いわけんブログ

  • 北上支部 一覧
  • !!愛の献血活動を行ったよ!!

    2009年6月24日 14:45北上支部

     北上支部では、各種地域貢献活動を実施しておりますが、その一環として今年度も、北上市献血推進協議会会長

    伊藤彬からの献血協力依頼により、6月24日支部会館において献血協力活動を実施しました。

     会員25社から70人の全血献血400ml協力を頂きました。

    岩手県赤十字血液センターから感謝!感謝!感謝のおことばを頂きました。PHOT0068.JPGPHOT0064.JPGPHOT0070.JPG

  • アドプト協定の下堰幹線水路の清掃活動

    2009年6月22日 13:55北上支部

    岩手県建設業協会北上支部では17日、岩手中部土地改良区(菊池勲理事長)とアドプト協定を締結している下堰幹線水路の清掃活動を行った。会員企業41社から110人が参加し、約1Kmの用水路の草刈やゴミ拾い等の清掃活動に汗を流した。

    北上支部とアドプト協定を結んでいる下堰幹線水路は、疎水百選に認定されている奥寺堰の一部で、07年6月に同支部と北上市、土地改良区の3者で協定を締結した。年2回を目途に、用水路の清掃などの維持管理の奉仕活動として行っている。

    PHOT0060.JPGPHOT0061.JPG
  • 北上川流域一斉清掃をしました!!

    2009年5月12日 13:26北上支部

     平成21年4月18日(土)、岩手県建設業協会北上支部の会員一同で北上川流域で一斉清掃を行いました。

     この行事には岩手河川国道事務所(山本聡所長)と北上川水系水質汚濁対策連絡協議会(国・県・16流域市町村・消防などで構成)が参加しています。

     北上支部(小原志朗支部長)では、北上市立花地区内の市民展勝地野球場付近に会員企業43社122人が集まりました。

    小原支部長は、これまでの災害時の活動など日頃の活動の労をねぎらうとともに「活動を通して河川愛護の心も育んでほしい」とあいさつしました。

    岩手河川国道水沢出張所の菊池直也技術係長は、同日の参加団体・人数などを報告するとともに、活動への協力に感謝を頂きました。

    (注)日刊岩手建設工業新聞より一部抜粋しました。

    PHOT0055.JPG

  • 北上展勝地さくらまつり

    2009年4月 2日 11:21北上支部

    北上展勝地にみんなでおいでよ!

    春を満喫できる、素敵なイベントいっばいです。 桜のトンネルを

    のんびり進むノスタルジックな雰囲気の観光馬車、北上川を運行

    する遊覧船からも桜を見物することができます。

    また、鬼剣舞やおいらん道中も開催!桜並木がライトアップされ

    幻想的な表情も素晴しいです。 是非お出でくださいね。

     まつり期間  4月18日(土)~5月5日(祝)

    PHOT0035.JPG 

  • 北上支部土木C級会 県土整備部と意見交換

    2009年2月13日 16:40北上支部

     北上支部土木C級会(高橋則彦会長)と県県土整備部(佐藤文夫部長)との意見交換会が5日、北上市里分の県建設業協会北上支部会館で行われた。

     今回のような意見交換は初の試みで、佐藤部長はインフラ整備や維持管理を担う建設産業界との連携の必要性を強調し、業界は「人が生きている限り必要な職種」という認識を改めて共有した。ただ、入札制度に限らず制度に対する業界と県側に認識の違いも生じている。業界側としては疑問点があれば紹介するなど声を上げる必要があり、県側も制度に対するわかりやすい説明が求められそうだ。

     意見交換会には、同C級会から高橋会長はじめ会員ら20社、県側から佐藤文夫部長と同部建設技術振興課の早野義夫総括課長、同課の高橋憲康建設業振興担当課長、コーディネーターに本紙の宮野裕子取締役営業局長ら約30人が出席した。

     今回の意見交換は、昨年7月に行われた北上地区の建設用地域懇談会で高橋会長が「県の施策はC級を切り捨てているのでは」との発言を受けて、県として発言を重く受け止め「意見交換の必要があるのでは」と考え開催したもの。同C級会の生の声を発言できる機会であり、県としてはC級会の悩みなどを聞く有意義な場となったようだ。

     意見交換会の冒頭、佐藤部長は「このような会は初めての試みであり貴重な機会」と忌憚の無い意見交換を求め、「今後も気付いた点は声を挙げてほしい。県として前向きに取り組んで生きたい」とあいさつした。

