岩手県建設業協会 一覧

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

「各種情報」内の「東日本建設保証(株)岩手支店 提供資料」に東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている公共工事動向(岩手県内11月版)を掲載しました。

im13100405

↓PDFファイル↓
公共工事動向(岩手県内)11月版→ こちら(PDF)



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力

2017120101 (1)

12月1日に開催した「建設業の経営環境に関するシンポジウム」の会場で『マンガ「我らイワケン株式会社」原画展』を同時開催しました。漫画家そのだつくし様のご厚意で、実際の原画を含む原画展となりました。

パネル展示では1話毎に1ページずつピックアップしています。マンガが出来る工程が分かるよう、「ネーム→下書き→原稿→校了」の画像を配置しています。クリアブックファイルには全ページ全工程分を展示しました。「下書き」と「原稿」は実際の原画です。



原画展で使用したパネルの画像を紹介します。

2017120101 (3)


2017120101 (4)


2017120101 (5)


2017120101 (6)


2017120101 (7)

今後も機会がありましたら原画展を開催したいと思います。

2017120100 (11)

一般社団法人岩手県建設業協会は12月1日、担い手の確保と育成に関する現状と課題をテーマに『建設業の経営環境に関するシンポジウム』を開催しました。行政、建設業関係者など約100名が参加しました。

続きを読む

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

「各種情報」内の「東日本建設保証(株)岩手支店 提供資料」に東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている公共工事動向(岩手県内10月版)を掲載しました。

im13100405


↓PDFファイル↓
公共工事動向(岩手県内)10月版→ こちら(PDF)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力

担い手確保・育成をテーマに「建設業の経営環境に関するシンポジウム」を開催
テーマ:担い手の確保と育成に関する現状と課題

岩手県内の人口減少が進行する中、企業では人手不足と人材育成が喫緊の課題になっています。震災復興後には建設投資の落ち込みが予想されることから、人員の抱え込みは経営悪化に直結する側面があり、建設業をはじめ、多くの地場企業は慎重な経営戦略が求められています。

また、建設業の担い手確保対策等を盛り込んだ、いわゆる"担い手三法"が施行されました。ダンピング受注の防止や受注者の適正な利潤を確保するなどの責務を発注者に促すなど、業界再生と将来の担い手を確保する方策が示されています。

地方の中小企業が「担い手の確保と育成」に向けた取り組みを進めるにあたり、課題解決の一助となるよう標記シンポジウムを開催いたします。是非、多くの皆様にご参加いただきますようご案内いたします。

【日 時】平成29年12月1日(金)13:30~16:50

【会 場】建設研修センター大ホール 盛岡市松尾町17-9 TEL019-653-6111

【対象者】建設業関係者、建設行政等担当職員など
  ※建設業関係者に関わらず、どなたでも参加いただけます。

【参加費】無料 定員100名(定員になり次第締切り)

【プログラム概要】
第1部 基調講演
「建設人材の確保・育成における取り組み」
  職業訓練法人全国建設産業教育訓練協会
   富士教育訓練センター 専務理事 菅井 文明 氏

第2部 特別講演
「建設業で学んだこと」
 =マンガ「我らイワケン株式会社」作者が語る=
  漫画家 そのだつくし 氏

第3部 パネルディスカッション
 「担い手の確保と育成に関する現状と、課題の解決に向けて」

パネリスト
 岩手県県土整備部建設技術振興課 建設業振興担当課⻑ 島田 耕司 氏
 基調講演講師 菅井 文明 氏
 特別講演講師 そのだつくし 氏
 (一社)岩手県建設業協会 副会⻑ 向井田 岳
 (一社)岩手県建設業協会 千厩支部 ⽀部⻑ 小山 裕昭
コーディネーター
 株式会社日刊岩手建設工業新聞社 代表取締役社長 宮野 裕子氏


【お問合せ】(一社)岩手県建設業協会  TEL 019-653-6111
【お申込み】申込書をFAXにて送付 FAX 019-653-6113

詳細・申込書(PDF)
協会イントラネット掲示板内の案内・申込(会員専用)

