千厩支部 一覧

sen1510DSC_0024千厩支部は10月8日、現場安全パトロールを実施しました。

続きを読む


いわて国体「歓迎おもてなしクリーンアップ月間」10月7日、岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部は、希望郷いわて国体・希望郷いわて大会へ向けた「歓迎おもてなしクリーンアップ月間」に参加しました。

続きを読む

室根神社特別大祭

10月23日~25日に約1300年の歴史を持つ一関市室根町の「室根神社特別大祭(マツリバ行事)」が開催されます。

続きを読む

希望郷いわて国体・希望郷いわて大会PR用のぼり旗
千厩支部は9月4日、希望郷いわて国体・希望郷いわて大会一関市実行委員会に対し、大会PR用ののぼり旗を贈呈いたしました。同日、実行委員会より、感謝状を授与いたしました。

続きを読む

支部長挨拶


現場技術者安全講習会(建設業労働災害防止安全衛生千厩大会)を一関市千厩町の両磐地域職業訓練センターで開催しました。会員企業の現場代理人や現場技術者の方を中心に約60名が参加しました。

開催日時 平成27年8月28日(金)8時55分
開催場所 両磐地域職業訓練センター

(内容)
1.DVDビデオによる学習
 ・職長のコミュニケーションのとり方
 ・現場にひそむ危険 災害事例から学ぶ

2.最近の法改正と安衛法違反の状況について
  講師 一関労働基準監督署 署長  髙橋 友行 様

3.交通事故の状況について
  講師 岩手県千厩警察署 交通企画係長  坂本 精 様


DVDビデオによる学習


一関労働基準監督署 署長


sen1508DSC00529


労働基準監督署の髙橋様からは、安衛法の法改正や安衛法違反の事例などの内容を中心に講義頂きました。千厩警察署の坂本様からは、管内での事故や運転者の特徴などが示されたあと、実際のドライブレコーダーのビデオを上映頂きました。


本年度も労働災害の撲滅に向けて、労働災害防止活動に取り組んで参ります。


sen1508DSC01549
道路ふれあい月間中の8月7日、「道の日(8月10日)」を前に、道路清掃や道路のPR活動等を実施しました。

sen1508DSC01540
県南広域振興局土木部千厩土木センター、一関市、岩手県建設業協会千厩支部青年部会、建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部から約60名が参加しました。

一関市川崎町「道の駅かわさき」、室根町「旬菜館」、東山町「ひがしやま季節館」の3会場に別れ、沿道のゴミ拾い、記念品(道路ふれあい月間のPR広告を印刷したウェットティッシュ)や希望郷いわて国体のPR用うちわの配布を行いました。

sen1508DSC01563

国土交通省は毎年8月を「道路ふれあい月間」と定め、道路とふれあい、道路の役割や重要性を改めて認識していただき、道路を常に広く、美しく、安全に利用していただくため、道路の愛護活動や道路の正しい利用の啓発等の各種活動を特に推進することとしています。


また、同省が8月10日は「道の日」と制定しています。

「道の日」制定の目的
”道路は国民生活に欠くことのできない基本的な社会資本ですが、あまりに身近な存在のため、その重要性が見過ごされがちです。そこで、道路の意義・重要性について、国民の皆さまに関心をもっていただくため、8月10日を「道の日」と制定しました。”

sen1508DSC01571

sen1508DSC01574


道の日ののぼりを掲げ、沿道の清掃を行いました。3会場で拾ったゴミは合わせて30kgになりました。

道路ゴミ拾い
7月16日、千厩支部青年部会は国道343号線『復興支援道路』クリーン作戦を実施しました。32名が参加、管内の国道343号線(一関市大東町摺沢~東山町)約15kmのゴミ拾いを行いました。

国道343号線は東日本大震災で被災した陸前高田市や大船渡市などに向かう復興支援の車が、現在でも多く利用しています。復興支援に来られる方々に気持ち良く通行して貰えるよう、活動を行いました。

