2010年5月の記事一覧

平成22年5月28日(金)に大船渡プラザホテルにて大船渡支部青年部総会が行われました。
また、総会終了後に金野支部長、鈴木事務長をむかえて懇親会が行われました。

青年部総会

IMGP6054.JPG IMGP6060.JPG


懇親会

IMGP6072.JPG IMGP6071.JPG


新入会員

IMGP6066.JPG IMGP6069.JPG


岩手をテーマにした漫画単行本「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社」
岩手県と講談社が連携して5月13日に発刊した漫画単行本「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社」をご紹介します。漫画の中には当地域東山町の猊鼻渓舟下りも掲載されています。

岩手をテーマにした漫画単行本「ゴーガイ!岩手チャグチャグ新聞社」漫画を活用して岩手県の文化や観光情報を発信する目的で、県政策推進室と講談社が連携して企画したもので、作者は一関市に住む漫画家の飛鳥あるとさんです。


作者が一関市在住ということで、市内の書店では手に入りにくい状態となっていました。県内だけでなく首都圏でも売れていて発売後すぐに増刷が決定したそうです。


岩手県の魅力をコメディータッチでハートフルに描いたマンガで、架空新聞社の県南支局の女性記者が主人公です。東山町の猊鼻渓、遠野、平泉、花巻などが登場します。


また、岩手県との連携でマンガのストーリーとは別に観光地や名物などの紹介も掲載されており、観光案内も見どころです。

風景と樹木
 平成20年6月から「花林舎動物記」という楽しい動物のお話を読み切りで掲載しておりましたが、3月から数回は趣向を変え、植物の観点からのお話を掲載いたします。
 『すこやかな暮らし発見、岩手から。「家と人。」』という雑誌から「花林舎動物記」の作者である(株)野田坂緑研究所 所長 野田坂伸也氏の記事「風景と樹木」を抜粋し、転載させていただきます。
 今回は、第6話「コナラ」です。

コナラ

滋味ある美しさ
 コナラは景観木として見る場合、若齢のコナラ林(あるいはいわゆる雑木林の中に混じって生育しているコナラの若木)の風景と、大木になった孤立木の姿とは、区別して考えるのがよいと思う。
 四十年ほど前までコナラは木炭や薪の原料として育成され、純林に近いコナラ林も広く成立していた。
 コナラ林は二十年~三十年くらいの伐期で伐採され、切株から発生した新梢が伸びてまたコナラ林になるということの繰り返しで維持されてきた。その名残のコナラ林が、県内にはまだところどころに残っている。もっとも、そのような森林ではコナラは、今では樹齢六十年くらいの壮齢木になっている。
 こんな雑木林の初冬の風景が、私は好きである。葉は落ち尽くして林内は明るい。まだ新しい清潔な落葉が踏むたびに乾いた音をたてる。この時期は森を訪れる人もなく、立ち止まると、たまに遠くで鳴く鳥の声のみ。
 そして、斜めに差し込んだ弱い冬の日を浴びてコナラの灰色の幹が鈍く光っているのを見る時、私はその美しさに強く心を揺さぶられるのである。
 美しい、と言ってもそれは若い女性の華やかさや、ハンサムな青年の整った美などとは全く異なるもので、例えば辛い人生を純真な心で耐え抜いてまっすぐに生きてきた人が、老年になって皺の寄った顔にふとよぎらせるような滋味ある美しさである。
 人々はその美しさに容易には気付かない。しかし、ある時不意にそれを発見し、サクラやバラの美とは異質の美に感動するのである。
 それは〝美しい〟という表現では説明できないような気もする。穏やかで、安心でき、癒されて、懐かしい―そういった感じである。そして、何度見ても飽きない。
 コナラは春にはまた違った姿を見せる。
 コナラの新緑は遅い。色も他の樹木とは違い、白っぽいので遠くから見てもコナラの山は区別がつく。宮澤賢治は〝ナラの林が煙る時…〟と表現したが、光るような、煙るようなコナラ林の新緑は、普段服装に無頓着な男がおしゃれをしたようで、なにかおかしい。
 芽吹いたばかりの緑の中でベニヤマザクラの紅い花が咲いて散り、入れ代わりにカスミザクラの白い花が咲いて散る頃、コナラの新緑が灰白緑色にけぶり、岩手は春たけなわとなる。

