盛岡支部 一覧

道路清掃

毎年恒例の建設業B級盛岡支部による国道106号線(距離20.5km)の
道路清掃を7月24日に行いました。
当日は、25社77名が参加し、9工区に分けて実施いたしました。

空き缶(特にノンアルコールビール缶が目立ちました。)や吸い殻等多くのゴミがありました。また、一緒にデリネーターの清掃も行いました。

支部会長 全員写真

支部会長あいさつ

参加者全員写真

盛岡支部では、毎年行っている管内の道路、河川及び急傾斜地等の崩壊個所を調査し、7月22日(月)盛岡広域振興局土木部長及び岩手土木センター所長に報告しました。DSC00766

土木部管内(盛岡市、雫石町、滝沢村、矢巾町、紫波町)は、道路9カ所、河川42カ所の崩壊が報告されました。

DSC00773

岩手土木センター管内(八幡平市、葛巻町、岩手町)は、道路2カ所、河川27カ所の崩壊が報告されました。DSC00774

会員企業への発注のほか公共工事の早期発注、通年施工の確保等についても要望しました。

平成25年度通常総会

一般社団法人岩手県建設業協会盛岡支部と盛岡地区建設協議会の通常総会が次のとおり開催されました。

平成25年5月15日(水)13:30

建設研修センター

DSC00527

木下支部長は、開会挨拶のなかで「県内経済振興のためにも内陸部における積極的な発注が必要である。」と述べました。

DSC00526

佐々木博県議会議長、杉原永康盛岡広域振興局長の祝辞がありました。

DSC00528

DSC00532

次の方々が表彰されました。

☆特別功労者

遠藤忠志様 (株)遠忠 代表取締役社長

熊谷則子様 (株)熊谷工務店 代表取締役

吉田美知子様 吉武建設(株) 取締役総務部長

中屋敷昭夫様 (株)渡辺土木 代表取締役

成田豊英様 (有)成田組 代表取締役

佐々木和久様 (株)佐々木組 代表取締役

☆永年建設業務に精励し、特に成績優秀な者

斉藤勝明様 (株)佐々木組

鷹觜智子様 橘建設(株)

野崎義雄様 橘建設(株)

高橋和広様 岩手建工(株)

渡辺大義様 (株)佐々木組

藤原晋也様 吉武建設(株)

菊池勝則様 菱和建設(株)

DSC00533DSC00540

平成24年度事業報告及び決算、平成25年度事業計画及び予算が原案通り承認されました。

DSC00543

4月20日(土)北上川流域一斉清掃活動が国土交通省東北整備局岩手河川国道事務所の主催で実施され、盛岡支部の会員も約400名が参加しました。DSC00495

午前9時都南大橋下流の会場にも大勢の会員があつまりました。DSC00499

午前9時10分清掃活動開始 昨年は、大きな水害もなかったことからゴミも少ないことを想定していましたが・・・DSC00503

河川敷に投棄したと思われる段ボールに入った家電製品・・・・DSC00507

寝具等も・・・DSC00510

テレビ、掃除機・・・不法投棄の多さにガッカリしました。

1月11日(金)盛岡グランドホテルで盛岡支部の新春講演会と新年交賀会が開催されました。

約90名参加の新春講演会では、盛岡広域振興局の野中 聡土木部長から「盛岡広域振興局土木部の課題と取組みについて」と題して管内の取組み状況や来年度の見通しなどについて1時間余りの講演が行われました。

DSC00428

来年度予算は、岩手土木センターや簗川ダムで大幅に増加する見込みであることや、今年度末には10億円規模の発注を予定していること、杜の大橋の4車線化や徳田橋のなど管内の主要な事業について説明がありました。

DSC00427

午後6時からは建設業協会盛岡支部と盛岡市建設業協同組合、盛岡地区建設協議会合同の新年交賀会が約140名の参加で開催されました。

木下支部長、中村理事長の挨拶のあと、佐々木博県議会議長、谷藤盛岡市長(細田副市長代理)、菊池盛岡広域振興局長、宇部建設業協会会長の祝辞があり、柳村県議会副議長の発声で乾杯が行われ、新年を祝うとともに業界・地域の発展を祈って懇談に入りました。

【木下支部長挨拶】

DSC00442

【中村理事長挨拶】

DSC00447

【佐々木県議会議長祝辞】

DSC00451

【細田副市長祝辞】

DSC00453

【菊池盛岡広域振興局長祝辞】

DSC00457

【宇部建設業協会長祝辞】

DSC00465 【柳村県議会副議長乾杯】

DSC00469

11月8日(木)岩手県で初めて総合的な「高病原性鳥インフルエンザ防疫演習」が行われ、当盛岡支部は掘削・埋設業務を担当しました。当日は県、市町村の鳥インフルエンザ担当約200人がアピオに集合し、午前中は机上演習を行いました。

