岩手県建設業協会 一覧

openlivewritertest

これまで”いわけんブログ”の投稿用に使用してきた「Windows Live Writer」の新規インストールができなくなりました。「Windows Live Writer」が含まれるWindows Essentials 2012 スイートのサポートが2017年1月10日に終了したためです。
このため、パソコンを買い替えた場合などは「Windows Live Writer」を使えなくなります。

そこで代替えのソフトを探していたのですが、「Open Live Writer」の存在を知りました。「Windows Live Writer」をオープンソース化したものが「Open Live Writer」となります。

難点は英語版しかないことです。

インストールやブログの設定など、「Windows Live Writer」とほぼ同じであり、記事の記載方法もほとんど変わりません。普段「Windows Live Writer」を使用している人であれば、比較的移行しやすいものと思われます。

「Windows Live Writer」が入っているパソコンで併用することで、画面を比べながら練習することも有効かと思われます。

今後、各支部職員などが行う投稿の移行方法を検討して行きたいと思います。

sen03DSC09829

岩手建設業協会は「震災の記憶を風化させることなく、災害への対応力を維持・向上していく」を目的に3月11日を「防災の日」と定めております。本日(3月13日)、「防災の日」にあわせて災害情報伝達訓練を実施しました。震災翌年から実施しており、6回目の開催となります。

災害発生後4日目までを想定、被災状況・安否等の情報共有、応援要請の情報伝達に加え、備蓄資材の在庫確認などを行いました。

続きを読む

kinositakaichou28


















東日本大震災から、6年がたちました。

岩手県建設業協会といたしましては、震災の記憶を風化させることなく、災害への対応力を維持・向上していくために、毎年3月11日を「防災の日」と定め、訓練を実施しております。

県民の安全と安心を守る業界としての社会的責任を果たしていくためには、特にも災害時における初期の対応を確実なものにする必要があります。

昨年8月沿岸部を襲った台風10号被害でも、例がありますとおり、災害時においては、県などの行政機関が立ち上げる災害対策本部と、密接な連携を図りながら活動することが求められるものであります。

今回の訓練は、情報伝達訓練を中心に、数日間の段階的な対応としておりますので、各支部の役職員におかれましては、実際の状況を想定して、ご対応いただきますようよろしくお願いいたします。

本日の訓練が、実り多いものとなりますことを祈念申し上げ、挨拶に代えさせていただきます。


平成29年3月13日
一般社団法人岩手県建設業協会
会長 木下 紘

sen03DSC09815広報委員会IT部会主催による「ITサポートチーム・支部職員ブログ投稿研修会」を開催中です。


写真撮影のコツ、写真の取り込みなどを学んだあと、ITコンサルタントの桃知利男氏による講演が始まりました。

sen03DSC09807
「ブログを書くコツ」の講演をいただき、実際にブログ投稿の練習を行いました。

sen03DSC09824
全員真剣に取り組んでいます。

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

「各種情報」内の「東日本建設保証(株)岩手支店 提供資料」に東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている公共工事動向(岩手県内2月版)を掲載しました。

im13100405


↓PDFファイル↓
公共工事動向(岩手県内)2月版→ こちら(PDF)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力を

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

「各種情報」内の「東日本建設保証(株)岩手支店 提供資料」に東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている公共工事動向(岩手県内1月版)を掲載しました。


im13100405


↓PDFファイル↓
公共工事動向(岩手県内)1月版→ こちら(PDF)



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力を

 H28sinbun01           基調講演 講師:株式会社北山建設 北山 大志郎氏

岩手県建設業協会では、岩手県と共催で平成28年度建設業新分野・新事業発表フォーラムを開催しました。
記念講演では福井県の北山建設が建設業の公共事業主体から民間事業へシフトした空き家マッチング事業の事例を説明しました。
プレゼンテーションでは、表彰企業4社が他のモデルとなる優れた取り組みをPRしました。

