2014年1月の記事一覧

1月24日(金)農村整備室管内の工事安全パトロールが実施されました。

本格的に動き始めた農業農村整備事業ですが、冬期特有災害の防止やほ場整備等特有工事の安全確保について、点検・意見交換を行い、安全な工事の実施について再確認しました。

senH26農村整備パトロール

16名の参加者が2班編成で5現場をパトロールし、各会社や現場で実施している安全活動状況等を点検


senDSC00344

現場パトロール終了後、班ごとに点検結果の取りまとめ


senDSC00350

結果報告と報告に基づく意見交換
(改善点、良い点が多く出され活発な意見交換となりました。)


senDSC00352

建災防奥州分会 蜂谷・小原両安全指導者が結果講評と冬期現場の注意点等について現場からの提言を行いました。

『私たち、僕たち、頑張っています!』では建設業に従事する女性及び若者の紹介記事を不定期に掲載致します。

建設業で頑張っている女性や若者を紹介することで、多くの方に建設業の魅力を知って頂きたいと思います。また、建設業に興味を持っている方、入職を希望される方が建設業について少しでも知って頂けるきっかけになれば幸いです。

第4回は、株式会社 佐々木組(一関市)の佐藤 章さんです。

所属会社 : 株式会社 佐々木組(一関市)
氏   名 : 佐藤 章さん
職   種 : 技術員
経験年数 : 2年
仕事内容 : 測量、現場管理他 他

株式会社 佐々木組(一関市)佐藤 章さん

入職した動機、きっかけは?
この職業に幼いころから興味があり、高校で学んだことを自分が住んでいる地域で活かしたかったので、この仕事に就きました。


仕事のやりがいは?
自分が行っている作業で工事が少しずつ完成に近づいていることを自分の目で確認することができ、達成感があり、とてもやりがいがあります。


苦労していることは?
この仕事につき2年になりましたが、毎日学ぶことが多く、現場の方々に迷惑をかけてしまったことも多々ありました。もっと様々なことを早く覚えなければならないことが大変です。

株式会社 佐々木組(一関市)佐藤 章さん

将来の目標は?
今の目標は、様々な現場を経験して早く一人前になり、もっと地域に貢献できるようになることです。


上司から一言
今年で20歳になる期待の青年です。心身ともに健康で、多くの失敗を重ねながらも、より大きな成功を収められるよう、今後の活躍を願いながら後押ししたいと思います。



佐藤さん、ありがとうございました。前向き方なので、会社からの期待が大きいと思います。会社や地域の将来のために頑張って下さい。



『私たち、僕たち、頑張っています!』では、会員企業の会社で働く女性・若者を募集しています。若者については概ね25歳以下(女性は年齢不問)の方でお願いします。技術者、技能者、運転手の方、職種は問いませんのでご協力をお願い致します。


バックナンバー
第3回(13/12/17)豊島建設 株式会社(大船渡市)菊池信幸さん
第2回(13/11/15) 高田工業 株式会社(花巻市) 中村隼太さん
第1回(13/10/23) 株式会社 青紀土木(釜石市) 倉澤 久美さん

平成26年1月27日(月) 13:15~16:00

沿岸広域振興局土木部と当釜石支部との工事安全パトロールを実施しました。

パトロール箇所は、釜石・大槌地区8ケ所を実施。

参加者 釜石労働基準監督署 2名

沿岸広域振興局 16名

釜石市 5名

岩手県建設業協会釜石支部 13名

当日、岩手県建設業協会釜石支部に集合し、土木部長及び監督署長のあいさつの後、4班に分れパトロールに向かった。

パトロール終了後、沿岸広域振興局会議室において反省会を行った。

 

土木部長挨拶

DSC00376

 

監督署長挨拶

DSC00377

 

パトロール現場

DSC00378

 

DSC00384

DSC00385

 

反省会

DSC00394

   第41回 ☆ 手続きあれこれ-その5 ☆

建退共岩手県支部の窓口で…〈共済証紙の帳簿仕訳)