DSC00363

午後からは、実際に防護服を着用しての演習です。

DSC00366

建設業協会盛岡支部会員が、畜産研究所に埋設用の穴(底:4m×20m×深4m、表面8m×20m)を前日4時間で掘削しました。5万羽規模の場合は底面で54m必要です。

DSC00359

午後1時半、フレコンバックに入った疑似汚染物質4袋を埋設しました。5万羽規模の場合は3段重ねで750袋の埋設になります。

DSC00376

消毒用の消石灰も重機で散布しました。埋戻しまで含めたこれらの作業を発生から3日以内に終えなければなりません。DSC00378

平成16年に全国で初めて高病原性の鳥インフルエンザが発生してから、県内ではまだ発生していませんが、これから渡り鳥が来る季節を迎え、本番が来ないことを祈っています。

今年で4回目となる県庁前ボランティア落葉清掃を11月3日(土)行いました。DSCN4894

朝6時管内のC級会員30名が県の盛岡地区合同庁舎集合しました。八幡平市田山の会員もいました。会社出発時は真っ暗です。

DSCN4898

前日の強風で盛岡市役所から裁判所までの歩道は落葉で埋め尽くされていました。

DSCN4899

車道も落葉で埋め尽くされています。

DSCN4904

清掃作業開始

DSCN4912

歩道は、みるみるきれいになっていきます。

DSCN4915

朝7時、1時間で歩道はすっかりきれいになりました。

DSCN4921

ゴミ袋で80袋、三ケ所の集積所に集められました。

DSCN4925

最後に記念撮影、30名の精鋭です。落葉清掃は11月中の毎週土曜日の朝6時から7時まで行われ、バス停の屋根は高所作業車も持ち込んで清掃します。

7月27日、盛岡市浅岸の綱取ダムにおいて、自然に親しむイベント

「森と湖 in 綱取」2012!が開催されました。

盛岡支部青年部では、事業活動の一環としてとしてイベントのお手伝いをしました。

 

P7276149

 

地図画像

 

イベント概要

・森林浴

・木工教室

・魚のつかみ取り

・ダム施設見学

・ダム湖巡航

 

盛岡支部青年部では、おもに魚のつかみ取り、ダム湖巡航のお手伝いをさせていただきました。

 

準備の様子

P7276133 P7276136
土のうを作って・・・ 小川をせき止めました
P7276137 P7276138
日差しが強いのでテントは必須です 建設業の本領発揮!の桟橋

 

イベントの様子

P7276166 P7276163
「ホラッ!そごッ!」「え、どごどご?」 高学年のプライドにかけて、自分で獲る!
P7276174 P7276146
「森と湖」に最もふさわしいダム湖巡回 頬きる風が気持ちいいです!

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

P7276145
♪波のォ~谷間にィ~

綱取ダムで漁師発見!?

P7276148
果たしてその正体は、サービス精神旺盛な青年部会員でした!

盛岡支部青年部では、7月3日に矢巾町立煙山小学校において、ふれあい事業を行いました。

 

P1010255

 

事業概要

参加児童:矢巾町立煙山小学校6年生89名

バックホウの試乗体験

コンバインドローラーの試乗体験

高所作業車の試乗体験

光波測距儀による測量体験

グラウンドの整備

 

clip_image002[4] clip_image002[6]
私が一番バックホウをうまく使えるんだ!
こいつ・・・動くぞ!
P1010203 P1010190

ちょっと怖いけど・・・いい眺め!

1歩が1mで、15歩で15mのはず・・・!?
P7036010 P1010266
プロのスコップさばきでグラウンド整備 みなさんありがとうございました

「東北六魂祭」が5月26日(土)27日(日)の両日盛岡市の中央通りを中心に行われました。

天候にも恵まれ、全国から24万人の見物客でにぎわいました。盛岡支部では全国からのお客様を気持ちよくお迎えするため、祭りの前日の25日に、盛岡駅から中央通までの区間を会員企業21社42名で道路清掃活動を行いました。

