いわけんブログ

  • 二戸支部 一覧
  • 一戸まつり

    2012年8月27日 16:24二戸支部

    8月24日(金)25日(土)26日(日)の3日間 一戸まつりが開催されました。

    一戸まつり 紀乃國屋文左衛門JPG
    「紀乃國屋文左衛門」

     

    見返しは 「一寸法師の鬼たいじ」
    一戸まつり 一寸法師の鬼たいじ

     

    「羅城門」
    一戸まつり 羅城門
    一戸まつり 金太郎
    見返しは 「金太郎」

     

    初日 24日は雷雨でシートに覆われての運行となりました。

    一戸まつり 見返し

     

    25日・26日は 天気にも恵まれ、真夏日の中、5台の山車が一戸町内を太鼓と威勢の良い「よーいさ よいさ」の掛け声で練り歩きました。

    毎年 8月第4週の金・土・日 の3日間は 一戸まつり。

    9月第1週の金・土・日 今年は 9月6日・7日・8日には、二戸まつりが開催されます。

    お天気になりますように!

  • 北の道クリーンキャンペーンを開催

    2012年8月10日 15:09二戸支部

    8月8日(水) 毎年開催しております、二戸支部青年部主催のクリーンキャンペーン
    を行いました。

    P1000032出発式
    二戸市シビックセンターにて出発式。

    県北広域振興局二戸土木センター所長のあいさつ。
    P1000037土木所長 

    8月10日「道の日」にちなみ、二戸広域圏の道路をきれいにすることを目的」に開催し、今年で20回目(二十歳)を迎えました。

    当初は、二戸振興局土木部(現 二戸土木センター)と一緒に道路のごみ・空き缶拾いを行っておりました。今は、国交省・振興局・市町村の職員が道路のごみ・空き缶拾いを行い、青年部は、街路樹の剪定や草刈りを行っております。

    県道二戸一戸線の街路樹の剪定や草刈り(草取り)の作業風景。

    PICT5343最初
    PICT5350作業1
    PICT5353作業2 

    街路樹剪定中

    PICT5345街路樹剪定中

    DSC00036

    ≪ごみの量≫

      ・剪定等の枝・草 2tダンプ2台

      ・道路で拾ったごみ・空き缶等 不燃ごみ100kg 可燃ごみ90kg


        年々、量は減ってきているようですが、毎年、珍しいごみが混じって 
        います。 今回は、電気炊飯器が1台ありました。

     

              ごみは、決められた場所に捨てましょう!

  • 建設業ふれあい事業開催

    2012年7月17日 16:41二戸支部

    7月12日(木) 九戸村立九戸中学校1・3年生104名を対象に「建設業ふれあい事業」が二戸支部青年部主催(女性マネジングも参加)により開催されました。

    この日は雨模様でしたが、ふれあい事業開始の13:30頃からは、どんよりとした空でしたが、雨があがり、途中雲の隙間から少しだけ青空がのぞき、高所作業車やバックホウ等への乗車が予定通り行われ、歓声が響いていました。

    開会式の様子

    DSCN2551(開会式)

    高所作業車から手を振る生徒たち

    DSCN2597(高所)

    測量体験 (生徒が投げたボールを光波測量器で測量)

    2012_0712画像0021(ボール投げ)

    DSCN2584(測量)

    バックホウ乗車

    DSCN2631(バックホウ1)

    DSCN2640(バックホウ2)

    コンバインドローラー乗車

    DSCN2603(ローラー1)

    DSCN2673(ローラー2)

    集合写真

    DSCN2755(集合写真)

    閉会式後、みんなでかき氷を食べて終了しました。

    DSCN2601(かき氷)

     

    この日、中学校の体験学習終了後、九戸中学校に隣接する山根(さんね)小学校の
    5・6年生9名が乗車体験に参加しました。

    体験乗車終了後には、冷たいかき氷を食べ、家路に向かいました。

    DSCN2712(山根小高所)

    DSCN2758(小ローラー2)

    DSCN2727(小バックホウ2)

    DSCN2761(小かき氷)

     

    午前中には、青年部全員による奉仕活動も行いました。

    グランドのサッカーゴールとタイヤの撤去、樹木の剪定等が行われました。

    タイヤ・サッカーゴールの撤去前→撤去中→撤去後

    DSCN2501(タイヤ前)

    DSCN2509(タイヤ撤去中)

    DSCN2541(撤去後)

