2017年8月の記事一覧

ICT建機施工現場見学会 8月30日、岩手県県土整備部建設技術振興課及び(一社)岩手県建設業協会広報委員会IT部会の共催による「ICT建機施工現場見学会」があり、岩手県職員、協会会員企業、広報委員会IT部会などから約40名が参加しました。

日 時:平成29年8月30日(水)13:30~15:00
場 所:岩手県立千厩高等学校(一関市千厩町千厩字石堂45-2)
対象者:岩手県、建設業協会(近隣会員企業、広報委員会IT部会)他
内 容:ICT建機による施工他
    振動ローラー、ブルドーザー(MC)、バックホウ(MC,MG)
主 催:(一社)岩手県建設業協会広報委員会IT部会、岩手県県土整備部建設技術振興課

<工事概要>
工事名:岩手県立千厩高等学校グラウンド整備工事
工 期:平成28年10月20日から平成30年1月5日
監理者:岩手県教育委員会事務局教育企画室
請負者:横田建設株式会社 代表取締役 横田久義
構造物:ソフトボール・野球・テニス場、弓道場、実習圃場他
工 種:造成工事(範囲3.8ha、掘削工87,800㎥、盛土工57,000㎥、側溝、集水桝他)

当該企業は平成23年より情報化施工に取り組み、3D設計データを自社で作成、保有するICT建機で施工を行っています。これまで情報化施工での多くの施工実績を積み、今回の現場でも自主的に全面的な情報化施工に取り組んでいます。

ICT建機施工現場見学会
挨拶
 岩手県県土整備部建設技術振興課 特命課長 久保田和憲
 (一社)岩手県建設業協会 副会長(広報委員会IT部会部会長)向井田岳
 (一社)岩手県建設業協会千厩支部 支部長 小山裕昭


ICT建機施工現場見学会
ICT建機施工現場見学会
ICT建機施工現場見学会
横田建設株式会社による説明
 工事概要、当現場での情報化施工の取組み、一般的な3D設計データ作成の流れ
 保有ICT機器
 建機:バックホウ4台(MC1、MG3)、ブルドーザー4台、振動ローラー3台、グレーダー1台
 測量機器:自動追尾TS2台、GNSS測定器2台、レーザースキャナー、ドローン

 利点やノウハウをはじめ、課題点などについての説明もありました。


ICT建機施工現場見学会

ICT建機施工現場見学会
メーカーなどによる説明(ICT建機の説明と実機デモ、実機のモニターを表示など)
 岩手測器社:ICT振動ローラー、3Dスキャナによる測量
 コマツ岩手:ICTバックホウ
 トプコンソキアポジショニングジャパン:ICTブルドーザー、3Dスキャナ



ICT建機施工現場見学会

ICT建機施工現場見学会
実機試乗
 MCブルドーザー、MCバックホウ、振動ローラー



便利だから情報化施工を取り入れてきたそうで、自社完結でICT施工に取り組む先進事例でした。機材と人材の確保、ノウハウの蓄積などの難しさも感じました。

また、今後は3Dスキャナやドローンによる測量に本格的に着手し、現況測量や出来形管理、土量管理などに活用を図る予定があることの説明がありました。

北の道クリーンキャンペーン

 平成29年8月24日 二戸支部青年部による「第25回北の道クリーンキャンペーン」を実施しました。
 例年、8月10日の「道の日」に合わせて、県北広域振興局二戸土木センター・東北地方整備局二戸国道維持出張所・各市町村と合同で清掃活動を行なっておりましたが、今回台風の影響により、延期となり、この日、青年部単独開催となりました。

刈払い機作業

 午前は、曇りで作業には適した天気でしたが、午後1時過ぎから雨がポツポツ降り出し、作業開始前から雨足が強くなり、雨の中の作業となりました。

草取り作業

草取り作業

バリカン作業

バリカン作業

刈払い機、バリカン


草収集

2tダンプ2台で処理




岩手県総合防災訓練は、8月25日(金)及び8月26日(土)の両日に開催され、26日(土)の盛岡市立
見前南小学校での障害物除去訓練に参加しました。
当日は、関係機関がそれぞれの訓練を実施しました。

