千厩支部 一覧

福寿草

昨日、今日と気温があがり、春の陽気となりました。お昼時間に近くのお寺と公園で春を探してきました。

続きを読む

せんまやひなまつり

明日(2015年2月11日)から第8回「せんまやひなまつり」が開催されます。
一関市千厩町の千厩酒のくら交流施設や千厩商店街で期間中に多くのイベントが開催されます。

【期間】平成27年2月11日(水)~3月3日(火)
【会場】千厩酒のくら交流施設・千厩商店街


千厩酒のくら交流施設(国登録有形文化財)では、江戸から昭和初期のひな人形や手作りのつるし飾りが飾られます。千厩商店街の店舗でもひな飾りが飾られ、街中がひな祭り一色になります。

参加店舗をスタンプラリーで巡り、抽選に参加出来るイベントも開催されます。

sen15021002

sen15021003


是非、千厩にお立ち寄りください。

sen150205 (2)

建災防千厩分会と千厩支部は2月4日、一関市川崎町及び藤沢町地内で現場安全パトロールを実施しました。

指導協力機関から、一関労働基準監督署、千厩土木センター、一関農村整備センター、一関市建設農林センターの方々に参加いただきました。

今回の対象現場は、建築工事現場1ヵ所、土木工事現場2ヵ所です。工事現場における好事例の水平展開、繁忙期における安全対策の徹底を目的に実施しました。

今回の現場では多くの好事例がありましたので、以下で一部を紹介します。

続きを読む

sen150114113

天下の奇祭と称され、350年の歴史をもつ「大東大原水かけ祭り」が開催されます。

極寒の中、裸男たちが沿道から水を浴びせられながら駆け抜けます。火防祈願や無病息災、家内安全などを祈り、最近では復興祈願を祈って参加する人も多く見受けられます。



パンフレットPDF

パンフレット画像 表パンフレット画像 裏

"この祭りは、明暦3年(1657)旧正月18日、江戸本郷丸山本妙寺(現 豊島区巣鴨)を火元とする、俗に振袖火事と呼ばれる大火があり、江戸城天守閣まで消失し、江戸の街が壊滅状態となったこの日を厄日と定め、火防祈願と火防宣伝の二つを兼ねた祭りとして始まったものと伝えられています。
 後年、厄年の人々の厄落しが併せて行われるようになり、今日では、厄落しと諸々の安全祈願が主流をなすようになっており、さらに近年は、1年間の無病息災と大願成就を祈願しての参加者も多くなっています。"(パンフレットより引用)


水かけまつりポスター
(開催日時)2015年2月11日9:00~15:50頃 水かけ開始15:00

(連 絡先 )一関市・大東大原水かけ祭り保存会
       大原公民館(0191-72-2282)
       一関市大東支所産業経済課(0191-72-2111)

(開 催 地) 岩手県一関市大東町大原 大原商店街ほか

(参加料金) 裸男の参加費:約5,500円(装束自前の場合は1,000円)
        駐車場協力金:1台500円(裸男も一般も)

sen141203 (1)
建災防千厩分会と千厩支部は11月27日、一関市室根町地内で現場安全パトロールを実施しました。

指導協力機関から、一関労働基準監督署、千厩土木センター、一関農村整備センター、一関市建設農林センターの方々に参加いただきました。


sen141203 (3)

今回の対象現場は、土木工事現場3ヵ所です。冬本番に向けて労働災害防止対策の徹底を促しました。また、前日の雨で作業場の状態が悪く、転倒防止等の対策についても触れました。

好事例として、AEDの設置や油流出対策などがあげられました。

sen141203 (4)

sen141203 (5)

「今日の作業を見ると、重機と人の近接作業の禁止をKYで触れた方が良かったと思う」等の意見もありました。


千厩支部では、安全パトロールに建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS:コスモス)の柱であるリスクアセスメントを取り入れています。
今回は「枝集積」及び「法丁張設置、法尻石処理、法面整形」についてリスクアセスメントを実施いたしました。

sen141121 (3)
11月19日、千厩土木センター、一関農村整備センター、建設業協会千厩支部青年部会等の主催により「土木技術研修会」を両磐地域職業訓練センターで開催しました。両センターや青年部会員等、約50名が参加しました。

