二戸支部 一覧

文化会館の桜

上記は、二戸市民文化会館の桜です。

桜のそばでは、曇り空ですが、元気に鯉のぼりが泳いでいます。
鯉のぼり

こちらは、石切り所馬淵川沿いの桜、満開です。

馬淵川沿いの桜

街路樹には、水仙の花がきれいに咲いています。

街路樹の水仙

現場概要説明  2月8日第2回目の二戸土木センター等との合同工事安全パトロールを二戸労働基準監督署産業安全専門官に同行いただき開催しました。

  前夜も雪が降り、1月下旬からの雪で積雪が多く、気温も低い日がつづき、雪道の中、2班に分かれ総勢23名でパトロールを行ないました。

ホワイトボード活用作業計画

安全掲示板

安全決意宣言

注意喚起表示アースクリーン設置

意見交換

パトロール終了後、各現場について、パトロール該当現場の代理人等と良い点・改善点について意見交換を行ないました。

良い点:・転落等についての注意喚起の表示が随所に掲示されており良い。
・作業計画について、ホワイトボードを活用しわかりやすくしており良い。
・安全決意宣言が下請けまで浸透しており良い。
・航空写真を活用し資材搬入路が示されており良い。
・掲示板に手のツボの表示があった。 等々

改善点:・消火器の期限の確認が必要である。
・ワイヤーの点検が必要である。
・バックホウのバケットに重量表示をすること。
・掲示板の前に資材を置かないこと。
・移動式クレーン、クレーンモードに切り替えて作業をすること。 等々

二戸労働基準監督署管内では、
平成28年度「冬期労働災害防止運動」が平成29年3月31日まで展開中です。

橋梁補修工事

12月9日 県北広域振興局二戸土木センター・二戸農林振興センター・市町村等と合同にて、6現場を2班編成で工事安全パトロールを行ないました。

橋梁補修工事2件、農地整備事業工事、予防治山工事、道路改良舗装工事、火山砂防工事でした。

良い点がたくさんありました。バックホウのバケットに大きく重量表示がされていた。ごみの分別がされていた。路肩の単管がしっかりと施されていた。緊急時体制表が現場にも掲示されていた。等々。

バケット重量表示

ごみの分別

パトロール中

掲示板

パトロール中2

パトロール終了後は、意見交換会を行ない、二戸労働基準監督署地方産業安全専門官から現場に対しての講評と労働災害発生状況・12月末まで「死亡労働災害非常事態宣言発令中」・平成28年度「冬期労働災害防止運動」運動期間28年11月1日から3月31日まで二戸労働基準監督署展開中等々の講和をいただきました。

デリネーター清掃中

10月19日晴天、二戸支部会員39名が二戸・一戸・軽米・九戸地区ごとに待避所等のごみ・空き缶拾いとガードレール・デリネーター・路肩・側溝蓋・縁石等の点検を支部地域貢献活動として実施しました。

ごみの分別

点検中

傾いている看板

看板建て直し

縁石の劣化

デリネーターの腐食

北の道クリーンキャンペーン

平成28年9月28日二戸支部青年部主催の「北の道クリーンキャンペーン」を実施しました。
今年で24回目(24年)となります。

例年、8月の道の日に行なっておりましたが、岩手国体に向けて行ないました。
青年部会員33名が、街路樹の剪定・路肩の草刈り・歩道の草取りを行ないました。

剪定中

草刈り・草取り1

草刈り・草取り2

なんでしょう?1なんでしょう?2

IMG_6632

平成28年9月20日(火)九戸村立九戸中学校一年生50名を対象に青年部主催による「建設業ふれあい事業」が開催されました。6班に分かれ女性マネジングスタッフ協議会二戸支部の引率で三種類の重機の体験乗車を行ないました。

  われら地球のデザイナーのヘルメットをかぶり高所作業車へ高所作業車へ準備中

高所作業車から

    地上から12mの高さで旋回。折爪岳が見えました。高所作業車旋回中

  バックホウ レバーの操作が難しい? 旋回が楽しい!!