IMG_0732
① ヘリ及びはしご車も参加し救助訓練を行いました。

IMG_0652
② 障害物撤去訓練の準備をしています。

IMG_0696
③ 障害物の撤去訓練です。


IMG_0713
④ 障害物の運搬作業です。


IMG_0740
⑤ 消防作業車の救出訓練です。


閉会式
⑥ 閉会式の様子です。知事、国会議員、県議会議員等の皆さんが出席しました。















8月25日(金)建設研修センター大ホールにおいて、平成29年度土木系工事現場技術発表会が開催されました。当支部からは㈱明和土木 現場代理人 小野寺 智徳さんが、主要地方道大船渡綾里三陸線赤崎地区舗装補修工事について発表しました。00DSC00842

00DSC0084000DSC00841

(一社)岩手県建設業協会釜石支部の主催により平成29年8月24日(木)ホテルサンルート釜石において、山元一典氏黄綬褒章受章祝賀会を開催いたしました。 参加者は121名でした。

主催者挨拶 泉 修一

DSC01012 (1024x768)

祝辞 衆議院議員 鈴木俊一 様 (代理)DSC01015 (1024x768)

祝辞 岩手県沿岸広域振興局長 小向 正悟 様DSC01016 (1024x768)

祝辞 釜石市長 野田 武則 様DSC01019 (1024x768)

祝辞 (一社)岩手県建設業協会 会長 木下 紘 様DSC01021 (1024x768)

 

DSC01009 (1024x768)

DSC01008 (1024x768)

森と湖 in 綱取 2017!

7月26日、盛岡市浅岸の綱取ダムにおいて、自然に親しむイベント

「森と湖 in 綱取」2017!が開催されました。

盛岡支部青年部では、土木施設の魅力を伝える良い機会であるこのイベントで毎年お手伝いをしています。

postar290726

イベント概要

・森林浴

・木工教室

・魚のつかみ取り

・ダム施設見学

・ダム湖巡航

盛岡支部青年部では、主に魚のつかみ取り、ダム湖巡航のお手伝いをさせていただきました。

続きを読む

DSC00941

DSC00936

DSC00940


8月23日、雨の為1日順延されましたが、大船渡北小学校において青年部会による重機体験会が行われました。4・5・6年生101名と、校長先生はじめ教職員の方々が参加され、重機に試乗し、操作を体験しながら建設業への関心を高めました。

亘理青年部会長挨拶

00DSC00827
藤村校長先生挨拶

00DSC0082900DSC00832

00DSC00830



00DSC00834


00DSC00836


00DSC00837




00IMG_8636

メンタルヘルス対策の基礎知識
『建設業労働災害防止安全衛生千厩大会』を一関市千厩町の両磐地域職業訓練センターで開催しました。
当支部の安全大会では、現場代理人や現場技術者の方を中心に参加頂き、実践的な講習会を開催しております。約50名が参加しました。


支部長挨拶(代読 小山副支部長)

開催日時 平成29年8月23日(水)13時30分
開催場所 両磐地域職業訓練センター

メンタルヘルス対策の基礎知識

(内容)
「メンタルヘルス対策の基礎知識」
 岩手産業保健総合支援センター産業保健相談員 山田惠子 様

「なぜ転倒するのか―その原因と予防対策―」他
 DVDビデオによる学習(50分)

「平成29年度労働災害防止活動計画について」
 労働災害防止活動計画に基づく現場での安全管理の注意点


本年度も労働災害の撲滅に向けて、PDCAサイクルを活用した労働災害防止活動に取り組んで参ります。

8月10日「道の日」に合わせ、恒例のクリーンロード作戦を実施。

青年部会員はもとより、県南広域振興局土木部職員の方々 総勢50名ほどが参加し、管内の

県管理道路の着脱場で環境整備を行った。

集合写真

開会式で、千葉部会長(栗原建設)は、「地味な活動だが、毎年の取り組みで作業場所のごみが

少なくなっている印象があり、継続して実施する事が大切」と挨拶。

会長

幸野土木部長は「帰省や観光される方々が気分良く奥州市内を通行して頂くために大切な活動」

と呼び掛け。

土木部長

及川支部長(及常建設)は、「一年で最も車の往来のある時期、奥州市内の道路はいつでも綺麗な

環境と思われる一助になれば」と挨拶。

支部長

一行は3班に分かれ、計7カ所で 道路清掃をPRするのぼりを掲げ作業。

周辺施設の道路を入念に見て周り、ごみ拾いや草刈作業を行った。

併せて、06年のクリーンロード作戦で設置した「啓発看板」の点検。

RIMG2419

 

