2016年4月の記事一覧

北上川河川敷清掃活動

平成28年度北上川河川敷清掃活動を4月26日(火)北上展勝地から下流約1.5kmにわたって行いました。北上川流域一斉清掃活動は、4月16日日に行われましたが、展勝地のさくらの見頃と重なったため交通渋滞を考慮して10日遅らせての実施となりました。

P1030234

北上支部会員企業等から43社79人が参加しました。

P1030228

開始前に支部長からあいさつ

P1030226

年々ゴミの量が少なくなっています。

P1030240

00DSC00477
あいにくの雨のなか、本日も実技講習が行われています。

受講者数27名、修了試験(実技)は16:30の予定です。

00DSC00468

昨日は荷の運搬に関する知識、力学に関する知識、関係法令の講習、本日2日目は荷の運搬実技講習です。

遠野東和自転車道案内図

国道283号遠野市綾織町付近です。国道に沿って猿ヶ石川堤防沿いに桜並木があります。看板のあるところに駐車場があります。

さくら満開

さくら並木より綾織地区センターへの脇道にさくらが植栽されておりますさくら満開

下の写真は、遠野から花巻方面への並木道です。

さくらが満開

遠野は、遠野音頭にもありますハア~ア うめっこほめたらさくらっこすねえた♪♪・・とあり梅の花と桜の花咲いています。

ことしもSLがもう走りました、ぜひお時間を見つけておいで下さい。

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。
東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている建設業景況調査9月調査(平成27年度第4回、東日本大震災被災地版)を「各種情報」内の「東日本建設業保証(株)岩手支店提供資料」に掲載しました。

110721higashinihon.gif


↓PDFファイル↓


建設業景況調査(岩手県版)3月調査
 調査結果(概要) → こちら(PDF)
 データ表 → こちら(PDF)

建設業景況調査(東日本大震災被災地版)3月調査
 調査結果(概要) → こちら(PDF)

振興局土木部との意見交換会

大船渡土木センターとの意見交換会が行われました。

役員全員と青年部が参加のもと

田中センター所長の「忌憚のないご意見を・・・」との挨拶のから始まり

活発で有意義な意見交換会となりました。

4月24日(日)、花巻市日居城野運動公園陸上競技場を発着点とし、第4回イーハトーブ花巻ハーフマラソンが開催されました。

昨年に引き続き、岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会花巻支部の会員が、受付・案内係として大会運営にボランティアで協力しました。DSCF0998

午前6時からの作業でしたが、次々と選手が受付けに訪れる選手を「マネジングスタッフ 花巻」の揃いのジャンパーの女性スタッフが迎えます。

DSCF1001

早い時間帯の様子ですが、競技開始時間が近づくと大変な混雑となりました。

DSCF1003

今年は、ハーフマラソンの部、10キロの部、3キロの部にこれまで最多の2,863人の選手が参加しました。

スタートから競技場を抜けるまで、選手の波が続きます。

DSCF1010

DSCF1012

選手は、晴天のもと、気持ち良く走ることができました。まだ4回目の開催ですが、全国各地から多くのランナーが集う花巻市の一大スポーツイベントとして定着した大会となりました。

 

女性マネジング協議会花巻支部では、10月に開催されるいわて国体でも、大会運営にボランティア協力する予定です。

盛岡市内花だより

23日土曜日花を求めて自転車で盛岡市内を散策しました。

北上川からスタート

H28.4.23花めぐり0011

肴町にある盛岡市の杜陵老人福祉センターの庭園にある古木です。

H28.4.23花めぐり0012

原敬の墓所のある大慈寺正門

H28.4.23花めぐり0013

米内光正の墓がある円光寺にも見事な桜があります。

H28.4.23花めぐり0021

建設会館近くの松尾神社、以前はこの桜の下でお花見をしたそうです。

H28.4.23花めぐり0019

盛岡八幡宮境内も満開でした

H28.4.23花めぐり0016

盛岡城跡公園

H28.4.23花めぐり0017H28.4.23花めぐり0018

県営体育館H28.4.23花めぐり0020

国立病院機構盛岡病院

H28.4.23花めぐり0015

前九年公園

H28.4.23花めぐり0014

盛岡城跡公園での夜桜

久しぶりに盛岡城跡公園の夜桜見物に出かけました。

H28.4.21夜桜0011

30年以上も前、午後から仕事を休んで場所取りに来なければ確保できなかったことが思い出されます。

H28.4.21夜桜0013

この日は、IBCの中継放送が行われていました。

H28.4.21夜桜0014

H28.4.21夜桜0012

熊本県を中心に相次いでいる地震では甚大な被害が出ており、犠牲となられた皆様に深く哀悼の意を表しますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

