奥州支部 一覧

10月17日、宮古市で青年部交流会が開催されました。
東日本大震災後初めての沿岸地区開催で、主管は宮古支部・岩泉支部。
記念事業では、宮古駅から久慈駅まで三陸鉄道の震災学習列車に乗車しました。

senDSC00387 senIMGP0112
senDSC00389 senDSC00392
senDSC00405 senIMGP0124

式典や懇親会は浄土ヶ浜パークホテルにて開催されました。
式典では各青年部の活動をスライドショーで振り返り、今後も青年部の目線や行動力を活かし、建設業の活動を積極的に発信していくことを誓い合いました。

senDSC00416 senDSC00425

懇親会では、平成27年度の交流会開催支部が発表されました。

senDSC00482 senDSC00483

来年は奥州支部に決定!!
奥州支部青年部で記念撮影(^^)v
senIMG_1484
青年部会の皆様、来年はお待ちしております(^_^)/

8月8日、「道の日」に合わせクリーンロード作戦を実施しました。

senP8080297

帰省客にきれいな道路環境を提供するために、青年部会員23名と、今年は県南広域振興局土木部の職員1名が参加しました。

管内の国道・県道のチェーン脱着所など7カ所で、草刈りやゴミ拾い、看板の修理を行いました。

senDSCN1450 senP8080300
senR0025386 senDSCN1451


3班に分かれて奥州市内を活動しましたが、種山だけどしゃ降りの雨でした(^_^;)
奥州市も広いですね!

8月1日、ITサポートチーム研修会のブログ記事投稿功労者表彰で、奥州支部が表彰されました。

ブログ記事投稿功労者表彰


ブログ記事投稿功労者表彰 北上、大船渡、岩泉、久慈、奥州の5支部が表彰されました。

岩手県建設業協会 向井田副会長(広報委員会委員長兼IT部会長)より、賞状と記念品を頂きました。

昨年度、他支部の方々の表彰に
刺激を受け、「次年度こそは!」と活動してきた成果です。
ITサポート研修会

研修会では、協会ホームページブログ作成・投稿のみならず

・インターネット通話のグループビ
デオ通話について

・協会イントラネット「カスタムアプ リ」について

等の活用方法を説明されました。

今後も積極的にブログ投稿をしていきたいです!

7月16日、奥州市立江刺東中学校で建設業ふれあい事業を開催しました。

senR0025328

江刺東中学校でのふれあい事業は平成8年に開催して以来、18年ぶりの開催です!

高所作業車や重機の乗車体験、CADソフト体験、測量体験を行いました。

senR0025330 senR0025331
senR0025349 senR0025350
senR0025329 senR0025346
senR0025356 senR0025332

 

閉会式では生徒の皆さんに記念品と、測量体験で1位だったグループに景品が贈呈されました。

senR0025365 senR0025366

 

今回ふれあい事業に参加した生徒の皆さんで、将来建設業の仕事に携わる人はどれ位いるでしょうか?(^^)

5月15日、平成26年度通常総会と優良会員及び従業員表彰式が開催されました。

senCIMG1780 

通常総会では平成26年度の事業計画などについて審議しました。
今年度は被災情報の通報演習や安全パトロール、ふれあい事業などを予定しております。
また、役員改選では佐々木利幸支部長(進栄建設㈱)が再任しました。


通常総会終了後は優良従業員表彰式が行われました。

senCIMG1805 senCIMG1809

来賓には県議会議員や奥州市長など、多くの方にご出席していただきました。


senCIMG1811

優良従業員には8名が受賞し、支部長より賞状と記念品が授与され、受賞者を代表して菊池直人氏より謝辞がありました。

1月24日(金)農村整備室管内の工事安全パトロールが実施されました。

本格的に動き始めた農業農村整備事業ですが、冬期特有災害の防止やほ場整備等特有工事の安全確保について、点検・意見交換を行い、安全な工事の実施について再確認しました。

senH26農村整備パトロール

16名の参加者が2班編成で5現場をパトロールし、各会社や現場で実施している安全活動状況等を点検


senDSC00344

現場パトロール終了後、班ごとに点検結果の取りまとめ


senDSC00350

結果報告と報告に基づく意見交換
(改善点、良い点が多く出され活発な意見交換となりました。)


