2014年6月の記事一覧

6月19日(木)北上支部青年部会員22人が黒沢尻工業高校土木科3年生32人に測量実習を行いました。

P1010945

P1010939

P1010936

P1010950

6月27日、千厩支部青年部会は今年度の地域貢献活動の一環として国道284号線「復興支援道路」クリーン作戦を実施しました。

sen140627 (2)

33名が参加し、管内の国道284号線(一関市川崎町~千厩町~室根町)全線約25kmを16区間に分け、ゴミ拾いを行いました。

sen140627 (3)

国道284号線は東日本大震災で被災した陸前高田市や気仙沼市などに向かう復興支援の車が未だに多く利用しています。復興支援や復興工事に来られる方々に気持ち良く通行して貰えるよう、道路の清掃活動を行いました。

sen140627 (4)
sen140627 (5)
sen140627 (6)
sen140627 (7)
空き缶やタバコの吸殻、弁当容器が多く捨てられていました。拾ったゴミの量は50kgになりました。


sen140627 (1)


次回は7月17日に国道343号線のクリーン作戦を実施します。

 『私たち、僕たち、頑張っています!』では建設業に従事する女性及び若者の紹介記事を不定期に掲載致します。

 建設業で頑張っている女性や若者を紹介することで、多くの方に建設業の魅力を知って頂きたいと思います。また、建設業に興味を持っている方、入職を希望される方が建設業について少しでも知って頂けるきっかけになれば幸いです。

第9回は、株式会社 小原建設(花巻市)の伊藤 春香さんです。

所属会社:株式会社 小原建設(花巻市)
氏   名:伊藤 春香さん
職   種:土木技術者
経験年数:10年
仕事内容:土木工事全般

jowa140626 (1)

入職した動機、きっかけは?
 父親の影響で、子供の頃から土木工事に興味があったので、それがきっかけとなりました。


仕事のやりがいは?
 特に道路工事で、自分が管理した現場が完成すると、苦労して頑張った現場が立派な新しい道路になるので、とてもやりがいを感じます。

jowa140626 (2)

苦労していることは?
 事務所内での書類作成が苦手というか、あまり好きではないので、完成検査前の書類作成と、自分が責任者になった時に、社員のほとんどが年上なので、自分の意見が通らないことが苦労していることです。

jowa140626 (3)

将来の目標は?
 現場で必要な資格取得のほか、現場代理人等で早く一人前になってみんなに頼られるようになりたいです。


上司から一言
 経験を積み重ねて、広い視野で考える事ができる技術者を目指して下さい。現場の監理はていねいですね。


 伊藤さん、ありがとうございました。会社の期待が大きいと思いますので、目標に向かってこれからも頑張って下さい。

 『私たち、僕たち、頑張っています!』では、会員企業の会社で働く女性・若者を募集しています。

 若者については概ね25歳以下(女性は年齢不問)の方でお願いします。技術者、技能者、運転手の方など、職種は問いませんのでご協力をお願い致します。


バックナンバー
第8回(14/05/28) 株式会社 熊谷工務店(盛岡市) 稲荷平 麻衣子さん
第7回(14/04/25) 刈屋建設 株式会社(宮古市) 奥地 裕介さん
第6回(14/03/28) 松田重機工業 株式会社(遠野市) 八木 義行さん
第5回(14/02/26) 株式会社 下河原組(盛岡市) 佐藤美由紀さん
第4回(14/01/29) 株式会社 佐々木組(一関市) 佐藤章さん
第3回(13/12/17) 豊島建設 株式会社(大船渡市) 菊池信幸さん
第2回(13/11/15) 高田工業 株式会社(花巻市) 中村隼太さん
第1回(13/10/23) 株式会社 青紀土木(釜石市) 倉澤久美さん

sen06DSC09738
6月24日、岩手県、一関市との「災害時における応急対策業務に関する協定」に基づく災害情報伝達訓練を千厩土木センター、一関市と合同で開催しました。

「災害時における建設業協会千厩支部の自主パトロール体制・報告方法を確認するとともに、千厩土木センター、一関市の対応方針決定に必要な情報収集内容等に不備が無かったかを検証する。また、非常用機器や通信機材の取扱いを習熟するとともに、複数の情報伝達方法を試みる」ことを目的として開催したものです。