建次:2月に入ればすぐ節分ですね。             IMG_1593.JPG           
       
    
退子:冬来たりなば春遠からじとは申しますが、
    早いものですね。          
    
建次:昨日、現場の建太郎先輩からいくつか
    照会がありまして、その確認方々、手帳
    の更新手続きに伺いました。
    まず、共済証紙の帳簿上の仕訳ですが、
    購入した共済証紙の在庫は「材料貯蔵
    品」として管理する。
    そして、下請に現物交付するつど、又は
    共済手帳に証紙を貼るつど「退職金共済掛金」の科目で、
    損金として落としていくということでしたよね。
    でその後、下請ではどう処理すればよいかということなんですが…
    
    
退子:はい、下請さんは交付された共済証紙相当額を、收入金に計上
    します。
    そして受け取った証紙を共済手帳に貼りますが、その際に損金
    または必要経費として処理することになります。
    甥の建太郎にも一度説明をした記憶がありますが、久しぶりの
    現場で忘れたかしら?
 
                             寒椿.JPG
建次:先輩から引き継いで、もう10年くらいに   
    
なりますからね。
    今回の現場で、たまたま下請の事業所
    から問合せがあったようなんです。
    イヤ、うちの経理担当に確認すればいい
    ことなんですが、更新手続きもありました
    ので念のためお尋ねしました。

退子
:あ、いえいえお忙しいところすみません。                                
  
    
建次
:それから、1冊目の掛金助成手帳に
    現物交付する場合ですが、朱書きの
    掛金免除部分については、どのように考えればいいのでしょうか。

退子:掛金免除欄は国の助成を受けることになりますから、消印するだけ
    で掛金が納められたことになります。
    掛金助成手帳を御覧いただくと、5日間働くと4枚の証紙を貼付して、
    5日目は消印するだけになっています。
    つまり、従業員が25日働いた場合は、実貼付枚数20日分を現物
    交付していただければいいわけですね。

建次:了解しました。
    あっ、この3冊が更新手続きをお願いする手帳です。
    更新申請書に、本人の現住所を記入しました。

退子:いつもご協力ありがとうございます。
    少しお待ちいただければ、新しい共済手帳をお渡しできますよ。
    
            
※参考 共済証紙を現物交付する場合の帳簿仕訳は次のとおりです。

(1)元請業者
 
購入した共済証紙を資産勘定の材料貯蔵品として計上し、労働者の共済
手帳に貼付した共済証紙あるいは下請へ現物交付した共済証紙の金額は、
損金または必要経費となります。
①共済証紙を購入したとき
   (借      方)         (貸      方)

勘 定  科 目 金     額  勘 定  科 目 金     額
材料貯蔵品  ×××××円 現金・預金  ×××××円

②下請に共済証紙を交付したとき
   (借      方)         (貸      方)
勘 定  科 目 金     額  勘 定  科 目 金     額
退職金共済掛金  ×××××円 材料貯蔵品  ×××××円

(2)下請業者
 
元請から交付を受けた共済証紙代金相当額を收入金に計上し、労働者の
共済手帳に貼付した共済証紙の金額は、損金または必要経費となります。

①元請から共済証紙を受け取ったとき
   (借      方)         (貸      方)
勘 定  科 目 金     額  勘 定  科 目 金     額
材料貯蔵品  ×××××円 收入金(雑収入など)  ×××××円

②労働者の手帳に共済証紙を貼付したとき
   (借      方)         (貸      方)
勘 定  科 目 金     額  勘 定  科 目 金     額
退職金共済掛金  ×××××円 材料貯蔵品  ×××××円


          お問い合わせは↓  

建退共岩手県支部:電話019-622-4536  


東日本大震災から間もなく3年の月日が経とうとしています。
震災後、流通が復旧して間もなくからずっと、支援してくださっていた方から
ミニひまわりの種を送っていただきました。

 

