住所で業務を開始しております。

     東日本大震災により被災された皆様へ
  財形持家転貸融資の
【特例貸付】を実施しています

特例貸付では ・ 元金据置期間を設定できます。

          ・ 貸付金利が引き下げられます

       

 平成20年度から年2回のボランティア活動を続けている、骨寺村荘園の春季水路整備を当協会支部、一関市水道工事業組合、一関市、県と地元民約160名が参加し汗を流しました。

 一関市厳美町本寺地内にある骨寺村荘園遺跡は、土水路のまま保全する約23kmともいわれる水路が布設、平成18年より国の重要文化的景観にも選定されています。


DSC01117.JPG

平井副市長、県建設業協会宇部会長ら参加され泥上げ作業しました。
DSC01110.JPG
DSC01122.JPG

骨寺交流館「若神子亭」前にて開会式
DSC01101.JPG

「若神子亭」店内、食堂もあります。
DSC01123.JPG

地元の方の手作りです。
DSC01125.JPG

DSC01127.JPG

DSC01128.JPG
DSC01119.JPG




平成24年4月21日(土)「北上川一斉河川清掃」が国土交通省東北地方整備局岩手河川国道事務所の主催で行われ、盛岡支部の会員企業も十数か所に分かれて約350名の参加がありました。
この事業は毎年行われていますが、昨年は東日本大震災の影響で中止されたため2年ぶりの開催とあって多くのゴミが予想されましたが、予想に反して例年より少なめでした。

H24北上川一斉清掃1.jpg

H24北上川一斉清掃2.jpg

H24北上川一斉清掃3.jpg

H24北上川一斉清掃4.jpg



建設業協会沿岸支部(大船渡 4月10日実施 釜石・宮古4月13日実施)と岩手県は今後発注される復旧・復興工事を円滑に推進するために意見交換を行いました。
意見交換会では生コンを中心とした資材不足、鉄筋工・型枠工などの技能工の現状を主な議事として進められました。
岩手県の説明を受けて協会側からは生コンや骨材などの資材不足状況、技能工の不足、労務単価高騰などについての問題が出ていることを説明したうえで、地元の業者の現状を踏まえ県と業者とで定期的にこのような会合を開き相互の情報交換・共有しながら共に協力し合っていきたいと述べました。
岩手県は業者の意見を受け、状況が頻繁に変わっていくことから、このような会合を頻繁に開き可能なことから最善の努力をしていくと述べました。
(岩泉・久慈 4月24日実施予定)

120410oohunato 
大船渡支部

120413kamaisi 
釜石支部

120413miyako1

120413miyako2 
宮古支部

千厩川の鯉のぼり。

一関市千厩町中心部を流れる千厩川に多くの「鯉のぼり」が泳いでいます。
sen120421 (3)

河川を渡すものや河岸、歩行者専用の橋などに飾りつけているものなど、大小の鯉のぼりが風に吹かれています。最近では春の風物詩とも言える行事となってきました。

新町地区自治会がおこなっているもので、商店街にも多くの鯉のぼりが飾られています。

摩王橋上では町内の幼稚園児が鯉のぼりを掲揚しました。鯉のぼりが泳ぎだすと、園児たちは「こいのぼり」を歌い、楽しそうに見つめていました。
sen120421 (1)

掲揚を終えた幼稚園児には鯉のぼりがプレゼントされました。
sen120421 (2)

元気に泳いでいます。
sen120421 (6)



千厩支所に行ってみると、桜の蕾がだいぶ膨らんでいました。
sen120421 (5)

2、3日中には桜が開花すると思われ、遅かった春がやっと訪れます。

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。
東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている建設業景況調査(東日本大震災 被災地版)3月調査(平成23年度第4回)を「各種情報」内の「東日本建設業保証(株)岩手支店提供資料」に掲載しました。


110721higashinihon.gif



↓PDFファイル↓
建設業景況調査(岩手県版)3月調査 
調査結果(概要) → こちら(PDF)
データ表 → こちら(PDF)

建設業景況調査(東日本大震災被災地版)3月調査
調査結果(概要) → こちら(PDF)




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力を

 一関支部において、「ASPを活用した災害情報システム」の訓練と同時に無線機による訓練も併せて実施いたしました。
今回の訓練は、宮城県沖震源とする大規模地震(震度6)が発生した想定に基づいての災害訓練

 会員が所有する携帯電話とシステムを活用して災害時の安否確認や災害現場からの状況把握と収集を行なう目的で、
災害時における幹事会社と副幹事会社(車載型無線機付)12社の中の携帯電話を登録した担当者と役員の約30名が参加


災害情報システムの概要は
   ◆携帯電話とシステムにより災害発生初期の安否確認から災害状況まで情報を一元管理
   ◆会員から報告される写真GPS付きや内容により災害対策本部でリアルタイムで状況把握
   ◆収集した情報を多くの関係者で情報共有し情報把握

災害情報システム説明
2kunre4.11.JPG

パトロール現場へ行く前に、再度携帯電話とシステムとの確認。
4kunre4.11.JPG

各社パトロール現場へ移動し、無線機による全員の安否確認
「こちら災害対策本部です。・・・・・・・安否の報告をお願いします。どーぞ」
5kunre4.11.JPG

各パトロール現場から、災害状況が次々とPCに届いてます。
6kunre4.11.JPG






 

       建退共本部事務所移転のお知らせ 
         (移転作業のため2日間閉庁します)