今後、台風シーズンを迎えることから、台風による水害を想定した情報伝達訓練を実施しました。

今回、土木センターで作成したメッシュマップを試験的に活用して位置の把握に利用しました。

一部の会員は、GPS機能付きデジカメや携帯電話などで撮影した写真をメール送信し、土木センターや一関市、千厩支部内のパソコン上で写真の位置情報把握を行いました。

同時に衛星携帯電話、発電機などの訓練も行いました。

sen06DSC09746

メールで送られて来たGPS測位情報付きの写真をパソコン上で確認しました。また、FAXで送られて来た「災害情報連絡票」にも位置情報を付け、パソコンの地図上に表示させました。

sen06DSC09748

反省会では位置の把握に関する課題が多く出されました。

岩手県および岩手県建設産業団体連合会では、平成26年6月20日(金)に「平成25年度 建設産業構造改善推進岩手大会」を開催しました。
優秀建設施工者岩手県知事表彰式では9名、優良県営建設工事担当技術者会長顕彰式では24名が受賞されました。
本大会は「人を大切にする建設産業」を目指して行政、業界団体が一体となって建設産業の構造改善を一層推進しようとして平成5年度から実施しております。

DSC02146
優秀建設施工者岩手県知事表彰
DSC02173
優良県営建設工事担当技術者顕彰式

国道340号宮古岩泉整備促進住民総決起大会00296.JPG 国道340号宮古岩泉整備促進住民総決起大会00297.JPG
国道340号宮古岩泉整備促進住民総決起大会00298.JPG 国道340号宮古岩泉整備促進住民総決起大会00299.JPG
国道340号宮古岩泉整備促進住民総決起大会00301.JPG 国道340号宮古岩泉整備促進住民総決起大会00302.JPG
平成26年度被災情報収集等担当会員全体会議0468.JPG 平成26年度被災情報収集等担当会員全体会議0471.JPG
平成26年度被災情報収集等担当会員全体会議0472.JPG 平成26年度被災情報収集等担当会員全体会議69.JPG

岩手県建設業協会では、6月17日・19日に岩手県立盛岡工業高校建築・デザイン科、岩手県立産業技術短期大学校建築科の生徒を連れて、建築工事「八幡平市新庁舎建設工事」と「西和賀町立病院建設工事」の現場見学を行いました。
生徒は間近で工事現場を見て、直接現場監督から施工の説明を聞き、授業で習ったものがあるとさらに興味をしめし、初めて見たものがあると質問をしたり、学校の授業では得られない充実した体験をしました。

H26現場見学01 H26現場見学02
H26現場見学03 H26現場見学04

工事安全パトロール

災害復旧工事現場

       当二戸支部では、平成25年度の災害復旧工事が各所で行われております。

      6月20日 九戸村の河川災害復旧工事現場のパトロールを行ないました。

      順調に進んでいるようでした。

      これからは、熱中症予防対策や蜂にも十分な注意が必要となります。

      対策と対応についての確認も忘れずに行ってください。

現場で休憩中

災害対応意見交換会

6月19日午後より、県北広域振興局二戸土木センター所長・各課長等と二戸支部役員とで昨年多発した台風や大雨の時の対応、今後いつ発生するかわからない災害時の対応について、地域住民の生活の安全を確保するための対応の仕方、連絡方法の再確認、業界の現状等について意見交換を行ないました。