  • 建設業労働災害防止安全衛生二戸大会を開催

    2012年7月 6日 13:32二戸支部

    平成24年7月5日 二戸市民文化会館中ホールにて「建設業労働災害防止安全衛生二戸大会」を開催しました。

    各社の安全担当者・現場代理人等約100名が参加しました。

    二戸労働基準監督署 平松署長、県北広域振興局 徳山副局長、二戸警察署 小川署長 にご臨席いただきました。

    研修会も行われ、「災害と人間心理」と題して、平松二戸労働基準監督署長の講演と二戸消防署救急第1隊長 小船隊長より「放置は災害へ、分析は安全へ」と題し、映像による救急法の講和をいただきました。

    DSC00007

    DSC00008

    DSC00010

    二戸支部では、災害ゼロを目指し、前年の工事現場パトロール結果より下記の3項目を安全に関する年間目標とします。

    1. リスクアセスメントを取入れたKY活動の実施

    2. ワイヤーロープの点検と識別

    3. 作業計画書の作成と周知の徹底

  • 工事安全パトロールの実施

    2012年1月30日 17:10二戸支部

    1月26日(木) 県北広域振興局二戸土木センター等との合同パトロールを行ないました。

    参加者は、約40名。
    二戸労働基準監督署産業安全専門官、二戸土木センター・二戸農林振興センター林務室・同農村整備室・二戸市建設課・軽米町地域整備課・九戸村農林建設課の職員の方々と会員が2班に分かれて行ないました。

    パトロール後の意見交換会では、各現場毎に良い点がたくさん出されました。 
    良い点
      ・AEDが設置されていたこと
     ・防犯カメラが設置されていたこと
     ・「現場ルール」を決めて掲示し、危機管理意識の向上に努めていたこと
     ・現場内が除雪されており、作業環境が配慮されていたこと   etc.

    改善できる点
     ・事務所から離れている現場での緊急時の対応について検討が必要
     ・工事現場の出入口に第三者に対する注意喚起の表示が必要ではないか  etc.

      写真は、出発式での二戸土木センター所長の挨拶
            パトロール現場の様子
            意見交換会の様子   です。

    001出発式.JPG 003現場1.JPG
    004現場2.JPG 005現場3.JPG
    006現場4.JPG 007現場5.JPG
    014意見交換会1.JPG 015意見交換会2.JPG

     ☆ 日中でも、-4度以下の寒い日でした。
        工事場所によっては、雪の降りしきる中での実施となり、マナーとしてポケットに手を入れてはいけないけれど、ついつい手がポケットに入ってしまう一日でした。

     

  • 地域貢献活動開催

    2011年10月12日 15:46二戸支部

    10月6日(木)午前9:30から、総勢49名が7班に分かれて二戸管内の主な待避所等のごみ・空き缶拾いを行ないました。

    当日は、前夜からの雨降りの中、作業が行われました。捨てられているごみ・空き缶は年々少なくなってきてはおりますが、テレビが2台捨てられておりました。
    見て見ぬふりはできず、回収しましたが・・・・・・・・

    地域貢献1.JPG 地域貢献3.JPG
    作業風景.JPG 地域貢献4.JPG
    地域貢献分別作業.JPG 019.JPG


    今回の清掃場所: 国道395号猿越峠待避所・二戸九戸線小祝待避所
                二戸田子線上斗米待避所・二戸一戸線馬仙大橋下
                一戸山形線待避所 ・ 一戸浄法寺線待避所
                国道340号山内地区待避所
                二戸軽米線工業団地前待避所

  • 建災防安全衛生二戸大会を開催しました。

    2011年10月12日 15:41二戸支部

    10月6日(木)13:30~16:40 二戸市民文化会館中ホールにおいて、各社の安全担当者・現場代理人等110名が参加し「建設業労働災害防止安全衛生二戸大会」を開催しました。

    野畠二戸労働基準監督署長、佐々木県北広域振興局副局長、小川二戸警察署長にご臨席をいただき、野畠二戸労働基準監督署長には「安全は最悪で(考え) 作業は最高で(実行)」と題して講演をいただきました。又、「建設現場における自主的安全管理の取組み」と題して、建災防東日本大震災復旧復興工事労災防止岩手支援センター小林センター長より講演をいただきました。

    二戸支部では、今年度の安全に関する年間目標は
          1.リスクアセスメントを取入れたKY活動の実施  
          2.ワイヤーロープの点検と識別  
          3.作業計画書の作成と周知の徹底         の3項目です。

