二戸支部 一覧

仮橋設置工事現場

平成30年度県北広域振興局二戸土木センター、農林振興センター、各市町村発注工事現場の合同パトロールを2月7日実施しました。

朝から小雨からみぞれに変わり、後半は雪に変わり、視界の悪い天候の中、2班に分かれ総勢約40名で行ないました。
仮橋設置工事現場

治山工事現場

重機への注意喚起

安全目標

服装確認の鏡

ワイヤーロープの点検


パトロール終了後は、良い点・改善できる点について、まとめ、現場の写真を見ながら意見交換会をおこないました。

良い点:仮設の敷鉄板がきれいに除雪・清掃されていた。
    現場・事務所等整理されており歩きやすく、どこに何があるか確認しやすい。
    ワイヤーロープに点検基準が写真付きで表示されており良い。
    落石防止措置が施されており良い。
    電線の位置表示があり、作業員・オペレーターに対する接触防止の注意喚起がされていた。
    交通誘導員を適切に配置し安全に作業していて良い。  等々

改善できる点
   通学路であるので重機をバリケード等で囲いを施すこと。
   社旗・安全旗のほかに吹き流しも設置した方が良い。
   安全決意宣言は、季節・時期により気をつけるポイントが変わってくる。作成日に注意。等々

    

   


防護服着衣

鳥インフルエンザの発生が懸念される時期です。県北家畜保健衛生所、二戸地域振興センター、二戸土木センターと建設業協会二戸支部では、発生時の迅速かつ的確な対応に備えるため1月25日に検討会を開催いたしました。

埋却場所の掘削等の作業が予想されます。防護服が必要となることより、防護服を着て重機運転・作業ができるか実際に数名が着てみました。視界が狭くなり、運転が難しそうです。

防護服着衣

研修会表題

研修会受講中

健康づくり研修会

こんな時うつ病を考えて

12月18日 岩手県建設業女性マネジング協議会二戸支部が、「知って守る こころの健康」
「脳卒中の予防法 高血圧予防が最大のポイント」について、岩手県二戸保健所の保健師さんと
栄養士さんを講師に健康づくりについて研修会を開催しました。

こころの健康

脳卒中の予防法

ストレスとの付き合い方やうつ病への対応、脳卒中を防ぐには高血圧を防ぐことを学びました。

健康づくり研修会後には、「いわて女性活躍企業認定制度」「いわて子育てにやさしい企業認証制度」について、企業のイメージアップや人材確保に向けての取り組みのひとつになればと県北広域振興局二戸地域振興センター、二戸保健福祉環境センター担当職員から説明をいただきました。

支部地域貢献活動実施

ごみ捨て禁止

10月23日(火)午前 7班に分かれ8路線の待避所・待避所周辺のごみ拾いとガードレール・側溝等の施設点検を行ないました。

点検では、「ごみ捨て禁止」の立て看板を立直したり、ガードレールのネジを締め直す等行ないました。

縁石は、塩害、凍上被害によると思われる劣化が見受けられました。

ごみ、空き缶拾い

反射板損傷

ごみ、空き缶拾い

収集ごみの一部

縁石損傷

光波測距儀をのぞくいて

9月5日 台風21号通過で雨・強風が心配されましたが、青空の中、無事に軽米町立軽米小学校、6年生46名を対象に重機体験乗車・測量体験のふれあい事業が開催できました。

校庭には暗渠が入っているため、重機を入れることは出来ませんでしたが、駐車場等を利用して行ないました。

測量体験は、光波測距儀を除き、遠くのものが大きく見えることに驚いていました。フリースビーを投げてその飛距離を実際に測定しました。

飛距離測定

一つづつ体験が終わるとそれぞれ、学習したことや感想をノートに書き込んでいました。

測量について


バックホウは、それぞれ自分で膨らませた風船をバケットで割ることを体験しました。力強くすぐ割れる人、風船が小さくなかなか割れない人、割れた時の大きな音にびっくりする人、楽しんでいました。

バックホウ用風船準備

風船割り

うまく割れるかな

コンバインドローラーは、場所が狭いために、前進と後退を行ないました。

ローラー前進

高所作業車とドローン

高所作業車は、大人気だったようです。上空の高所作業車の横には、手の届きそうな場所にドローンが近づいてきます。活動中ドローンが上空から見守ってくれました。

ドローン

高所作業車のそばでは、他の学年が見学していましたが、2年後は、僕たち私たちが乗れるんだ。と2年後(6年生)を楽しみにしているようでした。たぶん今4年生?乗れるといいですね!

