釜石支部 一覧

日向ダム湖畔の集い

7月22日(日)「森と湖に親しむ旬間」の一環として「日向ダム湖畔の集い」が開催されました。
釜石支部青年部では平成9年の日向ダム竣工以来、イベントに協賛しており、本年度は542名の来場者で、青年部会員19名で各種イベントに協力しました。
当日は天候が心配でしたがお昼前には暑さを期待したカキ氷販売にも行列ができる程の賑わいとなりました。
日向ダムでは8月末までダムのライトアップをしておりますが、灯りめがけて飛んでくるクワガタとりに夜も家族連れで賑わっております。
虫取りに行く際は、懐中電灯・虫取り網(柄が長ければ長い程よいです)を忘れずに・・・

 湖畔の集い.jpg 集い2.jpg

道の日「仙人峠の集い」 釜石支部青年部地域貢献活動 

釜石では道の日にちなんで釜石旧街道:仙人峠と踏破する「仙人峠の集い」が開催されており、1988年から続く伝統行事で今年で20回目となっております。
同イベントの準備として8/3に釜石青年部14名と釜石振興局土木部/釜石市役所建設部各5名とで山道の草刈・危険箇所の調査を行いました。
サウナにはいっているような天候のなか、重い荷物を背負っての作業となりましたが、辛くもありますが達成感を感じられる活動となっております。

8/10道の日当日は260名の参加で旧仙人トンネル遠野側登山口から出発し、JR陸中大橋駅前まで道中6kmの山道を二時間半かけて全員完歩しました。
新仙人道路の開通によりこの山道も旧々街道となりましたが先人が往来した街道を歩き苦労をすることで、当時の思いを風化させることのないよう心に刻むことができました。

仙人3.jpg 仙人草刈1.jpg

道の日.jpg道の日2.jpg 道の日3.jpg

7月12日、釜石地方振興局会議室において、釜石地方振興局土木部と釜石支部ITサポートチーム(釜石支部青年部)共催により、会員を対象に、電子入札及び電子納品についての勉強会が開催され、26社(36名)が参加、電子入札及び電子納品に関する問題点・疑問点等を協議し、2時間の勉強会を終了しました。

勉強会.jpg 電子入札勉強会.jpg


ミニ情報

本日、釜石の海は波が高く、船釣りは無理ですが、45センチ級のアイナメが、けっこう上がっています。(場所は、釜石・尾崎白浜・小松漁場)

3/18午後2時に、釜石と遠野を結ぶ国道283号線「仙人峠道路」・「上郷道路」が開通になり、私も初日2時頃釜石から遠野に向かって走って見ましたが、待ちに待った人たちで渋滞となり、20分位近くなるはずが、逆にいつもより20分以上多くかかりました。

急ぐ用事も有る訳でなく、おかげさまで景色を見ながら走ってきました。

渋滞は、開通初日だけと思われますので、釜石にも遊びに来られては如何でしょうか。

DSC00776.JPG  DSC00783.JPG

3月、4月、海岸では、ワカメ・マツモの収穫が最盛期です。

平成18年度意欲ある取り組みとして評価されたもの、3社紹介します。

幻の魚と言われるマツカワ養殖事業と、廃プラスチックリサイクル事業(側溝蓋)

agまつかわ.jpg


マツカワ養殖事業

企業名  (株)山元

ag側溝蓋.jpg
廃プラスチックリサイクル事業
軽量(17Kg)強度抜群側溝蓋

企業名  (株)及川工務店
企業名  松村建設(株)


