2015年7月の記事一覧

今年も青年部会が岩手県立久慈工業高校の体験入学へ協力させていただきました。

DSCN2306

体験入学に参加して、希望進路選択の一つに「建設業」が加えられることを願います。

 

DSCN2305 DSCN2307
DSCN2312 DSCN2317
   

一般社団法人岩手県建設業協会釜石支部青年部は、地域貢献活動として、平成27年7月25日「森と湖に親しむ旬間」の一環で三陸中部森林管理署・岩手県・釜石市等が主催する「日向ダム湖畔の集い」に参加協力いたしました。

青年部会員22名が前の日から、イベント会場になる広場の草刈り、ニジマスのつかみどり水槽等の準備作業を行い、当日のニジマスつかみどり・モーターボート乗り場には279人の参加者が訪れ、青年部が焼いた魚を食べるなど皆さん楽しんで帰られました。

IMGP1637

 

IMGP1617

森と湖in綱取2015

国土交通省及び林野庁は、毎年7月21日から31日までを「森と湖に親しむ旬間」として定めています。綱取りダム管理事務所では、例年この期間中に「森と湖 in 綱取」を開催しています。

今年度は、7月29日(水)に開催されました。

(一社)岩手県建設業協会青年部連絡協議会・岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会盛岡支部は、毎年スタッフとして参加しています。

P1000383 P1000384
開会式1時間前からもう集まってきました。 これからテントを設営し、ビニールプールに水を張り、川には魚を放流します。
P1000386 P1000392
ダム巡航の受付がはじまります。事前予約で満席となりました。
猛暑も気にせず子供たちは元気いっぱい。
P1000388 P1000390
昨年も参加した子供たちが大きく成長していました。 今年は水量が少なく、乗船場所が変わりました。

技術交流会開催

7月28日に支部事業の一環として、青年部が中心となり「技術交流会」を開催いたしました。

1DSC15728

(青年部鈴木会長挨拶)

県南広域振興局一関土木センター 照井所長と職員並びに一関市建設部 小岩部長と職員、青年部(鈴木会長)会員、支部会員技術者の約40名が出席

今回のテーマは、「工事現場での安全衛生管理に関する取組み」

4グループ編成で、コーディネーターを各班に配置進行し、各構成員が事例発表し意見交換をする。意見交換の結果を発表。

2DSC15728
(一関土木センター照井所長挨拶)

3DS15728 4DSC15728

建災防一関分会の安全指導者に出席いただき、事例発表に対し助言を行い
最後に市建設部長より講評をいただきました。

実のある技術交流会でした。
5DSC15728

7月28日(火) 管内の道路・河川の崩壊個所の調査結果を土木部長及び岩手土木センター所長に報告し、早期復旧と会員企業への発注を要望しました。

H27災害調査報告0001 (2)

H27災害調査報告0003 H27災害調査報告0003
調査は6月中に行われ、各地区ごとに17班編成86人で行われました。

崩壊個所は次のとおりです。

土木部管内      道路 11か所    河川 19カ所

土木センター管内 道路 4カ所   河川 29カ所

道路ゴミ拾い
7月16日、千厩支部青年部会は国道343号線『復興支援道路』クリーン作戦を実施しました。32名が参加、管内の国道343号線(一関市大東町摺沢~東山町)約15kmのゴミ拾いを行いました。

国道343号線は東日本大震災で被災した陸前高田市や大船渡市などに向かう復興支援の車が、現在でも多く利用しています。復興支援に来られる方々に気持ち良く通行して貰えるよう、活動を行いました。

また、来年には『希望郷いわて国体』が開催されます。管内では、東山町でバレーボールとバスケットボール、千厩町でバレーボールが開催されます。

来月には『希望郷いわて国体』リハーサル大会が、東山町(バスケットボール)で行われます。全国からの参加者をきれいな道路で迎え、”おもてなし”をしたいものです。


道路ゴミ拾い
道路ゴミ拾い

道路ゴミ拾い
雨が降る中、参加者はカッパを着て作業にあたりました。

道路ゴミ拾い

ゴミ拾い後に分別作業を行いました。

集合写真
沿道には弁当容器や空き缶が多く捨てられていました。中には普段は見かけることがないような物も捨てられていました。拾ったゴミの量は40kgになりました。

 