主催 (一社)岩手県建設業協会
後援 岩手県、東曰本建設業保証㈱岩手支店、㈱日刊岩手建設工業新聞社



基調講演ご紹介
   富士教育訓練センター 専務理事 菅井 文明 氏

職業訓練法人全国建設産業教育訓練協会
   富士教育訓練センター 専務理事 菅井 文明 氏

主な経歴
建設省建設⼤学校卒業後、専⾨⼯事業において、20年間建設業の仕事に携わる。
平成8 年、職業訓練法人全国建設産業訓練協会富士教育訓練センターにて建設業で働く技術・技能者の人材育成事業に参加する。教育訓練課課⻑、校⻑を経て、現在専務理事として勤務。


特別講演ご紹介
  漫画家そのだつくし氏

漫画家 そのだつくし 氏

主な経歴
盛岡市生まれ雫石町在住
平成8年集英社デビュー
現在
「ずったり岩手」/銀杏社
岩手日報4コマ「イワさんとニッポちゃん」他連載中

            06H29mirai06                    ロビー展示(県内建設企業等6社)

岩手県建設業協会では、岩手県と共催で平成29年10月19日(木)に「いわて建設業みらいフォーラム」を開催しました。
当フォーラムは3部構成として、①建設に係る取組事例発表、②パネルディスカッション、③ミニコンサートを行いました。

01H29mirai01    株式会社小原建設若手土木技術者

02H29mirai02                             株式会社平野組若手建築技術者

03H29mirai03
    岩手県立産業技術短期大学校 建築科

04H29mirai04
                            岩手県立黒沢尻工業高校 土木科

05H29mirai05                  パネルディスカッション




岩手県建設業協会では、盛岡工業高校、花巻農業高校、黒沢尻工業高校、一関工業高校、久慈工業高校、種市高校と各発注者との共催のもと高校生対象の土木工事現場見学会を開催しました。
生徒たちは今後の勉強に生かすために、五感をフル活用で学びました。

             盛岡工業高校土木科  簗川ダム建設工事現場
H29genba01
    花巻農業高校環境科学科 梁川トンネル築造工事現場
H29genba02
    黒沢尻工業高校土木科 手代森トンネル工事現場
H29genba03
    一関工業高校土木科 長根沢橋上部工事現場
H29genba04
    久慈工業高校建設環境科 八戸市屋内スケート場建設工事現場
H29genba05
    種市高校海洋開発科 久慈港湾口防波堤整備事業現場
H29genba06

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている建設業景況調査9月調査(平成29年度第2回、東日本大震災被災地版)を「各種情報」内の「東日本建設業保証(株)岩手支店提供資料」に掲載しました。

110721higashinihon.gif


↓PDFファイル↓

建設業景況調査(岩手県版)9月調査
調査結果(概要) → こちら(PDF)
データ表 → こちら(PDF)

建設業景況調査(東日本大震災被災地版)9月調査
調査結果(概要) → こちら(PDF)

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

「各種情報」内の「東日本建設保証(株)岩手支店 提供資料」に東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている公共工事動向(岩手県内9月版)を掲載しました。

im13100405


↓PDFファイル↓
公共工事動向(岩手県内)9月版→ こちら(PDF)


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 岩手県情報へ ← クリックにご協力

岩手県建設業協会ホームページ更新のお知らせです。

東日本建設保証(株)岩手支店より情報提供頂いている建設業景況調査6月調査(平成29年度第1回、東日本大震災被災地版)を「各種情報」内の「東日本建設業保証(株)岩手支店提供資料」に掲載しました。


110721higashinihon.gif


↓PDFファイル↓

建設業景況調査(岩手県版)6月調査
調査結果(概要) → こちら(PDF)
データ表 → こちら(PDF)

建設業景況調査(東日本大震災被災地版)6月調査
調査結果(概要) → こちら(PDF)