また、来年には『希望郷いわて国体』が開催されます。管内では、東山町でバレーボールとバスケットボール、千厩町でバレーボールが開催されます。

来月には『希望郷いわて国体』リハーサル大会が、東山町(バスケットボール)で行われます。全国からの参加者をきれいな道路で迎え、”おもてなし”をしたいものです。


道路ゴミ拾い
道路ゴミ拾い

道路ゴミ拾い
雨が降る中、参加者はカッパを着て作業にあたりました。

道路ゴミ拾い

ゴミ拾い後に分別作業を行いました。

集合写真
沿道には弁当容器や空き缶が多く捨てられていました。中には普段は見かけることがないような物も捨てられていました。拾ったゴミの量は40kgになりました。

sen1507DSC_7966
7月7日、「災害時における応急対策業務に関する協定」に基づく災害情報伝達訓練を千厩土木センター、一関市、協会千厩支部の合同で開催しました。今後、台風シーズンを迎えることから、台風による水害を想定した訓練です。

sen1507IMG_4586


訓練の目的は、「災害時における建設業協会千厩支部の自主パトロール体制・報告方法を確認するとともに、千厩土木センター、一関市の対応方針決定に必要な情報収集内容等に不備が無かったかを検証する。また、非常用機器や通信機材の取扱いを習熟するとともに、複数の情報伝達方法を試みる」としております。

sen1507DSC_7956

 

今回、千厩土木センターで作成したメッシュマップ及び地図のコピーを試験的に活用して位置の把握に利用しました。

一部の会員は、GPS機能付きデジカメやスマートフォンなどで撮影した写真をメールで送信し、ウェブ上での情報共有を試験的に実施しました。同時に衛星携帯電話の通話訓練、スカイプによる動画での状況報告などの訓練も行いました。

反省会では、メッシュマップの活用、メールでの情報共有の実用化、ドローン活用の研究などについて意見が出されました。

sen06sen150626 (9)
6月26日、千厩支部青年部会は今年度の地域貢献活動の一環として国道284号線「復興支援道路」クリーン作戦を実施しました。

33名が参加し、管内の国道284号線(一関市川崎町~千厩町~室根町)全線約25kmを16区間に分け、ゴミ拾いを行いました。

国道284号線は東日本大震災で被災した陸前高田市や気仙沼市などに向かう復興支援の車が未だに多く利用しています。復興支援や復興工事に来られる方々に気持ち良く通行して貰えるよう、道路の清掃活動を行いました。

sen06sen150626 (3)
sen06sen150626 (5)
sen06sen150626 (7)
車のホイールキャップ、空き缶やタバコの吸殻、弁当容器が捨てられていました。拾ったゴミの量は40kgになりました。

sen06sen150626 (8)

sen06sen150626 (1)

次回は7月16日に国道343号線のクリーン作戦を実施します。

室根山つつじまつり
5月23日(土)から6月7日(日)まで、一関市室根町の室根山で「室根山つつじまつり」が始まります。室根山には山全体にツツジが自生しており、その数は20万本と言われています。山頂は太平洋や奥羽山脈を一望でき、ヤマツツジやレンゲツツジの群落が一帯を赤一色に染め上げます。山頂からの眺めは絶景となります。

