二戸支部 一覧

ふれあい事業

集合写真

7月23日 一戸町立鳥越小学校にて、二戸支部青年部が「建設業ふれあい事業」を開催しました。

児童25名、先生6名、青年部会員等34名が参加し行なわれました。

子供たちは、楽しみにしている「夏休み」を目前にした、"わくわく・どきどき"の一日を過ごしたことでしょう。

バックホウ乗車 乗車前
 

どきどき、わくわく
早くのりたいなあ!

先生も乗車 ローラー乗車

先生も体験乗車

 
高所作業車 高所作業車乗車

校長先生と一緒

わあ~ 上がるぞ!

かき氷 かき氷

乗車終了や待ち時間にかき氷を。

閉会式

 

閉会式では、かき氷を手に持ちながら、たくさんの子供たちから感想発表がありました。

ふれあい事業の感謝を込めての奉仕活動は、「アプローチの簡易舗装」
体験乗車と同時進行。校庭では子供たちが体験乗車を校舎玄関前では、簡易舗装の奉仕活動が行われ、子供たちは午前中で下校。大人たち(青年部)は午後3時頃まで活動をしました。

 

P1000423 P1000425
舗装前
              作業前

作業後

舗装後

安全衛生二戸大会開催

平成25年度建設業労働災害防止安全衛生二戸大会を開催。

安全衛生二戸大会

平成25年7月4日(木)二戸市民文化会館中ホールにおいて、約110名の各社安全担当者・現場代理人等が参加して行われました。

二戸労働基準監督署署長、県北広域振興局副局長より挨拶をいただき、その後2つの研修を行ないました。

niDSC00220


「いま求められる安全対策について」

講師:二戸労働基準監督署
地方産業安全専門官
大川 友和 氏

niDSC00224


「リスクマネジメントを確実に行うために」

講師:建災防東日本大震災復旧
復興工事労災防止
岩手県支援  センター所長
          小林 豊 氏

 

niDSC00219 niDSC00225

会員の会長さん丹精込めて育てている盆栽を毎年お借りしております。
毎年、無事故であることを見守っていてくれています。

 

6.21 パトロール

6月21日(金) 二戸労働基準監督署地方産業安全専門官に同行いただき、建災防指導者・安全衛生委員6名により、道路災害復旧工事のパトロールを行ないました。

6.21法面工事

6.21掲示板

6.21舗装工事

参加者からは、
≪良い点≫
・熱中症対策で温度計・湿度計が見やすい場所に設置されている。
・熱中症について毎日作業員に周知し周知したことについての確認をしており参考にしたい。

≪改善できる点≫では、
・狭い道路での作業、車の交差が危険なので対策を講じた方が良いこと。

≪地方産業安全専門官≫からは、
・ガードマンの休憩が十分にとられているか配慮してほしいこと。
・熱中症対策は注意して行われているが、これからは、山間部の工事では蜂に対する注意が必要。蜂に刺された時の対応や蜂に刺されないための工夫等、配慮してほしい。等があげられました。

6月11日 『建設工事等関係事業者における「労働基準法等に基づいた労務管理」に関する講習会』が二戸労働基準監督署の主催により開催されました。

6.11労務管理研修会

土木・電気設備・管設備工事の事業主・労務管理担当者等31名が適切な労務管理を行うために注意する点。労働安全衛生法に基づいた管理についてを勉強しました。

2時間30分の講習時間でしたが、講習時間が短いという声も聞かれるくらい皆さん熱心に聞き入り、大変勉強になった時間でした。

表彰式

平成25年度 春季 「優良交通団体・交通功労者・優良運転者表彰式」が、平成25年5月10日 二戸市シビックセンターにて執り行われました。

その席上、二戸支部青年部会が、永年道路清掃活動(北の道クリーンキャンペーン)を行なっていることに対して、二戸警察署長・二戸地区交通安全協会長連名による「優良交通団体表彰」を受賞いたしました。

表彰状

受賞式には、青年部を代表して、田中副部会長が出席いたしました。

受賞

130213パトロール①

2月13日(水) 二戸土木センター、二戸農林センター林務室・農村整備室と建設業協会二戸支部・建災防二戸分会との第2回合同パトロールを開催しました。

二戸労働基準監督署長、振興局職員、市町村職員、建設業協会会員事業所の現場代理人等34名が2班に分かれ、23年9月台風15号の被害による河川災害復旧工事現場や橋梁下部工工事等6現場のパトロールを行ないました。