20140127_105253008_iOS

種まきの時期は4月下旬から5月上旬くらいのようです。それまでに野田村へお届けしたいと思っております

今年の夏、小さなひまわりが、日の光をたくさん浴びて咲き誇るのが楽しみです

岩手県建設業協会では岩手県と共催のもと平成26年1月30日(木)に平成25年度建設業新分野・新事業発表フォーラムをエスポワールいわて(盛岡市)で開催いたします。
本フォーラムは平成25年度建設業新分野進出等表彰事業に応募した企業が、新分野・新事業への進出、新技術・新工法の開発等への先進的・意欲的な取組みと認められた事業をPRし、製品・技術の活用を対外的にアピールするための催し事です。
今回は環境リサイクル分野1社、建設分野1社、サービス関連分野1社の3社が岩手県知事表彰式のほか、ベアレン醸造所の木村剛氏を迎えての基調講演、展示会場では平成17年度から今年度までの各社事業紹介をパネル展示いたします。
詳細は「こちら」の案内チラシご覧ください。
ぜひご参加頂きますようご案内いたします。

日時:1月30日(木)13:10~16:00
場所:エスポワールいわて
フォーラム内容
1 岩手県知事表彰
2 基調講演 ベアレン醸造所
3 受賞者プレゼンテーション

1階イベントホール:パネル展示(平成17~25年度 73事業)
1階小会議室:経営指導コーディネーターによる無料経営相談

開催案内・申込チラシはコチラ 

平成26年1月23日(木)午後6時よりホテルサンルート釜石において、平成26年各賞受賞祝賀会&新年交賀会を開催致しました。

参加者は、81名

支部長挨拶の後、沿岸広域振興局長・釜石市長・大槌町長より祝辞を賜りました。

今年は、釜石市長より当協会釜石支部に、東日本大震災での復旧復興の活躍に対し、感謝状を頂きました。

 

青木支部長挨拶

DSC00344

 

御祝辞

DSC00346

 

平成25年各賞受賞者

DSC00361

 

釜石市長より感謝状

DSC00365

DSC00372

安全パトロール
千厩支部では1月20日、現場安全パトロールを実施しました。今回は一関市大東地区の土木工事現場と建築工事現場の2カ所です。一関労働基準監督署、千厩土木センター、一関農村整備センター、一関市の方にご同行いただきました。

繁忙期と厳冬期に備えて安全対策の再確認をうながしました。


sen140120 (11)
sen140120 (12)

反省会では好事例として以下の点などがあげれらました。
・誘導員の指示がはっきり分かりやすかった。
・学校敷地内なので、通学時間の車両通行規制を設定しており良かった。

