東日本大震災で、3月12日に国土交通省より一関支部に三陸国道大船渡出張所へ派遣の依頼を受けました。

内容は、陸前高田市国道45号線の通行確保する為の作業で、バックホウ2台、ブルドーザ2台、ダンプ4台等オペレーター、運転手が3月13日陸前高田市の長部へ16名出発。
3月14日は約1,000mの道路上のガレキの撤去作業、15日は約300m他、2ヶ所200mの道路上のガレキ撤去作業を6名で行ない、翌日には作業終了したため重機を引き上げました。

DSCsaigaiF0017.jpg

DSCsaigaiF0020.jpg

DSCsaigaiF0022.jpg

DSCsaigaiF0028.jpg

DSCsaigaiF0031.jpg

陸前高田市立気仙中学校校舎
DSCsaigaiF0035.jpg

DSCsaigaiF0050.jpg

DSCsaigaiF0058.jpg

DSCsaigaiF0060.jpg

DSCsaigaiF0074.jpg