    副局長.JPG 警察署長.JPG

     県北広域振興局佐々木副局長の祝辞

     二戸労働基準監督署 野畠署長の講演

      二戸警察署 小川署長の祝辞

      小林 岩手支援センター長の講演    

    監督署講話.JPG 小林さん講話.JPG

     

     

    各現場での安全教育の参考資料 

     参考資料.JPG



  • 第19回北の道クリーンキャンペーン

    2011年8月 8日 14:17二戸支部

    8月4日(木)13時30分~16時まで、二戸地区道路清掃「第19回北の道クリーンキャンペーン」を開催しました。

    気温32度の炎天下の中、国土交通省岩手河川国道事務所二戸国道維持出張所・県北広域振興局(二戸)・二戸市・一戸町・軽米町・九戸村の職員の方々87名は、国道・県道等のゴミ・空き缶拾いを。
    青年部会員54名は、二戸九戸線(二戸市川又地区)、二戸一戸線(県立一戸病院周辺)の街路樹の剪定・路肩の草刈り・歩道の草刈りを行いました。


    炎天下を避けて、出発式が行なわれました。 

    2011_気温.JPG 2011_0804 出発式.JPG
    2011_二戸⑤.JPG 2011_08040048.JPG
    23.8.4 一戸地区①.JPG 23.8.4 一戸②.JPG
    一戸⑤.JPG 2011_08040035.JPG


  • 建設業ふれあい事業

    2011年6月15日 10:55二戸支部

    二戸支部青年部会では、6月7日(火)二戸市立御返地小学校において、6年生を対象に「建設業ふれあい事業」を開催しました。

    好天の中、開会式・体験学習・体験乗車が行われました。

    体験学習では、二戸支部青年部会長内沢部会長から6年生に工事現場の説明や建設業が地域で担っている役割などを手作りパンフレットを使って説明しました。

    体験乗車では、バックホウ・コンバインドローラー・高所作業車を体験しました。

    今回6年生が対象でしたので、体験乗車の様子を校舎の窓から手を振ったり、羨ましそうに在校生が見ている場面もありました。

    23ふれあい開会式.JPG 23ふれあい体験学習.JPG
    23ふれあい高所①.JPG 23ふれあい高所②.JPG
    23ふれあい体験乗車2.JPG ふれあい体験乗車1.JPG
    23ふれあい在校生.JPG 23ふれあい在校生2.JPG
    23ふれあい集合.JPG 23ふれあい閉会.JPG

    体験乗車等終了後には、青年部全員で校舎周辺の草刈り、校庭整備等の奉仕活動を行ないました。

    23ふれあい奉仕③.JPG 23ふれあい奉仕②.JPG
    23ふれあい奉仕①.JPG 23ふれあい奉仕4.JPG




  • 工事安全研修と工事安全パトロールを開催

    2010年10月14日 09:59二戸支部

    10月13日(水)県北広域振興局二戸土木センターとの合同による工事安全パトロールを開催しました。

    パトロールの前に、「工事安全研修」を二戸労働基準監督署菊池産業安全専門官を講師に振興局・市町村職員・建設業者ら45名が聴講しました。
    工事現場の安全はもとより、メンタルヘルス対策・心の健康づくりについての講話もいただきました。

    工事安全パトロールは、5箇所の現場を2班に分かれて行なわれました。
    パトロール終了後は、各現場ごとに良い点・改善すべき点をまとめ、二戸労働基準監督署の講評をいただき終了しました。

    菊池2.jpg 安全講話.jpg
    画像 002.jpg 画像 004.jpg
    画像 008.jpg 画像 012.jpg


  • 建設業ふれあい事業を行いました。

    2010年8月30日 16:44二戸支部

    8月25日(水)二戸支部青年部会(内沢真申部会長)では、二戸市立浄法寺中学校において「建設業ふれあい事業」を開催しました。

    当日は、約35名の1年生、先生方、青年部会員29名が校庭に集合、開会式が行われました。
    内沢部会長は「建設業はどのようなものか、どのように生活に役立っているかを知ってもらいたい」とあいさつ。
    その後、二戸市建設整備部下水道課 古山工務主査より「二戸市特定環境保全公共下水道事業の概要」について、説明をいただきました。つづいて青年部会会員から、現在行われている「下水道工事現場」について、写真により下水道工事現場が完成するまでの説明を行いました。