今年度2回目になる盛岡支部の社会貢献活動の模様は、岩手朝日テレビのお昼のニュースでも放映されました。

道路清掃1.jpg 道路清掃2.jpg
道路清掃3.jpg 道路清掃4.jpg


東北六魂祭1.jpg 東北六魂祭2.jpg


東北六魂祭3.jpg


このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年4月 [4]
  2. 2018年3月 [10]
  3. 2018年2月 [17]
  4. 2018年1月 [10]
  5. 2017年12月 [12]
  6. 2017年11月 [17]
  7. 2017年10月 [20]
  8. 2017年9月 [8]
  9. 2017年8月 [28]
  10. 2017年7月 [20]
  11. 2017年6月 [14]
  12. 2017年5月 [14]
  13. 2017年4月 [18]
  14. 2017年3月 [20]
  15. 2017年2月 [18]
  16. 2017年1月 [16]
  17. 2016年12月 [19]
  18. 2016年11月 [22]
  19. 2016年10月 [16]
  20. 2016年9月 [33]
  21. 2016年8月 [23]
  22. 2016年7月 [23]
  23. 2016年6月 [17]
  24. 2016年5月 [20]
  25. 2016年4月 [25]
  26. 2016年3月 [21]
  27. 2016年2月 [16]
  28. 2016年1月 [13]
  29. 2015年12月 [20]
  30. 2015年11月 [21]
  31. 2015年10月 [27]
  32. 2015年9月 [10]
  33. 2015年8月 [22]
  34. 2015年7月 [20]
  35. 2015年6月 [15]
  36. 2015年5月 [17]
  37. 2015年4月 [16]
  38. 2015年3月 [17]
  39. 2015年2月 [15]
  40. 2015年1月 [14]
  41. 2014年12月 [19]
  42. 2014年11月 [27]
  43. 2014年10月 [24]
  44. 2014年9月 [18]
  45. 2014年8月 [39]
  46. 2014年7月 [21]
  47. 2014年6月 [18]
  48. 2014年5月 [16]
  49. 2014年4月 [21]
  50. 2014年3月 [22]
  51. 2014年2月 [15]
  52. 2014年1月 [20]
  53. 2013年12月 [21]
  54. 2013年11月 [23]
  55. 2013年10月 [20]
  56. 2013年9月 [12]
  57. 2013年8月 [18]
  58. 2013年7月 [33]
  59. 2013年6月 [20]
  60. 2013年5月 [30]
  61. 2013年4月 [16]
  62. 2013年3月 [10]
  63. 2013年2月 [8]
  64. 2013年1月 [13]
  65. 2012年12月 [15]
  66. 2012年11月 [16]
  67. 2012年10月 [13]
  68. 2012年9月 [12]
  69. 2012年8月 [17]
  70. 2012年7月 [11]
  71. 2012年6月 [10]
  72. 2012年5月 [12]
  73. 2012年4月 [11]
  74. 2012年3月 [6]
  75. 2012年2月 [10]
  76. 2012年1月 [12]
  77. 2011年12月 [11]
  78. 2011年11月 [16]
  79. 2011年10月 [15]
  80. 2011年9月 [10]
  81. 2011年8月 [19]
  82. 2011年7月 [22]
  83. 2011年6月 [15]
  84. 2011年5月 [13]
  85. 2011年4月 [14]
  86. 2011年3月 [20]
  87. 2011年2月 [15]
  88. 2011年1月 [14]
  89. 2010年12月 [10]
  90. 2010年11月 [9]
  91. 2010年10月 [20]
  92. 2010年9月 [18]
  93. 2010年8月 [20]
  94. 2010年7月 [12]
  95. 2010年6月 [16]
  96. 2010年5月 [15]
  97. 2010年4月 [14]
  98. 2010年3月 [8]
  99. 2010年2月 [13]
  100. 2010年1月 [21]
  101. 2009年12月 [16]
  102. 2009年11月 [23]
  103. 2009年10月 [38]
  104. 2009年9月 [33]
  105. 2009年8月 [26]
  106. 2009年7月 [27]
  107. 2009年6月 [24]
  108. 2009年5月 [13]
  109. 2009年4月 [17]
  110. 2009年3月 [15]
  111. 2009年2月 [23]
  112. 2009年1月 [31]
  113. 2008年12月 [37]
  114. 2008年11月 [30]
  115. 2008年10月 [55]
  116. 2008年9月 [40]
  117. 2008年8月 [49]
  118. 2008年7月 [48]
  119. 2008年6月 [35]
  120. 2008年5月 [17]
  121. 2008年4月 [11]
  122. 2008年3月 [6]
  123. 2008年2月 [9]
  124. 2008年1月 [13]
  125. 2007年12月 [12]
  126. 2007年11月 [14]
  127. 2007年10月 [20]
  128. 2007年9月 [14]
  129. 2007年8月 [20]
  130. 2007年7月 [13]
  131. 2007年6月 [15]
  132. 2007年5月 [10]
  133. 2007年4月 [6]
  134. 2007年3月 [14]
  135. 2007年2月 [16]
  136. 2007年1月 [5]
  137. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6