 建設業退職金共済事業本部は、5月7日(月)より事務所を下記に移転する
ことになりました。
 それに伴う移転作業のため、5月1日(火)、2日(水)の両日、建退共事業
本部のシステムが稼動できません。
 したがって、
建退共岩手県支部においても、共済契約手続や共済手帳
の追加、更新等の業務、加入・履行証明書発行業務を行うことができな
くなります。
大変ご不便をおかけしますが、窓口での受付業務のみとなります
 5月7日(月)からは平常業務となりますので、皆様のご理解とご了承をお願
いいたします。
 なお、このことについてはすでに建退共事業本部ホームページ

http://www.kentaikyo.taisyokukin.go.jp/

に掲載されておりますが、全国の共済契約者の皆様には、建設業退職金共済
事業本部から4月上旬、葉書にてお知らせする予定です。

   

郵便 番号 170-8055
新 住 所 東京都豊島区東池袋1-24-1
   ニッセイ池袋ビル20F
名   称

独立行政法人 勤労者退職金共済機構
  建設業退職金共済事業本部


※ 新しい電話番号は、建退共  IMG_0090.JPG
     事業本部の ホームページに
     掲載いたします。


 

(社)岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。
「各種情報」内の「東日本建設保証(株)岩手支店 提供資料」に東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている公共工事動向(岩手県内3月版)を掲載しました。

110721higashinihon.gif



↓PDFファイル↓
公共工事動向(岩手県内)3月版→ こちら(PDF)




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力を

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [3]
  2. 2017年8月 [28]
  3. 2017年7月 [20]
  4. 2017年6月 [14]
  5. 2017年5月 [14]
  6. 2017年4月 [18]
  7. 2017年3月 [20]
  8. 2017年2月 [18]
  9. 2017年1月 [16]
  10. 2016年12月 [19]
  11. 2016年11月 [22]
  12. 2016年10月 [16]
  13. 2016年9月 [33]
  14. 2016年8月 [23]
  15. 2016年7月 [23]
  16. 2016年6月 [17]
  17. 2016年5月 [20]
  18. 2016年4月 [25]
  19. 2016年3月 [21]
  20. 2016年2月 [16]
  21. 2016年1月 [13]
  22. 2015年12月 [20]
  23. 2015年11月 [21]
  24. 2015年10月 [27]
  25. 2015年9月 [10]
  26. 2015年8月 [22]
  27. 2015年7月 [20]
  28. 2015年6月 [15]
  29. 2015年5月 [17]
  30. 2015年4月 [16]
  31. 2015年3月 [17]
  32. 2015年2月 [15]
  33. 2015年1月 [14]
  34. 2014年12月 [19]
  35. 2014年11月 [27]
  36. 2014年10月 [24]
  37. 2014年9月 [18]
  38. 2014年8月 [39]
  39. 2014年7月 [21]
  40. 2014年6月 [18]
  41. 2014年5月 [16]
  42. 2014年4月 [21]
  43. 2014年3月 [22]
  44. 2014年2月 [15]
  45. 2014年1月 [20]
  46. 2013年12月 [21]
  47. 2013年11月 [23]
  48. 2013年10月 [20]
  49. 2013年9月 [12]
  50. 2013年8月 [18]
  51. 2013年7月 [33]
  52. 2013年6月 [20]
  53. 2013年5月 [30]
  54. 2013年4月 [16]
  55. 2013年3月 [10]
  56. 2013年2月 [8]
  57. 2013年1月 [13]
  58. 2012年12月 [15]
  59. 2012年11月 [16]
  60. 2012年10月 [13]
  61. 2012年9月 [12]
  62. 2012年8月 [17]
  63. 2012年7月 [11]
  64. 2012年6月 [10]
  65. 2012年5月 [12]
  66. 2012年4月 [11]
  67. 2012年3月 [6]
  68. 2012年2月 [10]
  69. 2012年1月 [12]
  70. 2011年12月 [11]
  71. 2011年11月 [16]
  72. 2011年10月 [15]
  73. 2011年9月 [10]
  74. 2011年8月 [19]
  75. 2011年7月 [22]
  76. 2011年6月 [15]
  77. 2011年5月 [13]
  78. 2011年4月 [14]
  79. 2011年3月 [20]
  80. 2011年2月 [15]
  81. 2011年1月 [14]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [9]
  84. 2010年10月 [20]
  85. 2010年9月 [18]
  86. 2010年8月 [20]
  87. 2010年7月 [12]
  88. 2010年6月 [16]
  89. 2010年5月 [15]
  90. 2010年4月 [14]
  91. 2010年3月 [8]
  92. 2010年2月 [13]
  93. 2010年1月 [21]
  94. 2009年12月 [16]
  95. 2009年11月 [23]
  96. 2009年10月 [38]
  97. 2009年9月 [33]
  98. 2009年8月 [26]
  99. 2009年7月 [27]
  100. 2009年6月 [24]
  101. 2009年5月 [13]
  102. 2009年4月 [17]
  103. 2009年3月 [15]
  104. 2009年2月 [23]
  105. 2009年1月 [31]
  106. 2008年12月 [37]
  107. 2008年11月 [30]
  108. 2008年10月 [55]
  109. 2008年9月 [40]
  110. 2008年8月 [49]
  111. 2008年7月 [48]
  112. 2008年6月 [35]
  113. 2008年5月 [17]
  114. 2008年4月 [11]
  115. 2008年3月 [6]
  116. 2008年2月 [9]
  117. 2008年1月 [13]
  118. 2007年12月 [12]
  119. 2007年11月 [14]
  120. 2007年10月 [20]
  121. 2007年9月 [14]
  122. 2007年8月 [20]
  123. 2007年7月 [13]
  124. 2007年6月 [15]
  125. 2007年5月 [10]
  126. 2007年4月 [6]
  127. 2007年3月 [14]
  128. 2007年2月 [16]
  129. 2007年1月 [5]
  130. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5