7月15日、花巻支部青年部会で、平成27年度ふれあい事業を実施しました。

女性マネジングスタッフ花巻支部も参加しての事業となった今年度は、南城中学校の3年生92名を対象として行いました。

DSC00658

高所作業車、ホイルローダ、コンバインドローダ、バックホウの乗車体験、測量機器体験、歩測によるクイズを行いました。

DSC00617

DSC00629

DSC00637

DSC00613

DSC00628

DSC00611

閉会式では、クイズに正解した生徒に商品が贈られた他、生徒からの感想発表では、

「建設業で仕事をしたい」と心強い感想を述べる生徒もいました。

生徒たちの職業に対する意識を高める、貴重な体験学習となりました。

DSC00646

7月8日、奥州市立南都田中学校で建設業ふれあい事業を開催しました。

岩手国体のアピールを兼ねて作成したおそろいの奥州ピンクポロも鮮やかに…

senP1010037

南都田中学校でのふれあい事業は平成18年に開催して以来、9年ぶりの実施

重機・高所作業車の乗車体験、測量体験、CADソフト体験を行いました。

senP7080157 senP7080158
senP7080047 senP7080070
senP7080144 senP7080147
senP7080096 senP7080113

 

閉会式では生徒の皆さんへ記念品、測量体験での成績順に各グループに景品が贈呈されました。

senP7080166 senP7080163

 

後の将来 「建設業」が一つの職業選択肢になる事を期待しております。

7月14日、岩泉支部青年部会では、平成27年度ふれあい事業を実施しました。

今年度の対象校は、岩泉町立門小学校3~6年生25名です。

DSC01309

 

DSC01288 DSC01290

余裕のVサインが・・・

腰が引けてないか~



やる気と笑顔の門小学校
DSC01291
DSC01292 DSC01295

校長先生もしっかりつかまって乗っ てます。

 

DSC01286 DSC01293

岩泉土木センター様よりご協力を頂き、トンネル清掃車の操作もしました。

将来を期待する運転操作

一筆書きも真剣です

安全に!
DSC01287
DSC01282 DSC01304

27安全衛生二戸大会

大会を見守る松

7月10日 27年度の「建設業労働災害防止安全衛生二戸大会」を二戸市民文化会館にて開催しました。

今回は、「現場技術者安全講習会」をサブタイトルとして、現場技術者の方々等約110名が参加して講習会を受講いたしました。

支部長挨拶 二戸労働基準監督署長挨拶
振興局二戸土木センター所長 二戸警察署長挨拶
地方産業安全専門官講演 建災防安全管理士

 