P8100154

当日の各作業所は、比較的ごみが少なくきれいな状況だった。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年11月 [17]
  2. 2017年10月 [20]
  3. 2017年9月 [8]
  4. 2017年8月 [28]
  5. 2017年7月 [20]
  6. 2017年6月 [14]
  7. 2017年5月 [14]
  8. 2017年4月 [18]
  9. 2017年3月 [20]
  10. 2017年2月 [18]
  11. 2017年1月 [16]
  12. 2016年12月 [19]
  13. 2016年11月 [22]
  14. 2016年10月 [16]
  15. 2016年9月 [33]
  16. 2016年8月 [23]
  17. 2016年7月 [23]
  18. 2016年6月 [17]
  19. 2016年5月 [20]
  20. 2016年4月 [25]
  21. 2016年3月 [21]
  22. 2016年2月 [16]
  23. 2016年1月 [13]
  24. 2015年12月 [20]
  25. 2015年11月 [21]
  26. 2015年10月 [27]
  27. 2015年9月 [10]
  28. 2015年8月 [22]
  29. 2015年7月 [20]
  30. 2015年6月 [15]
  31. 2015年5月 [17]
  32. 2015年4月 [16]
  33. 2015年3月 [17]
  34. 2015年2月 [15]
  35. 2015年1月 [14]
  36. 2014年12月 [19]
  37. 2014年11月 [27]
  38. 2014年10月 [24]
  39. 2014年9月 [18]
  40. 2014年8月 [39]
  41. 2014年7月 [21]
  42. 2014年6月 [18]
  43. 2014年5月 [16]
  44. 2014年4月 [21]
  45. 2014年3月 [22]
  46. 2014年2月 [15]
  47. 2014年1月 [20]
  48. 2013年12月 [21]
  49. 2013年11月 [23]
  50. 2013年10月 [20]
  51. 2013年9月 [12]
  52. 2013年8月 [18]
  53. 2013年7月 [33]
  54. 2013年6月 [20]
  55. 2013年5月 [30]
  56. 2013年4月 [16]
  57. 2013年3月 [10]
  58. 2013年2月 [8]
  59. 2013年1月 [13]
  60. 2012年12月 [15]
  61. 2012年11月 [16]
  62. 2012年10月 [13]
  63. 2012年9月 [12]
  64. 2012年8月 [17]
  65. 2012年7月 [11]
  66. 2012年6月 [10]
  67. 2012年5月 [12]
  68. 2012年4月 [11]
  69. 2012年3月 [6]
  70. 2012年2月 [10]
  71. 2012年1月 [12]
  72. 2011年12月 [11]
  73. 2011年11月 [16]
  74. 2011年10月 [15]
  75. 2011年9月 [10]
  76. 2011年8月 [19]
  77. 2011年7月 [22]
  78. 2011年6月 [15]
  79. 2011年5月 [13]
  80. 2011年4月 [14]
  81. 2011年3月 [20]
  82. 2011年2月 [15]
  83. 2011年1月 [14]
  84. 2010年12月 [10]
  85. 2010年11月 [9]
  86. 2010年10月 [20]
  87. 2010年9月 [18]
  88. 2010年8月 [20]
  89. 2010年7月 [12]
  90. 2010年6月 [16]
  91. 2010年5月 [15]
  92. 2010年4月 [14]
  93. 2010年3月 [8]
  94. 2010年2月 [13]
  95. 2010年1月 [21]
  96. 2009年12月 [16]
  97. 2009年11月 [23]
  98. 2009年10月 [38]
  99. 2009年9月 [33]
  100. 2009年8月 [26]
  101. 2009年7月 [27]
  102. 2009年6月 [24]
  103. 2009年5月 [13]
  104. 2009年4月 [17]
  105. 2009年3月 [15]
  106. 2009年2月 [23]
  107. 2009年1月 [31]
  108. 2008年12月 [37]
  109. 2008年11月 [30]
  110. 2008年10月 [55]
  111. 2008年9月 [40]
  112. 2008年8月 [49]
  113. 2008年7月 [48]
  114. 2008年6月 [35]
  115. 2008年5月 [17]
  116. 2008年4月 [11]
  117. 2008年3月 [6]
  118. 2008年2月 [9]
  119. 2008年1月 [13]
  120. 2007年12月 [12]
  121. 2007年11月 [14]
  122. 2007年10月 [20]
  123. 2007年9月 [14]
  124. 2007年8月 [20]
  125. 2007年7月 [13]
  126. 2007年6月 [15]
  127. 2007年5月 [10]
  128. 2007年4月 [6]
  129. 2007年3月 [14]
  130. 2007年2月 [16]
  131. 2007年1月 [5]
  132. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5