盛岡支部 一覧

県庁前落葉清掃 2

今年度4回目の県庁前落葉清掃を行いました。

朝5:50分集合 まだ真っ暗です。

H27.11.14落葉清掃0001

今年最終日の今日はバス停の屋根も掃除しました。

H27.11.14落葉清掃0003

毎週県職員が月曜・木曜、建設業協会は土曜日の早朝行っており、最終日の今日は落葉も少なめです。

H27.11.14落葉清掃0004

早朝の交通量が少ない時間帯だから車道側も清掃します。

H27.11.14落葉清掃0006

冬季国大まであと74日

H27.11.14落葉清掃0005

少ないと思いましたが、集めてみるとこんなに!

H27.11.14落葉清掃0007

皆さん、お疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。

H27.11.14落葉清掃0008

青年部合同研修会

11月13日(金)盛岡広域振興局と青年部の合同研修会を開催しました。

発注者側からは土木部、林務部、農村整備室の現場監督、受注者側からは現場代理人を中心に約60名が参加しました。

H27青年部合同研修会0002

H27青年部合同研修会0003

20項目にわたる工事施行上の問題点等について意見を出し合いました。

H27青年部合同研修会0006

H27青年部合同研修会0005

土木部からは「工事検査と工事成績評定での留意点」の発表もあり、工事現場を担当する者として有意義な研修でした。

H27青年部合同研修会0004

安全パトロール

今年度の安全パトロールを10月27日(火)28日(水)振興局、管内市町、労働基準監督署職員と共に行いました。

1昨年管内で発生した水害の復旧工事が盛んに行われています。

H27安全パト0003H27安全パト0005

H27安全パト0002

H27安全パト0004

工事現場では、地元高校生のインターンシップも行われていました。

H27安全パト0001

パトロール終了後に点検結果の再確認が行われ、後日全会員に公表されます。

年々安全意識が高まっており、好事例も多数認められました。

H27安全パト0006

10月24日(土)盛岡地区土木C級会の「落ち葉清掃」に参加しました。

今回が今年度の第1回目。10月31日、11月7・14日と計4回の実施予定です。

盛岡地方裁判所前から盛岡市役所までの歩道を清掃しました。

P1000405

午前5時45分、点呼を取ってまだ薄暗い時間からのスタートです。

P1000408

歩道には枯葉がたくさん落ちています。

P1000410

まずは竹箒でかき集めます。

P1000422

そして袋に詰めて・・・。

P1000423

石割桜もきれいに紅葉していました。

P1000419

集めた落ち葉のほんの一部です。

P1000427

こんなにきれいになりました。

P1000431

お疲れ様でした。皆で記念撮影。

 

いつの間にか夢中になっていて、防寒対策をしていたこともあって爽快な汗をかいていました。

※ せっかくきれいになったのに・・・

木枯らしが吹き始め、昼前には清掃前よりももっとたくさんの枯葉が道を埋めていました。

盛岡秋祭り2

盛岡秋祭り2日目の15日は、午後2時~「お稚児さん参り」が八幡町から盛岡八幡宮まで行われ、冠など華やかな装束を身に着けた2歳から7歳の子どもたち約70人が列を作って歩きました。

H27秋祭り20004

H27秋祭り20002

最終日の16日も晴天で大勢の参拝客でにぎわいました。

H27秋祭り30008

午後から恒例の流鏑馬も行われました。

「流鏑馬」は、延宝9年(1681年)南部重信が盛岡八幡宮を建立し、流鏑馬神事を始めたもので、盛岡市の無形民俗文化財に指定されています。

H27秋祭り30001

遠野南部流鏑馬保存会、岩手大学馬術部の6名の皆さんが500mの馬場を「射手奉行」「介添奉行」3名ずつで、3つの的をめがけて各3回駆け抜けました。

H27秋祭り30002

H27秋祭り30003

的に命中すると「介添奉行」が『射た~~りぁ~~』の声で扇子を掲げて通りぬけます。

H27秋祭り30004

今日は、南部藩の現在の当主も観覧しており、そのためか二つ目の的の命中率はいつもに比べていまひとつだったとか・・・

H27秋祭り30005

境内には、第37代内閣総理大臣「米内光正」の銅像もあります。

また、大鳥居のすぐ近くには居住地跡も残っています。

H27秋祭り30006

H27秋祭り20001

盛岡秋祭り1

江戸時代から300年以上の歴史を誇る盛岡市秋祭りは9月14日開幕し、16日までの3日間開催されます。今年は山車9台が市内を練り歩いています。建設会館かいわいでも神輿や山車の大きな音が聞こえてきました。