1.二戸労働基準監督署 大川地方産業安全専門官

「足場に関する改正安全衛生規則のポイント
      安全決意宣言・安全の見えるか等の災害防止対策について」

2.建設業労働災害防止協会 伊川安全管理士

「建設業災害防止規程の解説と最近の労働災害をめぐる情報」

                                                                   以上の題目で行いました。

受講中 大会宣言

最後に、「大会宣言」と平成27年度の年間目標を確認し終了しました。

≪平成27年の年間目標≫

1.作業計画書の作成と作業員全員への周知の徹底

2.リスクアセスメントを取り入れたKY活動の実施

3.作業開始前の作業前点検実施の徹底

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 [17]
  2. 2017年10月 [20]
  3. 2017年9月 [8]
  4. 2017年8月 [28]
  5. 2017年7月 [20]
  6. 2017年6月 [14]
  7. 2017年5月 [14]
  8. 2017年4月 [18]
  9. 2017年3月 [20]
  10. 2017年2月 [18]
  11. 2017年1月 [16]
  12. 2016年12月 [19]
  13. 2016年11月 [22]
  14. 2016年10月 [16]
  15. 2016年9月 [33]
  16. 2016年8月 [23]
  17. 2016年7月 [23]
  18. 2016年6月 [17]
  19. 2016年5月 [20]
  20. 2016年4月 [25]
  21. 2016年3月 [21]
  22. 2016年2月 [16]
  23. 2016年1月 [13]
  24. 2015年12月 [20]
  25. 2015年11月 [21]
  26. 2015年10月 [27]
  27. 2015年9月 [10]
  28. 2015年8月 [22]
  29. 2015年7月 [20]
  30. 2015年6月 [15]
  31. 2015年5月 [17]
  32. 2015年4月 [16]
  33. 2015年3月 [17]
  34. 2015年2月 [15]
  35. 2015年1月 [14]
  36. 2014年12月 [19]
  37. 2014年11月 [27]
  38. 2014年10月 [24]
  39. 2014年9月 [18]
  40. 2014年8月 [39]
  41. 2014年7月 [21]
  42. 2014年6月 [18]
  43. 2014年5月 [16]
  44. 2014年4月 [21]
  45. 2014年3月 [22]
  46. 2014年2月 [15]
  47. 2014年1月 [20]
  48. 2013年12月 [21]
  49. 2013年11月 [23]
  50. 2013年10月 [20]
  51. 2013年9月 [12]
  52. 2013年8月 [18]
  53. 2013年7月 [33]
  54. 2013年6月 [20]
  55. 2013年5月 [30]
  56. 2013年4月 [16]
  57. 2013年3月 [10]
  58. 2013年2月 [8]
  59. 2013年1月 [13]
  60. 2012年12月 [15]
  61. 2012年11月 [16]
  62. 2012年10月 [13]
  63. 2012年9月 [12]
  64. 2012年8月 [17]
  65. 2012年7月 [11]
  66. 2012年6月 [10]
  67. 2012年5月 [12]
  68. 2012年4月 [11]
  69. 2012年3月 [6]
  70. 2012年2月 [10]
  71. 2012年1月 [12]
  72. 2011年12月 [11]
  73. 2011年11月 [16]
  74. 2011年10月 [15]
  75. 2011年9月 [10]
  76. 2011年8月 [19]
  77. 2011年7月 [22]
  78. 2011年6月 [15]
  79. 2011年5月 [13]
  80. 2011年4月 [14]
  81. 2011年3月 [20]
  82. 2011年2月 [15]
  83. 2011年1月 [14]
  84. 2010年12月 [10]
  85. 2010年11月 [9]
  86. 2010年10月 [20]
  87. 2010年9月 [18]
  88. 2010年8月 [20]
  89. 2010年7月 [12]
  90. 2010年6月 [16]
  91. 2010年5月 [15]
  92. 2010年4月 [14]
  93. 2010年3月 [8]
  94. 2010年2月 [13]
  95. 2010年1月 [21]
  96. 2009年12月 [16]
  97. 2009年11月 [23]
  98. 2009年10月 [38]
  99. 2009年9月 [33]
  100. 2009年8月 [26]
  101. 2009年7月 [27]
  102. 2009年6月 [24]
  103. 2009年5月 [13]
  104. 2009年4月 [17]
  105. 2009年3月 [15]
  106. 2009年2月 [23]
  107. 2009年1月 [31]
  108. 2008年12月 [37]
  109. 2008年11月 [30]
  110. 2008年10月 [55]
  111. 2008年9月 [40]
  112. 2008年8月 [49]
  113. 2008年7月 [48]
  114. 2008年6月 [35]
  115. 2008年5月 [17]
  116. 2008年4月 [11]
  117. 2008年3月 [6]
  118. 2008年2月 [9]
  119. 2008年1月 [13]
  120. 2007年12月 [12]
  121. 2007年11月 [14]
  122. 2007年10月 [20]
  123. 2007年9月 [14]
  124. 2007年8月 [20]
  125. 2007年7月 [13]
  126. 2007年6月 [15]
  127. 2007年5月 [10]
  128. 2007年4月 [6]
  129. 2007年3月 [14]
  130. 2007年2月 [16]
  131. 2007年1月 [5]
  132. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5