また、期間中には郷土芸能つつじまつりや室根山スカイミーティングなどのイベントも開催されます。

郷土芸能つつじまつり
・日 時 5 月31 日(日) 午前10 時~
・場 所 室根山展望台前

室根山スカイミーティング
・日 時 5 月30 日(土)午前10 時~
    5 月31 日(日)午前10 時~

餅つき大会
・日 時 5 月31 日(日)正午~
・場 所 室根山展望台前広場

sen150521002

パンフレット(PDF)外部リンク

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年7月 [8]
  2. 2018年6月 [15]
  3. 2018年5月 [11]
  4. 2018年4月 [13]
  5. 2018年3月 [10]
  6. 2018年2月 [17]
  7. 2018年1月 [10]
  8. 2017年12月 [12]
  9. 2017年11月 [17]
  10. 2017年10月 [20]
  11. 2017年9月 [8]
  12. 2017年8月 [28]
  13. 2017年7月 [20]
  14. 2017年6月 [14]
  15. 2017年5月 [14]
  16. 2017年4月 [18]
  17. 2017年3月 [20]
  18. 2017年2月 [18]
  19. 2017年1月 [16]
  20. 2016年12月 [19]
  21. 2016年11月 [22]
  22. 2016年10月 [16]
  23. 2016年9月 [33]
  24. 2016年8月 [23]
  25. 2016年7月 [23]
  26. 2016年6月 [17]
  27. 2016年5月 [20]
  28. 2016年4月 [25]
  29. 2016年3月 [21]
  30. 2016年2月 [16]
  31. 2016年1月 [13]
  32. 2015年12月 [20]
  33. 2015年11月 [21]
  34. 2015年10月 [27]
  35. 2015年9月 [10]
  36. 2015年8月 [22]
  37. 2015年7月 [20]
  38. 2015年6月 [15]
  39. 2015年5月 [17]
  40. 2015年4月 [16]
  41. 2015年3月 [17]
  42. 2015年2月 [15]
  43. 2015年1月 [14]
  44. 2014年12月 [19]
  45. 2014年11月 [27]
  46. 2014年10月 [24]
  47. 2014年9月 [18]
  48. 2014年8月 [39]
  49. 2014年7月 [21]
  50. 2014年6月 [18]
  51. 2014年5月 [16]
  52. 2014年4月 [21]
  53. 2014年3月 [22]
  54. 2014年2月 [15]
  55. 2014年1月 [20]
  56. 2013年12月 [21]
  57. 2013年11月 [23]
  58. 2013年10月 [20]
  59. 2013年9月 [12]
  60. 2013年8月 [18]
  61. 2013年7月 [33]
  62. 2013年6月 [20]
  63. 2013年5月 [30]
  64. 2013年4月 [16]
  65. 2013年3月 [10]
  66. 2013年2月 [8]
  67. 2013年1月 [13]
  68. 2012年12月 [15]
  69. 2012年11月 [16]
  70. 2012年10月 [13]
  71. 2012年9月 [12]
  72. 2012年8月 [17]
  73. 2012年7月 [11]
  74. 2012年6月 [10]
  75. 2012年5月 [12]
  76. 2012年4月 [11]
  77. 2012年3月 [6]
  78. 2012年2月 [10]
  79. 2012年1月 [12]
  80. 2011年12月 [11]
  81. 2011年11月 [16]
  82. 2011年10月 [15]
  83. 2011年9月 [10]
  84. 2011年8月 [19]
  85. 2011年7月 [22]
  86. 2011年6月 [15]
  87. 2011年5月 [13]
  88. 2011年4月 [14]
  89. 2011年3月 [20]
  90. 2011年2月 [15]
  91. 2011年1月 [14]
  92. 2010年12月 [10]
  93. 2010年11月 [9]
  94. 2010年10月 [20]
  95. 2010年9月 [18]
  96. 2010年8月 [20]
  97. 2010年7月 [12]
  98. 2010年6月 [16]
  99. 2010年5月 [15]
  100. 2010年4月 [14]
  101. 2010年3月 [8]
  102. 2010年2月 [13]
  103. 2010年1月 [21]
  104. 2009年12月 [16]
  105. 2009年11月 [23]
  106. 2009年10月 [38]
  107. 2009年9月 [33]
  108. 2009年8月 [26]
  109. 2009年7月 [27]
  110. 2009年6月 [24]
  111. 2009年5月 [13]
  112. 2009年4月 [17]
  113. 2009年3月 [15]
  114. 2009年2月 [23]
  115. 2009年1月 [31]
  116. 2008年12月 [37]
  117. 2008年11月 [30]
  118. 2008年10月 [55]
  119. 2008年9月 [40]
  120. 2008年8月 [49]
  121. 2008年7月 [48]
  122. 2008年6月 [35]
  123. 2008年5月 [17]
  124. 2008年4月 [11]
  125. 2008年3月 [6]
  126. 2008年2月 [9]
  127. 2008年1月 [13]
  128. 2007年12月 [12]
  129. 2007年11月 [14]
  130. 2007年10月 [20]
  131. 2007年9月 [14]
  132. 2007年8月 [20]
  133. 2007年7月 [13]
  134. 2007年6月 [15]
  135. 2007年5月 [10]
  136. 2007年4月 [6]
  137. 2007年3月 [14]
  138. 2007年2月 [16]
  139. 2007年1月 [5]
  140. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.6