盛岡支部 一覧

3月8日(水)盛岡広域振興局では、特に施工成績が良好で他の模範となる工事を「盛岡広域振興局優良県営建設工事」として表彰する制度を創設し次の工事を表彰しました。

①山根地区予防治山工事 三陸土建(株)

②主要地方道岩手平舘線苗代沢歩道橋新設工事 (株)遠忠

③一般国道281号大坊地区道路改良(その9)工事 (株)佐藤建設

④基幹水利施設ストックマネジメント事業岩手3期地区(松川第1頭首工)第3号工事 高橋建設(株)

⑤都市計画道路向中野安倍館線仙北一丁目地区街路改良舗装(その2)工事 岩手建工(株)

⑥県営松園アパート(10号棟)リフレッシュ(電気設備)工事 (有)柾屋電設

H29.3.8局長表彰0011

H29.3.8局長表彰0012

新規入職者不足への対策として、地元就職ガイドブック『建設業のしごとを紹介します!!』を作成しました。

image

「建設業のしごと」、「地域を守る建設業」、「地元で働く技術者」を掲載しているほか31社の会員のプロフィール、会社情報、採用情報を紹介しています。

image

管内の高校、大学、専門学校、国、県及び市町役場に役員が直接出向いて地元建設業への就職をお願いしたほか管内の中学校にも送付して将来の就職についてお願いします。

昨日は盛岡工業高校の2年生に配付したほか盛岡広域振興局長にお願いに行ってきました。

H29.2.23ガイドブック0011

合同就職説明会を開催

平成29年2月23日(木)岩手県立盛岡工業高等学校で今年で3回目となる合同就職説明会を開催し、土木科と建築・デザイン科の2年生全員が参加しました。

H29.2.23合同就職説明会0017

遠藤支部長の挨拶のあと2名の盛岡工業高校OBから自分の体験談等を伝えながら後輩諸君も是非地元建設業へ就職するよう呼び掛けました。

土木科卒業の(株)山崎組 木村圭さん

H29.2.23合同就職説明会0012

建築科卒業の菱和建設(株) 真野雅義さん

H29.2.23合同就職説明会0013

その後、参加企業19社のブースで個別の面談が行われました。

H29.2.23合同就職説明会-20011

テレビ岩手の取材もあり、夕方のニュースでも紹介されました。

H29.2.23合同就職説明会0016

DSC_0059雪を掻きこむ赤いオーガが迫力のロータリ除雪車
新潟トランシスNR302

岩手県建設業協会盛岡支部青年部会では、県盛岡広域振興局と共に雫石町小岩井農場で行われた第50回いわて雪まつりの会場で除雪機械ふれあい体験を行いました。

続きを読む

安全研修会を開催

平成29年1月24日(火)安全研修会を建設研修センター大ホールで開催し、会員約80名が参加しました。H29.1.24安全研修会0014

最初に盛岡労働基準監督署の漉磯寿安全衛生課長から「最近の災害事例と災害防止」と題してお話しがありました。事故件数の多い墜落・転落事故について実例も交えて詳しく説明がありました。

H29.1.24安全研修会0011

続いて労働安全コンサルタントの佐藤史朗氏から「安全管理者のための効果的な指導法」と題して安全衛生教育推進のポイント等について詳しく説明がありました。

H29.1.24安全研修会0013

最後に東北電力(株)盛岡営業所の高祖宣明安全主査から「建設現場の電気安全」と題して工事現場での送電線、配電線事故の防止について説明がありました。

H29.1.24安全研修会0012

平成29年1月13日(金)新春講演会と新年交賀会を盛岡グランドホテルで開催しました。

新春講演会では、盛岡広域振興局の細川健次土木部長から『盛岡広域振興局土木部の取組み』と題して講演がありました。

H29.1.13新年交賀会0011

盛岡支部の会員も多数駆けつけた台風10号の被災状況や復旧への取組み状況等が発表されました。

H29.1.13新年交賀会0012

また、これから管内で施工される大型工事の内容など夢のある事業が多く発表され、会員約100名が熱心に聴講しました。

H29.1.13新年交賀会0013

その後、新年交賀会が会員・来賓総勢140名で行われました。

H29.1.13新年交賀会0014

新年交賀会の席上で盛岡広域振興局長から当支部に「災害対策功労者」として感謝状が贈呈されました。

H29.1.13新年交賀会0015

H29.1.13新年交賀会0016

12月27日(火)鳥インフルエンザ防疫対策会議が盛岡地区合同庁舎で開催され、遠藤盛岡支部長以下9人の支部役員と中央家畜保健衛生所、盛岡広域振興局土木部長等の職員で対策会議が開催されました。