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年6月 [7]
  2. 2018年5月 [11]
  3. 2018年4月 [13]
  4. 2018年3月 [10]
  5. 2018年2月 [17]
  6. 2018年1月 [10]
  7. 2017年12月 [12]
  8. 2017年11月 [17]
  9. 2017年10月 [20]
  10. 2017年9月 [8]
  11. 2017年8月 [28]
  12. 2017年7月 [20]
  13. 2017年6月 [14]
  14. 2017年5月 [14]
  15. 2017年4月 [18]
  16. 2017年3月 [20]
  17. 2017年2月 [18]
  18. 2017年1月 [16]
  19. 2016年12月 [19]
  20. 2016年11月 [22]
  21. 2016年10月 [16]
  22. 2016年9月 [33]
  23. 2016年8月 [23]
  24. 2016年7月 [23]
  25. 2016年6月 [17]
  26. 2016年5月 [20]
  27. 2016年4月 [25]
  28. 2016年3月 [21]
  29. 2016年2月 [16]
  30. 2016年1月 [13]
  31. 2015年12月 [20]
  32. 2015年11月 [21]
  33. 2015年10月 [27]
  34. 2015年9月 [10]
  35. 2015年8月 [22]
  36. 2015年7月 [20]
  37. 2015年6月 [15]
  38. 2015年5月 [17]
  39. 2015年4月 [16]
  40. 2015年3月 [17]
  41. 2015年2月 [15]
  42. 2015年1月 [14]
  43. 2014年12月 [19]
  44. 2014年11月 [27]
  45. 2014年10月 [24]
  46. 2014年9月 [18]
  47. 2014年8月 [39]
  48. 2014年7月 [21]
  49. 2014年6月 [18]
  50. 2014年5月 [16]
  51. 2014年4月 [21]
  52. 2014年3月 [22]
  53. 2014年2月 [15]
  54. 2014年1月 [20]
  55. 2013年12月 [21]
  56. 2013年11月 [23]
  57. 2013年10月 [20]
  58. 2013年9月 [12]
  59. 2013年8月 [18]
  60. 2013年7月 [33]
  61. 2013年6月 [20]
  62. 2013年5月 [30]
  63. 2013年4月 [16]
  64. 2013年3月 [10]
  65. 2013年2月 [8]
  66. 2013年1月 [13]
  67. 2012年12月 [15]
  68. 2012年11月 [16]
  69. 2012年10月 [13]
  70. 2012年9月 [12]
  71. 2012年8月 [17]
  72. 2012年7月 [11]
  73. 2012年6月 [10]
  74. 2012年5月 [12]
  75. 2012年4月 [11]
  76. 2012年3月 [6]
  77. 2012年2月 [10]
  78. 2012年1月 [12]
  79. 2011年12月 [11]
  80. 2011年11月 [16]
  81. 2011年10月 [15]
  82. 2011年9月 [10]
  83. 2011年8月 [19]
  84. 2011年7月 [22]
  85. 2011年6月 [15]
  86. 2011年5月 [13]
  87. 2011年4月 [14]
  88. 2011年3月 [20]
  89. 2011年2月 [15]
  90. 2011年1月 [14]
  91. 2010年12月 [10]
  92. 2010年11月 [9]
  93. 2010年10月 [20]
  94. 2010年9月 [18]
  95. 2010年8月 [20]
  96. 2010年7月 [12]
  97. 2010年6月 [16]
  98. 2010年5月 [15]
  99. 2010年4月 [14]
  100. 2010年3月 [8]
  101. 2010年2月 [13]
  102. 2010年1月 [21]
  103. 2009年12月 [16]
  104. 2009年11月 [23]
  105. 2009年10月 [38]
  106. 2009年9月 [33]
  107. 2009年8月 [26]
  108. 2009年7月 [27]
  109. 2009年6月 [24]
  110. 2009年5月 [13]
  111. 2009年4月 [17]
  112. 2009年3月 [15]
  113. 2009年2月 [23]
  114. 2009年1月 [31]
  115. 2008年12月 [37]
  116. 2008年11月 [30]
  117. 2008年10月 [55]
  118. 2008年9月 [40]
  119. 2008年8月 [49]
  120. 2008年7月 [48]
  121. 2008年6月 [35]
  122. 2008年5月 [17]
  123. 2008年4月 [11]
  124. 2008年3月 [6]
  125. 2008年2月 [9]
  126. 2008年1月 [13]
  127. 2007年12月 [12]
  128. 2007年11月 [14]
  129. 2007年10月 [20]
  130. 2007年9月 [14]
  131. 2007年8月 [20]
  132. 2007年7月 [13]
  133. 2007年6月 [15]
  134. 2007年5月 [10]
  135. 2007年4月 [6]
  136. 2007年3月 [14]
  137. 2007年2月 [16]
  138. 2007年1月 [5]
  139. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6