H28sinbun00                      記念写真

H28sinbun02        工藤建設株式会社 発表者:小原 卓也さん
         自然エネルギー利用製品を活用した監視カメラシステムの開発・販売事業

H28sinbun03
        有限会社神山工業 発表者:大友 貴之さん
         介護予防、認知症対応型共同生活介護事業(グループホームりんどう)        

H28sinbun04
         株式会社栄組 発表者:佐々木 栄洋さん
          インフラ維持補修マネジメントシステム「SIMMS」の開発および普及事業

H28sinbun05
         株式会社山元 発表者:工藤 敏英さん  補助:菊池 幸希さん
          長期滞在型ホテル宿泊事業

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている建設業景況調査12月調査(平成28年度第3回、東日本大震災被災地版)を「各種情報」内の「東日本建設業保証(株)岩手支店提供資料」に掲載しました。


110721higashinihon.gif



↓PDFファイル↓

建設業景況調査(岩手県版)12月調査
 調査結果(概要) → こちら(PDF)
 データ表 → こちら(PDF)
建設業景況調査(東日本大震災被災地版)12月調査
 調査結果(概要) → こちら(PDF)

H28mirai06                 【パネルディスカッション】

岩手県建設業協会では、岩手県と共催で平成29年1月24日(火)に「いわて建設業みらいフォーラム」を開催しました。
この催事は3部構成になっており、第1部の取り組み発表では、現在働いている技術者等から建設業の役割を説明、高校生からは建設業の担い手を目指している意気込みを説明しました。
第2部のパネルディスカッションでは岩手大学の出戸教授がコーディネーターとして、岩手県土整備部及川部長、宮城建設土木技術者の小笠原さん、昭栄建設の建築技術者の工藤さん、重機メーカーの石津さん、花巻農業高校佐々木さん、盛岡工業高校辻村さん・齊藤さんそれぞれから建設業に関する自分の目から見たイメージを話してもらいました。
第3部ではシンガーソングライターの松本哲也さんを迎え、感動の歌により、フォーラムを締めくくりました。

H28mirai01
            【 宮城建設 小笠原さん 建設業と自然災害 】

H28mirai02        【 キャタピラージャパン 石津さん コネクトソリューション 】

H28mirai03
          【 盛岡工業高等学校土木科 土木技術者を目指して 】
 H28mirai04
           【 花巻農業高等学校環境科学科 建設業のイメージ 】
 H28mirai05
            【いわて建設業みらいフォーラム会場内の様子】

H28mirai07
               【今回から始めた企業紹介ブース】

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。
「各種情報」内の「東日本建設保証(株)岩手支店 提供資料」に東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている公共工事動向(岩手県内12月版)を掲載しました。

im13100405


↓PDFファイル↓
公共工事動向(岩手県内)12月版→ こちら(PDF)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力を