DSC09943

昨日、県自然保護課の発表では県内では4例目(管内でも3例目)の野鳥から高病原性鳥インフルエンザウィルスが検出されており、発生した時に備えての会議でした。

DSC09946

時系列の対応状況や埋却方法等について意見交換されたほか、今年の新潟県での事例のスライドも映し出されました。

DSC09948

DSC09951

 

もし、発生した場合は、当支部に第1報が入ってから24時間以内の殺処分、72時間以内の埋却終了など24時間体制、3交代での対応になります。

管内には数万羽~100万羽の養鶏場が約60箇所あることから、発生しないことを祈るばかりです。

第13回土木合同セミナー

12月7日(水)「エスポワールいわて」で当支部など6団体の主催で第13回土木合同セミナーが開催されました。

主催者代表挨拶 細川健次 盛岡広域振興局土木部長 H28.12.7土木合同セミナー0011

県土整備部から「台風10号による被災概要について」発表があった後に各現場の対応状況と今後に向けて

①「国道106号(区界~新川)における災害応急対応」岩井建設(株) 現場代理人 工藤史拓氏H28.12.7土木合同セミナー0013

H28.12.7土木合同セミナー0015

②「国道455号二升石地区における災害応急対応」(株)遠忠 代表取締役 遠藤忠臣氏H28.12.7土木合同セミナー0014

H28.12.7土木合同セミナー0016

セミナーは260人が聴講しました。H28.12.7土木合同セミナー0018

セミナーの様子はNHKの取材も!ニュースにでたかな?H28.12.7土木合同セミナー0017

セミナー終了後には各団体の交流会が行われました。H28.12.7土木合同セミナー20011

12月5日(月)岩手労働局・岩手県・建災防岩手県支部合同の安全パトロールが実施されました。

岩手県立療育センター及び岩手県立盛岡となん支援学校(仮称)新築工事が52億9,000万円で鹿島建設(株)・(株)熊谷組・菱和建設(株)特定企業共同体によって行われています。

H28.12.5安全パト0017

工事は、他に空調設備12億6,600万円、電気設備が11億900万円、衛星設備が7億4,500万円、昇降機設備が1億1,144.4万円で進められており約100人による作業が行われていました。

H28.12.5安全パト0011H28.12.5安全パト0012

H28.12.5安全パト0015

現場には女性の技術者や技能者が多くみられました。

H28.12.5安全パト0014H28.12.5安全パト0013

最後に岩手労働局長、県土整備部長、木下建災防岩手県支部長から労働者に対して冬期間における労働災害防止についての挨拶がありました。H28.12.5安全パト0016

11月22日(火)青年部と盛岡広域振興局との合同研修会がサンセール盛岡で開催されました。

H28.11.22青年部研修会0012

 

H28.11.22青年部研修会0013

最初に盛岡広域振興局土木部道路河川室長の岩渕和弘様から「建設業の人材確保・育成対策」と題して県内建設業の現状と課題、国・県の取り組み、これからできること等について話題提供があり、青年部の若手経営者を中心に各社の取り組みや現状等について議論されました。