senDSC00352

建災防奥州分会 蜂谷・小原両安全指導者が結果講評と冬期現場の注意点等について現場からの提言を行いました。

平成26年1月16日、奥州支部主催の新年交賀会を開催しました。

senDSC00329

来賓には、岩手県議会議員、奥州市長、金ケ崎町長などをお招きしました。


~佐々木支部長よりご挨拶~
senDSC00326


~平成25年協会関連団体等からの受賞者披露~

受賞した6社(工藤建設㈱、㈱太田建設、進栄建設㈱、㈱齊藤建設、㈲胆沢建設、岩手ニチレキ㈱)に記念品が贈呈されました。
senDSC00333

最後になりましたが、本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

12月6日、工事安全パトロールを実施しました。

工事安全パトロール 
冬期間は、厳しい作業環境から、労働災害が発生しやすい条件が重なります。
今回のパトロールは、工事現場において予想される様々な災害を未然に防止し、工事を円滑に進めていくために実施されました。

senDSC00285 senDSC00288
senDSC00296 senDSC00298
senDSC00306 senDSC00308

*パトロール要員
・労働基準監督署(花巻、一関)
・県南広域振興局(土木部、林務部、農村整備室)
・岩手県建設業協会奥州支部(役員、安全指導員、協会選任経験者)

2班に分かれ、花巻労働基準監督署管内(水沢・江刺・金ケ崎方面)の工事現場3箇所と、一関労働基準監督署管内(前沢・衣川方面)の工事現場3箇所を点検しました。
パトロール終了後は点検結果について話し合いました。

senDSC00317 senDSC00320
     
今回パトロールした現場だけではなく、全ての現場で改めて気を引き締め、"労災ゼロ"で冬期間の作業を進めましょう!!

11月26日、県南広域振興局土木部と奥州支部青年部の意見交換会を開催しました。

現場研修

工事名:一般国道397号分限城地区道路改良(その3)工事
(奥州市江刺区田原字分限城地内)
施工者:EC南部コーポレーション㈱

senDSC00209 senDSC00210
senDSC00224 senDSC00234

主に現場での創意工夫について視察しました。


意見交換会

senDSC00262 senDSC00265
①現場研修で視察した際、良かった点等を各班毎に話し合い ②各班毎に意見を発表
senDSC00274 senDSC00275
③発注者と施工業者の意見を対比 ④意見を比べると、それぞれ良い取組と考えていたものが違うことが分かりました。


11月25日、奥州市水沢区の聖天車庫にて、除雪業務安全祈願祭・出動式が行われました。

~安全祈願祭~
senRIMG0019 

玉串奉奠の儀

senDSC00193 senDSC00195

除雪業務安全協議会
佐々木利幸会長

県南広域振興局
川村俊通土木部長

senDSC00196  

除雪担当者代表(工藤建設㈱)
工藤一博代表取締役

 

~出動式~
senRIMG0032 senRIMG0036
↑ 県南広域振興局土木部長より挨拶
「県民の期待に応えられるよう、安全を第一に除雪作業を行ってください。」
↑ 土木部長から安全協議会長へ、機械鍵貸与
senRIMG0038 senRIMG0041
↑ 安全協議会長より誓いの言葉
「市民の通勤や通学のため、昼夜問わず安全に無事故で除雪の任務に当たります。」
↑ 除雪担当業者代表より安全宣言
(及常建設㈱ 及川浩行常務取締役)
安全作業の秘訣10カ条を読み上げました。