 

続きを読む

DSC09984
11月19日、千厩土木センターの主催により「鳥インフルエンザ等防疫作業研修会」が開催されました。一関支部と千厩支部の会員企業、一関土木センター及び千厩土木センターの職員など、約80名が参加しました。


はじめに千厩土木センターの吉田主任主査から、「家畜伝染病における緊急対策業務に関する協定」や対応マニュアルの説明がありました。

県南家畜保健衛生所からは「「岩手県鳥インフルエンザ等発生時対応要領」に基づく「焼埋却・消毒班」の防疫作業について」と題して、発生状況や発生時の対応、宮崎県での口蹄疫の事例などについて説明がありました。

発生時には、作業開始から72時間以内に24時間体制で作業を完了することになります。協定のもと、建設業協会会員が埋却作業などにあたります。作業の流れや消毒ポイントの設置などについて学ぶ機会となりました。


DSC09989

研修会終了後には、岩手県側の職員と建設業協会一関支部、千厩支部の役員による意見交換が行われました。

農場の位置や状況を共有する方針や資機材の手配内容、訓練の実施等について意見を交わしました。また、建設業協会の会員が対応した場合の報道のあり方についての意見も出されました。

大ざるそば 中島屋
一関市大東町大原にある「中島屋」が11月1日で閉店になります。極太の手打ちそばが有名な食堂です。

中島屋

お昼時にはお客さんが絶えることなく、地元の人や国道343号線を陸前高田市方面に向かう人などに愛され続けて来ました。

お店に行くと、千厩支部はもちろん、他支部の会員企業の方々にお会いすることもしばしばありました。業界の方々も残念に思っている方が多いと思います。


昨日、大原に立ち寄った際にお誘いを受け、そばを味わうことが出来ました。最後なので、思い切って大ざるそばに挑戦です。


大ざるそば 中島屋
変わらずの大盛りの姿に、食べられなく寂しさがこみ上げます。


大ざるそば 中島屋

割り箸と同じくらいの極太そばで、食べても食べても減らない、超大盛。夜までお腹がふくれっ放しでした。


最後に中島屋のそばを存分に味わうことが出来ました。

現場安全パトロール
建災防千厩分会と千厩支部は10月24日、一関市大東町地内で現場安全パトロールを実施しました。

指導協力機関から、一関労働基準監督署、千厩土木センター、一関農村整備センター、一関市建設農林センターの方々に参加いただきました。

現場安全パトロール

今回の対象現場は、建築工事現場1カ所と土木工事現場2ヵ所です。冬季間に向けて労働災害防止対策の徹底を促しました。


現場安全パトロール

好事例として、架空線の標示や車両関係に歯止めがなされていた点があげられました。
「今後、現道との切り替え作業に入って行くと思うが、路面凍結によるスリップに注意して欲しい」との注意喚起もありました。


千厩支部では、安全パトロールに建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS:コスモス)の柱であるリスクアセスメントを取り入れています。

今回は「型枠組立て工」及び「切り土工、法面整形工」についてリスクアセスメントを実施いたしました。

sen10DSC06753

岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部は10月8日、室根高原「アストロロマン大東」周辺道路の清掃活動を実施しました。

sen10DSC06740
国道343号線から大東ふるさと分校に続く市道(林道)約4kmにわたり、道路沿いのゴミ拾いを行いました。
天候に恵まれ、秋晴れの空の下、奉仕活動に汗を流しました。管内では熊の出没が多発しており、熊鈴をつけながらの作業となりました。

