仮橋設置工事現場

平成30年度県北広域振興局二戸土木センター、農林振興センター、各市町村発注工事現場の合同パトロールを2月7日実施しました。

朝から小雨からみぞれに変わり、後半は雪に変わり、視界の悪い天候の中、2班に分かれ総勢約40名で行ないました。
仮橋設置工事現場

治山工事現場

重機への注意喚起

安全目標

服装確認の鏡

ワイヤーロープの点検


パトロール終了後は、良い点・改善できる点について、まとめ、現場の写真を見ながら意見交換会をおこないました。

良い点:仮設の敷鉄板がきれいに除雪・清掃されていた。
    現場・事務所等整理されており歩きやすく、どこに何があるか確認しやすい。
    ワイヤーロープに点検基準が写真付きで表示されており良い。
    落石防止措置が施されており良い。
    電線の位置表示があり、作業員・オペレーターに対する接触防止の注意喚起がされていた。
    交通誘導員を適切に配置し安全に作業していて良い。  等々

改善できる点
   通学路であるので重機をバリケード等で囲いを施すこと。
   社旗・安全旗のほかに吹き流しも設置した方が良い。
   安全決意宣言は、季節・時期により気をつけるポイントが変わってくる。作成日に注意。等々