    説明の後は、バックホウ2台・ローラー2台・高所作業車1台・測量機器を用意。6グループに分かれて、乗車体験・測量体験を行いました。暑さに負けずに、わくわくしながらも真剣に取り組んでいました。

    連日の暑さですので、今回は、給水所を設け、水分補給をしながら体験学習が行われました。

    開会式.JPG 現場説明.JPG
    バックホウ.JPG ローラー.JPG
    高所.JPG 測量.JPG
    給水所.JPG 水分補給.JPG
    集合写真.JPG


    体験学習終了後は、青年部会員による校庭の草取り・校庭整備等の奉仕活動を行い終了しました。
    奉仕.JPG 奉仕整地.JPG


  • 建設業労働災害防止安全衛生二戸大会を開催しました。

    2010年7月12日 15:46二戸支部

    平成22年7月9日(金)13時30分から二戸市民文化会館において、建設業労働災害防止安全衛生二戸大会を開催いたしました。

     二戸労働基準監督署長、県北広域振興局副局長、二戸警察署長、建災防岩手県支部事務局次長にご臨席をいただき、各社より安全衛生担当者、現場代理人等約120名が出席しました。

       

     二戸支部柴田慶三支部長のあいさつに始まり、二戸労働基準監督署小田昭信署長、県北広域振興局佐々木和博副局長、二戸警察署小野寺幹男署長、建設業労働災害防止協会岩手県支部長(事務局吉田次長代読)よりご祝辞を頂戴いたしました。 

    支部長あいさつ.JPG

     

    二戸支部長挨拶

     

     

             ご来賓の皆様

     

    来賓.JPG


     つづいて研修会を

     一つ目は、戸労働基準監督署長 小田昭信署長の講演「建設現場で思うこと」と題しまして、工事現場のパトロールを行なって感じたこと等お話いただきました。

      

     二つ目は、「作業現場付近での感電事故防止に向けて」と題し、東北電力㈱二戸営業所配電課課長より短時間ではありましたが、感電事故の恐ろしさや事故防止についてお話をいただきました。

     三つ目は、全国土木建築国民健康保険組合の保健師による「はじめよう!私の健康づくり」と題し、生活習慣病予防やタバコのこと、食事は早食いをせず腹八分でなど身近なことが題材とされた講話でした。又、スロートレーニング(ゆっくりとした動きの筋肉トレーニング)を実際に参加者全員で行ない、ステージと会場が一体となりました。 

     

    署長講話.JPG

     

    二戸労働基準監督署長
    「建設現場で思うこと」

     

      「作業現場付近での
          
    感電事故防止に向けて」

          東北電力㈱二戸営業所

    電力.JPG
    保健師.JPG


    全国土木建築国民健康保険組合
      保健師
    「はじめよう!私の健康づくり」

      スロートレーニング実践の様子

    DSCN0794.JPG スロー.JPG


     大会最後には、安全衛生部会代表によります「安全宣言」をし、「災害ゼロの快適な職場づくりに努める」ことを出席者全員で誓い終了しました。

  • リスクアセスメント研修会を開催

    2009年11月13日 17:38二戸支部

    11月12日(木)二戸労働基準監督署小田署長から挨拶をいただき、菊池産業安全専門官を講師に、現場代理人・安全担当者を対象に「リスクアセスメント研修会」を開催しました。
    リスクアセスメントの概要説明の後、4名~5名が1グループにわかれて工事現場の危険箇所の洗い出し・リスクの見積り等の演習を行いました。

    11.12署長.jpg 11.12kikuti.jpg

    署長のごあいさつ
     危険というのは誰でも感じるもので
    ある感じるものを出しそれを防ぐため
    にどうすれば良いか検討してほしい。

    菊池産業安全専門官の講義
    11.12演習.jpg 11.12演習2.jpg
    演習5.jpg


    演習風景です。



  • 総合防災訓練へ参加

    2009年10月27日 15:29二戸支部

    10月25日(日)平成21年度総合防災訓練が二戸市を訓練会場に開催されました。

    訓練は、午前7時30分頃、岩手県内陸北部を震源とするマグニチュード7.1の地震が発生。二戸市の震度は震度6弱。市街地において多数の建物が倒壊、ライフライン及び道路、橋梁等の一部が損壊、建物火災の発生等が想定されて行われました。