地元の建設業関係者におかれましては、最前線で災害復旧に当たられていることと思います。緊急対応は、土砂災害、道路等復旧、建築物の改修や解体、ガレキの撤去、上下水道等の管路復旧など多岐にわたり、余震が続く中では非常に危険な作業を伴います。


東日本大震災発生当初にホームページ上で掲載した教訓を参考までに紹介いたします。建設業関係者をはじめ、復旧作業に従事される皆様が無事に作業にあたられますことをお祈り申し上げます。

≪東日本大震災発生当初 復旧作業、がれき撤去作業に関わる教訓≫
1.現場で不足したもの
①今回の震災では燃料不足(軽油やガソリン)が深刻な事態に陥った。
②作業で必要な防塵マスク、作業用手袋、作業用ゴム手袋、軍手、タオル、ブルーシート、安全ベストが不足した。
③ダンプなどの車両が釘などを踏みパンク、パンク修理が出来る場所がなかった。
④重機が故障、重機の修理を出来る場所がなかった。

2.健康上の問題と対策
①乾いた土砂などが風で舞い、粉塵が立ち込める→防塵マスク、ゴーグル
②流された建材に紛れ込む石綿→防塵マスク、散水・薬液処理による湿潤化、建材を割らない
③傷口から破傷風に感染の恐れ→丈夫な手袋、安全靴など底の厚い靴、長袖の作業着、傷を負った際の洗浄・治療、予防接種
④PCBの混在→古いトランス、コンデンサー等PCBを含むものを触らない

3.安全上の問題と対策
①余震による津波の発生→ラジオで把握、避難経路の確保
②作業員、第三者と作業用機械の接触→第三者の立ち入り禁止、作業半径内立ち入り禁止、誘導
③被災した建物の倒壊→建物の状況・強度確認
④重ねたガレキの倒壊→重ね過ぎない、ガレキ上での作業を避ける
⑤釘の踏み抜き→安全靴など底の厚い靴、鉄板入りなど

kyoukun160421

そのとき地元建設業は3.11東日本大震災、最前線の記憶(作業従事者38名)
http://www.iwaken.or.jp/00data/kiokuwoomoini/p096_memory.pdf
※最前線の作業従事者の教訓などを綴っています。



以下、参考までに災害復旧に係るリンクを掲載します。

≪関連リンク集≫
<厚生労働省>
がれきの処理における留意事項
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/110502-2.html
平成23年東北地方太平洋沖地震による災害復旧工事における労働災害防止対策の徹底について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014tr1-img/2r98520000015hkw.pdf
平成23年東北地方太平洋沖地震による災害復旧工事における労働災害防止対策の徹底について(その2)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016rlr-img/2r98520000016sgp.pdf


<NHK岩手放送局(平成26年5月放送)>
復興工事の労働災害 なぜ増えているの?
http://www.nhk.or.jp/morioka/obandesu/newsnohatena/140508/index.html


<独立行政法人労働安全衛生総合研究所>
東日本大震災の復旧・復興作業における労働災害分析結果について(第 2 報)
https://www.jniosh.go.jp/publication/doc/kensetsu_kouji_rousai120710.pdf
災害復旧建設工事における労働災害防止対策
https://www.jniosh.go.jp/publication/doc/kensetsu_kouji.pdf
災害復旧建設工事における労働災害防止対策(その2)
 https://www.jniosh.go.jp/publication/doc/kensetsu_kouji.pdf