H27秋祭り0003

H27秋祭り0002

H27秋祭り0004

 

H27秋祭り0005

H27秋祭り0001

盛岡秋祭り2では、今日午後2時からの「お稚児さん参り」、最終日の明日午後1時からの八幡宮での「流鏑馬」の様子をお知らせします。

7月29日、盛岡市浅岸の綱取ダムにおいて、自然に親しむイベント

「森と湖 in 綱取」2015!が開催されました。

盛岡支部青年部では、事業活動の一環としてとして毎年イベントのお手伝いをしています。

posutaa

イベント概要

・森林浴

・木工教室

・魚のつかみ取り

・ダム施設見学

・ダム湖巡航

盛岡支部青年部では、おもに魚のつかみ取り、ダム湖巡航のお手伝いをさせていただきました。

大自然の中で行われるイベントなので、現地ではオニヤンマや蝶々などの昆虫の採集を楽しんだり、

木陰でお弁当を食べたり、イベント以外にも楽しみがたくさんで、夏休みに入ったばかりの幼児や

小学生にとってはうってつけのイベントです。

イベントの様子

DSC04933 DSC04936
つかみ取りは今年も大盛況! 幼児はプールにてつかみ取りできます。暑いので水遊びにも使用しています。
DSC04946 DSC04943
こちらも大人気のダム湖巡航。要予約です。 「いってきまーす!」

森と湖in綱取2015

国土交通省及び林野庁は、毎年7月21日から31日までを「森と湖に親しむ旬間」として定めています。綱取りダム管理事務所では、例年この期間中に「森と湖 in 綱取」を開催しています。

今年度は、7月29日(水)に開催されました。

(一社)岩手県建設業協会青年部連絡協議会・岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会盛岡支部は、毎年スタッフとして参加しています。

P1000383 P1000384
開会式1時間前からもう集まってきました。 これからテントを設営し、ビニールプールに水を張り、川には魚を放流します。
P1000386 P1000392
ダム巡航の受付がはじまります。事前予約で満席となりました。
猛暑も気にせず子供たちは元気いっぱい。
P1000388 P1000390
昨年も参加した子供たちが大きく成長していました。 今年は水量が少なく、乗船場所が変わりました。

7月28日(火) 管内の道路・河川の崩壊個所の調査結果を土木部長及び岩手土木センター所長に報告し、早期復旧と会員企業への発注を要望しました。

H27災害調査報告0001 (2)

H27災害調査報告0003 H27災害調査報告0003
調査は6月中に行われ、各地区ごとに17班編成86人で行われました。

崩壊個所は次のとおりです。

土木部管内      道路 11か所    河川 19カ所

土木センター管内 道路 4カ所   河川 29カ所

盛岡支部青年部では、5月28日に葛巻町立葛巻小学校において、建設業ふれあい事業を行いました。

天気も良く、子供たちのはじけるような笑顔にふれて、参加会員一同も一層の充実感を感じていました。

 