 秋の葉の色づきもコナラは遅い。他の木々の落葉が散り敷いた後、コナラの褐色の葉は樹上に長く残っている。褐色といっても、晴れた日には陽光を反映して明るい。全山コナラで覆われた山は、このころ膨れ上がって大きくなったように見える。モミジほどの美しさはないが、かなりどぎつい色である。

続きを読む

平成22年5月25日(火)に建設研修センターで平成22年度社団法人岩手県建設業協会定時総会を開催しました。

総会では平成22年の事業計画として、コンプライアンスの徹底などを軸とした建設業のCSRの推進と公益法人制度改革への適切な対応、緊急時における事業継続計画(BCP)への対応、公共事業関係予算の確保による地域経済社会の活性化と県民生活の安定向上および会員企業の経営向上に関する活動等を取り組むことを決定しました。

また、任期満了に伴う役員の改選については、宇部会長代行が新会長に就任したほか、新たに副会長2名、支部長2名、本部理事4名が選任されました。(詳細については「こちら」をご覧ください。)

そのほか、議案審議に先立って行われた岩手県建設業協会会長表彰等の表彰式において、協会員など95名の方々が栄誉ある表彰を受賞されました。

役員一覧 → 「こちら

DSC100525総会全景.JPG
  平成22年度定時総会
DSC100525会長代行挨拶.JPG
  宇部会長代行あいさつ
DSC100525受賞者一同.JPG
   受賞者一同

建設業協会表彰 62名(社)

全建表彰 25名(社)

全国技士会表彰 3名

福祉共済団表彰 5名

DSC100525新会長団.JPG
(右から)
  向井田岳 副会長
  宇部貞宏 会長
  山元一典 副会長
  佐々木陸夫 副会長
  木下紘 副会長


760101_00.jpg

期間
平成22年7月1日から7日

準備期間
平成22年6月1日から30日

スローガン
みんなで進めようリスクアセスメント めざそう職場の安全・安心

安全週間実施要領

趣旨
 本年度の全国安全週間は、厚生労働省の平成22年度全国安全週間実施要領網に基づき、建設業労働災害防止協会その他関係団体の協賛のもとに、6月1日から30日までを準備期間、7月1日から7日までを本週間として上記スローガンのもとに展開される。
 このため、経営トップをはじめ関係者は、全国安全週間を契機として店社および作業所において緊密な連携のもとに安全衛生水準の一層の向上を目指し、実効ある安全衛生活動を積極的に展開するものとする。
 特に、本週間中、重点的に実施する事項として労働災害防止に有効な「リスクアセスメントの確実な実施」、「建設業労働安全衛生マネジメントシステム(コスモス)の導入・実施」をさらに推進することとする。

建災防岩手県支部ホームページ

 建設業労働災害防止協会岩手県支部代議員会を5月26日(水)建設研修センター大ホールで行いました。代議員会では平成21年度事業、収支決算報告及び、22年度の事業計画案と収支予算案を原案どおり可決された。また、来賓として岩手労働局より小宮山労働基準部長に出席していただき、「日頃から労働災害防止にご協力を賜り厚く御礼を申し上げる。労働災害の発生状況は全国的にみると減少傾向にあるが、今後建設業においてもより一層の災害防止に努めていただきたい。」と挨拶した。なお、山元支部長代行より「県内の建設業における労働災害の発生状況に高止まりの感じが見られる。したがって、今年度緊急対策事業として、経営者や建設作業員等に安全衛生教育を行っていき労働災害の減少に努めていきたい。」と説明した。

CIMG0388.JPG

  

 

 

     小宮山労働基準部長

   