また、ブロイラー産業等が盛んなこの地域に家畜伝染病が発生した場合の対応についても意見交換を行い、有事の時の対応等の確認を行ないました。

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年12月 [2]
  2. 2017年11月 [17]
  3. 2017年10月 [20]
  4. 2017年9月 [8]
  5. 2017年8月 [28]
  6. 2017年7月 [20]
  7. 2017年6月 [14]
  8. 2017年5月 [14]
  9. 2017年4月 [18]
  10. 2017年3月 [20]
  11. 2017年2月 [18]
  12. 2017年1月 [16]
  13. 2016年12月 [19]
  14. 2016年11月 [22]
  15. 2016年10月 [16]
  16. 2016年9月 [33]
  17. 2016年8月 [23]
  18. 2016年7月 [23]
  19. 2016年6月 [17]
  20. 2016年5月 [20]
  21. 2016年4月 [25]
  22. 2016年3月 [21]
  23. 2016年2月 [16]
  24. 2016年1月 [13]
  25. 2015年12月 [20]
  26. 2015年11月 [21]
  27. 2015年10月 [27]
  28. 2015年9月 [10]
  29. 2015年8月 [22]
  30. 2015年7月 [20]
  31. 2015年6月 [15]
  32. 2015年5月 [17]
  33. 2015年4月 [16]
  34. 2015年3月 [17]
  35. 2015年2月 [15]
  36. 2015年1月 [14]
  37. 2014年12月 [19]
  38. 2014年11月 [27]
  39. 2014年10月 [24]
  40. 2014年9月 [18]
  41. 2014年8月 [39]
  42. 2014年7月 [21]
  43. 2014年6月 [18]
  44. 2014年5月 [16]
  45. 2014年4月 [21]
  46. 2014年3月 [22]
  47. 2014年2月 [15]
  48. 2014年1月 [20]
  49. 2013年12月 [21]
  50. 2013年11月 [23]
  51. 2013年10月 [20]
  52. 2013年9月 [12]
  53. 2013年8月 [18]
  54. 2013年7月 [33]
  55. 2013年6月 [20]
  56. 2013年5月 [30]
  57. 2013年4月 [16]
  58. 2013年3月 [10]
  59. 2013年2月 [8]
  60. 2013年1月 [13]
  61. 2012年12月 [15]
  62. 2012年11月 [16]
  63. 2012年10月 [13]
  64. 2012年9月 [12]
  65. 2012年8月 [17]
  66. 2012年7月 [11]
  67. 2012年6月 [10]
  68. 2012年5月 [12]
  69. 2012年4月 [11]
  70. 2012年3月 [6]
  71. 2012年2月 [10]
  72. 2012年1月 [12]
  73. 2011年12月 [11]
  74. 2011年11月 [16]
  75. 2011年10月 [15]
  76. 2011年9月 [10]
  77. 2011年8月 [19]
  78. 2011年7月 [22]
  79. 2011年6月 [15]
  80. 2011年5月 [13]
  81. 2011年4月 [14]
  82. 2011年3月 [20]
  83. 2011年2月 [15]
  84. 2011年1月 [14]
  85. 2010年12月 [10]
  86. 2010年11月 [9]
  87. 2010年10月 [20]
  88. 2010年9月 [18]
  89. 2010年8月 [20]
  90. 2010年7月 [12]
  91. 2010年6月 [16]
  92. 2010年5月 [15]
  93. 2010年4月 [14]
  94. 2010年3月 [8]
  95. 2010年2月 [13]
  96. 2010年1月 [21]
  97. 2009年12月 [16]
  98. 2009年11月 [23]
  99. 2009年10月 [38]
  100. 2009年9月 [33]
  101. 2009年8月 [26]
  102. 2009年7月 [27]
  103. 2009年6月 [24]
  104. 2009年5月 [13]
  105. 2009年4月 [17]
  106. 2009年3月 [15]
  107. 2009年2月 [23]
  108. 2009年1月 [31]
  109. 2008年12月 [37]
  110. 2008年11月 [30]
  111. 2008年10月 [55]
  112. 2008年9月 [40]
  113. 2008年8月 [49]
  114. 2008年7月 [48]
  115. 2008年6月 [35]
  116. 2008年5月 [17]
  117. 2008年4月 [11]
  118. 2008年3月 [6]
  119. 2008年2月 [9]
  120. 2008年1月 [13]
  121. 2007年12月 [12]
  122. 2007年11月 [14]
  123. 2007年10月 [20]
  124. 2007年9月 [14]
  125. 2007年8月 [20]
  126. 2007年7月 [13]
  127. 2007年6月 [15]
  128. 2007年5月 [10]
  129. 2007年4月 [6]
  130. 2007年3月 [14]
  131. 2007年2月 [16]
  132. 2007年1月 [5]
  133. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5