改善事項として、危険予知活動における具体的対策の実施などについて意見が出されました。

最後に「外壁工事」、「側溝工埋戻し」についてリスクアセスメントを行いました。

平成26年1月16日、奥州支部主催の新年交賀会を開催しました。

senDSC00329

来賓には、岩手県議会議員、奥州市長、金ケ崎町長などをお招きしました。


~佐々木支部長よりご挨拶~
senDSC00326


~平成25年協会関連団体等からの受賞者披露~

受賞した6社(工藤建設㈱、㈱太田建設、進栄建設㈱、㈱齊藤建設、㈲胆沢建設、岩手ニチレキ㈱)に記念品が贈呈されました。
senDSC00333

最後になりましたが、本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

1itipato140121DSC_1405

『いわて年末年始無災害運動』並びに『冬季死亡災害ゼロ100日運動』期間中

関係機関交えてのパトロールを実施しました。

一関労働基準監督署の高橋署長はじめ一関土木センター、一関農林振興センター、一関農村整備センター、一関市、平泉町、当支部役員、安全指導員の17名

3現場をパトロール

3itipato140121DSC_1470

DSC_1488 2itipato40121DSC_1445

このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2017年8月 [16]
  2. 2017年7月 [20]
  3. 2017年6月 [14]
  4. 2017年5月 [14]
  5. 2017年4月 [18]
  6. 2017年3月 [20]
  7. 2017年2月 [18]
  8. 2017年1月 [16]
  9. 2016年12月 [19]
  10. 2016年11月 [22]
  11. 2016年10月 [16]
  12. 2016年9月 [33]
  13. 2016年8月 [23]
  14. 2016年7月 [23]
  15. 2016年6月 [17]
  16. 2016年5月 [20]
  17. 2016年4月 [25]
  18. 2016年3月 [21]
  19. 2016年2月 [16]
  20. 2016年1月 [13]
  21. 2015年12月 [20]
  22. 2015年11月 [21]
  23. 2015年10月 [27]
  24. 2015年9月 [10]
  25. 2015年8月 [22]
  26. 2015年7月 [20]
  27. 2015年6月 [15]
  28. 2015年5月 [17]
  29. 2015年4月 [16]
  30. 2015年3月 [17]
  31. 2015年2月 [15]
  32. 2015年1月 [14]
  33. 2014年12月 [19]
  34. 2014年11月 [27]
  35. 2014年10月 [24]
  36. 2014年9月 [18]
  37. 2014年8月 [39]
  38. 2014年7月 [21]
  39. 2014年6月 [18]
  40. 2014年5月 [16]
  41. 2014年4月 [21]
  42. 2014年3月 [22]
  43. 2014年2月 [15]
  44. 2014年1月 [20]
  45. 2013年12月 [21]
  46. 2013年11月 [23]
  47. 2013年10月 [20]
  48. 2013年9月 [12]
  49. 2013年8月 [18]
  50. 2013年7月 [33]
  51. 2013年6月 [20]
  52. 2013年5月 [30]
  53. 2013年4月 [16]
  54. 2013年3月 [10]
  55. 2013年2月 [8]
  56. 2013年1月 [13]
  57. 2012年12月 [15]
  58. 2012年11月 [16]
  59. 2012年10月 [13]
  60. 2012年9月 [12]
  61. 2012年8月 [17]
  62. 2012年7月 [11]
  63. 2012年6月 [10]
  64. 2012年5月 [12]
  65. 2012年4月 [11]
  66. 2012年3月 [6]
  67. 2012年2月 [10]
  68. 2012年1月 [12]
  69. 2011年12月 [11]
  70. 2011年11月 [16]
  71. 2011年10月 [15]
  72. 2011年9月 [10]
  73. 2011年8月 [19]
  74. 2011年7月 [22]
  75. 2011年6月 [15]
  76. 2011年5月 [13]
  77. 2011年4月 [14]
  78. 2011年3月 [20]
  79. 2011年2月 [15]
  80. 2011年1月 [14]
  81. 2010年12月 [10]
  82. 2010年11月 [9]
  83. 2010年10月 [20]
  84. 2010年9月 [18]
  85. 2010年8月 [20]
  86. 2010年7月 [12]
  87. 2010年6月 [16]
  88. 2010年5月 [15]
  89. 2010年4月 [14]
  90. 2010年3月 [8]
  91. 2010年2月 [13]
  92. 2010年1月 [21]
  93. 2009年12月 [16]
  94. 2009年11月 [23]
  95. 2009年10月 [38]
  96. 2009年9月 [33]
  97. 2009年8月 [26]
  98. 2009年7月 [27]
  99. 2009年6月 [24]
  100. 2009年5月 [13]
  101. 2009年4月 [17]
  102. 2009年3月 [15]
  103. 2009年2月 [23]
  104. 2009年1月 [31]
  105. 2008年12月 [37]
  106. 2008年11月 [30]
  107. 2008年10月 [55]
  108. 2008年9月 [40]
  109. 2008年8月 [49]
  110. 2008年7月 [48]
  111. 2008年6月 [35]
  112. 2008年5月 [17]
  113. 2008年4月 [11]
  114. 2008年3月 [6]
  115. 2008年2月 [9]
  116. 2008年1月 [13]
  117. 2007年12月 [12]
  118. 2007年11月 [14]
  119. 2007年10月 [20]
  120. 2007年9月 [14]
  121. 2007年8月 [20]
  122. 2007年7月 [13]
  123. 2007年6月 [15]
  124. 2007年5月 [10]
  125. 2007年4月 [6]
  126. 2007年3月 [14]
  127. 2007年2月 [16]
  128. 2007年1月 [5]
  129. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.2