2年後乗れるかな

閉会式では、部会長から一番楽しかったのは何でしたかの問いに、すべての体験に手を挙げた生徒が多かったようです。楽しんでいただけたようです。

楽しかったこと

集合写真

お疲れ様でした。ありがとうございました。

参加者全員集合

8月9日 県北広域振興局二戸土木センター、国交省二戸国道維持出張所、二戸市、一戸町、軽米町、九戸村、建設業協会二戸支部青年部 総勢93名による第26回北の道クリーンキャンペーンが実施されました。

国・県・市町村は、14路線 清掃路線延長 181.9 ㎞ のごみ・空き缶拾い、青年部会は、街路樹の剪定・草刈り・草取りを行ないました。台風の影響で雨が懸念されましたが、活動中は、何とか小雨程度で天候に恵まれました。

あいさつ

出発式

昨年、一昨年 第24回・25回は台風等のため、日にちを延期し青年部単独での活動でしたが、3年ぶりに出発式を行なうことができました。尻谷部会長の挨拶、長坂二戸土木センター所長・柴田二戸支部長から挨拶をいただき、青年部事務局から諸注意事項等、特にも雨が降ってきた場合は、状況判断で無理をせず、作業を中止するようにとの注意がありました。その後、各担当路線に向けて出発しました。

青年部会は、二戸一戸線イコウショッピングセンター周辺に向かいました。
草取り作業

剪定作業

草刈り作業

樹木伐採作業

収集草


路線からの収集したごみは、びん類2袋、ペットボトル4袋、缶類7袋、燃えるごみ14袋
袋は大きい袋です。見えるごみには、お弁当等のプラスチック容器が多かったようです。
他に、壊れた傘、カーペット、トタン等がありました。
いつまでも「ポイ捨て」が無くなりませんね‼
食べたらごみは、持ち帰りましょう‼

収集ごみ

開会のことば

平成30年度建設業労働災害防止安全衛生二戸大会を7月27日(金)午後、二戸市民文化会館中ホールにて、会員40社総勢約110名現場代理人・安全担当者の出席で開催しました。

二戸労働基準監督署長、県北広域振興局二戸土木センター所長、二戸警察署長の方々から祝辞をいただきました。

二戸支部長あいさつ

二戸警察署長祝辞


研修会:一つ目講演「労働災害防止等について」二戸労働基準監督署長 澤田秀幸様

二戸労働基準監督署長講演

二つ目の講演「働き方改革について」二戸労働基準監督署 監督・安衛課長 本安貴登様

監督・安衛課長講演

三つ目講演「災害事例から学ぶ重機・墜落等災害の防止対策と安全帯に関する法改正について」
                   建設業労働災害防止協会 安全管理士 阿部一夫様

安全管理士講演

                
           最後に大会宣言

大会宣言

二戸も桜咲いたよ!

鯉のぼりと桜

二戸市民文化会館周辺の桜 昨日・今日で一気に咲きました。
4月21・22日の土・日がお花見日和ですね。

満開の桜

桜並木

橋梁補修工事現場

30年2月9日(金)県北広域振興局二戸土木センター、林務室、農村整備室、各市町村等と二戸労働基準監督署産業安全専門官に同行いただき、6現場のパトロールを2班に分かれ実施しました。

現場説明

作業中

凍結防止剤設置

ホワイトボードの作業計画

重機マグネット使用の作業計画

各班意見集約

意見発表

監督署講評、講和

パトロール終了後は、6班に分かれそれぞれのパトロール現場の良い点・改善点について意見交換を行ない、写真を見ながら発表を行ないました。たくさん良い点が出されました。

最後に二戸労働基準監督署産業安全専門官から講評と講和をいただきました。

良い点:住民にわかりやすい工事説明の写真が掲示してあった。
    ホワイトボードを使用し作業計画が示されていた。
    立入禁止区域を明確にロープ等で囲いをしていた。
    凍結防止剤を数か所においていつでも使用できるようにしていた。
    作業箇所の除雪がしっかり行われていた。    等々