    建設業協会二戸支部の訓練内容は、訓練地震前日からの大雨により急傾斜地で土砂災害が発生、緊急交通路が通行不能のため重機による土砂撤去の要請を受け、タイヤショベルによる緊急交通路の確保訓練を行いました。

    10.25①.JPG 10.25②.JPG
    10.24③.JPG

    土砂撤去作業

    緊急交通路を確保

    10.25④.JPG 10.25⑤.JPG
    10.25⑥.JPG


    土砂撤去後、救助隊、自衛隊が
    土砂に埋もれた乗用車の救助
    に向かう。

     

     

    2009_10250022.JPG

    車内に取り残されていた1名を
    救助。



  • 二戸地方振興局との合同パトロールを行いました。

    2009年10月27日 14:18二戸支部

    10月21日(水)工事安全パトロールを二戸地方振興局と合同で二戸労働基準監督署小田署長・菊池産業安全専門官に参加いただき総勢47名、6箇所の現場を2班に分かれて行いました。

    パトロール終了後には、各パトロール現場について良かった点・改善できる点をワークショップ形式で意見交換会を行ないました。

         当日の作業等について説明      パトロール中
    10.21パトロール 007.jpg 10.21パトロール 008.jpg

      グループごとの意見交換会

        グループごとに発表
    10.21パトロール 012.jpg 10.21パトロール 014.jpg
    10.21パトロール 015.jpg

    最後に、
    小田二戸労働基準監督署長に
    講話をいただきました。

    意見交換会では、

    ≪良かった点≫ 

    徐行を促す看板が、わかりやすく目を引くように工夫
      されていた。

    ・トイレの貸し出し表示がされていた。

    ・架設道路の案内がきめ細かくされていた。

    ・インフルエンザ対策の消毒液等が設置されている現場
      が多かった。

    ・ゴミの分別が徹底されていた。

    ≪改善できる点≫ 

    ・作業通路等の手すり・防護柵等の高さについて転落・
      墜落しないよう十分な配慮が必要である。
     ・長期の現場では、連絡網等の掲示物が薄く見えにくく
      なるので点検が必要である。

     などの意見がだされました。

  • 二戸支部 ふれあい事業

    2009年10月 2日 14:07二戸支部

    9月30日(水)二戸支部青年部による「建設業ふれあい事業」が軽米町立小軽米中学校において開催されました。
    当初、9月28日(月)の予定で午前中開催に向けて準備を行いましたが、雨天のため延期となりました。

    30日当日は、晴天に恵まれ、46名の生徒さんが校庭に集まりました。
    軽米地区は、平成11年豪雨により雪谷川が氾濫、軽米町内が水害に遭いました。
    その時の様子を青年部会員が写真を使い説明、河川災害時の対応や橋が出来るまでの工程等について、建設業について学習を行いました。
    学習のなかで生徒から「いままで苦労したことは何ですか。」等の質問があり、内沢部会長は「細かい作業の積み重ねにより一つの構造物ができる。ものを完成させた時の喜びは何物にも代え難いです。」と建設業の魅力を話しました。

    重機体験では、測量体験や高所作業車への試乗体験、バックホウ運転での掘削体験、コンバインドローラーの運転体験を行いました。

    2009_09300024.JPG 2009_09300029.JPG
     写真資料を見ての学習 質問「苦労したことは何?」
    2009_09300037.JPG 2009_09300041.JPG
    2009_09300057.JPG 2009_09300061.JPG
    2009_09300058.JPG

    先生も体験乗車をしました。

    高所作業車は人気でした。

    2009_09300073.JPG

    最後に集合写真。
    皆さん満足の様子ですね。

    生徒からの感想
     「職業について建設業も考えてみたい」
     「重機の作業の難しさ、仕事の大変さ安全の大切さを学ぶことができた」
    という感想をいただきました。


      体験学習終了後には、青年部会員で奉仕活動を行ないました。
    2009_09280016.JPG 2009_09280033.JPG
    2009_09280019.JPG