 

       山元支部長代行

CIMG0385.JPG


DSC00565.JPG DSC00568.JPG
DSC00571.JPG DSC00579.JPG
DSC00581.JPG DSC00582.JPG

建設投資が減少・低迷する中で、建設業を取り巻く環境は依然として厳しく、経営資源の選択と集中への具体的な取り組みが強く迫られております。

こうした状況のもと、岩手県では、合併や事業譲渡等企業・組織の再編手法活用のポイントや基礎知識を取りまとめた「建設業のための企業再編の手引き」を本年4月に公表したところです。

このため、本年度第1回目の経営革新講座は、「生き抜くための建設業の組織再編」をテーマとして開催することといたしました。

本講座では、㈱建設経営サービス 山下宏道氏を講師に迎え、組織再編の基本的な考え方から、組織再編の手法のポイント、応用例まで解説いただくこととしております。

下記のとおり開催しますので、御参加くださいますよう御案内申し上げます。
 

日時・場所 

6月1日(火)10:00~12:00
 盛岡広域振興局 8階大会議室
( 盛岡市内丸11-1

6月3日(木)13:30~15:30 
 沿岸広域振興局 大会議室
(釜石市新町6-50

6月4日(金)13:30~15:30 
 県南広域振興局 第2会議室
(奥州市水沢区大手町一丁目2

(どちらの会場でも参加可能です)

内 容 「生き抜くための建設業の組織再編」

     講師 ㈱建設経営サービス 山下宏道 氏 
(「建設業のための企業再編の手引き」(岩手県)の監修を担当)

対 象 岩手県内に事業所を持つ建設業許可業者

主 催 岩手県・()岩手県建設業協会経営支援センター

後 援 ()岩手県建設産業団体連合会

参加費 無 料

申込先 (社)岩手県建設業協会経営支援センター
(
申込書に必要事項を御記入の上、FAXにてお送りください。)
    

    案内・申込書
 → こちら

 

(社)岩手県建設業協会釜石支部定時総会を開催いたしました。

   日時 : 平成22年5月8日(土) 午後4時

   会場 : 陸中海岸グラントホテル(釜石)

   参加者 : 34名

   新聞記事 : クリック⇒定時総会新聞記事.pdf

 

役員改選があり、青木支部長・泉副支部長・齊藤副支部長が再任されました。

DSCF1047.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支部長表彰を受賞された方々です。

22総会・記念写真.JPG

昨年8月のせんまや夜市 伝統行事あかし立て

 一関市千厩町で昭和57年から続いております「せんまや夜市」の公式ホームページが公開されておりますのでご紹介いたします。公式ブログとあわせて、記事下部にリンクがあります。

 いわけんブログでも何度か せんまや夜市の記事は掲載しております。

 「昼売れなければ、夜売ればいい」という発想から始まった夜市ですが毎回趣向を凝らしたイベントなどを開催しています。 最近では地域の風物詩として、多くの家族連れなどが足を運んでいます。

 今年も既に2回開催され、昼に賑わうことがなくなった商店街が月に1日だけの夜に賑わいを取り戻しています。裸電球の下を人が行き交い、多くの出店が並びます。

 今年はあと5回開催されます。

せんまや夜市
 4月~10月第2土曜日(8月-8/14開催)

