千厩支部 一覧

sen1511DSC02153
11月18日、千厩支部青年部会は千厩土木センター、一関農村整備センターと合同で「土木技術研修会」を開催しました。千厩支部会館を会場に、約50名が参加しました。

続きを読む

sen1511DSC0482911月24日まで、一関市川崎町の道の駅かわさきで「ひとふでんず」イラスト展(建設業ふれあい事業in川崎小学校)を開催しています。

続きを読む

建設業ふれあい事業=一関市立川崎小学校=10月20日、千厩支部青年部会は一関市立川崎小学校で「建設業ふれあい事業」を開催しました。1,2年生の44名を対象にバックホウの運転体験、高所作業車試乗、測量機器体験、重機ひとふでんず(一筆書き)挑戦などを行いました。

続きを読む

「オーストラリア日本友好公園」開園式
一関市の国際姉妹都市セントラルハイランズ市(オーストラリア)が、一関遊水地記念緑地公園子供ひろば内に整備した「オーストラリア日本友好公園」の開園式が行われました。

続きを読む

sen1510DSC_0024千厩支部は10月8日、現場安全パトロールを実施しました。

続きを読む


いわて国体「歓迎おもてなしクリーンアップ月間」10月7日、岩手県建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部は、希望郷いわて国体・希望郷いわて大会へ向けた「歓迎おもてなしクリーンアップ月間」に参加しました。

続きを読む

室根神社特別大祭

10月23日~25日に約1300年の歴史を持つ一関市室根町の「室根神社特別大祭(マツリバ行事)」が開催されます。

続きを読む

希望郷いわて国体・希望郷いわて大会PR用のぼり旗
千厩支部は9月4日、希望郷いわて国体・希望郷いわて大会一関市実行委員会に対し、大会PR用ののぼり旗を贈呈いたしました。同日、実行委員会より、感謝状を授与いたしました。

続きを読む

支部長挨拶


現場技術者安全講習会(建設業労働災害防止安全衛生千厩大会)を一関市千厩町の両磐地域職業訓練センターで開催しました。会員企業の現場代理人や現場技術者の方を中心に約60名が参加しました。

開催日時 平成27年8月28日(金)8時55分
開催場所 両磐地域職業訓練センター

(内容)
1.DVDビデオによる学習
 ・職長のコミュニケーションのとり方
 ・現場にひそむ危険 災害事例から学ぶ

2.最近の法改正と安衛法違反の状況について
  講師 一関労働基準監督署 署長  髙橋 友行 様

3.交通事故の状況について
  講師 岩手県千厩警察署 交通企画係長  坂本 精 様


DVDビデオによる学習


一関労働基準監督署 署長


sen1508DSC00529


労働基準監督署の髙橋様からは、安衛法の法改正や安衛法違反の事例などの内容を中心に講義頂きました。千厩警察署の坂本様からは、管内での事故や運転者の特徴などが示されたあと、実際のドライブレコーダーのビデオを上映頂きました。


本年度も労働災害の撲滅に向けて、労働災害防止活動に取り組んで参ります。


sen1508DSC01549
道路ふれあい月間中の8月7日、「道の日(8月10日)」を前に、道路清掃や道路のPR活動等を実施しました。

sen1508DSC01540
県南広域振興局土木部千厩土木センター、一関市、岩手県建設業協会千厩支部青年部会、建設業女性マネジングスタッフ協議会千厩支部から約60名が参加しました。

一関市川崎町「道の駅かわさき」、室根町「旬菜館」、東山町「ひがしやま季節館」の3会場に別れ、沿道のゴミ拾い、記念品(道路ふれあい月間のPR広告を印刷したウェットティッシュ)や希望郷いわて国体のPR用うちわの配布を行いました。

sen1508DSC01563

国土交通省は毎年8月を「道路ふれあい月間」と定め、道路とふれあい、道路の役割や重要性を改めて認識していただき、道路を常に広く、美しく、安全に利用していただくため、道路の愛護活動や道路の正しい利用の啓発等の各種活動を特に推進することとしています。


また、同省が8月10日は「道の日」と制定しています。

「道の日」制定の目的
”道路は国民生活に欠くことのできない基本的な社会資本ですが、あまりに身近な存在のため、その重要性が見過ごされがちです。そこで、道路の意義・重要性について、国民の皆さまに関心をもっていただくため、8月10日を「道の日」と制定しました。”