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年10月 [6]
  2. 2018年9月 [7]
  3. 2018年8月 [19]
  4. 2018年7月 [25]
  5. 2018年6月 [15]
  6. 2018年5月 [11]
  7. 2018年4月 [13]
  8. 2018年3月 [10]
  9. 2018年2月 [17]
  10. 2018年1月 [10]
  11. 2017年12月 [12]
  12. 2017年11月 [17]
  13. 2017年10月 [20]
  14. 2017年9月 [8]
  15. 2017年8月 [28]
  16. 2017年7月 [20]
  17. 2017年6月 [14]
  18. 2017年5月 [14]
  19. 2017年4月 [18]
  20. 2017年3月 [20]
  21. 2017年2月 [18]
  22. 2017年1月 [16]
  23. 2016年12月 [19]
  24. 2016年11月 [22]
  25. 2016年10月 [16]
  26. 2016年9月 [33]
  27. 2016年8月 [23]
  28. 2016年7月 [23]
  29. 2016年6月 [17]
  30. 2016年5月 [20]
  31. 2016年4月 [25]
  32. 2016年3月 [21]
  33. 2016年2月 [16]
  34. 2016年1月 [13]
  35. 2015年12月 [20]
  36. 2015年11月 [21]
  37. 2015年10月 [27]
  38. 2015年9月 [10]
  39. 2015年8月 [22]
  40. 2015年7月 [20]
  41. 2015年6月 [15]
  42. 2015年5月 [17]
  43. 2015年4月 [16]
  44. 2015年3月 [17]
  45. 2015年2月 [15]
  46. 2015年1月 [14]
  47. 2014年12月 [19]
  48. 2014年11月 [27]
  49. 2014年10月 [24]
  50. 2014年9月 [18]
  51. 2014年8月 [39]
  52. 2014年7月 [21]
  53. 2014年6月 [18]
  54. 2014年5月 [16]
  55. 2014年4月 [21]
  56. 2014年3月 [22]
  57. 2014年2月 [15]
  58. 2014年1月 [20]
  59. 2013年12月 [21]
  60. 2013年11月 [23]
  61. 2013年10月 [20]
  62. 2013年9月 [12]
  63. 2013年8月 [18]
  64. 2013年7月 [33]
  65. 2013年6月 [20]
  66. 2013年5月 [30]
  67. 2013年4月 [16]
  68. 2013年3月 [10]
  69. 2013年2月 [8]
  70. 2013年1月 [13]
  71. 2012年12月 [15]
  72. 2012年11月 [16]
  73. 2012年10月 [13]
  74. 2012年9月 [12]
  75. 2012年8月 [17]
  76. 2012年7月 [11]
  77. 2012年6月 [10]
  78. 2012年5月 [12]
  79. 2012年4月 [11]
  80. 2012年3月 [6]
  81. 2012年2月 [10]
  82. 2012年1月 [12]
  83. 2011年12月 [11]
  84. 2011年11月 [16]
  85. 2011年10月 [15]
  86. 2011年9月 [10]
  87. 2011年8月 [19]
  88. 2011年7月 [22]
  89. 2011年6月 [15]
  90. 2011年5月 [13]
  91. 2011年4月 [14]
  92. 2011年3月 [20]
  93. 2011年2月 [15]
  94. 2011年1月 [14]
  95. 2010年12月 [10]
  96. 2010年11月 [9]
  97. 2010年10月 [20]
  98. 2010年9月 [18]
  99. 2010年8月 [20]
  100. 2010年7月 [12]
  101. 2010年6月 [16]
  102. 2010年5月 [15]
  103. 2010年4月 [14]
  104. 2010年3月 [8]
  105. 2010年2月 [13]
  106. 2010年1月 [21]
  107. 2009年12月 [16]
  108. 2009年11月 [23]
  109. 2009年10月 [38]
  110. 2009年9月 [33]
  111. 2009年8月 [26]
  112. 2009年7月 [27]
  113. 2009年6月 [24]
  114. 2009年5月 [13]
  115. 2009年4月 [17]
  116. 2009年3月 [15]
  117. 2009年2月 [23]
  118. 2009年1月 [31]
  119. 2008年12月 [37]
  120. 2008年11月 [30]
  121. 2008年10月 [55]
  122. 2008年9月 [40]
  123. 2008年8月 [49]
  124. 2008年7月 [48]
  125. 2008年6月 [35]
  126. 2008年5月 [17]
  127. 2008年4月 [11]
  128. 2008年3月 [6]
  129. 2008年2月 [9]
  130. 2008年1月 [13]
  131. 2007年12月 [12]
  132. 2007年11月 [14]
  133. 2007年10月 [20]
  134. 2007年9月 [14]
  135. 2007年8月 [20]
  136. 2007年7月 [13]
  137. 2007年6月 [15]
  138. 2007年5月 [10]
  139. 2007年4月 [6]
  140. 2007年3月 [14]
  141. 2007年2月 [16]
  142. 2007年1月 [5]
  143. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.7