6月28日(金)北上支部では岩手中部土地改良区とのアドプト協定に基づく下堰幹線用水路(奥寺堰)の刈払い活動を行いました。当日はあいにくの雨模様でしたが、支部会員42社、67人が参加して後藤野稲荷神社を挟み約900mの両岸の除草作業を行いました。

DSCN0637

DSCN0639

DSCN0645

下堰幹線用水路は約340年前に南部藩の藩命により奥寺八左エ門定恒が開削した奥寺堰が始まりで、和賀平野の新田開発に大きな役割を果たした水路です。下は難工事に苦悩した奥寺八左エ門定恒が祈願したといわれる後藤野稲荷神社です。

DSCN0632

DSCN0630