6月15日~17日、奥州支部青年部の研修旅行を行いました。

今回は、2016年4月 2度にわたる大きな地震にみまわれた熊本へ。

熊本地震で大きな被害が出た熊本城。震災1年を迎えた今!本格的な復旧工事が始まりつつある状況。

熊本市は、熊本城の天守閣を平成31(2019)年までに再建、20年後には城全体を地震前の状態に戻したいとの目標を設定。全体の復旧費用は600億円を超えるとしている。ちなみに熊本市が試算した、復旧にかかる費用は354億円に上るとの事。

RIMG0185

地震により土台となる石垣が崩れ、角の部分が辛うじて残った「奇跡の一本石垣」で支えられ、ギリギリ倒壊を免れていた熊本城の飯田丸五階櫓。現在は、倒壊を防ぐ工事が進められていますが、その工事風景がすごいと話題を呼んでいます。巨大なアーム状の鉄骨「仮受構台」(全長約33m×高さ約14m×幅約6m)で櫓を抱え込む物凄い工法。

RIMG0183

RIMG0180

熊本城の石垣はみごとな石垣が多く、「武者がえし」として有名。この石垣達には一つ一つに番号がふられています。現在、石垣の石は一旦別の場所に移され組み直しする作業が進んでいるとの事。

RIMG0179

現在、立ち入り可能な場所は限られていますが、「加藤清正神社」は熊本城のすぐ横にあり、熊本城を一番間近で撮影できる場所。

IMG_1257

そして、熊本での懇親会はもちろん「馬刺し」料理店。

この日の熊本は28℃の夏日。まさにビールが進む環境でした。

IMG_20170615_181611

そして、翌日は九州新幹線で福岡へ移動。

皆さん見覚えのあるコンビニ前の「博多道路陥没」の現場を視察。

IMG_1266