安全第一で、今年度も出発!!
senRIMG0052

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年9月 [3]
  2. 2018年8月 [19]
  3. 2018年7月 [25]
  4. 2018年6月 [15]
  5. 2018年5月 [11]
  6. 2018年4月 [13]
  7. 2018年3月 [10]
  8. 2018年2月 [17]
  9. 2018年1月 [10]
  10. 2017年12月 [12]
  11. 2017年11月 [17]
  12. 2017年10月 [20]
  13. 2017年9月 [8]
  14. 2017年8月 [28]
  15. 2017年7月 [20]
  16. 2017年6月 [14]
  17. 2017年5月 [14]
  18. 2017年4月 [18]
  19. 2017年3月 [20]
  20. 2017年2月 [18]
  21. 2017年1月 [16]
  22. 2016年12月 [19]
  23. 2016年11月 [22]
  24. 2016年10月 [16]
  25. 2016年9月 [33]
  26. 2016年8月 [23]
  27. 2016年7月 [23]
  28. 2016年6月 [17]
  29. 2016年5月 [20]
  30. 2016年4月 [25]
  31. 2016年3月 [21]
  32. 2016年2月 [16]
  33. 2016年1月 [13]
  34. 2015年12月 [20]
  35. 2015年11月 [21]
  36. 2015年10月 [27]
  37. 2015年9月 [10]
  38. 2015年8月 [22]
  39. 2015年7月 [20]
  40. 2015年6月 [15]
  41. 2015年5月 [17]
  42. 2015年4月 [16]
  43. 2015年3月 [17]
  44. 2015年2月 [15]
  45. 2015年1月 [14]
  46. 2014年12月 [19]
  47. 2014年11月 [27]
  48. 2014年10月 [24]
  49. 2014年9月 [18]
  50. 2014年8月 [39]
  51. 2014年7月 [21]
  52. 2014年6月 [18]
  53. 2014年5月 [16]
  54. 2014年4月 [21]
  55. 2014年3月 [22]
  56. 2014年2月 [15]
  57. 2014年1月 [20]
  58. 2013年12月 [21]
  59. 2013年11月 [23]
  60. 2013年10月 [20]
  61. 2013年9月 [12]
  62. 2013年8月 [18]
  63. 2013年7月 [33]
  64. 2013年6月 [20]
  65. 2013年5月 [30]
  66. 2013年4月 [16]
  67. 2013年3月 [10]
  68. 2013年2月 [8]
  69. 2013年1月 [13]
  70. 2012年12月 [15]
  71. 2012年11月 [16]
  72. 2012年10月 [13]
  73. 2012年9月 [12]
  74. 2012年8月 [17]
  75. 2012年7月 [11]
  76. 2012年6月 [10]
  77. 2012年5月 [12]
  78. 2012年4月 [11]
  79. 2012年3月 [6]
  80. 2012年2月 [10]
  81. 2012年1月 [12]
  82. 2011年12月 [11]
  83. 2011年11月 [16]
  84. 2011年10月 [15]
  85. 2011年9月 [10]
  86. 2011年8月 [19]
  87. 2011年7月 [22]
  88. 2011年6月 [15]
  89. 2011年5月 [13]
  90. 2011年4月 [14]
  91. 2011年3月 [20]
  92. 2011年2月 [15]
  93. 2011年1月 [14]
  94. 2010年12月 [10]
  95. 2010年11月 [9]
  96. 2010年10月 [20]
  97. 2010年9月 [18]
  98. 2010年8月 [20]
  99. 2010年7月 [12]
  100. 2010年6月 [16]
  101. 2010年5月 [15]
  102. 2010年4月 [14]
  103. 2010年3月 [8]
  104. 2010年2月 [13]
  105. 2010年1月 [21]
  106. 2009年12月 [16]
  107. 2009年11月 [23]
  108. 2009年10月 [38]
  109. 2009年9月 [33]
  110. 2009年8月 [26]
  111. 2009年7月 [27]
  112. 2009年6月 [24]
  113. 2009年5月 [13]
  114. 2009年4月 [17]
  115. 2009年3月 [15]
  116. 2009年2月 [23]
  117. 2009年1月 [31]
  118. 2008年12月 [37]
  119. 2008年11月 [30]
  120. 2008年10月 [55]
  121. 2008年9月 [40]
  122. 2008年8月 [49]
  123. 2008年7月 [48]
  124. 2008年6月 [35]
  125. 2008年5月 [17]
  126. 2008年4月 [11]
  127. 2008年3月 [6]
  128. 2008年2月 [9]
  129. 2008年1月 [13]
  130. 2007年12月 [12]
  131. 2007年11月 [14]
  132. 2007年10月 [20]
  133. 2007年9月 [14]
  134. 2007年8月 [20]
  135. 2007年7月 [13]
  136. 2007年6月 [15]
  137. 2007年5月 [10]
  138. 2007年4月 [6]
  139. 2007年3月 [14]
  140. 2007年2月 [16]
  141. 2007年1月 [5]
  142. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.7