このページの上部へ

Googleサイト内検索

最近のピクチャ

月別アーカイブ

  1. 2018年1月 [4]
  2. 2017年12月 [12]
  3. 2017年11月 [17]
  4. 2017年10月 [20]
  5. 2017年9月 [8]
  6. 2017年8月 [28]
  7. 2017年7月 [20]
  8. 2017年6月 [14]
  9. 2017年5月 [14]
  10. 2017年4月 [18]
  11. 2017年3月 [20]
  12. 2017年2月 [18]
  13. 2017年1月 [16]
  14. 2016年12月 [19]
  15. 2016年11月 [22]
  16. 2016年10月 [16]
  17. 2016年9月 [33]
  18. 2016年8月 [23]
  19. 2016年7月 [23]
  20. 2016年6月 [17]
  21. 2016年5月 [20]
  22. 2016年4月 [25]
  23. 2016年3月 [21]
  24. 2016年2月 [16]
  25. 2016年1月 [13]
  26. 2015年12月 [20]
  27. 2015年11月 [21]
  28. 2015年10月 [27]
  29. 2015年9月 [10]
  30. 2015年8月 [22]
  31. 2015年7月 [20]
  32. 2015年6月 [15]
  33. 2015年5月 [17]
  34. 2015年4月 [16]
  35. 2015年3月 [17]
  36. 2015年2月 [15]
  37. 2015年1月 [14]
  38. 2014年12月 [19]
  39. 2014年11月 [27]
  40. 2014年10月 [24]
  41. 2014年9月 [18]
  42. 2014年8月 [39]
  43. 2014年7月 [21]
  44. 2014年6月 [18]
  45. 2014年5月 [16]
  46. 2014年4月 [21]
  47. 2014年3月 [22]
  48. 2014年2月 [15]
  49. 2014年1月 [20]
  50. 2013年12月 [21]
  51. 2013年11月 [23]
  52. 2013年10月 [20]
  53. 2013年9月 [12]
  54. 2013年8月 [18]
  55. 2013年7月 [33]
  56. 2013年6月 [20]
  57. 2013年5月 [30]
  58. 2013年4月 [16]
  59. 2013年3月 [10]
  60. 2013年2月 [8]
  61. 2013年1月 [13]
  62. 2012年12月 [15]
  63. 2012年11月 [16]
  64. 2012年10月 [13]
  65. 2012年9月 [12]
  66. 2012年8月 [17]
  67. 2012年7月 [11]
  68. 2012年6月 [10]
  69. 2012年5月 [12]
  70. 2012年4月 [11]
  71. 2012年3月 [6]
  72. 2012年2月 [10]
  73. 2012年1月 [12]
  74. 2011年12月 [11]
  75. 2011年11月 [16]
  76. 2011年10月 [15]
  77. 2011年9月 [10]
  78. 2011年8月 [19]
  79. 2011年7月 [22]
  80. 2011年6月 [15]
  81. 2011年5月 [13]
  82. 2011年4月 [14]
  83. 2011年3月 [20]
  84. 2011年2月 [15]
  85. 2011年1月 [14]
  86. 2010年12月 [10]
  87. 2010年11月 [9]
  88. 2010年10月 [20]
  89. 2010年9月 [18]
  90. 2010年8月 [20]
  91. 2010年7月 [12]
  92. 2010年6月 [16]
  93. 2010年5月 [15]
  94. 2010年4月 [14]
  95. 2010年3月 [8]
  96. 2010年2月 [13]
  97. 2010年1月 [21]
  98. 2009年12月 [16]
  99. 2009年11月 [23]
  100. 2009年10月 [38]
  101. 2009年9月 [33]
  102. 2009年8月 [26]
  103. 2009年7月 [27]
  104. 2009年6月 [24]
  105. 2009年5月 [13]
  106. 2009年4月 [17]
  107. 2009年3月 [15]
  108. 2009年2月 [23]
  109. 2009年1月 [31]
  110. 2008年12月 [37]
  111. 2008年11月 [30]
  112. 2008年10月 [55]
  113. 2008年9月 [40]
  114. 2008年8月 [49]
  115. 2008年7月 [48]
  116. 2008年6月 [35]
  117. 2008年5月 [17]
  118. 2008年4月 [11]
  119. 2008年3月 [6]
  120. 2008年2月 [9]
  121. 2008年1月 [13]
  122. 2007年12月 [12]
  123. 2007年11月 [14]
  124. 2007年10月 [20]
  125. 2007年9月 [14]
  126. 2007年8月 [20]
  127. 2007年7月 [13]
  128. 2007年6月 [15]
  129. 2007年5月 [10]
  130. 2007年4月 [6]
  131. 2007年3月 [14]
  132. 2007年2月 [16]
  133. 2007年1月 [5]
  134. 2006年12月 [13]

Powered by Movable Type 6.3.5