130213パトロール②

130213パトロール③ 130213パトロール④

上記2枚は、住民の方々が現場を見学出来るように見学場所が設けられておりました。

パトロール終了後には、6班に分かれそれぞれの現場の良い点・改善が必要な点の意見交換会が行われました。

・センサー付ライトが設置されていた。
・第三者が見学できる場所を設けていた。
・工事現場予告看板が積雪があっても見やすい場所に設置するなど工夫されていた。
・油流出対策として、オイルマットを備えており使用方法も明確に記載されていた。
等々、良かった点がたくさん出されました。

最後に二戸労働基準監督署長から講評と労働災害発生状況・振動障害の予防について・ヒヤリハットについての講和をいただきました。

工事現場パトロール

12.11.15パトロール現場説明

11月15日(木)県北広域振興局と建設業協会二戸支部合同による、二戸管内の工事現場6か所のパトロールを行いました。

二戸市・一戸町・軽米町・九戸村の職員の方々を含め総勢32名が参加しました。

出発に先立ち、二戸土木センター所長・建設業協会二戸支部長のあいさつに続き、
二戸労働基準監督署産業安全専門官より、パトロールを行なう側のマナーやパトロールの注意点についての講和をいただき、2班(軽米方面・奥中山方面)に分かれて出発しました。

 

12.11.15講和 12.11.15パトロールその1
12.11.15パトロールその2 12.11.15掲示板
12.11.15橋梁補修工事 12.11.15橋梁補修工事その2
12.11.15橋梁の上から 12.11.15現場事務所

 

この日は氷点下の朝となり、車が霜で真っ白でした。

それでも、出発時は天気がよく、パトロール日和に思われましたが、お昼頃より雨が降り始め、奥中山では、一部みぞれまじりとなりました。

支部地域貢献活動開催

二戸九戸線 清掃活動

9月20日(木)13:30~15:30 道路をきれいにする運動を目的に、道路・待避所等のごみ・空き缶拾いを行ないました。

二戸田子線 清掃活動

ゴミの分別2

ゴミの分別 
ごみを分別中

 

清掃活動は、下記路線を5~6名が一班となりそれぞれ行ないました。

〇二戸地区
国道395号猿越峠付近 ・ 二戸九戸線小祝待避所付近
二戸田子線上斗米待避所付近 ・ 二戸一戸線馬仙大橋下付近

〇一戸地区
一戸山形線待避所 ・ 一戸浄法寺線待避所

〇軽米・九戸地区
二戸軽米線 工業団地前待避所付近
国道340号 山内地区待避所

一戸まつり

8月24日(金)25日(土)26日(日)の3日間 一戸まつりが開催されました。

一戸まつり 紀乃國屋文左衛門JPG
「紀乃國屋文左衛門」

 

見返しは 「一寸法師の鬼たいじ」
一戸まつり 一寸法師の鬼たいじ

 

「羅城門」
一戸まつり 羅城門
一戸まつり 金太郎
見返しは 「金太郎」

 

初日 24日は雷雨でシートに覆われての運行となりました。

一戸まつり 見返し

 

25日・26日は 天気にも恵まれ、真夏日の中、5台の山車が一戸町内を太鼓と威勢の良い「よーいさ よいさ」の掛け声で練り歩きました。

毎年 8月第4週の金・土・日 の3日間は 一戸まつり。

9月第1週の金・土・日 今年は 9月6日・7日・8日には、二戸まつりが開催されます。

お天気になりますように!

8月8日(水) 毎年開催しております、二戸支部青年部主催のクリーンキャンペーン
を行いました。

P1000032出発式
二戸市シビックセンターにて出発式。

県北広域振興局二戸土木センター所長のあいさつ。
P1000037土木所長 

8月10日「道の日」にちなみ、二戸広域圏の道路をきれいにすることを目的」に開催し、今年で20回目(二十歳)を迎えました。

当初は、二戸振興局土木部(現 二戸土木センター)と一緒に道路のごみ・空き缶拾いを行っておりました。今は、国交省・振興局・市町村の職員が道路のごみ・空き缶拾いを行い、青年部は、街路樹の剪定や草刈りを行っております。

県道二戸一戸線の街路樹の剪定や草刈り(草取り)の作業風景。

PICT5343最初
PICT5350作業1
PICT5353作業2 

街路樹剪定中

PICT5345街路樹剪定中

DSC00036

≪ごみの量≫

  ・剪定等の枝・草 2tダンプ2台

  ・道路で拾ったごみ・空き缶等 不燃ごみ100kg 可燃ごみ90kg


    年々、量は減ってきているようですが、毎年、珍しいごみが混じって 
    います。 今回は、電気炊飯器が1台ありました。

 

          ごみは、決められた場所に捨てましょう!