    上2枚はグレーダーによる草刈り
    と防球ネットのかさ上げ。

    横2枚は、ヒバの木の伐採作業。
    伐採作業は、28日に終了。

    2009_09280044.JPG

     下2枚は、伐採したヒバを
     使い砂場を作りました。

    2009_09300097.JPG 2009_09300099.JPG


  • 感謝状を頂きました

    2009年10月 1日 15:49二戸支部

    10月1日(木)二戸地方振興局 佐々木雄康局長より、二戸支部が感謝状を頂戴いたしました。

    感謝状は、平成20年岩手・宮城内陸地震及び岩手県沿岸北部を震源とする地震の際、被害状況の把握のため、道路等のパトロールに取り組んだことに対して頂いたものです。

    10.1無題4.JPG 10.1無題5.JPG
      佐々木局長より増田支部長へ        記念撮影
    09.10.1 001.jpg

    感謝状です。



  • 北の道クリーンキャンペーン

    2009年8月10日 16:03二戸支部

    8月7日(金)午後1時30分より午後4時過ぎまで、二戸地区道路清掃「北の道クリーンキャンペーン」を開催しました。

    このキャンペーンは、二戸広域圏の道路をきれいいする運動を目的に毎年実施し、今回で17回目を迎えました。
    青年部会会員は、
    二戸九戸線(二戸市川又地区1.5km.)の街路樹の剪定。
    二戸一戸線(一戸町一戸病院周辺等)の街路樹の剪定・路肩の草刈り・歩道の草刈りを行いました。

    当日は、後援をいただいております、国土交通省岩手河川国道事務所二戸国道維持出張所・二戸地方振興局・二戸市・一戸町・軽米町・九戸村の職員の方々も参加いただき、国道・県道等のゴミ・空き缶拾いを行ないました。

    出発式014.JPG

     

     ← 出発式です。

     

      下は、作業風景です。

    023.JPG 021.JPG
    036.JPG 042.JPG
    P1040184.JPG P1040191.JPG
    P1040196.JPG P1040197.JPG


  • 安全衛生二戸大会を開催しました。

    2009年7月10日 09:34二戸支部

     平成21年7月8日(水)13時30分から二戸市民文化会館において、建設業労働災害防止安全衛生二戸大会を開催いたしました。

     二戸労働基準監督署長、二戸地方振興局土木部長、二戸警察署長、建災防岩手県支部事務局次長にご臨席をいただき、各社より安全衛生担当者、現場代理人110名が出席しました。

     

     あいにく当日は、前日の雷により文化会館の電気系統に故障が生じ、ホール内の照明が使用不能の状態でした。復旧の目途がたたないまま、スポットライトでステージを照らしての開催となりました。

     大会の前半は、二戸労働基準監督署小田昭信署長、二戸地方振興局佐々木雄康局長(代読 小保内一夫土木部長)、二戸警察署小野寺幹男署長よりご祝辞をいただきました。

     大会の後半では、研修会を

     1.二戸労働基準監督署長 小田昭信署長の講演「労働安全衛生規則(足場等関係)の改正及び労働災害の防止について」

      

     2.建設業労働災害防止協会安全管理士 伊川廣司管理士の講演「労働災害防止のために(災害事例を中心に)」

    のお二人に講演をいただき研修会を行いました。

     出席者は、例年ですと目で見ながら、耳で聞きながらの研修でしたが、今回は、耳で聞くことに集中しての研修となりました。

     大会最後には、安全衛生部会代表によります「安全宣言」をし、「災害ゼロの快適な職場づくりに努める」ことを出席者全員で誓い終了しました。

  • 第2回経営革新講座二戸で開催

    2009年6月29日 17:22二戸支部

    6月30日(月)二戸地区合同庁舎で平成21年度第2回経営革新講座「建設業はコストダウンに挑戦せよ」を開催した。講師に()経営総合コンサルタント協会猪村彰氏を迎え、テーマを原価管理、コストダウンとして講座を行った。

    本講座では、目標がないと責任感は生まれないこと。事業主と現場担当者は同じ意識を持ち、現場担当者に対し責任感を委譲し、コスト管理・責任感・数値目標を待たせることでコストダウンにつながることを解説した。

    問題とは、目標と現状の差(ギャップ)であり、当事者が解決すべきと判断する事柄。問題解決とは、目標と現状との差をなくすことと述べ、他職種と前工程との連携、同業種との連携で意見交換を行うことによりコストダウンになることを事例の左官・鉄筋・型枠業を挙げてコストダウンの取り組みを説明した。

    第2回経営革新講座は本日の二戸での開催の他に6月30日盛岡(建設研修センター)、7月1日一関(一関地区合同庁舎)の計3カ所で開催される。
    DSC090629講座風景.JPG
          講座の様子
    DSC講師猪村氏.JPG
        講師 猪村 彰 氏