経営講座開催

女性マネジング経営講座

建設業女性マネジングスタッフ協議会二戸支部では、11月16日マネジング二戸支部会員と建設業協会二戸支部会員企業の女性の方々を対象に経営講座を開催いたしました。

岩手県建設業経営支援センター経営指導コーディネーター中小企業診断士 菅原繁雄氏を講師に経営の効率化、日常の原価管理・コストダウン手法について学習しました。

女性マネジング経営講座

女性マネジング経営講座

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2019年2月 [2]
  2. 2019年1月 [16]
  3. 2018年12月 [15]
  4. 2018年11月 [26]
  5. 2018年10月 [18]
  6. 2018年9月 [7]
  7. 2018年8月 [19]
  8. 2018年7月 [25]
  9. 2018年6月 [15]
  10. 2018年5月 [11]
  11. 2018年4月 [13]
  12. 2018年3月 [10]
  13. 2018年2月 [17]
  14. 2018年1月 [10]
  15. 2017年12月 [12]
  16. 2017年11月 [17]
  17. 2017年10月 [20]
  18. 2017年9月 [8]
  19. 2017年8月 [28]
  20. 2017年7月 [20]
  21. 2017年6月 [14]
  22. 2017年5月 [14]
  23. 2017年4月 [18]
  24. 2017年3月 [20]
  25. 2017年2月 [18]
  26. 2017年1月 [16]
  27. 2016年12月 [19]
  28. 2016年11月 [22]
  29. 2016年10月 [16]
  30. 2016年9月 [33]
  31. 2016年8月 [23]
  32. 2016年7月 [23]
  33. 2016年6月 [17]
  34. 2016年5月 [20]
  35. 2016年4月 [25]
  36. 2016年3月 [21]
  37. 2016年2月 [16]
  38. 2016年1月 [13]
  39. 2015年12月 [20]
  40. 2015年11月 [21]
  41. 2015年10月 [27]
  42. 2015年9月 [10]
  43. 2015年8月 [22]
  44. 2015年7月 [20]
  45. 2015年6月 [15]
  46. 2015年5月 [17]
  47. 2015年4月 [16]
  48. 2015年3月 [17]
  49. 2015年2月 [15]
  50. 2015年1月 [14]
  51. 2014年12月 [19]
  52. 2014年11月 [27]
  53. 2014年10月 [24]
  54. 2014年9月 [18]
  55. 2014年8月 [39]
  56. 2014年7月 [21]
  57. 2014年6月 [18]
  58. 2014年5月 [16]
  59. 2014年4月 [21]
  60. 2014年3月 [22]
  61. 2014年2月 [15]
  62. 2014年1月 [20]
  63. 2013年12月 [21]
  64. 2013年11月 [23]
  65. 2013年10月 [20]
  66. 2013年9月 [12]
  67. 2013年8月 [18]
  68. 2013年7月 [33]
  69. 2013年6月 [20]
  70. 2013年5月 [30]
  71. 2013年4月 [16]
  72. 2013年3月 [10]
  73. 2013年2月 [8]
  74. 2013年1月 [13]
  75. 2012年12月 [15]
  76. 2012年11月 [16]
  77. 2012年10月 [13]
  78. 2012年9月 [12]
  79. 2012年8月 [17]
  80. 2012年7月 [11]
  81. 2012年6月 [10]
  82. 2012年5月 [12]
  83. 2012年4月 [11]
  84. 2012年3月 [6]
  85. 2012年2月 [10]
  86. 2012年1月 [12]
  87. 2011年12月 [11]
  88. 2011年11月 [16]
  89. 2011年10月 [15]
  90. 2011年9月 [10]
  91. 2011年8月 [19]
  92. 2011年7月 [22]
  93. 2011年6月 [15]
  94. 2011年5月 [13]
  95. 2011年4月 [14]
  96. 2011年3月 [20]
  97. 2011年2月 [15]
  98. 2011年1月 [14]
  99. 2010年12月 [10]
  100. 2010年11月 [9]
  101. 2010年10月 [20]
  102. 2010年9月 [18]
  103. 2010年8月 [20]
  104. 2010年7月 [12]
  105. 2010年6月 [16]
  106. 2010年5月 [15]
  107. 2010年4月 [14]
  108. 2010年3月 [8]
  109. 2010年2月 [13]
  110. 2010年1月 [21]
  111. 2009年12月 [16]
  112. 2009年11月 [23]
  113. 2009年10月 [38]
  114. 2009年9月 [33]
  115. 2009年8月 [26]
  116. 2009年7月 [27]
  117. 2009年6月 [24]
  118. 2009年5月 [13]
  119. 2009年4月 [17]
  120. 2009年3月 [15]
  121. 2009年2月 [23]
  122. 2009年1月 [31]
  123. 2008年12月 [37]
  124. 2008年11月 [30]
  125. 2008年10月 [55]
  126. 2008年9月 [40]
  127. 2008年8月 [49]
  128. 2008年7月 [48]
  129. 2008年6月 [35]
  130. 2008年5月 [17]
  131. 2008年4月 [11]
  132. 2008年3月 [6]
  133. 2008年2月 [9]
  134. 2008年1月 [13]
  135. 2007年12月 [12]
  136. 2007年11月 [14]
  137. 2007年10月 [20]
  138. 2007年9月 [14]
  139. 2007年8月 [20]
  140. 2007年7月 [13]
  141. 2007年6月 [15]
  142. 2007年5月 [10]
  143. 2007年4月 [6]
  144. 2007年3月 [14]
  145. 2007年2月 [16]
  146. 2007年1月 [5]
  147. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.7