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年4月 [8]
  2. 2018年3月 [10]
  3. 2018年2月 [17]
  4. 2018年1月 [10]
  5. 2017年12月 [12]
  6. 2017年11月 [17]
  7. 2017年10月 [20]
  8. 2017年9月 [8]
  9. 2017年8月 [28]
  10. 2017年7月 [20]
  11. 2017年6月 [14]
  12. 2017年5月 [14]
  13. 2017年4月 [18]
  14. 2017年3月 [20]
  15. 2017年2月 [18]
  16. 2017年1月 [16]
  17. 2016年12月 [19]
  18. 2016年11月 [22]
  19. 2016年10月 [16]
  20. 2016年9月 [33]
  21. 2016年8月 [23]
  22. 2016年7月 [23]
  23. 2016年6月 [17]
  24. 2016年5月 [20]
  25. 2016年4月 [25]
  26. 2016年3月 [21]
  27. 2016年2月 [16]
  28. 2016年1月 [13]
  29. 2015年12月 [20]
  30. 2015年11月 [21]
  31. 2015年10月 [27]
  32. 2015年9月 [10]
  33. 2015年8月 [22]
  34. 2015年7月 [20]
  35. 2015年6月 [15]
  36. 2015年5月 [17]
  37. 2015年4月 [16]
  38. 2015年3月 [17]
  39. 2015年2月 [15]
  40. 2015年1月 [14]
  41. 2014年12月 [19]
  42. 2014年11月 [27]
  43. 2014年10月 [24]
  44. 2014年9月 [18]
  45. 2014年8月 [39]
  46. 2014年7月 [21]
  47. 2014年6月 [18]
  48. 2014年5月 [16]
  49. 2014年4月 [21]
  50. 2014年3月 [22]
  51. 2014年2月 [15]
  52. 2014年1月 [20]
  53. 2013年12月 [21]
  54. 2013年11月 [23]
  55. 2013年10月 [20]
  56. 2013年9月 [12]
  57. 2013年8月 [18]
  58. 2013年7月 [33]
  59. 2013年6月 [20]
  60. 2013年5月 [30]
  61. 2013年4月 [16]
  62. 2013年3月 [10]
  63. 2013年2月 [8]
  64. 2013年1月 [13]
  65. 2012年12月 [15]
  66. 2012年11月 [16]
  67. 2012年10月 [13]
  68. 2012年9月 [12]
  69. 2012年8月 [17]
  70. 2012年7月 [11]
  71. 2012年6月 [10]
  72. 2012年5月 [12]
  73. 2012年4月 [11]
  74. 2012年3月 [6]
  75. 2012年2月 [10]
  76. 2012年1月 [12]
  77. 2011年12月 [11]
  78. 2011年11月 [16]
  79. 2011年10月 [15]
  80. 2011年9月 [10]
  81. 2011年8月 [19]
  82. 2011年7月 [22]
  83. 2011年6月 [15]
  84. 2011年5月 [13]
  85. 2011年4月 [14]
  86. 2011年3月 [20]
  87. 2011年2月 [15]
  88. 2011年1月 [14]
  89. 2010年12月 [10]
  90. 2010年11月 [9]
  91. 2010年10月 [20]
  92. 2010年9月 [18]
  93. 2010年8月 [20]
  94. 2010年7月 [12]
  95. 2010年6月 [16]
  96. 2010年5月 [15]
  97. 2010年4月 [14]
  98. 2010年3月 [8]
  99. 2010年2月 [13]
  100. 2010年1月 [21]
  101. 2009年12月 [16]
  102. 2009年11月 [23]
  103. 2009年10月 [38]
  104. 2009年9月 [33]
  105. 2009年8月 [26]
  106. 2009年7月 [27]
  107. 2009年6月 [24]
  108. 2009年5月 [13]
  109. 2009年4月 [17]
  110. 2009年3月 [15]
  111. 2009年2月 [23]
  112. 2009年1月 [31]
  113. 2008年12月 [37]
  114. 2008年11月 [30]
  115. 2008年10月 [55]
  116. 2008年9月 [40]
  117. 2008年8月 [49]
  118. 2008年7月 [48]
  119. 2008年6月 [35]
  120. 2008年5月 [17]
  121. 2008年4月 [11]
  122. 2008年3月 [6]
  123. 2008年2月 [9]
  124. 2008年1月 [13]
  125. 2007年12月 [12]
  126. 2007年11月 [14]
  127. 2007年10月 [20]
  128. 2007年9月 [14]
  129. 2007年8月 [20]
  130. 2007年7月 [13]
  131. 2007年6月 [15]
  132. 2007年5月 [10]
  133. 2007年4月 [6]
  134. 2007年3月 [14]
  135. 2007年2月 [16]
  136. 2007年1月 [5]
  137. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6