バックホウ掘削

バックホウ操作

コンバインドローラー

コンバインドローラー2

インタビューを受けてます。岩手建設工業新聞とエフエム岩手

建設工業新聞インタビュー

エフエム岩手インタビュー

閉会式 感想発表が行われました。
感想発表

青年部会長から質問。一番楽しかった乗り物わ? 高所作業車が一番の人気でした。

高所作業車が一番人気

九戸中学校集合写真

奉仕活動は、樹木の剪定・草刈り。体験乗車後のグランド整備を行ないました。

グランド整備中

樹木の剪定

安全衛生二戸大会

平成28年度の「建設業労働災害防止安全衛生二戸大会、現場技術者安全講習会」を7月22日二戸市民文化会館中ホールにて開催しました。

二戸労働基準監督署長、県北広域振興局二戸土木センター所長、二戸警察署長より挨拶をいただいた後、研修会を行ないました。

現場代理人・各社の安全担当者等約100名が参加しました。

一つ目の研修は、「労働災害防止について」と題して二戸労働基準監督署長 澤田秀幸署長より講演をいただきました。

二戸労働基準監督署長講話

二つ目の研修は、「心と体の健康」と題して全国土木建築国民健康保険組合高橋弘子保健師より講演をいただきました。
保健師さん講話
保健師さんからは、「よく眠ること・朝食(納豆・味噌汁)を摂ること等、生活習慣を見直すこと。
自分を誉め家族を誉め仲間を誉めてご褒美をそしてスキンシップ」ということで、
最後は ❝かあさん おかたをたたきましょう タントンタントンタントントン♫❞にあわせてお互い肩をたたき合い、一日を労いました。

「当地区から絶対に死亡災害を出さない・死傷災害ゼロを目指す」ことを再確認。
「初心を忘れず、災害絶滅に向け、日々災害ゼロの快適な職場づくりに努めること」を決意宣言しました。

工事概要説明

平成28年2月17日 県北広域振興局二戸土木センター、農村整備室、二戸市、軽米町、九戸村との合同工事安全パトロールを実施しました。

出発前には、二戸労働基準監督署大川産業安全専門官から「労働災害発生状況・災害発生事例・車両系建設機械による労働災害防止対策の徹底・ロープ高所作業での危険防止のための労働安全衛生規則の改正について」等々講話をいただきました。
小雪が舞う中出発、 青空も顔をのぞかせ、晴れたり降ったりの中、3か所の現場を約30名でパトロールを行ないました。

橋梁補修工事

橋梁補強工事

河川災害復旧工事

パトロール終了後、各工事現場の良かった点・改善すべき点について意見交換が行われました。

良かった点
・完成予想図等の工事看板の掲示や夜間のイルミネーションの点灯等第三者への創意工夫がされており良い。
・歩行者通路が色つきシートになっておりわかりやすくて良い。 
・休憩所が作業員の健康に配慮されていて良い(ウォーターサーバー、エアコン等の設置)。 等々
改善すべき点
・重機と作業員の距離が近いので意識的に離れて作業すること。
・法面に昇降用の階段を設置した方が良い。
・風量確認のための吹き流しが機能していなかった。 等々

橋梁補修工事現場

10月29日 県北広域振興局二戸地区と市町村と建設業協会二戸支部との工事安全パトロールを開催しました。雨模様の一日となりましたが、4か所の現場をパトロールしました。

出発式では、二戸労働基準監督署地方産業安全専門官の講和をいただき出発しました。

掲示板の確認

農地整備事業

水源森林再生対策工事

取りまとめ

講話でもパトロール終了後の講評でも、重機と人との接触事故が続発していることより、重機作業半径内には、絶対に立ち入らない、周辺で作業する場合は、誘導員を配置することを再確認しました。