sen1508DSC01571

sen1508DSC01574


道の日ののぼりを掲げ、沿道の清掃を行いました。3会場で拾ったゴミは合わせて30kgになりました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2019年4月 [2]
  2. 2019年3月 [9]
  3. 2019年2月 [13]
  4. 2019年1月 [16]
  5. 2018年12月 [15]
  6. 2018年11月 [26]
  7. 2018年10月 [18]
  8. 2018年9月 [7]
  9. 2018年8月 [19]
  10. 2018年7月 [25]
  11. 2018年6月 [15]
  12. 2018年5月 [11]
  13. 2018年4月 [13]
  14. 2018年3月 [10]
  15. 2018年2月 [17]
  16. 2018年1月 [10]
  17. 2017年12月 [12]
  18. 2017年11月 [17]
  19. 2017年10月 [20]
  20. 2017年9月 [8]
  21. 2017年8月 [28]
  22. 2017年7月 [20]
  23. 2017年6月 [14]
  24. 2017年5月 [14]
  25. 2017年4月 [18]
  26. 2017年3月 [20]
  27. 2017年2月 [18]
  28. 2017年1月 [16]
  29. 2016年12月 [19]
  30. 2016年11月 [22]
  31. 2016年10月 [16]
  32. 2016年9月 [33]
  33. 2016年8月 [23]
  34. 2016年7月 [23]
  35. 2016年6月 [17]
  36. 2016年5月 [20]
  37. 2016年4月 [25]
  38. 2016年3月 [21]
  39. 2016年2月 [16]
  40. 2016年1月 [13]
  41. 2015年12月 [20]
  42. 2015年11月 [21]
  43. 2015年10月 [27]
  44. 2015年9月 [10]
  45. 2015年8月 [22]
  46. 2015年7月 [20]
  47. 2015年6月 [15]
  48. 2015年5月 [17]
  49. 2015年4月 [16]
  50. 2015年3月 [17]
  51. 2015年2月 [15]
  52. 2015年1月 [14]
  53. 2014年12月 [19]
  54. 2014年11月 [27]
  55. 2014年10月 [24]
  56. 2014年9月 [18]
  57. 2014年8月 [39]
  58. 2014年7月 [21]
  59. 2014年6月 [18]
  60. 2014年5月 [16]
  61. 2014年4月 [21]
  62. 2014年3月 [22]
  63. 2014年2月 [15]
  64. 2014年1月 [20]
  65. 2013年12月 [21]
  66. 2013年11月 [23]
  67. 2013年10月 [20]
  68. 2013年9月 [12]
  69. 2013年8月 [18]
  70. 2013年7月 [33]
  71. 2013年6月 [20]
  72. 2013年5月 [30]
  73. 2013年4月 [16]
  74. 2013年3月 [10]
  75. 2013年2月 [8]
  76. 2013年1月 [13]
  77. 2012年12月 [15]
  78. 2012年11月 [16]
  79. 2012年10月 [13]
  80. 2012年9月 [12]
  81. 2012年8月 [17]
  82. 2012年7月 [11]
  83. 2012年6月 [10]
  84. 2012年5月 [12]
  85. 2012年4月 [11]
  86. 2012年3月 [6]
  87. 2012年2月 [10]
  88. 2012年1月 [12]
  89. 2011年12月 [11]
  90. 2011年11月 [16]
  91. 2011年10月 [15]
  92. 2011年9月 [10]
  93. 2011年8月 [19]
  94. 2011年7月 [22]
  95. 2011年6月 [15]
  96. 2011年5月 [13]
  97. 2011年4月 [14]
  98. 2011年3月 [20]
  99. 2011年2月 [15]
  100. 2011年1月 [14]
  101. 2010年12月 [10]
  102. 2010年11月 [9]
  103. 2010年10月 [20]
  104. 2010年9月 [18]
  105. 2010年8月 [20]
  106. 2010年7月 [12]
  107. 2010年6月 [16]
  108. 2010年5月 [15]
  109. 2010年4月 [14]
  110. 2010年3月 [8]
  111. 2010年2月 [13]
  112. 2010年1月 [21]
  113. 2009年12月 [16]
  114. 2009年11月 [23]
  115. 2009年10月 [38]
  116. 2009年9月 [33]
  117. 2009年8月 [26]
  118. 2009年7月 [27]
  119. 2009年6月 [24]
  120. 2009年5月 [13]
  121. 2009年4月 [17]
  122. 2009年3月 [15]
  123. 2009年2月 [23]
  124. 2009年1月 [31]
  125. 2008年12月 [37]
  126. 2008年11月 [30]
  127. 2008年10月 [55]
  128. 2008年9月 [40]
  129. 2008年8月 [49]
  130. 2008年7月 [48]
  131. 2008年6月 [35]
  132. 2008年5月 [17]
  133. 2008年4月 [11]
  134. 2008年3月 [6]
  135. 2008年2月 [9]
  136. 2008年1月 [13]
  137. 2007年12月 [12]
  138. 2007年11月 [14]
  139. 2007年10月 [20]
  140. 2007年9月 [14]
  141. 2007年8月 [20]
  142. 2007年7月 [13]
  143. 2007年6月 [15]
  144. 2007年5月 [10]
  145. 2007年4月 [6]
  146. 2007年3月 [14]
  147. 2007年2月 [16]
  148. 2007年1月 [5]
  149. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 7.1.1