P5280351

事業概要

参加児童:葛巻町立葛巻小学校全児童115名

バックホウの試乗体験

コンバインドローラーの試乗体験

高所作業車の試乗体験

砂場の修繕

駐車場の修繕と舗装

P5280300 P5280257
説明にも熱が入ります。
このレバーは何かな?
P5280270 P5280289
気をつけて上ってね。 最高地上高12m。思わず子供たちの歓声が!
P5280249 P5280357
コンバインドローラーの操作感覚は車と違って独特です。
硬くなった砂場を掘り起こしています。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年4月 [4]
  2. 2018年3月 [10]
  3. 2018年2月 [17]
  4. 2018年1月 [10]
  5. 2017年12月 [12]
  6. 2017年11月 [17]
  7. 2017年10月 [20]
  8. 2017年9月 [8]
  9. 2017年8月 [28]
  10. 2017年7月 [20]
  11. 2017年6月 [14]
  12. 2017年5月 [14]
  13. 2017年4月 [18]
  14. 2017年3月 [20]
  15. 2017年2月 [18]
  16. 2017年1月 [16]
  17. 2016年12月 [19]
  18. 2016年11月 [22]
  19. 2016年10月 [16]
  20. 2016年9月 [33]
  21. 2016年8月 [23]
  22. 2016年7月 [23]
  23. 2016年6月 [17]
  24. 2016年5月 [20]
  25. 2016年4月 [25]
  26. 2016年3月 [21]
  27. 2016年2月 [16]
  28. 2016年1月 [13]
  29. 2015年12月 [20]
  30. 2015年11月 [21]
  31. 2015年10月 [27]
  32. 2015年9月 [10]
  33. 2015年8月 [22]
  34. 2015年7月 [20]
  35. 2015年6月 [15]
  36. 2015年5月 [17]
  37. 2015年4月 [16]
  38. 2015年3月 [17]
  39. 2015年2月 [15]
  40. 2015年1月 [14]
  41. 2014年12月 [19]
  42. 2014年11月 [27]
  43. 2014年10月 [24]
  44. 2014年9月 [18]
  45. 2014年8月 [39]
  46. 2014年7月 [21]
  47. 2014年6月 [18]
  48. 2014年5月 [16]
  49. 2014年4月 [21]
  50. 2014年3月 [22]
  51. 2014年2月 [15]
  52. 2014年1月 [20]
  53. 2013年12月 [21]
  54. 2013年11月 [23]
  55. 2013年10月 [20]
  56. 2013年9月 [12]
  57. 2013年8月 [18]
  58. 2013年7月 [33]
  59. 2013年6月 [20]
  60. 2013年5月 [30]
  61. 2013年4月 [16]
  62. 2013年3月 [10]
  63. 2013年2月 [8]
  64. 2013年1月 [13]
  65. 2012年12月 [15]
  66. 2012年11月 [16]
  67. 2012年10月 [13]
  68. 2012年9月 [12]
  69. 2012年8月 [17]
  70. 2012年7月 [11]
  71. 2012年6月 [10]
  72. 2012年5月 [12]
  73. 2012年4月 [11]
  74. 2012年3月 [6]
  75. 2012年2月 [10]
  76. 2012年1月 [12]
  77. 2011年12月 [11]
  78. 2011年11月 [16]
  79. 2011年10月 [15]
  80. 2011年9月 [10]
  81. 2011年8月 [19]
  82. 2011年7月 [22]
  83. 2011年6月 [15]
  84. 2011年5月 [13]
  85. 2011年4月 [14]
  86. 2011年3月 [20]
  87. 2011年2月 [15]
  88. 2011年1月 [14]
  89. 2010年12月 [10]
  90. 2010年11月 [9]
  91. 2010年10月 [20]
  92. 2010年9月 [18]
  93. 2010年8月 [20]
  94. 2010年7月 [12]
  95. 2010年6月 [16]
  96. 2010年5月 [15]
  97. 2010年4月 [14]
  98. 2010年3月 [8]
  99. 2010年2月 [13]
  100. 2010年1月 [21]
  101. 2009年12月 [16]
  102. 2009年11月 [23]
  103. 2009年10月 [38]
  104. 2009年9月 [33]
  105. 2009年8月 [26]
  106. 2009年7月 [27]
  107. 2009年6月 [24]
  108. 2009年5月 [13]
  109. 2009年4月 [17]
  110. 2009年3月 [15]
  111. 2009年2月 [23]
  112. 2009年1月 [31]
  113. 2008年12月 [37]
  114. 2008年11月 [30]
  115. 2008年10月 [55]
  116. 2008年9月 [40]
  117. 2008年8月 [49]
  118. 2008年7月 [48]
  119. 2008年6月 [35]
  120. 2008年5月 [17]
  121. 2008年4月 [11]
  122. 2008年3月 [6]
  123. 2008年2月 [9]
  124. 2008年1月 [13]
  125. 2007年12月 [12]
  126. 2007年11月 [14]
  127. 2007年10月 [20]
  128. 2007年9月 [14]
  129. 2007年8月 [20]
  130. 2007年7月 [13]
  131. 2007年6月 [15]
  132. 2007年5月 [10]
  133. 2007年4月 [6]
  134. 2007年3月 [14]
  135. 2007年2月 [16]
  136. 2007年1月 [5]
  137. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6