道路清掃と施設点検

ボルト締め

10月27日 二戸管内7か所に分かれ、待避所とその周辺道路のごみ・空き缶拾いとガードレール等の施設点検を行ないました。

看板立直し「ごみ捨て禁止」の看板が曲がっていたので、直しました。

縁石破損ガードレール破損

縁石の破損やガードレール、デリネーターの破損が多くみられました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年4月 [18]
  2. 2017年3月 [20]
  3. 2017年2月 [18]
  4. 2017年1月 [16]
  5. 2016年12月 [19]
  6. 2016年11月 [22]
  7. 2016年10月 [16]
  8. 2016年9月 [33]
  9. 2016年8月 [23]
  10. 2016年7月 [23]
  11. 2016年6月 [17]
  12. 2016年5月 [20]
  13. 2016年4月 [25]
  14. 2016年3月 [21]
  15. 2016年2月 [16]
  16. 2016年1月 [13]
  17. 2015年12月 [20]
  18. 2015年11月 [21]
  19. 2015年10月 [27]
  20. 2015年9月 [10]
  21. 2015年8月 [22]
  22. 2015年7月 [20]
  23. 2015年6月 [15]
  24. 2015年5月 [17]
  25. 2015年4月 [16]
  26. 2015年3月 [17]
  27. 2015年2月 [15]
  28. 2015年1月 [14]
  29. 2014年12月 [19]
  30. 2014年11月 [27]
  31. 2014年10月 [24]
  32. 2014年9月 [18]
  33. 2014年8月 [39]
  34. 2014年7月 [21]
  35. 2014年6月 [18]
  36. 2014年5月 [16]
  37. 2014年4月 [21]
  38. 2014年3月 [22]
  39. 2014年2月 [15]
  40. 2014年1月 [20]
  41. 2013年12月 [21]
  42. 2013年11月 [23]
  43. 2013年10月 [20]
  44. 2013年9月 [12]
  45. 2013年8月 [18]
  46. 2013年7月 [33]
  47. 2013年6月 [20]
  48. 2013年5月 [30]
  49. 2013年4月 [16]
  50. 2013年3月 [10]
  51. 2013年2月 [8]
  52. 2013年1月 [13]
  53. 2012年12月 [15]
  54. 2012年11月 [16]
  55. 2012年10月 [13]
  56. 2012年9月 [12]
  57. 2012年8月 [17]
  58. 2012年7月 [11]
  59. 2012年6月 [10]
  60. 2012年5月 [12]
  61. 2012年4月 [11]
  62. 2012年3月 [6]
  63. 2012年2月 [10]
  64. 2012年1月 [12]
  65. 2011年12月 [11]
  66. 2011年11月 [16]
  67. 2011年10月 [15]
  68. 2011年9月 [10]
  69. 2011年8月 [19]
  70. 2011年7月 [22]
  71. 2011年6月 [15]
  72. 2011年5月 [13]
  73. 2011年4月 [14]
  74. 2011年3月 [20]
  75. 2011年2月 [15]
  76. 2011年1月 [14]
  77. 2010年12月 [10]
  78. 2010年11月 [9]
  79. 2010年10月 [20]
  80. 2010年9月 [18]
  81. 2010年8月 [20]
  82. 2010年7月 [12]
  83. 2010年6月 [16]
  84. 2010年5月 [15]
  85. 2010年4月 [14]
  86. 2010年3月 [8]
  87. 2010年2月 [13]
  88. 2010年1月 [21]
  89. 2009年12月 [16]
  90. 2009年11月 [23]
  91. 2009年10月 [38]
  92. 2009年9月 [33]
  93. 2009年8月 [26]
  94. 2009年7月 [27]
  95. 2009年6月 [24]
  96. 2009年5月 [13]
  97. 2009年4月 [17]
  98. 2009年3月 [15]
  99. 2009年2月 [23]
  100. 2009年1月 [31]
  101. 2008年12月 [37]
  102. 2008年11月 [30]
  103. 2008年10月 [55]
  104. 2008年9月 [40]
  105. 2008年8月 [49]
  106. 2008年7月 [48]
  107. 2008年6月 [35]
  108. 2008年5月 [17]
  109. 2008年4月 [11]
  110. 2008年3月 [6]
  111. 2008年2月 [9]
  112. 2008年1月 [13]
  113. 2007年12月 [12]
  114. 2007年11月 [14]
  115. 2007年10月 [20]
  116. 2007年9月 [14]
  117. 2007年8月 [20]
  118. 2007年7月 [13]
  119. 2007年6月 [15]
  120. 2007年5月 [10]
  121. 2007年4月 [6]
  122. 2007年3月 [14]
  123. 2007年2月 [16]
  124. 2007年1月 [5]
  125. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.2