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年8月 [16]
  2. 2017年7月 [20]
  3. 2017年6月 [14]
  4. 2017年5月 [14]
  5. 2017年4月 [18]
  6. 2017年3月 [20]
  7. 2017年2月 [18]
  8. 2017年1月 [16]
  9. 2016年12月 [19]
  10. 2016年11月 [22]
  11. 2016年10月 [16]
  12. 2016年9月 [33]
  13. 2016年8月 [23]
  14. 2016年7月 [23]
  15. 2016年6月 [17]
  16. 2016年5月 [20]
  17. 2016年4月 [25]
  18. 2016年3月 [21]
  19. 2016年2月 [16]
  20. 2016年1月 [13]
  21. 2015年12月 [20]
  22. 2015年11月 [21]
  23. 2015年10月 [27]
  24. 2015年9月 [10]
  25. 2015年8月 [22]
  26. 2015年7月 [20]
  27. 2015年6月 [15]
  28. 2015年5月 [17]
  29. 2015年4月 [16]
  30. 2015年3月 [17]
  31. 2015年2月 [15]
  32. 2015年1月 [14]
  33. 2014年12月 [19]
  34. 2014年11月 [27]
  35. 2014年10月 [24]
  36. 2014年9月 [18]
  37. 2014年8月 [39]
  38. 2014年7月 [21]
  39. 2014年6月 [18]
  40. 2014年5月 [16]
  41. 2014年4月 [21]
  42. 2014年3月 [22]
  43. 2014年2月 [15]
  44. 2014年1月 [20]
  45. 2013年12月 [21]
  46. 2013年11月 [23]
  47. 2013年10月 [20]
  48. 2013年9月 [12]
  49. 2013年8月 [18]
  50. 2013年7月 [33]
  51. 2013年6月 [20]
  52. 2013年5月 [30]
  53. 2013年4月 [16]
  54. 2013年3月 [10]
  55. 2013年2月 [8]
  56. 2013年1月 [13]
  57. 2012年12月 [15]
  58. 2012年11月 [16]
  59. 2012年10月 [13]
  60. 2012年9月 [12]
  61. 2012年8月 [17]
  62. 2012年7月 [11]
  63. 2012年6月 [10]
  64. 2012年5月 [12]
  65. 2012年4月 [11]
  66. 2012年3月 [6]
  67. 2012年2月 [10]
  68. 2012年1月 [12]
  69. 2011年12月 [11]
  70. 2011年11月 [16]
  71. 2011年10月 [15]
  72. 2011年9月 [10]
  73. 2011年8月 [19]
  74. 2011年7月 [22]
  75. 2011年6月 [15]
  76. 2011年5月 [13]
  77. 2011年4月 [14]
  78. 2011年3月 [20]
  79. 2011年2月 [15]
  80. 2011年1月 [14]
  81. 2010年12月 [10]
  82. 2010年11月 [9]
  83. 2010年10月 [20]
  84. 2010年9月 [18]
  85. 2010年8月 [20]
  86. 2010年7月 [12]
  87. 2010年6月 [16]
  88. 2010年5月 [15]
  89. 2010年4月 [14]
  90. 2010年3月 [8]
  91. 2010年2月 [13]
  92. 2010年1月 [21]
  93. 2009年12月 [16]
  94. 2009年11月 [23]
  95. 2009年10月 [38]
  96. 2009年9月 [33]
  97. 2009年8月 [26]
  98. 2009年7月 [27]
  99. 2009年6月 [24]
  100. 2009年5月 [13]
  101. 2009年4月 [17]
  102. 2009年3月 [15]
  103. 2009年2月 [23]
  104. 2009年1月 [31]
  105. 2008年12月 [37]
  106. 2008年11月 [30]
  107. 2008年10月 [55]
  108. 2008年9月 [40]
  109. 2008年8月 [49]
  110. 2008年7月 [48]
  111. 2008年6月 [35]
  112. 2008年5月 [17]
  113. 2008年4月 [11]
  114. 2008年3月 [6]
  115. 2008年2月 [9]
  116. 2008年1月 [13]
  117. 2007年12月 [12]
  118. 2007年11月 [14]
  119. 2007年10月 [20]
  120. 2007年9月 [14]
  121. 2007年8月 [20]
  122. 2007年7月 [13]
  123. 2007年6月 [15]
  124. 2007年5月 [10]
  125. 2007年4月 [6]
  126. 2007年3月 [14]
  127. 2007年2月 [16]
  128. 2007年1月 [5]
  129. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.2