H28.11.22青年部研修会0011会員から提案された個別事項について、現場代理人や県の担当者も一緒になって確認しました。

H28.11.22青年部研修会-20011

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年9月 [3]
  2. 2018年8月 [19]
  3. 2018年7月 [25]
  4. 2018年6月 [15]
  5. 2018年5月 [11]
  6. 2018年4月 [13]
  7. 2018年3月 [10]
  8. 2018年2月 [17]
  9. 2018年1月 [10]
  10. 2017年12月 [12]
  11. 2017年11月 [17]
  12. 2017年10月 [20]
  13. 2017年9月 [8]
  14. 2017年8月 [28]
  15. 2017年7月 [20]
  16. 2017年6月 [14]
  17. 2017年5月 [14]
  18. 2017年4月 [18]
  19. 2017年3月 [20]
  20. 2017年2月 [18]
  21. 2017年1月 [16]
  22. 2016年12月 [19]
  23. 2016年11月 [22]
  24. 2016年10月 [16]
  25. 2016年9月 [33]
  26. 2016年8月 [23]
  27. 2016年7月 [23]
  28. 2016年6月 [17]
  29. 2016年5月 [20]
  30. 2016年4月 [25]
  31. 2016年3月 [21]
  32. 2016年2月 [16]
  33. 2016年1月 [13]
  34. 2015年12月 [20]
  35. 2015年11月 [21]
  36. 2015年10月 [27]
  37. 2015年9月 [10]
  38. 2015年8月 [22]
  39. 2015年7月 [20]
  40. 2015年6月 [15]
  41. 2015年5月 [17]
  42. 2015年4月 [16]
  43. 2015年3月 [17]
  44. 2015年2月 [15]
  45. 2015年1月 [14]
  46. 2014年12月 [19]
  47. 2014年11月 [27]
  48. 2014年10月 [24]
  49. 2014年9月 [18]
  50. 2014年8月 [39]
  51. 2014年7月 [21]
  52. 2014年6月 [18]
  53. 2014年5月 [16]
  54. 2014年4月 [21]
  55. 2014年3月 [22]
  56. 2014年2月 [15]
  57. 2014年1月 [20]
  58. 2013年12月 [21]
  59. 2013年11月 [23]
  60. 2013年10月 [20]
  61. 2013年9月 [12]
  62. 2013年8月 [18]
  63. 2013年7月 [33]
  64. 2013年6月 [20]
  65. 2013年5月 [30]
  66. 2013年4月 [16]
  67. 2013年3月 [10]
  68. 2013年2月 [8]
  69. 2013年1月 [13]
  70. 2012年12月 [15]
  71. 2012年11月 [16]
  72. 2012年10月 [13]
  73. 2012年9月 [12]
  74. 2012年8月 [17]
  75. 2012年7月 [11]
  76. 2012年6月 [10]
  77. 2012年5月 [12]
  78. 2012年4月 [11]
  79. 2012年3月 [6]
  80. 2012年2月 [10]
  81. 2012年1月 [12]
  82. 2011年12月 [11]
  83. 2011年11月 [16]
  84. 2011年10月 [15]
  85. 2011年9月 [10]
  86. 2011年8月 [19]
  87. 2011年7月 [22]
  88. 2011年6月 [15]
  89. 2011年5月 [13]
  90. 2011年4月 [14]
  91. 2011年3月 [20]
  92. 2011年2月 [15]
  93. 2011年1月 [14]
  94. 2010年12月 [10]
  95. 2010年11月 [9]
  96. 2010年10月 [20]
  97. 2010年9月 [18]
  98. 2010年8月 [20]
  99. 2010年7月 [12]
  100. 2010年6月 [16]
  101. 2010年5月 [15]
  102. 2010年4月 [14]
  103. 2010年3月 [8]
  104. 2010年2月 [13]
  105. 2010年1月 [21]
  106. 2009年12月 [16]
  107. 2009年11月 [23]
  108. 2009年10月 [38]
  109. 2009年9月 [33]
  110. 2009年8月 [26]
  111. 2009年7月 [27]
  112. 2009年6月 [24]
  113. 2009年5月 [13]
  114. 2009年4月 [17]
  115. 2009年3月 [15]
  116. 2009年2月 [23]
  117. 2009年1月 [31]
  118. 2008年12月 [37]
  119. 2008年11月 [30]
  120. 2008年10月 [55]
  121. 2008年9月 [40]
  122. 2008年8月 [49]
  123. 2008年7月 [48]
  124. 2008年6月 [35]
  125. 2008年5月 [17]
  126. 2008年4月 [11]
  127. 2008年3月 [6]
  128. 2008年2月 [9]
  129. 2008年1月 [13]
  130. 2007年12月 [12]
  131. 2007年11月 [14]
  132. 2007年10月 [20]
  133. 2007年9月 [14]
  134. 2007年8月 [20]
  135. 2007年7月 [13]
  136. 2007年6月 [15]
  137. 2007年5月 [10]
  138. 2007年4月 [6]
  139. 2007年3月 [14]
  140. 2007年2月 [16]
  141. 2007年1月 [5]
  142. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.7