sen10DSC06736

    室根高原
sen10DSC06754 

    室根山
sen10DSC06758

同市道は、室根山観光の路線になります。紅葉シーズンを迎えるのを前に美化を図り、観光客に気持ちよく通行して頂けると思います。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年1月 [5]
  2. 2017年12月 [12]
  3. 2017年11月 [17]
  4. 2017年10月 [20]
  5. 2017年9月 [8]
  6. 2017年8月 [28]
  7. 2017年7月 [20]
  8. 2017年6月 [14]
  9. 2017年5月 [14]
  10. 2017年4月 [18]
  11. 2017年3月 [20]
  12. 2017年2月 [18]
  13. 2017年1月 [16]
  14. 2016年12月 [19]
  15. 2016年11月 [22]
  16. 2016年10月 [16]
  17. 2016年9月 [33]
  18. 2016年8月 [23]
  19. 2016年7月 [23]
  20. 2016年6月 [17]
  21. 2016年5月 [20]
  22. 2016年4月 [25]
  23. 2016年3月 [21]
  24. 2016年2月 [16]
  25. 2016年1月 [13]
  26. 2015年12月 [20]
  27. 2015年11月 [21]
  28. 2015年10月 [27]
  29. 2015年9月 [10]
  30. 2015年8月 [22]
  31. 2015年7月 [20]
  32. 2015年6月 [15]
  33. 2015年5月 [17]
  34. 2015年4月 [16]
  35. 2015年3月 [17]
  36. 2015年2月 [15]
  37. 2015年1月 [14]
  38. 2014年12月 [19]
  39. 2014年11月 [27]
  40. 2014年10月 [24]
  41. 2014年9月 [18]
  42. 2014年8月 [39]
  43. 2014年7月 [21]
  44. 2014年6月 [18]
  45. 2014年5月 [16]
  46. 2014年4月 [21]
  47. 2014年3月 [22]
  48. 2014年2月 [15]
  49. 2014年1月 [20]
  50. 2013年12月 [21]
  51. 2013年11月 [23]
  52. 2013年10月 [20]
  53. 2013年9月 [12]
  54. 2013年8月 [18]
  55. 2013年7月 [33]
  56. 2013年6月 [20]
  57. 2013年5月 [30]
  58. 2013年4月 [16]
  59. 2013年3月 [10]
  60. 2013年2月 [8]
  61. 2013年1月 [13]
  62. 2012年12月 [15]
  63. 2012年11月 [16]
  64. 2012年10月 [13]
  65. 2012年9月 [12]
  66. 2012年8月 [17]
  67. 2012年7月 [11]
  68. 2012年6月 [10]
  69. 2012年5月 [12]
  70. 2012年4月 [11]
  71. 2012年3月 [6]
  72. 2012年2月 [10]
  73. 2012年1月 [12]
  74. 2011年12月 [11]
  75. 2011年11月 [16]
  76. 2011年10月 [15]
  77. 2011年9月 [10]
  78. 2011年8月 [19]
  79. 2011年7月 [22]
  80. 2011年6月 [15]
  81. 2011年5月 [13]
  82. 2011年4月 [14]
  83. 2011年3月 [20]
  84. 2011年2月 [15]
  85. 2011年1月 [14]
  86. 2010年12月 [10]
  87. 2010年11月 [9]
  88. 2010年10月 [20]
  89. 2010年9月 [18]
  90. 2010年8月 [20]
  91. 2010年7月 [12]
  92. 2010年6月 [16]
  93. 2010年5月 [15]
  94. 2010年4月 [14]
  95. 2010年3月 [8]
  96. 2010年2月 [13]
  97. 2010年1月 [21]
  98. 2009年12月 [16]
  99. 2009年11月 [23]
  100. 2009年10月 [38]
  101. 2009年9月 [33]
  102. 2009年8月 [26]
  103. 2009年7月 [27]
  104. 2009年6月 [24]
  105. 2009年5月 [13]
  106. 2009年4月 [17]
  107. 2009年3月 [15]
  108. 2009年2月 [23]
  109. 2009年1月 [31]
  110. 2008年12月 [37]
  111. 2008年11月 [30]
  112. 2008年10月 [55]
  113. 2008年9月 [40]
  114. 2008年8月 [49]
  115. 2008年7月 [48]
  116. 2008年6月 [35]
  117. 2008年5月 [17]
  118. 2008年4月 [11]
  119. 2008年3月 [6]
  120. 2008年2月 [9]
  121. 2008年1月 [13]
  122. 2007年12月 [12]
  123. 2007年11月 [14]
  124. 2007年10月 [20]
  125. 2007年9月 [14]
  126. 2007年8月 [20]
  127. 2007年7月 [13]
  128. 2007年6月 [15]
  129. 2007年5月 [10]
  130. 2007年4月 [6]
  131. 2007年3月 [14]
  132. 2007年2月 [16]
  133. 2007年1月 [5]
  134. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5