2007年5月の記事一覧

建災防岩手県支部では、厚生労働省委託事業である手すり先行工法安全対策推進モデル事業を次のとおり実施しておりますので、後学のためにご覚えいただきたいと思います。

                    記

会社名

株式会社平野組

工事名称

(仮称)ゆうあいの里屋上防水及び外壁改修工事

工事場所

岩手県盛岡市猪去上猪去1番1

足場設置期間

平成19年5月28日から平成19年6月28日(1ヶ月間)



手すり先行工法に関するお問い合わせは建災防岩手県支部までお願いします。

TEL 019ー623ー4411  FAX 019ー625ー1792

ホームページ http://www.iwaken.or.jp/rosai/kensaibou/framepage5.index.html

IMG_tesuri1.jpg IMG_tesuri2.jpg


この度、標記講習会を次のとおり釜石で開催することとなりました。たくさんのご参加お待ちしております。 

                 記

1. 日   時  平成19年6月22日(金) 9:00から16:30

2. 開催場所  釜石・大槌地域産業育成センター

          (釜石市大字平田3-75-1)

3. 定   員  100名

4. 申込受付  平成19年6月18日まで

5. 受講料     (1)建災防会員 6,700円

           (2)建災防非会員 7,700円

6. その他    受付は建災防岩手県支部で行います。

           (TEL019-623-4411 FAX019-625-1792)

詳しい開催案内、申込書は  こちら  をクリックして下さい。

 本日、建設業労働災害防止安全衛生千厩大会を一関市千厩町の両磐地域職業訓練センターにおいて開催しました。当支部の安全大会では、現場代理人の方を中心に参加頂き、実践的な講習会を開催しております。
 今回は、リスクアセスメントの体験学習会をメインに開催いたしました。

開催日時 平成19年5月22日13時30分
開催場所 両磐地域職業訓練センター

(内容)
リスクアセスメント体験学習
  講 師 建設業労働災害防止協会宮城県支部駐在
       安全管理士  佐々木 武 雄 氏
           
一般的な労務管理について
  講 師 一関労働基準監督署
       第一課長  唐 崎   勝 氏

続きを読む

7月3日から標記講習会を開催いたしますが、定員を大きく上回る申込みがありましたので、7月24日(火)から7月26日(木)に水沢地区で追加開催を行います。たくさんの申込みお待ちしております。詳しくは  こちら  まで。

一関支部 萩の苗植栽

平成19年5月11日 当支部では地域貢献の一環として主要地方道一関市厳美町から平泉町毛越までの8kmの区間内に萩3種類、ミヤギノ萩、シロ萩、ヤマ萩の苗を400本(植栽延長550m)法面に植栽。
  開会セレモニーを厳美道の駅で県、一関市、一関商工会議所、一関観光協会、協会員含め100名参加で開催され、その後各社担当区域に別れ植栽。
  「建設業のおかれている状況は厳しい、その中で市民と歩む建設業、県民と共に歩む建設業を合言葉に鋭意努力している。今回の萩街道は世界遺産登録へひとつの礎になるのでは」と宇部支部長の考えの下会員一致団結し活動を行っております。また、3年前には「あじさいロード」として、一関市相川、平泉線沿いに1000本植栽し、毎年植栽周辺を草刈整備、今回も萩植栽終了後各担当区域を整備しました。

支部行事 016.jpg 支部行事 017.jpg
支部行事 018.jpg

厳美道の駅でのセレモニー

支部行事 027.jpg

記念植樹
(来賓の方々の植樹)

支部長も植樹したんですが、
シャッターチャンス逃してしまいました。すいません。

支部行事 033.jpg 支部行事 044.jpg
支部行事 050.jpg

各区域に別れ植樹



 

標記講習会につきましては、7月中旬久慈地区で、8月初旬千厩地区で開催する予定です。日程、場所等詳しい内容については、追ってお知らせいたしますが、それ以前に参加申込される方は、下記建災防及び、各分会までご連絡下さい。たくさんの参加をお待ちしております。