     意見交換会は、宮野局長をコーディネーターに進行。㈱菊与建設の菊池和夫社長やマルケイ建設㈱の高橋伸夫社長、㈱木戸口工務店の木戸口隆志社長らが日頃感じていることなどを話し、県と意見交換した。

     出席者からは、県に対しC級の存在を不安視する声や、県内建設業の現状や方向性などの認識を求める意見などが出された。県は「建設業の厳しい苦境を企業は経営力の強化や新たな市場の開拓、他社との連携など自社の適正に沿った経営革新に取り組む必要がある」とし、今後も技術と経営に優れた企業が伸びる環境づくりと、経営革新に取り組む企業の支援を行う方針などを説明した。

     このほかの意見では「電子納品において、検査書類を紙との二重提出する手間を省いてほしい」との声があった。県は「どちらで提出しても良いと通知している。今後、二重提出がないように周知していきたい」と回答した。

     仮設道路に関し、県は「設計書は発注者と受注者の重要な接点」との考えを示し、「疑問があれば照会してほしい」と求めた。佐藤部長も「土木部の敷居が高いとは思わず照会してほしい」など県営建設工事執行相談室の活用なども呼び掛けた。

    (日刊岩手建設工業新聞より)

  • 北上支部 10月31日は献血協力活動します

    2008年10月 6日 15:57北上支部

    北上支部ではいろいろな地域貢献活動を実施しておりますが、その一環として、今回北上市献血推進協議会の献血協力依頼を受けてまして、下記のとおり行うことになりましたので会員以外の方でも協力をお願いします。

                      記

    1.日時 平成20年10月31日(金) 午前9時から午後4時
    2.場所 (社)岩手県建設業協会北上支部会館

    F1000026.JPG 献血バス


    全血献血200mI
    または、400mI


  • 北上川流域一斉清掃活動について

    2007年10月18日 11:08北上支部

    県建設業協会北上支部は16日、北上市立花の北上川河川敷で清掃奉仕活動を行った。19年9月の大雨と洪水で多くのゴミが残っている北上川の中島などで実施し、参加した関係者130人で取り除いた。

    同清掃は、昨年9月の大雨で冠水被害を受けた河川敷のうち、展勝地レストハウス西側の中島と珊瑚橋北側の市民展勝地野球場・ラグビー場そばで実施。桜並木付近は昨年11月17日に市民700人が参加して清掃大作戦を実施しており、今回は、昨年の清掃で除去できなかった箇所の流木などを撤去した。

    北上、西和賀両市町の50社から130人が参加して午前9時開始。小原志朗支部長と、清掃活動を要請した国土交通省岩手河川国道事務所水沢出張所の平岡弘志所長が激励の挨拶をした後、2班に分かれて清掃した。

    中島には流木やビニール類などのゴミが残されたままになっており、参加者が小舟を橋代わりにして渡り、軍手に長靴姿でゴミ袋をもち収集に汗を流した。ラグビー場付近の河川敷では、直径2メートル以上の木の幹が多数転がっていたため、重機やトラックを忙しく動かして撤去に当たった。作業は2時間余りで終了。小原支部長は「事前の下見で多数のゴミを確認し、人の手で運べない大きな流木やトタンなどのゴミもあったが、加盟社の協力もあって無事に撤去できた」と話していた。

    PHOT0042.JPG

    PHOT0038.JPG

    PHOT0039.JPG

  • 北上支部 ハクチョウ類渡来数県内一の北上

    2007年2月27日 15:05北上支部

    北上市内には、白鳥の飛来地として新堤、大堤,和賀川猫谷地、北上川珊瑚橋等十数か所あり、今年は、暖冬で田んぼでエサをついばむ風景があちこちで見ることができます。1月6日から16日までの岩手県の調査に基づきますと、18年度ノハクチョウ類渡来地1位は北上市新堤の503羽、2位は高松の池で232羽、3位は花巻市の北上川大正橋215羽がベスト3であるそうです。その他に6位となった和賀川猫谷地118羽が確認されております。新堤は、北上総合運動公園に接した溜め池であり、公園内には、その倍もある大堤溜め池もあり、ハクチョウ、カモ類の飛来地として市民から親しまれております。日曜等の休日には、新堤の周囲では、ハクチョウやカモ類と子供づれの家族が戯れております。又、ハクチョウのエサ売り屋、石焼芋屋、ラーメン屋などの出店もあり、にぎわっております。是非とも一度は、時間を見つけて、冬の北上総合運動公園にいらしてください。ハクチョウ達がお待ちしております。