千厩よいち

せんまや夜市ホームページ こちら
せんまや夜市ブログ こちら

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年9月 [3]
  2. 2017年8月 [28]
  3. 2017年7月 [20]
  4. 2017年6月 [14]
  5. 2017年5月 [14]
  6. 2017年4月 [18]
  7. 2017年3月 [20]
  8. 2017年2月 [18]
  9. 2017年1月 [16]
  10. 2016年12月 [19]
  11. 2016年11月 [22]
  12. 2016年10月 [16]
  13. 2016年9月 [33]
  14. 2016年8月 [23]
  15. 2016年7月 [23]
  16. 2016年6月 [17]
  17. 2016年5月 [20]
  18. 2016年4月 [25]
  19. 2016年3月 [21]
  20. 2016年2月 [16]
  21. 2016年1月 [13]
  22. 2015年12月 [20]
  23. 2015年11月 [21]
  24. 2015年10月 [27]
  25. 2015年9月 [10]
  26. 2015年8月 [22]
  27. 2015年7月 [20]
  28. 2015年6月 [15]
  29. 2015年5月 [17]
  30. 2015年4月 [16]
  31. 2015年3月 [17]
  32. 2015年2月 [15]
  33. 2015年1月 [14]
  34. 2014年12月 [19]
  35. 2014年11月 [27]
  36. 2014年10月 [24]
  37. 2014年9月 [18]
  38. 2014年8月 [39]
  39. 2014年7月 [21]
  40. 2014年6月 [18]
  41. 2014年5月 [16]
  42. 2014年4月 [21]
  43. 2014年3月 [22]
  44. 2014年2月 [15]
  45. 2014年1月 [20]
  46. 2013年12月 [21]
  47. 2013年11月 [23]
  48. 2013年10月 [20]
  49. 2013年9月 [12]
  50. 2013年8月 [18]
  51. 2013年7月 [33]
  52. 2013年6月 [20]
  53. 2013年5月 [30]
  54. 2013年4月 [16]
  55. 2013年3月 [10]
  56. 2013年2月 [8]
  57. 2013年1月 [13]
  58. 2012年12月 [15]
  59. 2012年11月 [16]
  60. 2012年10月 [13]
  61. 2012年9月 [12]
  62. 2012年8月 [17]
  63. 2012年7月 [11]
  64. 2012年6月 [10]
  65. 2012年5月 [12]
  66. 2012年4月 [11]
  67. 2012年3月 [6]
  68. 2012年2月 [10]
  69. 2012年1月 [12]
  70. 2011年12月 [11]
  71. 2011年11月 [16]
  72. 2011年10月 [15]
  73. 2011年9月 [10]
  74. 2011年8月 [19]
  75. 2011年7月 [22]
  76. 2011年6月 [15]
  77. 2011年5月 [13]
  78. 2011年4月 [14]
  79. 2011年3月 [20]
  80. 2011年2月 [15]
  81. 2011年1月 [14]
  82. 2010年12月 [10]
  83. 2010年11月 [9]
  84. 2010年10月 [20]
  85. 2010年9月 [18]
  86. 2010年8月 [20]
  87. 2010年7月 [12]
  88. 2010年6月 [16]
  89. 2010年5月 [15]
  90. 2010年4月 [14]
  91. 2010年3月 [8]
  92. 2010年2月 [13]
  93. 2010年1月 [21]
  94. 2009年12月 [16]
  95. 2009年11月 [23]
  96. 2009年10月 [38]
  97. 2009年9月 [33]
  98. 2009年8月 [26]
  99. 2009年7月 [27]
  100. 2009年6月 [24]
  101. 2009年5月 [13]
  102. 2009年4月 [17]
  103. 2009年3月 [15]
  104. 2009年2月 [23]
  105. 2009年1月 [31]
  106. 2008年12月 [37]
  107. 2008年11月 [30]
  108. 2008年10月 [55]
  109. 2008年9月 [40]
  110. 2008年8月 [49]
  111. 2008年7月 [48]
  112. 2008年6月 [35]
  113. 2008年5月 [17]
  114. 2008年4月 [11]
  115. 2008年3月 [6]
  116. 2008年2月 [9]
  117. 2008年1月 [13]
  118. 2007年12月 [12]
  119. 2007年11月 [14]
  120. 2007年10月 [20]
  121. 2007年9月 [14]
  122. 2007年8月 [20]
  123. 2007年7月 [13]
  124. 2007年6月 [15]
  125. 2007年5月 [10]
  126. 2007年4月 [6]
  127. 2007年3月 [14]
  128. 2007年2月 [16]
  129. 2007年1月 [5]
  130. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5