             記
建災防岩手県支部 TEL 019ー23ー4411  
久慈分会       TEL 0194ー53ー4897
千厩分会       TEL 0191ー53ー2747


その他各種講習会を随時開催しております。詳しくは こちら まで。

 建設業退職金共済制度(建退共)は長期のご利用を前提にした国の退職金制度ですから、ご利用年数が長くなるほど有利になるよう退職金額が設定されています。
 ところが、建設投資額の減少により地域の建設業は厳しい経営環境に直面しており、短期間でやむを得ず離職される方が多くなりました。
 請求するには、ほぼ2年分に相当する500日の建退共証紙の貼付実績が最低でも必要です。この場合、利息は付かないものの、一時金の給付は、離職者が転職その他次のチャンスをつかむため一つの力になると思われます。
 建退共制度は、建設業界の雇用形態に沿った特長を有し、営利目的の事業ではないことなど、他の制度と違うところが多々あります。
 しかも、制度内容を熟知するか否かで受け取る退職金額にかなり差が出てきます。

 1日わずか310円の掛金です!

 3年目から予定運用率2.7パーセントの利息で退職金が計算されます(共済証紙を貼った時点で確定します)

 「継続は力なり!」を実感した受給者から感謝の声が寄せられています。

 詳細は  こちら をクリックしてください。

建退共岩手県支部

岩手県建設業協会では、国土交通省からの委託を受けて()建設業振興基金が実施している、ワンストップサービス(経営相談)事業の建設業総合相談受付窓口を行っております。

 経営相談は建設業者を対象に、自社の経営状況の把握、経営方針・戦略の相談、新分野進出への相談、助成金・支援制度、財務・資金調達等の相談を受付ます。

詳細は岩手県建設業協会トップページのリンク集 建設関連 ワンストップサービス、またヨイケンセツドットコムからも見ることができます。

申し込み頂いた企業には、経営支援コーディネーターと岩手県建設業協会が相談分野に適する建設業経営支援アドバイザーを派遣いたします。相談につきましては事前にアドバイザーと企業が連絡を取り相談内容・日時を調整してから相談当日に臨みます。

なお、相談料は3時間程度2回まで無料としていますので、是非ご利用ください。 



続きを読む

(社)岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。
「各種情報」内の「建設業景況調査他」に公共工事動向(岩手県版)の4月版を掲載しました。

↓内容↓
(建設業景況調査他)
 → こちら
公共工事の動向(岩手県版)の4月をご覧下さい。

mtiwate1.jpg トップページの写真は、”小岩井の一本桜”の写真を掲載しています。この”小岩井の一本桜”は、現在放送中の岩手県を舞台としたNHK連続テレビ小説の”どんど晴れ”のテーマソング画面にも採用され、注目を集めているようです。少し前には、平成16年に日本アカデミー賞を受賞した映画“壬生義士伝”の主人公が故郷の岩手を懐かしむシーンとして登場して有名になったということです。
 
 よく、”どんど晴れ”にあわせて、この写真を載せているのかと聞かれます。実は、”どんど晴れ”の事も”壬生義士伝”の事も知らず、偶然、、”小岩井の一本桜”の写真を掲載しています。

続きを読む

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 [17]
  2. 2017年10月 [20]
  3. 2017年9月 [8]
  4. 2017年8月 [28]
  5. 2017年7月 [20]
  6. 2017年6月 [14]
  7. 2017年5月 [14]
  8. 2017年4月 [18]
  9. 2017年3月 [20]
  10. 2017年2月 [18]
  11. 2017年1月 [16]
  12. 2016年12月 [19]
  13. 2016年11月 [22]
  14. 2016年10月 [16]
  15. 2016年9月 [33]
  16. 2016年8月 [23]
  17. 2016年7月 [23]
  18. 2016年6月 [17]
  19. 2016年5月 [20]
  20. 2016年4月 [25]
  21. 2016年3月 [21]
  22. 2016年2月 [16]
  23. 2016年1月 [13]
  24. 2015年12月 [20]
  25. 2015年11月 [21]
  26. 2015年10月 [27]
  27. 2015年9月 [10]
  28. 2015年8月 [22]
  29. 2015年7月 [20]
  30. 2015年6月 [15]
  31. 2015年5月 [17]
  32. 2015年4月 [16]
  33. 2015年3月 [17]
  34. 2015年2月 [15]
  35. 2015年1月 [14]
  36. 2014年12月 [19]
  37. 2014年11月 [27]
  38. 2014年10月 [24]
  39. 2014年9月 [18]
  40. 2014年8月 [39]
  41. 2014年7月 [21]
  42. 2014年6月 [18]
  43. 2014年5月 [16]
  44. 2014年4月 [21]
  45. 2014年3月 [22]
  46. 2014年2月 [15]
  47. 2014年1月 [20]
  48. 2013年12月 [21]
  49. 2013年11月 [23]
  50. 2013年10月 [20]
  51. 2013年9月 [12]
  52. 2013年8月 [18]
  53. 2013年7月 [33]
  54. 2013年6月 [20]
  55. 2013年5月 [30]
  56. 2013年4月 [16]
  57. 2013年3月 [10]
  58. 2013年2月 [8]
  59. 2013年1月 [13]
  60. 2012年12月 [15]
  61. 2012年11月 [16]
  62. 2012年10月 [13]
  63. 2012年9月 [12]
  64. 2012年8月 [17]
  65. 2012年7月 [11]
  66. 2012年6月 [10]
  67. 2012年5月 [12]
  68. 2012年4月 [11]
  69. 2012年3月 [6]
  70. 2012年2月 [10]
  71. 2012年1月 [12]
  72. 2011年12月 [11]
  73. 2011年11月 [16]
  74. 2011年10月 [15]
  75. 2011年9月 [10]
  76. 2011年8月 [19]
  77. 2011年7月 [22]
  78. 2011年6月 [15]
  79. 2011年5月 [13]
  80. 2011年4月 [14]
  81. 2011年3月 [20]
  82. 2011年2月 [15]
  83. 2011年1月 [14]
  84. 2010年12月 [10]
  85. 2010年11月 [9]
  86. 2010年10月 [20]
  87. 2010年9月 [18]
  88. 2010年8月 [20]
  89. 2010年7月 [12]
  90. 2010年6月 [16]
  91. 2010年5月 [15]
  92. 2010年4月 [14]
  93. 2010年3月 [8]
  94. 2010年2月 [13]
  95. 2010年1月 [21]
  96. 2009年12月 [16]
  97. 2009年11月 [23]
  98. 2009年10月 [38]
  99. 2009年9月 [33]
  100. 2009年8月 [26]
  101. 2009年7月 [27]
  102. 2009年6月 [24]
  103. 2009年5月 [13]
  104. 2009年4月 [17]
  105. 2009年3月 [15]
  106. 2009年2月 [23]
  107. 2009年1月 [31]
  108. 2008年12月 [37]
  109. 2008年11月 [30]
  110. 2008年10月 [55]
  111. 2008年9月 [40]
  112. 2008年8月 [49]
  113. 2008年7月 [48]
  114. 2008年6月 [35]
  115. 2008年5月 [17]
  116. 2008年4月 [11]
  117. 2008年3月 [6]
  118. 2008年2月 [9]
  119. 2008年1月 [13]
  120. 2007年12月 [12]
  121. 2007年11月 [14]
  122. 2007年10月 [20]
  123. 2007年9月 [14]
  124. 2007年8月 [20]
  125. 2007年7月 [13]
  126. 2007年6月 [15]
  127. 2007年5月 [10]
  128. 2007年4月 [6]
  129. 2007年3月 [14]
  130. 2007年2月 [16]
  131. 2007年1月 [5]
  132. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5